前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

日本リーダーパワー史(342) 水野広徳の『日本海海戦論⑤ 勝利は物的、人的な優秀さのみではなく、天運が大きい」

      2015/01/01

日本リーダーパワー史(342 

 政治家、企業家、リーダー必読の歴史的
リーダーシップの研究『当事者が語る日露戦争編 

 

「此の一戦」の海軍大佐・水野広徳の
『日本海海戦論

●「海軍の勝利は単に物的、人的要素の優秀だ
ったことのみではない。人力の及ばざる
天運があったことが大きい
●「もし国民がこの天運を無視し、戦勝におごり
好戦的になれば、必ずや天罰をこうむる
 

前坂 俊之(ジャーナリスト)
 
<水野広徳「日本海上政権史論」国家学会雑誌(192236-7号)>
 
日本海軍の勝利は東郷長官以下司令部の作戦宜しきを得たると、将卒の勇敢熟練なしに因ること大なしとはいえ、天佑に属するものがすこぶる多かつたと信ずる。
 
ロシア艦隊といえどもその乗員の勇敢なりしは黄海、日本海の海戦に徴するも日本軍に比してはなはだしく劣ってはいなかった。
 
試に日本軍の好運だった諸点を挙げれば、
 
(1) 開戦のへき頭、旅順の奇襲により偶然にも敵の最新最良の軍艦二隻を傷けて先制の利を占めた。もし、当夜敵の艦隊が港外に碇碇していなかったか、碇泊していてもその損傷艦が他の劣勢軍艦だったならば、以後における日本海軍の件戦は大なる制肘を受けたであらう。
 
(2) ロシア司令長官「マカロフ」の新任はわが海軍に取って大なる精神的な脅威であった。ところが、彼が着任後わずか一ケ月にして唯一回、沈置したるわが軍の機雷に触れ、その旗艦と共に戦死を遂げたるは天運という外はない。
もし「マカロフ」が生存しておればロシア艦隊は大いに活動してわが艦隊を苦しめたであらう。
 
(3) 初瀬、八島の沈没は一時、わが海軍の士気に打撃を与へた。この時旅順方面においてわが艦艇の沈没したものは、わずか数日間に、初瀬、八島をはじめとし巡洋艦吉野、通報艦宮古、砲艦大島、水雷艇一隻の外、装甲巡洋艦春日は吉野と衝突のため大損傷を受けて修理のため帰国し、通報艦龍田は霧のためかく座して戦闘力を失ったのである。
実にわが海軍の危機であった。もし、敵にしてこの虚に乗じ攻勢をしてきたならば、その結果は寒心すべきものであったであらう。
 
(4)八月十日、黄海々戦において日没に近き頃、わが弾丸が敵の旗艦「ツェザレウィッチ」の司令塔に命中したことである。
この一弾なければ、当時の戦勢より推して敵は脱出の目的を達したかもしれない。反対に敵の1弾がわが三笠の司令塔を打てば勝敗は反転したであらう。この一弾こそ実に日本護国の神として祭るべきものである。
 
(5)バルチック艦隊の東航が著しく遅延したことである。ロシア提督が優良の軍艦のみを率い、我が海軍の予想したる如く、明治三十八年の二月、二月頃に来著したならば、わが艦隊はなお末だ艦艇の修理と乗員の休養訓練を完了してなかったので、日本海海戦のように好結果は到底望まれなかつたであらう。
 
 日露戦争のほとんど全部に参加して親しく戦況を目撃したる自分は、わが海軍の勝利は単に物的、人的要素の優秀なりしのみとは思はない。そこに人力の及ばざる大なる天運の力が加っていることを断言するに躊躇しない。
 
