前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

速報(364)老害が国を亡ぼすのは、日本も中国も独裁国もいずこも同じ『長老政治』『老害リーダー』『2重権力』を排せ

   

速報(364)『日本のメルトダウン』
 
<総選挙12月16日投票と決定、やっと錆びついた日本政治のカラ回りが始まった。
残念ながら、いずれの党が勝っても、日本政治の近代化は進まないであろう。
将来ビジョンも新しい政治理念も突破力もない新米議員を何人集めても、この腐り
きった保守回帰の「長老政治」「老害政治家の跋扈」コンクリートと化した
「封建的中央集権官僚主導の政治体制」をけちらすことはできない。
来年も自民党中心の混迷、混乱は一層続く、亡国日本の惨状は極めリ>
 
①  老害が国を亡ぼすのは、日本も中国も独裁国もいずこも同じ。
② 日本の百年前の政治(山県有朋に象徴される藩閥政治、元老政治、昭和の軍閥政権)
と現代中国の『長老政治』『老害リーダー』『2重、3重権力』と何と似ていることか、
これが国を亡ぼすのである。
③ 暴走老人を自任する『石原慎太郎の今回の尖閣問題での暴走(2重権力、2重外交)
昭和戦前の軍部の独走、無謀と同じ。国益・外交の大損失を招きながら、さらに
国政でその「国際情勢無認知多動性症候群」の独走を許してはならない。橋下
維新の会青年部隊は石原新党とは袂をわかたないと、昭和戦前の陸軍若手
将校の二の舞となるであろう。
 
 前坂 俊之(ジャーナリスト)
 
 
胡錦は中国政治を改革しようとしているが、日本政治は保守、復古派に逆戻り、
世界の民主政治からさらに1周遅れて、日本沈没を加速させている↓>
◎『胡錦濤総書記、完全引退へ 江沢民氏の影響力も排除』
 
朝日新聞(11月14日付)第一面は「胡総書記 完全引退へ、江氏の影響力も排除、長老政治に終止符」の大見出しで次のように報じた。 
中国共産党が11日の内部高官会議で、胡錦総書記(国家主席)の「完全引退」を決めたことがわかった。開会中の第18回党大会終了後に総書記だけでなく、党中央軍事委員会主席を含めたすべての党の要職を習近平国家副主席に譲る。同時に、江沢民・前総書記ら引退した党高官の政治介入を禁じる内部粗定を定め、長年続いた「長老政治」に終止符を打とうとの決定した。
 
胡氏は①いかなる党高官も引退後は政治に関与をしない②今後、軍事委主席も含めて引退期限を巡る人事での例外を認めない、との2点を内部規定とすることを条件とし内部会議で了承された。党の中枢機関が置かれている北京の中南海にある江氏の執務室も撤去、「党の重要事項は江氏に報告する」という内部規定も廃止する。
 
 中国では1980年代から90年代にかけて、鄧小平氏や陳雲民ら「八大元老」
と呼ばれた長老たちが、最高指導部の政治局常務委員会をしのぐ権力を誇り、重大な決定を委ねられた。しかし、元老を中核とした党中央顧問委員会は、鄧氏の意向で92年の党大会で廃止された。
 しかし、江氏は、89年6月に上海市党委員会書記から総書記に就任。2002年に総書記を退いたあとも2年間、軍トップの党中央軍事委員会主席にとどまり、党内序列はいまも、「1・5位」に位置づけられる。こうした「院政」「長老政治」に終止符を打ち二重権力、三重権力に陥り、党の結束が乱れて一党支配が危うくなることを回避しようとしたとみられる。
 
『石原新党は「太陽の党」 母体のたちあがれ、改称届け出』
 
 
◎『衆院選準備不足に焦り=第三極、候補擁立追い付か』ずhttp://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2012111300967
 
