前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

速報(74)『日本のメルトダウン』ー動画まとめ10本『汚染除去装置が動いても課題―小出裕章』ほか

   

 
速報(74)『日本のメルトダウン』
動画まとめ10本『汚染除去装置が動いても課題―小出裕章』
バズビー教授チェルノブイリと同じく深刻 それ以上の人口が被爆
 
           前坂 俊之(ジャーナリスト)

2011年6月18日
2011年6月17日のテレビ朝日「報道ステーション」に小出裕章氏(京都大学原子炉実験所助教)がVTR出演されました。
録画
汚染水処理システムについて:小出裕章

(小出先生登場は開始後2分48秒あたりから)


小出先生の説明部分(上記Youtubeページより転載)
=====
要するに水(汚染水)の中からゼオライトあるいは別の
化学物質の方にくっ付けるということだけなのであって
それ(放射性物質)は全部残ってしまうのですね
大変濃縮されたかたちで残ってしまいますので
それを一体どこに保管できるのかという課題もありますので
(除去装置が)仮にまともに動いたとしても
まだまだ大変だろうと思います
 
 
番組案内
2011年6月16日【木】
水野アナ被災地リポ~仮設住宅の現状
今夜も水野アナが被災地・石巻市雄勝町水浜地区からリポートです。避難所暮らしを余儀なくされている被災者の皆さんが待ちこがれる「仮設住宅」。ただ自活も求められるため大変な面もあります。
「仮設の現状」を実際に仮設住宅に入居した被災者の方にも出演して頂きお伝えします。小出先生の原発事故解説も!
録音
20110616 たね蒔きジャーナル京都大学原子炉実験所助教 小出裕章

要約
・(リスナーからの質問。汚染水の影響で海から離れていたサーファーが戻ってきている。先生の見解は?)海の汚染度を自治体が調べて公表することから始めてほしい。汚染度が分からない状態でサーフィンをするのは危険だ。
・(汚染水浄化システムの試運転が始まった。ゼオライトは毎日交換する必要があるというが、水での冷却が続く限り延々と動かすのか?)そうだ。
・(浄化に使ったゼオライトの汚染は1立方センチで1億ベクレル。1.5メートルのマジックハンドで交換するというが、離れれば放射線の量は弱まるか?)それなりに弱まるが、猛烈に汚れており被曝は大変なことになる。密着は危険すぎるから離れるべきだが、あまりに離れると操作が困難。被曝の蓄積が心配。
・(汚染水の浄化装置でたまったゼオライトの最終的処理は?ドラム缶1万本分の汚泥になるというが?)決まってないと思う。大変な汚染物であり、どこかに埋めることもできないし、取り扱いは被曝をしながらになる。今後の重い課題。
・(福島県が脱原発を復興基本理念にするという。県内で放射性廃棄物処分を受け入れないというメッセージだというが、国内に最終廃棄場は?)ない。福島原発周辺には広大な汚染地ができており、国としてはそこを狙うだろうが、県は逃れたいのだろう。誰にとっても受け入れたくないものだが、これまでの歴史でいえば弱いところがやられている。日本人ひとりひとりに突きつけられている。
・(福島ですべての生徒、児童、園児に線量計をもたせる。心配は低線量被曝だが、長い間浴び続けるとどう影響する?)基本的にガンや白血病の発生頻度が増える。特にこどもは放射線感受性が高く、なんとか被曝を減らさないといけない。
・(その方法は?)こどもが集中的に集まって遊ぶ場所の表土をはぎとることは絶対やってほしい。あとは、よく遊ぶ場所を親の責任できれいにする。マスクを習慣づける。汚染度の高い食べものは与えないようにする。
・(表土をはぎとってもそれを処分する必要がある?)そう。放射能は消えないので移動することしかできない。
・(処分の仕方というのは地中に埋めるとか海の沖の方に投棄する?)海に捨てるのは条約で禁止されている。唯一可能なのは放射能の墓場をつくること。福島原発周辺は多分人が住むことができないため、一部を墓場にして、汚染の強さに応じて仕分けをして建物の中にいれたり地中に埋めたりするしかない。
・(どのくらい続く?)半減期が30年と長いセシウムが一番問題だが、1000分の1になるまで300年かかる。福島の汚染物も最低300年間は閉じ込める必要がある。
全体書き起こし
 
 
●『バズビー教授チェルノブイリと同じくらい深刻 それ以上の人口が被爆』(52日)http://www.youtube.com/watch?v=5PFRQ4jDUE4
 
