前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『F国際ビジネスマンのワールドニュース・ウオッチ⑦』強い円が日本では世代間に溝を作っている』<ニューヨーク・タイムズ7/31>

   

『F国際ビジネスマンのワールドニュース・ウオッチ⑦』
 
★『“Strong Yen Is Dividing Generations
in Japan”

強い円が、日本では世代間に溝を作っている

<ニューヨーク・タイムズ7/31by MARTIN FACKLER>

 
 (F氏コメント)
 
1.失われた20年という日本のデフレは、1986年12月から1991年2月迄の不動産バブル、そしてその崩壊に端を発している。
筆者は鹿島、大成、清水等大手ゼネコンの幹部や、自動車、鉄鋼業界の大手企業幹部から、当時異口同音にこのバブル崩壊の修復、つまりデフレスパイラルを脱してインフレ基調に戻るのに20年はかかると云われ、意気消沈した記憶がある。
20年以上経過した現在、いまだデフレ脱出の徴候は見られない。
 
2.米国住宅バブル(サブプライムローンバブル)は2002年から2008年9月のリーマンブラザーズ破綻迄の約6年間続いた。
この間の日本の経済は米国の熱狂につられて、供給余力は少なく需給関係はタイトで、漸く長いデフレのトンネルも終息すると期待されていた。
リーマン破綻の結果は、直下型地震と云われ、2009年3月頃は各企業の稼働率が一気に50%と半減する様な未曾有の悲惨な結果となった事は記憶に新しい。
これら二つの超弩級バブル崩壊の結果、日本の需給関係は依然として構造改善がなされていない。デフレは宿痾の様に続いている。
 
3.日本の名目成長額は、不動産バブルの崩壊以後、1992年から2012年の今日迄の20年間、全く延びていない、弱含み横這いであり、この間の円ドルのレイトは約130円から76円へと超円高まっしぐらである。
この名目成長の絶対額をマイナス方向で圧縮して来たのが、この間の40%もの円高である。
 
3.NYTのこの記事は、日本の長期デフレと平行する超円高が、日本の名目経済の成長と雇用の拡大をストップさせ、企業の海外逃避を加速させて国家の経済力、活力を急速に奪っていると云う。
 
大量の輸入品の価格下落、諸物価の下落を通じて、高齢化社会をひた走る日本のシニア層の生活を安定させているという効果は大であるが、現役世代の職、所得を奪い、生産活動の空洞化を加速させるこの異常な円高は速やかに是正しなければならない、という。
 
消費活動主体のシニア層は、現役世代の生産活動を支援するため、所得の減少を覚悟して、円安への転換に協力すべき、と云う。
                      以上
   2012/7/31     NYT by MARTIN FACKLER
   “Strong Yen Is Dividing Generations in Japan”
     “強い円が、日本では世代間に溝を作っている“
 
 
 
静岡、日本 ― 且つて、この国を経済大国に押し上げた産業が支配力を失い、これに続く産業に乗り遅れているが、これには問われるべき多くの責任がある。エネルギーコストを押し上げる原子力大災害。起業家精神の欠如。中国の相対的に安価な労働力。
 
然し乍ら、ビジネスリーダー達は問題が、少なくとも一部は益々政府の権限の範囲内にあると指摘している。高い円、これが日本製品を、TVからメモリーチップに至る迄、外国市場で極端な高値にしてしまうと。
1980年代、米国で猛威を振るった論争の遣り取りの中で、アメリカ政府は円安を抑制する策をほとんど何もしないと云う批判の拡大に直面していた、記録的なドル高は国家の重要な輸出システムに一時に大打撃を与えると云う警告があったにも拘らず。
 
アナリストや政治家が云うには、一つの大きな理由は簡単である、概して言われていない事だが、「高い円は、例えそれが国の他の分野を害するとしても、日本の急速な高齢化人口にとっては利益になる」
からである。
 

 - 現代史研究 , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
<近藤 健の米国深層レポート②>●『アメリカは金権政治plutocracyかー米国の選挙は“50億ドルビジネス”』―

<近藤 健の米国深層レポート②>   ●『アメリカは金権政治pl …

no image
『人気記事リクエスト再録』ー<2003年、イラク戦争から1年>『戦争報道を検証する』★『戦争は謀略、ウソの発表、プロパガンダによって起こされる』●『戦争の最初の犠牲者は真実(メディア)である。メディアは戦争 を美化せよ、戦争美談が捏造される』●『戦争報道への提言を次に掲げる』

<イラク戦争から1年>―『戦争報道を検証する』   2003年 12月 …

no image
片野 勧の震災レポート① 『戦災と震災ーなぜ、日本人は同じ過ちを繰り返すのか』

片野 勧の震災レポート①「3/10から3/11へ」     …

no image
『世界サッカー戦国史』①ー『W杯ロシア大会と日露戦争(1904)の戦略を比較する。西野監督は名将か、凡将か➀ 

  『世界サッカー戦国史』① W杯ロシア大会2018と日露戦争(190 …

no image
日本メルトダウン脱出法(795)「激化する日中の鉄道建設受注バトルー実は本当に欲しがっている買い手は少ない?(英FT紙)」●「これが世界の現実だ~日本の安保法制に真正面から反対する国は1つもない」●「温暖化対策で米国がまた身勝手を言いそうな理由 米国の環境対策はどんな力学で動いているのか?」

 日本メルトダウン脱出法(795) 激化する日中の鉄道建設受注バトルー実は本当に …

no image
知的巨人の百歳学(128)ー大宰相・吉田茂(89歳)の晩年悠々、政治健康法とは①<長寿の秘訣は人を食うこと>『「いさざよく、負けつぷりをよくせよ」を心に刻み「戦争で負けて、外交で勝った歴史はある」と外交力に全力を挙げた。』

2013/11/04  記事再録/百歳学入門(83) 大宰相・吉田茂( …

no image
『中国紙『申報』からみた『日中韓150年戦争史』⑥-『朝鮮の各国との通商こそ,国土保全の所以である(上)』(1882/12)

  『中国紙『申報』からみた『日中韓150年戦争史』 日中韓のパーセプ …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(156)再録/「昭和史決定的瞬間/名シーン』-『1941年(昭和16)12月3日の山本五十六連合艦隊司令長官の家族との最後の夕餉(ゆうげ、晩ご飯)』★『家族六人一緒の夕食で山本も家族も何もしゃべらず無言のまま』(日本ニュース『元帥国葬」動画付)

 2018/06/17/山本五十六の長男が回想する父との最後の夕餉(ゆ …

no image
日本メルトダウンの脱出法(539)●『日本の「非生産的な文化」を見直そう』●「必要なのは「成長幻想」を捨てること』

    日本メルトダウンの脱出法(539 …

no image
村田久芳の文芸評論『安岡章太郎論」②「海辺の光景へ、海辺の光景から』

  2009,10,10      文芸評論  『安岡章太郎論』 村田 …