朝日新聞(2012・11・14)の第2面には『結集・擁立焦る第三極』「維新【時間切れ・不戦敗にならぬよう】と題して
 「暴走老人の石原でございます。かねがね国政に大きな不満を抱いていた」。13日夕、東京都内のホテルであった太陽の党の結党会見。共同代表に就任した石原慎太郎前東京都知事はこう切り出した。80歳の新党首は「新しい関ケ原の戦いに勝つために団結する」と続け、第三極の結集に執念を見せた。
 ただ、年内の解散風が強まる中、第三極の大同団結が間に合うかば微妙だ。太陽は橋下徹大阪市長率いる日本維新の会と週内に政策協議を行うが、原発や消費税などの政策に隔
たりがあり、両党の歩み寄りは「野合」批判と背中合わせだ。
 
 

 - 現代史研究 , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
日本メディア(出版、新聞、映画など)への検閲実態史②『満州事変と検閲の実態を調べる。前坂俊之著「太平洋戦争と新聞」(講談社学術文庫、2007年)より。

  満州事変と検閲の実態を調べる。以下は前坂俊之著「太平洋戦争と新聞」 …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(98)記事再録/ 日本国難史にみる『戦略思考の欠落』(31)<川上参謀総長からロシアに派遣された田中義一大尉(後に陸相、首相)はペテルスブルグで活躍<ダンスを習いギリシャ正教に入信して情報収集に当たる>②

   2016/01/14/日本リーダーパワー史(638) …

no image
日本リーダーパワー史(325)「尖閣問題の歴史基礎知識」日中、台湾、沖縄(琉球)の領土紛争の底にある『中華思想』と台湾出兵

日本リーダーパワー史(325)   よくわかる「尖閣問題の歴史基礎知識 …

no image
日本メルトダウン脱出法(681)「アトキンソン氏、「新・所得倍増計画」を提言ー2030年、訪日客8200万人」ドローンが新聞配達までやる」など6本

  日本メルトダウン脱出法(681)   アトキンソン氏、「新・所得倍増計画」を …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(330 ) <日本議会政治の父・尾崎咢堂が政治家を叱る②>『売り家と唐模様で書く三代目』の日本病②<初代が裸一貫、貧乏から苦労して築き上げて残した財産も三代目となると没落 して、ついに家を売りだすようになるという、国家、企業、個人にも通用する 栄枯盛衰の歴史的名言>ーリーダーシップとは何かー

    2012/02/24 &nbsp …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(302)★『生死一如/往生術から学ぶ①『元気とは性欲、食欲、名誉欲、物欲、金銭欲がふつふつと煮えたぎっている状態、つまり煩悩である。その元気が死を覆い隠しているのです」とね。

    2010/01/21 &nbsp …

no image
『中国紙『申報』からみた『日中韓150年戦争史』⑫ 英『タイムズ』、仏「ル・タン」の日中対立の見方と視点

  『中国紙『申報』からみた『日中韓150年戦争史』 日中韓のパーセプ …

no image
 片野 勧の衝撃レポート④「戦争と平和」の戦後史(1945~1946)④『占領下の言論弾圧』⓶『マッカーサーの新聞検閲』 ■6000人の被爆者の臨床データも消された ■没収された原爆放射線被害の情報

  「戦争と平和」の戦後史(1945~1946)④ 片野 勧(フリージ …

no image
『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(126)』「東芝不正会計問題、功罪残した西田流辣腕経営‏」ー今回の不祥事の元凶は西田氏にある

『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(126)』 東芝不正会計問題 …

no image
★『アジア近現代史復習問題』・福沢諭吉の「日清戦争開戦論」を読む(2)ー「北朝鮮による金正男暗殺事件をみていると、約120年前の日清戦争の原因がよくわかる」★『脱亜論によりアジア差別主義者の汚名をきた福沢の時事新報での「清国・朝鮮論」の社説を読み直す』★『金玉均暗殺につき清韓政府の処置』 「時事新報」明治27/4/13〕』

 『アジア近現代史復習問題』 ・福沢諭吉の「日清戦争開戦論」を読む(2)ー 「北 …