前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

速報(195)●『欧州の金融機関31行が資金不足』『チェルノブイリ事故の小児ガンについて』『石橋克彦の記者会見』

      2015/01/01

速報(195)『日本のメルトダウン』
 
●『欧州の金融機関31行が資金不足、資本増強
に11兆8000億円必要
「チェルノブイリ事故の小児に対する長期経過の
解析のロシア研究者の記者会見
石橋克彦・神戸大学名誉教授(地震学)の記者
会見―巨大地震について
 
前坂俊之(ジャーナリスト)

 ●『欧州の金融機関31行が資金不足、資本増強に118000億円必要』(日経)
http://www.nikkei.com/news/headline/article/g=96958A9C9381949EE2EBE2E2E3
8DE2EBE3E0E0E2E3E3E2E2E2E2E2E2

F国際ビジネスマンのコメント
「欧州主要銀行の半分近くが資本注入の対象という報告です。纏まった公表は初めてではないでしょうか。実際には恐らく過半数以上が対象ではないでしょうか?EUの景気は急速に悪化しており、民間の不良債権の増加と共に、更に増えて行く訳です。
 並行してEU各国の税収が減少する、国債の利率が高止まりするという、負のサイクルが結構加速するのでは、と思います。注入は、小出しでは効果が持続しません。独、仏、が国益を犠牲に、EU益中心でどこまで譲歩するかに掛かっています。ガン細胞を120%取り切る思い切った金額が必要です。
 金利の高騰とともに国債発行が難しくなっており、景気の悪化 が銀行の不良債権を増加させているのが現状です。数字の悪化が常に流動的で、マイナスに加速し、根本的な信用回復には数年を要すると思います。
 各種財政支出の徹底した抑制の結果、政治情勢の混乱、失業率の一層の悪化など、ヨーロッパは様変わりの混乱に拍車が掛かります。」
 
 
 
●『ECBが25bp利下げ、国債購入拡大・IMF融資案には否定的』
ロイター
2011 12 9 07:16 JST
 
 
 
 
 
●『治療にあたってきたルミャンツェフ教授が記者会見―
「チェルノブイリ事故の小児に対する長期経過の解析』
 

Alexander G Rumyantsev, M.D. Ph.D. Director of Center of Pediatric Hematology, Oncology and Immunology, Russian Federation

ロシアのチェルノブイリ原発事故の子どもへの影響を研究し、治療にあたってきたルミャンツェフ教授が記者会見し「チェルノブイリ事故の小児に対する長期経過の解析」と題して、内部被曝、甲状腺がん、福島原発事故の対策などについて語った。

チェルノブイリ事故による小児甲状腺がんの特徴や発生率、チェルノブイリ・シンドローム、内部被曝などの点について分析した。さらに福島原発事故とチェルノブイリを比較した。放射線由来の疾患の危険性が高いグループとして、胎児期に被曝した子ども、汚染地域から避難した子ども、除染作業員の子どもをあげ、放射線と病気との関係を解明するよう国際的な協力をよびかけた。放射能汚染の危険性を心配する人々に向けて、国の解決策を待つのではなく予防のプログラムがあると指摘し、汚染された土壌の管理・除染、手洗いや野菜・果物の洗浄、ビタミン摂取など毎日続けるべき方法を列挙した。低レベル放射線の人体への影響はわからず、精神的なストレスを受ける人も多いため、専門家を組織して対策を検討する重要性を強調した。

司会 日本記者クラブ専務理事 中井良則
通訳 稲本智佳子

使用した資料
http://www.jnpc.or.jp/files/2011/11/42327d7729936868de72836320c4a0be.pdf日本記者クラブのページ
http://www.jnpc.or.jp/activities/news/report/2011/11/r00023608/

●「石橋克彦・神戸大学名誉教授(地震学)の記者会見―巨大地震について」
シリーズ企画「3.11大震災」

司会 日本記者クラブ企画委員 瀬口晴義(東京新聞)

石橋克彦氏のブログ
http://historical.seismology.jp/ishibashi/opinion/2011touhoku.html

日本記者クラブのページ
http://www.jnpc.or.jp/activities/news/report/2011/11/r00023552/

 - 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
速報(190)●『もんじゅの維持費が異常に高い理由と、世界の高速増殖炉の失敗の歴史 小出裕章(MBS)』