もし国民がこの天運を無視し、みだりに戦勝になれて戦争を好むが如きことあらば、必ずやいつかは天の責罰をこうむる時がくるであらう。
 
ただ、日露戦争の際においては日本海軍の軍人は上下を通じてこの戦争こそ国家の存亡に関するものであるとの固き信念を有したることは疑なき事実である。
 
要するに、日露戦争におけるわが海軍は地利と大和と天の運とをあわせ有したるものである。もしその一を欠けばかかる勝利は得られなかったであろう。
 
                                                                                                       おわり

 - 現代史研究 , , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
『野口恒の原発事故ウオッチ』①ー独立した「原子力規制委員会」と「広域放射能汚染モニタリングシステム」の設置を

『野口恒の原発事故ウオッチ①』   米国のような独立した「原子力規制委 …

IMG_8316
<F国際ビジネスマンのワールド・ITニュース・ウオッチ(218)>『HUAWEIのメデイア パッドを買って実力テストしてみました。タブレットで今一番人気の商品です。』★『映像、音声、処理スピード、液晶のタッチ処理の快適性、ネットとの接続スピード 今の所ところ 全て良しです。見事な出来で感心。』

<F国際ビジネスマンのワールド・ITニュース・ウオッチ(218)> <F氏 …

no image
(記事再録)140年前の外国新聞 (フランス紙『ル・タン』)が指摘した日本病の正体とは①論理的な学問なし②記憶力、詰め込むだけの教育③理性的学問では小学生レベルの無能な学者を量産④優柔不断で論理性のない人間ばかり⑤新しい状況に適応できない、実際的な良識にかけた人間を作っている。

  (記事再録) 1874(明治7)年5月23日付 フランス紙『ル・タ …

no image
日本メルトダウン脱出法(891)『トランプ氏、支持率逆転 対クリントン氏で米世論調査』●『安倍政権を支える右翼組織「日本会議」の行動原理【DOL】』●『「日本大好き」な保守系の国民は本当に増えているのか?』●『日本の中国嫌いが徒に?潜水艦売り込み失敗の真相【DOL】』●『中国のネット検閲、実態は…2015年「微博」から削除された書き込みトップ5』

日本メルトダウン脱出法(891)   トランプ氏、支持率逆転 対クリン …

no image
『池田知隆の原発事故ウオッチ⑮』ー『最悪のシナリオから考えるー福島でのがん発症予測』

『池田知隆の原発事故ウオッチ⑮』   『最悪のシナリオから考えるー福島 …

no image
『F国際ビジネスマンのワールド・ウオッチ㊽』「STAP」不正事件―日本の科学技術の信頼失墜の責任は重い

      『F国際ビジネスマ …

no image
速報(396)『日本のメルトダウン』『21世紀は「情報戦争」「サーバー戦争』の時代ー「サイバーセキュリティ」こそ最重要課題』

速報(396)『日本のメルトダウン』     ●『21世紀の …

ダウンロード-1-150x150
日本リーダーパワー史(698)日中韓150年史の真実(4)「アジア・日本開国の父」ー福沢諭吉の「日中韓提携」はなぜ「脱亜論」に一転したか」③<日中韓のパーセプションギャップが日清戦争 へとトリガーとなる>

 日本リーダーパワー史(698) 日中韓150年史の真実(4)「アジア・日本開国 …

no image
日本リーダーパワー史(818)『明治裏面史』 ★ 『「日清、日露戦争に勝利」した明治人のリーダーパワー、 リスク管理 、インテリジェンス㉝『日本史決定的瞬間の児玉源太郎の決断力⑤』★『児玉は日露外交交渉は不成立の見通しを誤る』★『ロシア外交の常套手段である恫喝、武力行使と同時に、プロパガンダ、メディアコントロールの2枚舌外交に、みごとにだまされた』

 日本リーダーパワー史(818)『明治裏面史』 ★ 『「日清、日露戦争に勝利」し …

no image
日本リーダーパワー史(305)『日韓外交衝突の歴史を検証する② ーアジアの観察者・ベルツの『日中韓』の500年史

  日本リーダーパワー史(305)   『日韓外交衝突の歴史 …