前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

百歳学入門(46)原安三郎(98歳)「いつでも平常心を持って急迫の事態にも冷静に対応し、判断せよ」長寿10ヵ条とは

   

百歳学入門(46) 
 
原 安三郎(98歳)188431019821021
日本化薬会長、東洋火災海1保険会社初代会長、日本化学工業協会会長、政府
税制調査会会長など歴任。会社再建に手腕を発揮。

 
 
 
の「長寿十ヵ条」は次のとおり
 
① 時間は短くてもよく眠れ
② 食事は少なくせよー朝はパンとオートミールと野菜と牛乳。昼はヌキ。夕食は米を一碗。
③酒、タバコは呑まない。
④物事をすべてその場で処理せよ。
⑤心配はしても心痛はするな。
⑥決して物にとらわれるな、物に支配されるな。
⑦六十歳過ぎると義理や見栄、メンツで頭や身体を便わぬこと。少しでも気にそわぬこと、いやだと思うことをあえてするな。
⑧会合や人の依頼も気特ちにそわぬことはドシドシ断れ。
⑨物事を正直に、いつも良心に照らして遺憾のないように。
⑩思いついたことは遠慮しないでドシドシしゃべれ。

 
前坂俊之(センテナリアン研究家)
 
名言①『若いときは百万円の益を得るより千万円の損をするほ
うが貴重な経験になる』
 
 
 原安三郎は明治の末期から大正、昭和三代の間、事業経営に携って来た稀有の経営者である。九〇歳の昭和五〇年代まで現役社長を勤める息の長さもさることながら、倒産会社の整理あるいは再建屋として数多くの他人の跡始末を手がけた事業歴も傑出している。
 
 原の企業遍歴は三歳のとき流行性関節炎で左足と右腕の自由を失った病気にに端を発する。明治四三年、早大商科を首席で卒業した原は総長高田早苗から山本条太郎・三井物産常務(その後、満鉄総裁、政友会幹事長)を紹介されて、三井物産の入社試験を受けるが、面接した庶務課次長が原の身体の障害に難くせをつけたのに憤慨し、自分から入社を辞退した。
ところが、その根性を認めた山本が採用して、秘書にして目をかけた。ここで、山本から仕事術、人使い術を徹底して仕込まれた。
 
以後もっぱら山本が関係していた不振会社の跡始末を託され得難い体験をすることになる。栃木県薬丸金山を手初めに金港堂、日本硫黄、才賀商会など、関連会社を含めると、数十もの会社を整理あるいは再建し、最後に鈴木商店の整理を手伝ってその傘下会社の東工業擬革、帝国染料をみずから買い取ったのが、今日の日本化薬の母体である。 原は、ボロ会社立て直しの名人といわれ、財界長老として活躍した。
 
 「若いときは百万円儲けるより千万円損したほうが貴重な経験になる」という名言は倒産会社の凄絶な修羅場から学んだものである。「百万円儲けたという経験は、その人が十億円儲ける、という経験にはならないが、一千万円損した経験は、むしろ十億円を儲ける経験につながる」と述べている。
 百万円を儲けたといっても、一億、十億円という金とは次元が異なり、儲けるには新しいノウハウを必要とする。
 ところが、失敗の経験は原因を十二分に反省して、二度と繰り返すまいとすれば、その失敗の十倍、百倍に相当する体験をつかむことが出来る。
 それが、逆に成功へのヒントとなり、儲けることのチャンスへとつながるという逆説的な表現である。
 
原は「会社は仕事の性質さえよければ、煙突が立ち機械がすわるれば、よほどの見込違いがない限り必ず再建できる。信念を持って、失敗を踏台に建設に向かうべきだ」との経営訓を残している。
 
日本化学工業協会全長などを歴任し、数多くの経営不振の会社を再建し、「会社再建の名医」と称された。一九六〇(昭和三十)年代に〝財界の重鎮〟として幅広く活躍した。「ビジネスマンはいつも頭を空にしておけ」が口癖だった。
 
その「長寿十ヵ条」は次のとおり。
 

 - 健康長寿 , , , , , , , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
知的巨人の百歳学(132)-『石油王・出光佐三(95)の国難突破力/最強のリーダーシップ/晩年長寿力』②『日章丸事件で石油メジャーに逆転勝利した最強のリーダーシップ』

  2018月1日記事再録/日本リーダーパワー史(180)   <国難 …

no image
知的巨人の百歳学(124)ー『天才老人・禅の達人の鈴木大拙(95歳』-『長寿の口癖は「わしは死神と競走で仕事をする」★『死を恐れるのは仕事を持たないからだ。ライフワークに没頭し続ければ死など考えるヒマがない。死が追ってくるより先へ先へと仕事を続ければよいのじゃ』

知的巨人の百歳学(124)  『天才老人・禅の達人の鈴木大拙(95歳) …

images
日本リーダーパワー史(666)昭和の大宰相・吉田茂(89歳)の晩年悠々、政治・長寿健康法は『マッカーサーと昭和天皇の会談が13回、 吉田は合計75回も面会』●『「長生きの秘けつ」は「そりゃカスミを食うこと、いや人を食うことだな」

  日本リーダーパワー史(666) 昭和の大宰相・吉田茂(89歳)の晩 …

no image
『百歳学入門』(230)『わが鎌倉30年カヤック釣りバカ日記』懺悔録-海には毎回、大自然のドラマがあり、サプライズがあるよ!

 2013/06/21の記事の再録 『鎌倉30年カヤック釣りバカ日記』懺悔録- …

no image
 ジョーク日本史(3) 宮武外骨こそ日本最高のジョークの天才、パロディトだよ、 『 宮武外骨・予は時代の罪人なり(中)』は超オモロイで

 ジョーク日本史(3) 宮武外骨こそ日本最高のジョークの天才、パロディトだよ、 …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(52)記事再録/日本風狂人伝⑳日本最初の告別式である『中江兆民告別式』での大石正巳のあいさつ

『中江兆民告別式』での大石正巳のあいさつ      …

no image
現代史の復習問題/日中韓150年史の真実(10)ー日清戦争の原因の1つとなった朝鮮の防穀令事件とは一体なにか』★『この朝鮮流の詐術外交(数字のごまかし、引き延ばし、ころころ変わる外交交渉)に手こずってきた歴代内閣は強硬手段をちらつかせた。』

  2016/04/24  記事再録日本リーダーパ …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(255)記事再録/ 『歴史有名人の長寿と食事①天海、御木本幸吉、鈴木大拙、西園寺公望、富岡鉄斎、大隈重信』

    2011/07/19百歳学入門(30)/記 …

no image
日本メルトダウン(1010)ー1月9日付日経朝刊『どうする2025年のその先―現実を直視せぬこの国』(芹川洋一論説主幹)「2025年、日本では3人に1人が65歳以上、5人に1人が75歳以上という人類史上かつて経験したことのない超超高齢社会を迎える。

 日本メルトダウン(1010)   今からちょうど20年前の日経新聞の1997年 …

no image
知的巨人の百歳学(141)-日本画家・奥村土牛(101歳) は「牛のあゆみ」でわが長い道を行いく』★『スーパー長寿の秘訣はクリエイティブな仕事に没頭すること』』

  『60歳から代表作を次々に出した奥村土牛』 芸術に完成はあり得ない …