前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

速報(31)『日本のメルトダウン』44日目『今は戦時下、2発目の長崎原爆がいつ破裂するかの危機感を持ちスピーディーに決断実行』

   

速報(31)『日本のメルトダウン』44日目
『今は戦時下、2発目の長崎原爆(福島原発)がいつ破裂するかの危機感を持ちスピーディーに決断実行』
 
前坂 俊之(ジャーナリスト)
 
23日(木)午後11時現在まで
  福島原発の深刻さは一向かに変わりない。中に入れない、作業できない状態が今だに続き、いつまで続くかわからないからだ。この国難・原発放射能との戦いは10年から100年戦争になる可能性もある。この人類が初めて体験する未知(制御困難)なる強敵との戦いであるという『最悪を想定した』きびしい認識をもって、対応しなければなならない。広島原爆のあと、3日後にあった長崎原爆を予想してなかったように、福島原発は制御できる冷温状態にはまだまだ相当の期間を要する。今後どう展開するかは全く予断を許さない『未知なる領域」なのだ。一刻も早い、決死の行動と決断力が必要とされる。サンデル教授はそのことを問いかけている。
●『サンデル教授「原発議論は民主主義の試金石」』

(2011年4月23日18時41分  読売新聞)

「1人殺せば5人を救える場合、1人を殺すことは正義か――こうした「究極の選択」を講義で論じる教授は、原発是非論に関して「激しく対立する問題で議論を避ける傾向があるが、間違いだ。(互いに)敬意を払い、開かれた議論ができるかどうか、民主主義が試されている」と断言した。」http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20110423-OYT1T00568.htm

 
●『放射能の大気放出続く…1日154兆ベクレル』
(2011年4月23日21時15分  読売新聞)

<原発ばかりではない、大地震も迫りつつある>

●『首都圏地盤に力、南関東のM7級誘発も…東大研』
20114230810  読売新聞)

●『米エネルギー省、福島第一原発事故から1カ月間の放射線量の調査を発表』
<東洋経済オンライン11/04/23 | 12:5>
 
●『原発封じ込め、雨が大敵 作業停滞、排水も課題』http://www.asahi.com/national/update/0423/TKY201104230320.html
 <朝日2011年4月23日21時31分>

●『高放射能がれき撤去=900ミリ、3号機付近-福島第1原発・東電』
(時事通信2011/04/23-21:37)
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2011042300230
●『被曝100ミリシーベルト超30人に 熟練作業者の累積量が増大 収束へ課題』
<産経MSN2011.4.23 20:22
●『原子炉建屋周辺でがれき撤去 冷却機能復旧へのネック』
2011/04/23 18:41【共同通信】>
 
●『廃炉作業30年以内に、アレバCEO』
<日経2011年4月23日>
『アレバのCEOが吠え始めています。3/11以降、初期動作が遅すぎると云っています。
 
茫然自失で東電、保安院、安全委員会は5日間何も実行しておりません。原子炉、プールの損傷はもっと減らせたとCEOは言ってます』
 

●『福島原発、当初は事故でない「レベル3」と評価 保安院』
<朝日2011年4月23日15時1分>
<給料泥棒の典型です。原子力を玩具にしています、保安院解散です。保安院長は会見していない。
原子力政策を推進した官僚、政治家はどう責任を取るのか>

http://www.asahi.com/special/10005/TKY201104230170.html

●『「排気の遅れ、水素爆発招いた」 米紙が原発事故分析』
<朝日2011年4月23日21時20分>
 
『これもアレバのCEOがすでに指摘していたこと』

 - 現代史研究 , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
日本リーダーパワー史(468)「日中関係「第1次大戦前の英独」首相発言がダボスで波紋●「習主席の親族ら租税回避地で資産運用-英紙報道

 日本リーダーパワー史(468)   安倍積極外交の行方はど …

no image
世界/日本リーダーパワー史(916)日本興亡150年史―外国人が日本を救う』★『➀明治維新→坂の上の雲を登る→昭和戦前の戦争で敗戦亡国②廃墟から立ち上がり独立、奇跡の高度成長で世界第2の経済大国にのし上がるが、一転、バブルがはじけて転落、第3の敗戦へ』

日本興亡150年史―外国人が日本を救う。 日本はついに移民政策を変え始めた。 政 …

no image
速報「日本のメルトダウン」(508)「将来に自信が持てなくなってきた西側諸国(英FT紙)「もう見捨てておけない中国の報道抑圧」

  速報「日本のメルトダウン」(508)   ◎「 …

no image
「英タイムズ」「ニューヨーク・タイムズ」など外国紙が報道した「日韓併合への道』㉓「伊藤博文統監の言動」(小松緑『明治史実外交秘話』)⑧『伊藤統監の辞職『一億円は高過ぎる』『事実上の併合へ』

  「 英タイムズ」「ニューヨーク・タイムズ」など外国紙が 報道した「 …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(84)記事再録/ ★『世界史の中の日露戦争カウントダウン㊳/『開戦2週間前の『英ノース・チャイナ・ヘラルド』の報道『日本が決意しているのは,中国と朝鮮との 独立と保全の維持なのだ。この点で,日本は英米の支持を 受けている』★『外交面で,日本はロシアを完全に負かしてきた。合衆国の40年にわたるロシアへの友情は.全く消えうせてしまった』

   2017/01/21日本戦争外交史の研究』/ …

no image
日中北朝鮮150年戦争史(5)「南シナ海問題で12日の仲裁裁判の判断はどうなるか」ー『中国拒否なら「無法国家」の声も 』◉『習主席「権益放棄せず」=南シナ海判決前に強硬姿勢―共産党創立95年で演説・中国』◉『「深く懸念」要請あれば安保理議題にも別所国連大使が表明』

日中北朝鮮150年戦争史(5)   南シナ海問題で来月仲裁判断、中国拒 …

no image
日本メルトダウン脱出法(820)『中国の経済構造大転換、待ったなしー25年前の日本と比べると、成長余地は大きいが』(英FT紙)●「どんな若者も幹部になると腐敗する中国の役所」●「「爆買い」は2月で終わる!?ー観光客増でも、客単価の減少が止まらない」

  日本メルトダウン脱出法(820)   中国の経済構造大転換、待った …

Shigeru_Yoshida_suit
日本リーダーパワー史(685)『吉田首相と新憲法』ーマッカーサーは 憲法は自由に変えてくださいといっている。 それを70年たった現在まで延々と「米国が新憲法を 押しっけた」「いや日本が押しっけられた」と非難、 論争するほど無意味なことはない。

日本リーダーパワー史(685) 『吉田首相と新憲法』ーマッカーサーは 憲法は自由 …

no image
速報(134)『日本のメルトダウン』 『保安院、文科省官僚の不作為を告発せよ!★原発・震災当日「溶融予測」も解析使われず』

速報(134)『日本のメルトダウン』  『保安院、文科省官僚の不作為を告発せよ! …

no image
速報(212)『日本のメルトダウン』『 (ストレステストは)安全性を確認したという・小出裕章(MBS)』『焦点:イラン核科学者殺害』

速報(212)『日本のメルトダウン』 ●『 (ストレステストは)安全性を確認した …