速報(190)『日本のメルトダウン』 ●『もんじゅの維持費が異常に高い理由と、世 …

no image
『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(65)』勝てない日本サッカーの原因は<ガラパゴスジャパン病>そのもの

     『F国際ビジネスマン …

no image
  日本メルトダウン( 967)『東京五輪、反対してもいいですか?「やめる」を納得させる5つの理由』●『「悲惨なアメリカ」を証明した、二つの衝撃レポートの中身 大統領選の行方にも影響アリ?』●『ドゥテルテ大統領来日で再確認!アジア外交の主役はやはり日本だ 中国はこの接近に焦っている』●『  スマホが子どもにもたらす「隠された3つの弊害」』●『ウェブメディアの「検索回帰」が始まったワケーSNSのアルゴリズム変更に高まる不信感』●『ネットニュースの虚実に迫れるか 「Google News」に「ファクトチェック」タグ導入』

  日本メルトダウン( 967)   東京五輪、反対してもいいですか? …

no image
『池田知隆の原発事故ウオッチ⑪』ー『最悪のシナリオから考えるー被曝予測と海外からの目』

『池田知隆の原発事故ウオッチ⑪』   『最悪のシナリオから考えるー被曝 …

no image
現代史の復習問題/「延々と続く日韓衝突のルーツを訪ねるー英『タイムズ』など外国紙が報道する120年前の『日中韓戦争史④』<清国新聞『申報』<明治27年(1894)8月20日付>『日本の謀略がすでに久しいことを諭す』

  清国新聞『申報』<明治27年(1894)8月20日付> 『日本の謀 …

no image
速報(91)『日本のメルトダウン』ー脱原発に動き出した世界、何をしてよいかわからず『座して死を待つ』状態の日本

速報(91)『日本のメルトダウン』 脱原発に動き出した世界、何をしてよいかわから …

no image
日露300年戦争(5)『露寇(ろこう)事件とは何か』★『第2次訪日使節・レザノフは「日本は武力をもっての開国する以外に手段はない」と皇帝に上奏、部下に攻撃を命じた』

  結局、幕府側の交渉役の土井利厚生https://ja.wikipedia.o

no image
★『 地球の未来/世界の明日はどうなる』< 日本メルトダウン(1060)>★『週刊ニューズウィーク日本版 』特集『2050 日本の未来予想図』★『『日本を待ち受ける2つの未来』<中国の機嫌をうかがう衛星国か、平等な世界における中堅国になるか>』★『先進国陥落は間近!戦後幻想の終焉(デービッド・アトキンソン)』★『座して死を待つ<自死>の国/日本の惨状!終焉のベルはなる』

★『 地球の未来/世界の明日はどうなる』 < 日本メルトダウン(1060) …

no image
日本リーダーパワー史(810)『明治裏面史』 ★『「日清、日露戦争に勝利」した明治人のリーダーパワー、リスク管理 、インテリジェンス㉕ 『日英同盟の核心は軍事協定で、そのポイントは諜報の交換』★『日露開戦半年前に英陸軍の提言ー「シベリヤ鉄道の未完に乗じてロシアの極東進出を阻止するために日本は一刻も早く先制攻撃を決意すべき。それが日本防衛の唯一の方法である。』

 日本リーダーパワー史(810)『明治裏面史』 ★『「日清、日露戦争に勝利』した …

no image
★『地球の未来/明日の世界どうなる』 < 東アジア・メルトダウン(1075)> ★『第2次朝鮮核戦争の危機は回避できるのか⁉⑤』★『北朝鮮、現在所有するミサイルで米本土を壊滅的打撃 EMP攻撃を検討』★『北朝鮮の「水爆」実験、対米圧力へ王手となるか?』●『EMP攻撃に対する企業・自治体の対策についての考察 アナログ的思考がカギか』★『 北朝鮮の「電磁パルス攻撃」は脅威か?米専門家の懐疑論』

★『地球の未来/明日の世界どうなる』 < 東アジア・メルトダウン(1075 …