前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

速報(364)老害が国を亡ぼすのは、日本も中国も独裁国もいずこも同じ『長老政治』『老害リーダー』『2重権力』を排せ

   

速報(364)『日本のメルトダウン』
 
<総選挙12月16日投票と決定、やっと錆びついた日本政治のカラ回りが始まった。
残念ながら、いずれの党が勝っても、日本政治の近代化は進まないであろう。
将来ビジョンも新しい政治理念も突破力もない新米議員を何人集めても、この腐り
きった保守回帰の「長老政治」「老害政治家の跋扈」コンクリートと化した
「封建的中央集権官僚主導の政治体制」をけちらすことはできない。
来年も自民党中心の混迷、混乱は一層続く、亡国日本の惨状は極めリ>
 
①  老害が国を亡ぼすのは、日本も中国も独裁国もいずこも同じ。
② 日本の百年前の政治(山県有朋に象徴される藩閥政治、元老政治、昭和の軍閥政権)
と現代中国の『長老政治』『老害リーダー』『2重、3重権力』と何と似ていることか、
これが国を亡ぼすのである。
③ 暴走老人を自任する『石原慎太郎の今回の尖閣問題での暴走(2重権力、2重外交)
昭和戦前の軍部の独走、無謀と同じ。国益・外交の大損失を招きながら、さらに
国政でその「国際情勢無認知多動性症候群」の独走を許してはならない。橋下
維新の会青年部隊は石原新党とは袂をわかたないと、昭和戦前の陸軍若手
将校の二の舞となるであろう。
 
 前坂 俊之(ジャーナリスト)
 
 
胡錦は中国政治を改革しようとしているが、日本政治は保守、復古派に逆戻り、
世界の民主政治からさらに1周遅れて、日本沈没を加速させている↓>
◎『胡錦濤総書記、完全引退へ 江沢民氏の影響力も排除』
 
朝日新聞(11月14日付)第一面は「胡総書記 完全引退へ、江氏の影響力も排除、長老政治に終止符」の大見出しで次のように報じた。 
中国共産党が11日の内部高官会議で、胡錦総書記(国家主席)の「完全引退」を決めたことがわかった。開会中の第18回党大会終了後に総書記だけでなく、党中央軍事委員会主席を含めたすべての党の要職を習近平国家副主席に譲る。同時に、江沢民・前総書記ら引退した党高官の政治介入を禁じる内部粗定を定め、長年続いた「長老政治」に終止符を打とうとの決定した。
 
胡氏は①いかなる党高官も引退後は政治に関与をしない②今後、軍事委主席も含めて引退期限を巡る人事での例外を認めない、との2点を内部規定とすることを条件とし内部会議で了承された。党の中枢機関が置かれている北京の中南海にある江氏の執務室も撤去、「党の重要事項は江氏に報告する」という内部規定も廃止する。
 
 中国では1980年代から90年代にかけて、鄧小平氏や陳雲民ら「八大元老」
と呼ばれた長老たちが、最高指導部の政治局常務委員会をしのぐ権力を誇り、重大な決定を委ねられた。しかし、元老を中核とした党中央顧問委員会は、鄧氏の意向で92年の党大会で廃止された。
 しかし、江氏は、89年6月に上海市党委員会書記から総書記に就任。2002年に総書記を退いたあとも2年間、軍トップの党中央軍事委員会主席にとどまり、党内序列はいまも、「1・5位」に位置づけられる。こうした「院政」「長老政治」に終止符を打ち二重権力、三重権力に陥り、党の結束が乱れて一党支配が危うくなることを回避しようとしたとみられる。
 
『石原新党は「太陽の党」 母体のたちあがれ、改称届け出』
 
 
◎『衆院選準備不足に焦り=第三極、候補擁立追い付か』ずhttp://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2012111300967
 
朝日新聞(2012・11・14)の第2面には『結集・擁立焦る第三極』「維新【時間切れ・不戦敗にならぬよう】と題して
 「暴走老人の石原でございます。かねがね国政に大きな不満を抱いていた」。13日夕、東京都内のホテルであった太陽の党の結党会見。共同代表に就任した石原慎太郎前東京都知事はこう切り出した。80歳の新党首は「新しい関ケ原の戦いに勝つために団結する」と続け、第三極の結集に執念を見せた。
 ただ、年内の解散風が強まる中、第三極の大同団結が間に合うかば微妙だ。太陽は橋下徹大阪市長率いる日本維新の会と週内に政策協議を行うが、原発や消費税などの政策に隔
たりがあり、両党の歩み寄りは「野合」批判と背中合わせだ。
 
