前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『オンライン/新型コロナパンデミックの研究』ー『世界は6月、新型コロナウイルスと共生するニューノーマル(新日常生活)に恐る恐る一歩踏み出した』★『新型コロナ後の世界政治地図はどうなるのか』

   

 

新型コロナ後の世界政治地図はどうなるか。

                               前坂 俊之

 

6月8日、ブラジルの新型コロナウイルスによる累計死者数が米国(11万)、英国(4万)に次いで三番目(3万4千)となった。メキシコへも飛び火し新型コロナ新規感染者が連日過去最多を記録、累計感染者数は11万人(死者1万3千)に増え、各国へのパンデミックの勢いはとまらず、世界全体では690万人、死者は40万人にのぼった。

 

そんな中、世界は「新型コロナウイルスと共生するニューノーマル(新日常生活)」に恐る恐る一歩踏み出した。今後の新型コロナ共生マラソンレースでの勝ち組、負け組はその 国の国力(経済力)、民力(民生度、デジタルマインド、寛容性)、リーダーシップ(インテリジェンス、問題解決力)、IT・IoT・AI(人工頭脳)競争力によって決まってくるであろう。

昨年12月、新型コロナウイルスは中国・武漢で発生し習近平政権による初動体制のおくれと情報隠蔽によって世界中に拡散したことは周知の事実だが、その中国の全人代(全国人民代表者会議、国会に相当)が5月22日からはじまり、香港国家安全法が可決された。同法は中国が国家の安全を脅かす行為とみなされれば、香港でのデモや抗議集会を厳しく取り締まる法律。香港立法会(議会)もこれと類似した中国国歌への意図的な侮辱行為を禁じる『国歌条例』を同時に可決した。

香港の1国2制度はこれで完全に消滅すると、危機感をもった香港市民の民主化デモが再び巻き起こったが、機動隊が催涙弾が撃ち込んで学生ら360人以上を逮捕して鎮圧した。

これに対して英米豪などは一貫して反対を表明していたが、トランプ大統領は「WTO」脱退に次いで香港への「関税や渡航(ビザ)などの優遇措置を停止、金融制裁を発動。アジアの金融センターの香港の地位が揺らぎかねない状況になり、米中新冷戦は一段とエスカレートした。

 

この「香港民主化弾圧法」が米国にブラーメンとなってはね返った。

ミネソタ州で黒人男性を警察官が首を絞めて窒息死させた事件で「人種差別反対」の抗議デモが全米各地で暴動に発展。トランプ大統領の「民主党やバイデン氏が扇動している左翼の過激派の暴動だ」と軍隊を派遣して鎮圧するという強硬発言が火に油を注いだ。2007年に650都市で起きた「女性の行進」(女性差別反対運動)を上回る米国史上最大の「抗議デモ」に発展してますます燃え上がっている。ロンドンや大阪など世界各地でも支援デモの輪が起きた。

大統領選民主党候補のバイデン氏は殺された黒人男性の遺族に哀悼の意を表し、9日にヒューストンで行われる葬儀にビデオメッセージを送るという。また、自身が大統領に選ばれれば副大統領は黒人女性を指名することも表明、トランプ打倒をアピールした。

すでに5月20日に1948年以来の米大統領選挙の予測では1968年(ニクソン勝利)、1976年(カーター勝利)の2回の選挙を除き、すべて的中させてきた名門シンクタン「オックスフォード・エコノミクス(英国)は「トランプ大統領の歴史的な大敗(選挙人獲得数、バイデン328、トランプ210)」を予測を公表した。https://wedge.ismedia.jp/articles/-/19783

トランプ氏の度重なる「コロナ対策失敗」「差別発言」から共和党の内部からもからも反トランプ派がうまれ、あと半年に迫った大統領選でのトランプ再選に赤ランプが激しく点滅してきた。この半年間の急激な世界の変化、各国の栄枯盛衰をリアルに体験していると、「パンデミック」(疫病の世界大流行)が文明史を変える」といわれることが、よく理解できる。

コロナ後の世界政治地図は一体どうなるか。

「Gゼロ」(21世紀の国際的にリーダーシップをとる国がいない世界情勢を表す言葉)の時代に入ったといわれるが、各国大統領の独裁、独走、独断ぶりをみると、古来から名言「権力は腐敗する、絶対的な権力は絶体に腐敗する」という言葉が浮かんでくる。

就任当初からトランプ大統領の独断ツイート・暴言暴走運転が続いてきた「エアホースワン」(大統領専用機)、ここにきてついに墜落してしまうのか!?。

一方、毛沢東とソ連崩壊の原因を徹底して研究し、2012年にトップに立った習近平主席は2018年に憲法規定の「主席の在任期間10年」を削除して永久主席の地位に就いたが、その個人崇拝とナショナリズムを背景に、GDP成長主義と対外的強権主義で国内的には「スマホ監視国家」を築いてきたが、ここにきて「中国が世界の救世主なる」という「戦狼外交」を打ち出し好戦的姿勢を強めている。

