前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ ウオッチ(196)』★『空調トラブルで2日連続引き返す、半世紀ぶりの国産旅客機、今後の受注活動に影響も』●『テスト飛行の連続失敗の原因は?- MHI(三菱重工)組織の驚くべき硬直性ー 日本企業の中でもこれほど上意下達と その履行を強制する会社は珍しいと実感!』

   

 『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・

ウオッチ(196)』

『三菱MRJのテスト飛行の連続失敗の原因は?ー

MHI(三菱重工)組織の驚くべき硬直性ー

日本企業の中でもこれほど上意下達と

その履行を強制する会社は珍しいと実感!

 

<F国際ビジネスマンのコメント>

このニュースを見て、以前通っていた重工長崎の体質では有り得るな‼︎と思いました。

資材部長、設計部長等が天皇と呼ばれる存在で、今時こんな に威張っていては、組織をフラット化して顧客ニーズに柔軟かつ機敏に対応するのは難しいのでは?と当時感じていました。

上下左右の迅速かつ 果敢な討議を行い難いな?と感じておりました。

かみしを脱いだ議論が起こり難いカルチャーです。

本場の皿うどんとチャンポンを食べるのが唯一の楽しみでした。

ーーーーーーーーーーー

苦節半世紀を掛けた日の丸ジェット旅客機、三菱MRJがテスト飛行で苦労している。

直近では米国の型式を取得するための試験飛行で、空調トラブルに2回見舞われ空港に引き返している。

 

又、長崎香焼工場で建造中のクルーズ船、WiFi設備の各室装備が不備で、膨大な手戻り工事となり工期の大幅遅れと特損に拍車を掛けている。

放火を疑われる3度の船内火災の終息の矢先である。 いずれも、繰り返し発生しており、会社の経営陣を始めこれら大規模プロジェクトを遂行するP/Jマネージャー、組織、人質構造に問題が隠されていないか、強く疑われる所である。

 

筆者の毎月/数年の香焼工場詣での経験では、日本企業の中でもこれ程上意下達とその履行を強制する会社は珍しいのではと思えるほどであった。

優秀な人材が豊富でも指示待ち族が多く育っており、ハンコが無ければ動かない情景を見て、実に惜しいことと同情を禁じ得なかった。

完璧な基本設計と詳細設計の存在を前提とした製造体制と遂行能力はピカイチとお見受けしたが、受注後のスペックが顧客の要望で流動化し、P/J組織全体で上下左右の意思疎通を円滑にしながら、顧客ニーズの変化に伴うシステムの変更に柔軟に対処するのは不得手ではないかと、思われた。

今回は下からの意見具申、ボトムアップは如何なっていたのか?

一連のトラブルの発生は、MHI(三菱重工)組織の硬直性と、顧客ニーズを幅広く且つ鋭敏にキャッチし自社の組織を柔軟に使いこなして、納入システムに不備をもたらさない目利きのプロジェクト・マネジャーを欠いていたのでは?と思われる。

挑戦的な大プロジェクトを引き受けた割にはこれの完成に相応しいプロマネの育成を怠ってきたのでは?と思われる。

 

MRJ渡米中断 米で飛行試験不可欠 18年納入、認証へハードル

http://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/list/201608/CK2016082902000111.html

空調トラブルで2日連続引き返す 半世紀ぶりの国産旅客機 今後の受注活動に影響も

http://www.newsjs.com/url.php?p=http://www.sankei.com/economy/news/160828/ecn1608280018-n1.html

http://www.sankei.com/west/news/160828/wst1608280045-n1.html

http://www.nikkei.com/article/DGXMZO86769480U5A510C1000000/?df=2

http://www.asahi.com/articles/ASJ215RH0J21TIPE02P.html

http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ28HRJ_Y5A720C1TJC000/

 - IT・マスコミ論, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
日本リーダーパワー史(854)ー『2018年には米朝開戦か、北朝鮮を核保有国と認めて 「核シェアリング」で核抑止するかーギリギリの選択を迫られる 』(下)『北朝鮮は「核保有国」を宣言。核開発と経済発展の『並進路線』を推進 』

  北朝鮮は「核保有国」を宣言。核開発と経済発展の『並進路線』を推進  …

no image
日本リーダーパワー史(670) 日本国難史にみる『戦略思考の欠落』(52) 「インテリジェンスの父・川上操六参謀総長(50)の急死とその影響ー陸軍での川上の存在がいかに大きかったか

 日本リーダーパワー史(670) 日本国難史にみる『戦略思考の欠落』(52)   …

no image
「ニューヨーク・タイムズ」が報道した「日韓併合への道』の真実㉔『ラッド博士による弁明ー『伊藤侯爵の朝鮮統治ー『韓国での外国商人は保護国に満足』『現閣僚の開明派は暗殺の目標に』

  「 英タイムズ」「ニューヨーク・タイムズ」など外国紙が 報道した「日韓併合へ …

no image
日中北朝鮮150年戦争史(21)世界史『西欧列強の植民地争奪合戦』 の中での日清戦争勃発〈1894年)③清国(中国)との交渉は『無底の釣瓶(つるべ) を以て井戸水をくむが如く、いつも その効なく、無益に終わる」(パークス英公使)

 日中北朝鮮150年戦争史(21) 世界史『西欧列強の植民地争奪合戦』 の中での …

no image
3/11フクシマ原発事故か3年◎『土壌汚染フクシマの放射性物質のゆくえ』 中西友子・東京大学大学院教授の会見動画(90分)

   3/11フクシマ原発事故から間もなく3年 & …

no image
115年前ー1896年(明治29)、三陸沖大津波では最高30メートルの津波で、岩手、宮城県で2万7千人が死亡

115年前ー明治29年三陸沖大津波で30メートルの津波、2万7千人死亡 &nbs …

no image
★『2018年(明治150年)の明治人の歴史復習問題』-『西郷どん』の『読めるか化』チャンネル ➀<記事再録まとめ>日本歴史上、最大の英雄・西郷隆盛を研究せずして 『日本の近現代史』『最高の日本人』を知ることはできないよ①

2018年(明治150年)の明治人の歴史復習問題― 『西郷どん』の『読めるか化』 …

no image
日中北朝鮮150年戦争史(31)★現代史復習『日清戦争は日本が完勝したが、実質は清国軍が戦闘能力なしの「鵜合の集団」『張り子のトラ」だったこと。現在の『中國人民軍』は果たして近代化し、最強装備になっているか、北朝鮮の軍事力は核弾頭搭載ミサイルの脅威のレベルは如何!

   日中北朝鮮150年戦争史(31)★現代史復習、 日清戦争の陸海戦 …

no image
片野勧の衝撃レポート(62) 戦後70年-原発と国家<1954~55> 封印された核の真実ービキニの「死の灰」と マグロ漁船「第五福竜丸」(上)

  片野勧の衝撃レポート(62)  戦後70年-原発と国家<1954~55> 封 …

no image
●「 熊本地震から2ヵ月」(下) 『地震予知はできない』ー政府は約3千億円を つぎ込みながら熊本地震まで38年間の『 巨大地震』の予知にことごとく失敗した。(下)<なぜ地震学者は予知できないのか。ゲラー氏は 『地震予知は科学ではない』という>

  「 熊本地震を考える」 『地震予知はできない』ー政府は約3千億円を つぎ込み …