前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(77)』●『理研・笹井芳樹氏の自殺原因」「責任の取り方としの自殺」

      2015/01/01

  

 

  『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(77)』

 

●『理研・笹井芳樹氏自殺の原因

現時点の報道で考えられる3つのこと

日本人の責任の取り方の1つとしての自殺は、真実

の解明を不可能にするので、真理の探究を本分とする

科学者の取るべき態度ではない。

同時に理研の無責任体質、笹井氏を追い込んだ

メディアスクラム、メディアの凶器についても

問われねばならない。

 

●『理研・笹井芳樹氏自殺の原因 | 現時点の報道で考えら
れる3つのこと矢幡洋の犯罪心理学と事件-日々

http://crime-psychology.hateblo.jp/entry/2014/08/05/%E7%90%
86%E7%A0%94%E3%83%BB%E7%AC%B9%E4%BA%95%
E8%8A%B3%E6%A8%B9%E6%B0%8F%E8%87%AA%E6%
AE%BA%E3%81%AE%E5%8E%9F%E5%9B%A0_%7C_%E
7%8F%BE%E6%99%82%E7%82%B9%E3%81%AE%E5%A
0%B1%E9%81%93%E3%81%A7%E8%80%83

 

F氏のコメント>

   さて、笹井氏の件、一つだけ腑に落ちない事があります。

 

   超一流の人材、分子生物学の世界的権威という世評とSTAP

           論文のお粗末ぶりとのギャップです。

   ES細胞、再生医療の世界的権威、日本を代表する分子生

   物学のトップエリートと称され多数の成果を上げている

   彼が、結果的には好い加減な研究を途中迄は賞賛し、こ

   の仮説は正しいと何故信じ続けたのでしょうか?

 

   理研から山梨大へ移動した若山教授、そして自分が面接

   して即採用した小保方嬢、この二人に全幅の信頼を置き

   すぎた、二人の実験データ、プロセスに全く疑問を抱か

   なかった、二人の実験結果と論理にただ乗っていれば、

   自分は論文の文章作法と論理構成だけに留意していれば

   それで良しとしていた様です。

 

   一部始終が自分自身の実験と論証であれば、逐条逐語の

   吟味は一流だったのでしょう。自分がやらない不正は他人

   もやらない、いわんや旧知の仲間であれば100%信頼して

   当然という純粋な方だったのでしょうか?人を疑う事を

   知らない子供のような方だったのでしょうか?

 

   二人の実験結果とエビデンスを本来の厳しい学者の目で

   一つ一つ吟味していれば、斯様な悲惨な結末は避けられた

   訳です。

   結果的には、笹井氏からの全幅の信頼を良い事に、小保方、

   若山の両氏が、笹井氏を騙したことになります。

 

   もし二人に笹井氏から隠れた不正行為があれば、それは

   自分のキャリアに致命的な汚点となる、斯様なリスクを

   ほとんど顧みていないお人好しだったのでしょうか?

 

   笹井氏が、二人の実験作業の要所に具体的かつ頻繁に介入

   していれば、と惜しまれます。名前を貸して、命を失いま

   した。

   今回の汚点を除けば、超一流の人材という高い評価が未だ

   に信じられません。

 

 

 

●『笹井芳樹氏自殺の背景ーー小保方晴子氏が開けて

しまった研究界の「パンドラの箱」

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/40061

 

 

◎「単に袋叩きにあってる状態から逃げたいだけ」理研・

笹井芳樹氏の自殺に対する著名人の反応まとめ

http://spotlight-media.jp/article/46106762143735185

 

 

 - 現代史研究 , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ ウオッチ(196)』★『空調トラブルで2日連続引き返す、半世紀ぶりの国産旅客機、今後の受注活動に影響も』●『テスト飛行の連続失敗の原因は?- MHI(三菱重工)組織の驚くべき硬直性ー 日本企業の中でもこれほど上意下達と その履行を強制する会社は珍しいと実感!』

 『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ ウオッチ(196)』 『三菱MRJ …

no image
 片野 勧の衝撃レポート④「戦争と平和」の戦後史(1945~1946)④『占領下の言論弾圧』⓶『マッカーサーの新聞検閲』 ■6000人の被爆者の臨床データも消された ■没収された原爆放射線被害の情報

  「戦争と平和」の戦後史(1945~1946)④ 片野 勧(フリージ …

no image
★『 地球の未来/世界の明日はどうなる』 < アメリカ、メルトダウン(1047)>『トランプ大統領は弾劾訴追されるのか』◎『FBI長官解任劇:トランプ大統領の「真意」と「波紋」 「ウォーターゲート」を越えるか? ワシントンを巡る混乱』★『はたしてトランプ大統領は弾劾されるのか? 』●『トランプ大統領は、弾劾訴追から逃げ切れるーウォーターゲート事件との決定的違いとは?』★『トランプ問題で麻痺する共和党―危険な袋小路に入り込んだ米国、誰も勇気を出せない悲劇』(英FT紙)』★『  災い招く米国:トランプノミクスが危険な理由 (英エコノミスト誌)』

 ★『 地球の未来/世界の明日はどうなる』 < アメリカ、メルトダウン(1047 …

no image
日本リーダーパワー史(599)『安倍・歴史外交への教訓(6)「世界史の中での朝鮮の保護国化(その後の日韓併合)のパーセプションギャップ①」

 日本リーダーパワー史(599) 『安倍・歴史外交への教訓(6) 「世界史の中で …

no image
速報(168)『日本のメルトダウン』ー●『中国の現状と明暗―どう対応するのか』ー丹羽中国大使が警告など5本

速報(168)『日本のメルトダウン』   ●『中国の現状と明暗―どう対 …

no image
★『明治裏面史』 -『日清、日露戦争に勝利した明治人のリーダーパワー,リスク管理 ,インテリジェンス㊼★『児玉源太郎のインテリジェンス』★『袁世凱と太いパイプを持つ青木宣純大佐に満州馬賊団を起して鉄道破壊のゲリラ部隊の創設を指示』●『青木大佐と袁世凱の深い関係』

  ★『明治裏面史』 -『日清、日露戦争に勝利した 明治人のリーダーパワー,リス …

no image
日中北朝鮮150年戦争史(38)<歴史復習問題>『120年前の日清戦争の真実]』③戦前、世界も日本も、圧勝を予想したものはなかった。ただl人、大本営で日清戦争を全面指揮した川上操六川上操六の インテリジェンスの勝利であった。

    日中北朝鮮150年戦争史(38) <歴史復習問題>『120年前の日 …

no image
「昭和史決定的瞬間/名シーン』-『1941年(昭和16)12月3日の山本五十六連合艦隊司令長官の家族との最後の夕餉(ゆうげ、晩ご飯)』★『家族六人一緒の夕食で山本も家族も何もしゃべらず無言のまま』(日本ニュース『元帥国葬」動画付)

山本五十六の長男が回想する父との最後の夕餉(ゆうげ) 昭和十六年(1941年)1 …

no image
日本メルトダウン脱出は可能か(597)「経済の珍病には大胆な治療法必要」(英FT紙)◎「日本の総選挙:同レース、同馬」(英エコノミスト誌)

       日本メルトダウン …

no image
日本一の「徳川時代日本史」授業④福沢諭吉の語る「中津藩で体験した封建日本の差別構造」(旧藩情)を読む⑤  

  日本一の「徳川時代の日本史」授業 ➄   「門 …