前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

速報(31)『日本のメルトダウン』44日目『今は戦時下、2発目の長崎原爆がいつ破裂するかの危機感を持ちスピーディーに決断実行』

   

速報(31)『日本のメルトダウン』44日目
『今は戦時下、2発目の長崎原爆(福島原発)がいつ破裂するかの危機感を持ちスピーディーに決断実行』
 
前坂 俊之(ジャーナリスト)
 
23日(木)午後11時現在まで
  福島原発の深刻さは一向かに変わりない。中に入れない、作業できない状態が今だに続き、いつまで続くかわからないからだ。この国難・原発放射能との戦いは10年から100年戦争になる可能性もある。この人類が初めて体験する未知(制御困難)なる強敵との戦いであるという『最悪を想定した』きびしい認識をもって、対応しなければなならない。広島原爆のあと、3日後にあった長崎原爆を予想してなかったように、福島原発は制御できる冷温状態にはまだまだ相当の期間を要する。今後どう展開するかは全く予断を許さない『未知なる領域」なのだ。一刻も早い、決死の行動と決断力が必要とされる。サンデル教授はそのことを問いかけている。
●『サンデル教授「原発議論は民主主義の試金石」』

(2011年4月23日18時41分  読売新聞)

「1人殺せば5人を救える場合、1人を殺すことは正義か――こうした「究極の選択」を講義で論じる教授は、原発是非論に関して「激しく対立する問題で議論を避ける傾向があるが、間違いだ。(互いに)敬意を払い、開かれた議論ができるかどうか、民主主義が試されている」と断言した。」http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20110423-OYT1T00568.htm

 
●『放射能の大気放出続く…1日154兆ベクレル』
(2011年4月23日21時15分  読売新聞)

<原発ばかりではない、大地震も迫りつつある>

●『首都圏地盤に力、南関東のM7級誘発も…東大研』
20114230810  読売新聞)

●『米エネルギー省、福島第一原発事故から1カ月間の放射線量の調査を発表』
<東洋経済オンライン11/04/23 | 12:5>
 
●『原発封じ込め、雨が大敵 作業停滞、排水も課題』http://www.asahi.com/national/update/0423/TKY201104230320.html
 <朝日2011年4月23日21時31分>

●『高放射能がれき撤去=900ミリ、3号機付近-福島第1原発・東電』
(時事通信2011/04/23-21:37)
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2011042300230
●『被曝100ミリシーベルト超30人に 熟練作業者の累積量が増大 収束へ課題』
<産経MSN2011.4.23 20:22
●『原子炉建屋周辺でがれき撤去 冷却機能復旧へのネック』
2011/04/23 18:41【共同通信】>
 
●『廃炉作業30年以内に、アレバCEO』
<日経2011年4月23日>
『アレバのCEOが吠え始めています。3/11以降、初期動作が遅すぎると云っています。
 
茫然自失で東電、保安院、安全委員会は5日間何も実行しておりません。原子炉、プールの損傷はもっと減らせたとCEOは言ってます』
 

●『福島原発、当初は事故でない「レベル3」と評価 保安院』
<朝日2011年4月23日15時1分>
<給料泥棒の典型です。原子力を玩具にしています、保安院解散です。保安院長は会見していない。
原子力政策を推進した官僚、政治家はどう責任を取るのか>

http://www.asahi.com/special/10005/TKY201104230170.html

●『「排気の遅れ、水素爆発招いた」 米紙が原発事故分析』
<朝日2011年4月23日21時20分>
 
『これもアレバのCEOがすでに指摘していたこと』

 - 現代史研究 , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
日本リーダーパワー史(342) 水野広徳の『日本海海戦論⑤ 勝利は物的、人的な優秀さのみではなく、天運が大きい」

日本リーダーパワー史(342)  ● 政治家、企業家、リーダ …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(79)記事再録/ ★『日本史を変えた大事件前夜・組閣前夜の東條英機』★『近衛文麿首相は「戦争は私には自信がない。自信のある人にやってもらいたい」と発言。東條は「(中国からの)撤兵は絶対にしない」と答え、「人間、たまには清水の舞台から目をつむって飛び降りることも必要だ」と優柔不断な近衛首相を皮肉った。

  2004年5月 /「別冊歴史読本89号』に掲載 近衛文麿首相は「戦 …

no image
『リーダーシップの日本世界近現代史』(300)★『明治トップリーダーのインテリジェンス』★『英仏独、ロシアのアジア侵略で「日中韓」は「風前の灯火」の危機に!』★『国家危機管理能力が「日本の興隆」と「中韓の亡国」を分けた②』

 2015/07/11終戦70年・日本敗戦史(107)記事再録 <歴史 …

no image
日本リーダーパワー史(601)『安倍・歴史外交への教訓(7)「世界史の中での日韓関係のパーセプションギャップ⓶」―秀吉以降の平和外交の朝鮮通信使を最も歓迎したのは長州藩、長州と韓国の深い関係

   日本リーダーパワー史(601) 『安倍・歴史外交への教訓(7) 「世界史の …

no image
『オンライン/日本リーダーパワー史講座』◎国難最強のリーダーシップ・勝海舟に学ぶ(11) すべて金が土台じゃ、借金するな』★『政治家の秘訣は正心誠意、何事もすべて知行合一』★『借金、外債で国がつぶれて植民地にされる(中国の一帯一路戦略、アフリカ各国援助がこの手口』

    2012/12/04  日本リー …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(196)ー『憲法改正を進める安倍自民党はダレス米国務長官の強硬な再軍備要求を断固拒否した吉田茂のリーダーシップ・外交術を学べ』★『ダレス長官は「敗戦国の貧弱な総理大臣だと思っていたらみごとに吉田にやられた。彼が世界の一等国の一等大使(吉田は駐英大使)だったことを計算に入れなかったのが私の間違いだった』

 2016/02/1/日本2リーダーパワー史(662)記事再録 &lt …

no image
日本リーダーパワー史(315)「全政治家必読の(現状分析・国家戦略論)を読む」『大日本主義の幻想(中)』を読む③

·     &n …

無題
★5台湾「ホンハイ」に買収された「シャープ」の悲劇、創業者は泣いている。<記事再録>(2012/08/30)100周年を迎えたシャープは存亡の危機にたつー 創業者・早川徳次の逆境・逆転・成功人生に帰れ 「ピンチの後はチャンスが来る」

  台湾「ホンハイ」の「シャープ買収」秘話http://www.huf

ダウンロード
 日本リーダーパワー史(823)『明治裏面史』 ★ 『「日清、日露戦争に勝利」した明治人のリーダーパワー、 リスク管理 、 インテリジェンス㊳『日本史決定的瞬間の児玉源太郎の決断力と責任感➉』★『予は、全責任を自己一身に負担し、この責任を内閣にも、又参謀総長にも分たず、一身を国家に捧げる決心を以て熟慮考究の上、一策を案じ、着々これが実行を試みつつある。』

 日本リーダーパワー史(823)『明治裏面史』 ★ 『「日清、日露戦争に勝利」し …

no image
日本リーダーパワー史(391)(まとめ)『日露戦争』はなぜ起きたのか① 英国『タイムズ』米国「ニューヨークタイムズ」で読 む

 日本リーダーパワー史(391)    (まとめ) …