前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(77)』●『理研・笹井芳樹氏の自殺原因」「責任の取り方としの自殺」

      2015/01/01

  

 

  『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(77)』

 

●『理研・笹井芳樹氏自殺の原因

現時点の報道で考えられる3つのこと

日本人の責任の取り方の1つとしての自殺は、真実

の解明を不可能にするので、真理の探究を本分とする

科学者の取るべき態度ではない。

同時に理研の無責任体質、笹井氏を追い込んだ

メディアスクラム、メディアの凶器についても

問われねばならない。

 

●『理研・笹井芳樹氏自殺の原因 | 現時点の報道で考えら
れる3つのこと矢幡洋の犯罪心理学と事件-日々

http://crime-psychology.hateblo.jp/entry/2014/08/05/%E7%90%
86%E7%A0%94%E3%83%BB%E7%AC%B9%E4%BA%95%
E8%8A%B3%E6%A8%B9%E6%B0%8F%E8%87%AA%E6%
AE%BA%E3%81%AE%E5%8E%9F%E5%9B%A0_%7C_%E
7%8F%BE%E6%99%82%E7%82%B9%E3%81%AE%E5%A
0%B1%E9%81%93%E3%81%A7%E8%80%83

 

F氏のコメント>

   さて、笹井氏の件、一つだけ腑に落ちない事があります。

 

   超一流の人材、分子生物学の世界的権威という世評とSTAP

           論文のお粗末ぶりとのギャップです。

   ES細胞、再生医療の世界的権威、日本を代表する分子生

   物学のトップエリートと称され多数の成果を上げている

   彼が、結果的には好い加減な研究を途中迄は賞賛し、こ

   の仮説は正しいと何故信じ続けたのでしょうか?

 

   理研から山梨大へ移動した若山教授、そして自分が面接

   して即採用した小保方嬢、この二人に全幅の信頼を置き

   すぎた、二人の実験データ、プロセスに全く疑問を抱か

   なかった、二人の実験結果と論理にただ乗っていれば、

   自分は論文の文章作法と論理構成だけに留意していれば

   それで良しとしていた様です。

 

   一部始終が自分自身の実験と論証であれば、逐条逐語の

   吟味は一流だったのでしょう。自分がやらない不正は他人

   もやらない、いわんや旧知の仲間であれば100%信頼して

   当然という純粋な方だったのでしょうか?人を疑う事を

   知らない子供のような方だったのでしょうか?

 

   二人の実験結果とエビデンスを本来の厳しい学者の目で

   一つ一つ吟味していれば、斯様な悲惨な結末は避けられた

   訳です。

   結果的には、笹井氏からの全幅の信頼を良い事に、小保方、

   若山の両氏が、笹井氏を騙したことになります。

 

   もし二人に笹井氏から隠れた不正行為があれば、それは

   自分のキャリアに致命的な汚点となる、斯様なリスクを

   ほとんど顧みていないお人好しだったのでしょうか?

 

   笹井氏が、二人の実験作業の要所に具体的かつ頻繁に介入

   していれば、と惜しまれます。名前を貸して、命を失いま

   した。

   今回の汚点を除けば、超一流の人材という高い評価が未だ

   に信じられません。

 

 

 

●『笹井芳樹氏自殺の背景ーー小保方晴子氏が開けて

しまった研究界の「パンドラの箱」

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/40061

 

 

◎「単に袋叩きにあってる状態から逃げたいだけ」理研・

笹井芳樹氏の自殺に対する著名人の反応まとめ

http://spotlight-media.jp/article/46106762143735185

 

 

 - 現代史研究 , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
速報(324)『日本のメルトダウン』●『橋下徹・大阪市長よりすごいぞ、千葉の熊谷俊人市長」●『総選挙で確実となる民主党の終焉』 

速報(324)『日本のメルトダウン』   ●『橋下徹・大阪市長よりすご …

d0170835_17195139
★『大爆笑、そしてラブラブの日本文学史』④『大歌人・斎藤茂吉』 ♡『ウナギ』狂でスタミナ倍増『老らくのラブラブ』 (。・ω・。)ノ♡に恋心を燃やし続けた大歌人・斎藤茂吉(71)』

★『大爆笑、そしてラブラブの日本文学史』④ 「大歌人・斎藤茂吉」 ♡『ウナギ』狂 …

no image
日本メルトダウン( 969)●『トランプに熱狂する白人労働階級「ヒルビリー」の真実』●『トランプが敗北しても彼があおった憎悪は消えない』●『預金が下ろせなくなる?国の借金1000兆円を国民に負担させた「預金封鎖」とは』●『そして預金は切り捨てられた  戦後日本の債務調整の悲惨な現実』●『尖閣問題も五輪ボート会場問題も「ノーベル賞マインド」で(李小牧)』●『東芝と日立、なぜ両巨艦の明暗は分かれたか 世間が決める「成功」にとらわれるな』

   日本メルトダウン( 969) トランプに熱狂する白人労働階級「ヒルビリー」 …

no image
日本メルトダウン脱出法(574)◎「アベノミクス持続の条件」(浜田宏一)●「アリババ」 創業者・馬雲の不屈を見抜いた孫正義の慧眼

  日本メルトダウン脱出法(574)アベノミクスはいよいよ土壇場局面! …

no image
日本メルトダウン脱出法(745)「大村智さん、美術館丸ごと故郷に寄贈、特許料は「食べるだけで十分」●「富豪バフェット氏の超質素な生活、資産9兆円、自宅は60年前のまま」「4ノーベル賞の中村修二氏、「アメリカの市民権」を取った理由を語る」

  日本メルトダウン脱出法(745) 大村智さん、美術館丸ごと故郷に寄 …

no image
『リーダーシップの日本近現代史(16)記事再録/「英タイムズ」「ニューヨーク・タイムズ」など 外国紙は「日韓併合への道』をどう報道したか③<朝鮮は日本の評判を傷っけるようにプロパガンダ工作し、朝鮮人を日本の暴虐の犠牲者として印象づけている

      2015/09/0 …

no image
知的巨人の百歳学(131)-『石油王・出光佐三(95)の国難突破力/最強のリーダーシップ/晩年長寿力』★『『人間尊重』『つとめて困難を歩み、苦労人になれ』『順境にいて悲観し、逆境にいて楽観せよ』★『活眼を開いてしばらく眠っていよ』

2011/07/31記事再録/  日本リーダーパワー史(179) 『国 …

no image
日本メルダウン脱出法(648)「中国のアジア開銀(AIIB)参加問題で、日本は米国に追随し、外交失敗をするか、近衛外交<中国は相手にせず>の二の舞を踏むのか

     日本メルダウン脱出法(648) 「中国主導のアジア開銀(AI …

By: Dick Thomas Johnson
日本リーダーパワー史(542)サッカーアジア杯敗北とイスラム国人質事件で『死に至る日本病』を考える➁

  日本リーダーパワー史(542) ①サッカーアジアカップの準々決勝U …

no image
『リーダーシップの世界日本近現代史』(276)★『F国際ビジネスマンのワールド・カメラ・ウオッチ(151)』★『わがメモアールーイスラエルとの出会い、Wailing Wall , Western Wall 』(嘆きの壁)レポート(1)

     2016/02/16『F国際ビ …