翻訳:千早@オーストラリアさん ありがとうございました。
" Credit goes to …"を書くのを忘れ大変失礼しました。

バズビー教授は 70キロ以内は少なくとも避難すべき と述べています。
残っている子供たちを早く安全な場所へ…
お願いします
「3号機の あれは水素爆発ではなく 核爆発(核反応)だった、と私は見ている。原子炉ではなく、使用済み燃料プール内でのね、おそらく。 そして現在も核分裂 が進行中と推測する。これに覆いをするのは不可能だ 」 - バズビー教授

●『福島原発の今後、仏ル・モンド紙より[H23/6/10] http://www.youtube.com/watch?v=2DImo13-5iU&feature=related
 
●『原発と白血病の因果関係(ドイツのテレビ番組)』1/3
 
 
 
●『原発と白血病の因果関係(ドイツのテレビ番組)2/3』
 
 
 
●『なぜプルトニウムを吸い込むのが危険なのか』(ドイツのテレビ番組)
 
 
●『アルジャジーラ:日本の原発政策と日本のマスメディア』
11/04/09にアップロード
 
 
●『1/2【原発事故】10年後の日本 2021(1)
2011/04/15にアップロード
●『2/2【原発事故】10年後の日本 2021(2)
 

 - 現代史研究 , , , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
速報(386)『日本のメルトダウン』◎『安倍首相のデフレは構造改革に代わるものではない』◎『日本衰退論の虚構』

速報(386)『日本のメルトダウン』   ◎『【社説】安倍首相と日本の …

no image
日本メルトダウン( 980)『トランプ米大統領の波紋!?』★『トランプ氏、日本などの核兵器保有容認発言「言ったことない」』●『世界一の気前よさ米軍駐留経費負担――他の米同盟国26カ国分より多い』●『トランプとスティーブ・ジョブズの意外な共通点』★『「FBがトランプ勝利に貢献」、相次ぐ批判にCEOが反論』★『クリントン支援に奔走したセレブたちと、沈黙を貫いた世界一の歌姫』★『トランプ大統領の「安保タダ乗り論」にどう対処すべきか』★『たぶん誕生するトランプ大統領が日本経済を危機に陥れる』★『「トランプ現象」と「橋下徹ブーム」を比較する』★『トランプの勝因は「比喩力」、忘れられない言葉が人を動かす』

    日本メルトダウン( 980) —トランプ米大統領の波紋!? …

By: Kentaro Ohno
日本リーダーパワー史(539)『ゾンビ日本』への警告➁「FOREIGN AFFAIRS REPORT」(2015年1月号)

 日本リーダーパワー史(539)   「FOREIGN AFFAIRS …

ダウンロード
日本リーダーパワー史(631)日本国難史にみる『戦略思考の欠落』(24)『荒尾精の日清貿易商会、日清貿易研究所設立は 「中原正に鹿を逐ふ、惟に高材疾足の者之を獲る」

日本リーダーパワー史(631)  日本国難史にみる『戦略思考の欠落』(24)   …

no image
知的巨人の百歳学(156)/記事再録/『東洋一のビール王・宣伝王・馬越恭平(78歳)ー『心配しても心痛するな』★『元気、勇気、長生き、腹のおちつきーの<四気〉がいずれの事業を行うにしても必要で、これこそすべての原点』

日本経営巨人伝⑪東洋一のビール王・宣伝王・馬越恭平『心配しても心痛するな』 &n …

no image
日本リーダーパワー史(144)国難リテラシー・66年前の『大日本帝国最期の日』昭和天皇・政治家・軍人はどう行動したか②

   日本リーダーパワー史(144)   国難リテラシー・6 …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(255)記事再録/ 『歴史有名人の長寿と食事①天海、御木本幸吉、鈴木大拙、西園寺公望、富岡鉄斎、大隈重信』

    2011/07/19百歳学入門(30)/記 …

no image
日本メルトダウン脱出法(708)「大量絶滅、全生物種が危機的状況に 研究」「【ウナギ味のナマズは世界を目指す】「年商500億円!今アフリカで超人気の日本企業」

     日本メルトダウン脱出法(708)   大量絶滅、全生物種が危機的状況に …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(127)/記事再録★『「長崎の平和祈念像」を創った彫刻家・北村西望(102歳)★『わたしは天才ではないから、人より五倍も十倍もかかるのです」★「いい仕事をするには長生きをしなければならない』★ 『たゆまざる 歩み恐ろし カタツムリ』★『『日々継続、毎日毎日積み重ね,創造し続けていくと、カタツムリの目に見えないゆっくりした動きでも、1年、2年、10年、50年で膨大なものができていくのだ。』

     2018/01/17百歳学入門 …

no image
『サハラ砂漠南側の「サヘル地域」への国連人道援助』ートビー・ランザー国連サヘル地域担当人道調整官の日本記者クラブ会見動画(60分)(2016.3.18)

 サハラ砂漠南側の「サヘル地域」への国連人道援助について トビー・ランザー国連サ …