一方、米中対決のはざまで右往左往する日本の安倍内閣。

かけマージャンで辞任した黒川弘務検事長問題など度重なる不祥事に安倍長期政権のおごりと腐敗が指摘されているが、6月7日に発表された安倍内閣の支持率は38%に急落し、不支持率は61.3%になった。(時事通信6月7日付)

2012年12月に発足した第2次安倍政権以降では最低水準に。新型コロナウイルス対策について「評価しない」が60%、「評価する」の37.4%を上回った。

 

新型コロナ対策でカギを握ったのがIT競争力だが、日本のIT競争力世界ランキングは韓国10位、台湾13位、中国22位に次いで日本は23位とアジアの中での2周おくれ。

過去4か月の新型コロナ論文数を文科省科学技術・学術政策研究所が調べたところ、1位は中国545本、2位は米国411本、大きく下がって日本は8位の31本。中国のわずか約14分の1という少なさである。コロナ共生オリンピックマラソンレースではますます順位を下げている。

 

 

 - SNS,youtueで社会貢献する方法, 人物研究, 健康長寿, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
世界の最先端技術『見える化』『読めるよ』チャンネルー『ポケモンGOを作った男、ジョン・ハンケ独占取材』●『「忙しすぎてレベル5」●『ポケモンGO利用者、米国では女性が6割超 「大卒で年収9万ドル」の調査結果』●『「1兆個のチップを地球上にばらまく」孫正義氏が出した“シンギュラリティ”に対する答え』●『「ARMはIoT時代の主役」孫正義氏がほれ込んだチップの可能性』●『「江南スタイル」がYouTubeで26億回再生突破 最新チャートでも13位』

  世界の最先端技術『見える化』『読めるよ』チャンネル 「1兆個のチッ …

ダウンロード (1)
世界が尊敬した日本人(56)松旭斎天勝―世界公演で大成功した「魔術の女王」として、「ジャポニズム」 を巻き起こした。

  世界が尊敬した日本人(56) 松旭斎天勝―世界公演で大成功した「魔 …

333333333333
『F国際ビジネスマンのワールド・カメラ・ウオッチ(158)』「イスラエルに魅せられて再訪 2016 /1」レポートその(7)クムラン(Khirbet Qumran) の死海写本』 ”20世紀最大の考古学的発見”

 『F国際ビジネスマンのワールド・カメラ・ウオッチ(158)』   「 …

mq2 (3)
『リモートワーク動画』★『京都祇園も春爛漫ー多くの外国人観光客がぶらり散歩、建仁寺へ』(2014/04/06 )★『京都・古寺巡礼ー栄西が開山した建仁寺はオープンマインド(禅心)で最高!』★『建仁寺の内部をゆっくり鑑賞しながら散策する』

京都駅でタクシーにのって「どこのお寺のよいか」を聞いた。   お寺の隅 …

no image
池田龍夫のマスコミ時評(52)●『京都・滋賀県知事が原発再稼動を危惧する提言』『石原都知事が「尖閣諸島を買う」と公言』

池田龍夫のマスコミ時評(52)   ●『京都・滋賀県知事が原発再稼動を …

no image
★5湘南海山ぶらぶら日記ー『外国人観光客への鎌倉絶景ポインガイドー8月中旬までは見ごろの鎌倉八幡宮の『蓮の花』万華鏡』●『モネの睡蓮』などより本物『鎌倉八幡宮の源氏池』の方が百倍も美しいよ』

 湘南海山ぶらぶら日記 ★5外国人観光客への鎌倉絶景ポインガイドー 8月中旬まで …

no image
『2011年、世界は一体どうなるか』―日米中100年興亡史は・・・<超大国中国の勃興と日本沈没中!・・>

『2011年、世界は一体どうなるか』―日米中100年興亡史は・・・ <超大国中国 …

no image
『昭和史キーワード』浜口雄幸内閣のロンドン海軍軍縮条約批准【1930年)に対して、海軍艦隊派が猛反対し統帥権干犯問題を起こし、軍部の政治介入を招き、 政党政治に終止符をうち、軍部専制を許す引き金となった。

『昭和史キーワード』 浜口雄幸内閣のロンドン海軍軍縮条約の批准 に対して、海軍艦 …

no image
★5日中韓外交の教科書―英国タイムズが報道「日清戦争の真実」➁日本は故意に戦争を選んでいないが,準備は怠らなかった」

     日中韓外交の教科書―英国タイムズが報道の …

no image
日本リーダーパワー史(485)幕末・明治(約60年)は「西郷隆盛・従道兄弟政権 時代」が、日本大躍進をもたらした。

  日本リーダーパワー史(485)   明治人物ビックリ仰天の新しい視点― 徳川 …