 

 - 現代史研究 , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
速報(309)★『日本の産業空洞化:どれほど深刻か?』★『沈みく世界経済:メルケル首相よ、今こそ行動を』(英エコノミスト誌)ほか

速報(309)『日本のメルトダウン』    ★『日本の産業空 …

no image
日中韓コミュニケーションギャップ・ニュースー『日中関係に関するメディアの報道は客観的?日本は「そう思う」が2割、中国は7割』●『韓国大混乱、密告ありの接待規制法で悪習は浄化されるか』●『「韓国・平昌」冬季五輪も大混乱!開催まで1年4か月なのに「競技施設の工事代金払え」』●『中国の“火薬庫”、新疆ウイグル自治区、平静保つも当局の監視、締め付け常態化』●『  中国とはこんなに違う!日本の学校の驚くべき8つの事実―中国メディア』●『  世界が感激!日本のトイレが世界一きれいな7つの理由―中国メディア』●『韓国企業、日本の技術供与薄れ存亡の危機に…鉄鋼大手ポスコも新日鉄の技術盗用で苦境突入 』

日中韓コミュニケーションギャップ・ニュース 日中関係に関するメディアの報道は客観 …

no image
日本リーダーパワー史(573)「日中戦争リテラシー 「近衛外交」の失敗は なぜ起きたかー河辺虎四郎少将回想応答録(昭和15年

日本リーダーパワー史(573) 「日中戦争リテラシー」 支那事変(日中戦争)での …

no image
『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(139)』VW不正事件―トッド氏の言うように、ドイツ人が米国人を小馬鹿にしている姿勢が、 今回の底流にある。郷に入れば郷に従うグローバル商売の鉄則を無視した結果です。

『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(139』 VW不正事件―トッ …

no image
『日本の最先端技術「見える化」チャンネル』★「インターネットのようにドローンが世界を変える」ーー「国際ドローン展』(動画4本)と『ドローン最新情報8本」

『日本の最先端技術「見える化」チャンネル』 ★「インターネットのようにドローンが …

no image
「20世紀/世界史を変えた『日露戦争』の研究」- 「日露開戦までのいきさつ」①★『ロシアは再三再四の遅延、引き延ばし、恫喝外交を展開、 日本側は妥協し、忍耐して交渉を続けるが、ロシア軍が鴨緑江岸 に侵攻した時点で、ついに堪忍袋の緒をきって開戦に踏み切った。』●『安倍プーチン会談の外交交渉の参考にせよ』

  ★「20世紀/世界史を変えた『日露戦争』の研究」- 「日露開戦まで …

no image
日本メルダウン脱出法(662)中国から見た日米首脳会談 ー本当の関心は尖閣問題よりTPP」「瀬戸際のTPP交渉、5月合意できなければ空中分解も」

    日本メルダウン脱出法(662)   安倍首相訪米前夜に思う  中国の“歴 …

no image
日中ロシア北朝鮮150年戦争史(45)『日本・ロシア歴史復習問題』★「日清戦争後のロシアによる満州強奪」―西欧列強のアジア経営と米国の極東進出、ロシアのチベット問題の謀略

  日中ロシア北朝鮮150年戦争史(45)『日本・ロシア中歴史復習問題』★ (資 …

no image
日本メルトダウン脱出法(754)「仏学者エマニュエル・トッド「VW事件から見えてくるドイツ最大の弱点」 ●「世界で最も稼ぐ作家ランキング「年収110億円」の68歳がトップに」●「世界で最も稼ぐユーチューバー,1位は年収14億円」

日本メルトダウン脱出法(754)   緊急インタビュー!仏学者エマニュ …

no image
現代史の復習問題/「延々と続く日韓衝突のルーツを訪ねる➀ー『ニューヨーク・タイムズ』(1895(明治28)年1月20日付)ー「朝鮮の暴動激化―東学党、各地の村で放火、住民殺害、税務官ら焼き殺される。 朝鮮王朝が行政改革を行えば、日本は反乱鎮圧にあたる見込―ソウル(朝鮮)12月12日>

  2011年3月16日の記事再録/『ニューヨーク・タイムズ』(189 …