前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

速報(413)『日本のメルトダウン』●『初心者を相手にする「核のポーカー」は危ない』『アベノミクスは日本救うか波及に正念場』

   

  

 速報(413)『日本のメルトダウン』

 

初心者を相手にする「核のポーカー」は危ない
2013411日付 英フィナンシャル・タイムズ紙)

●『焦点:アベノミクスは日本救うか、実体経済への

波及に正念場

●『情報界震撼、闇に消える内閣情報調査室幹部自殺

●『南鳥島レアアース開発は30年かけても難しい

「夢の海底資源」報道に覚える違和感』


 
前坂 俊之(ジャーナリスト)

放射能漏れ】

●『初心者を相手にする「核のポーカー」は危ない
2013411日付 英フィナンシャル・タイムズ紙)

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/37572

 

●『焦点:アベノミクスは日本救うか、実体経済への波及に正念場

http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE93C00620130413?feedType=RSS&feedName=topNews&google_editors_picks=true

 

 

●『コラム:アベノミクスに「日本病」の落とし穴http://jp.reuters.com/article/jp_column/idJPTYE93B04S20130412?pageNumber=1&virtualBrandChannel=0

 

●『中国圧力外交が促した日台漁業取り決め署名』

強い文句も言えぬほどの完敗~中国株式会社の研究(210)

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/37570

  

●『情報界震撼、闇に消える内閣情報調査室幹部自殺—
マスコミが報じない米国における日本のプレゼンスの低さ~

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/37569

 

 ●『韓国経済が瀕死状態…景気回復のシグナル見えず(1)

http://japanese.joins.com/article/372/170372.html?servcode
=300&sectcode=300

  

●『セシウム、99%で不検出 福島の内部被曝、チェルノブイリ
を大幅に下回る

http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130411/dst13041109560002-n1.htm

 

●『南鳥島レアアース開発は30年かけても難しい

「夢の海底資源」報道に覚える違和感
http://toyokeizai.net/articles/-/13478

  

●『レアアース報道に潜むエネ庁と科技庁の温度差
http://toyokeizai.net/articles/-/13613

  

●『結婚数−離婚数で世界各国の結婚持久値をランキング
するとどうなるか?ということを図示した「世界の結婚事情」
http://gigazine.net/news/20130407-world-marriage/

 

 

 - 現代史研究 , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

1234
知的巨人たちの百歳学(174)記事再録/日本最長寿の徳川家三代指南役・南光坊天海(108歳)の養生訓ー上野公園内の「墓碑」で長寿健康を祈る―『 養生法・長命には粗食、正直、湯、陀羅尼(だらに)、御下風(ごかふう)あそばさるべし。』★『養生訓「気は長く 勤めは固く 色うすく 食細うして 心ひろかれ」

2015/02/05/百歳学入門(102)・   日本最長寿の徳川家三 …

no image
★『スーパー台風19号の関東スピード縦断!、神奈川県逗子からウオッチ⓷』★『逗子市の高潮警報発令で、田越川周辺の住民に自主避難所を開設(動画)②』★『静岡の伊豆半島に上陸、関東を縦断し、11都県に大雨特別警報、各地のダムは緊急放流を開始、氾濫多数の危機』★『多摩川の二子玉川駅付近で氾濫、相模川、荒川、千曲川、各河川でも氾濫、またはその危機迫る』』★『13日朝には記録的な被害状況が判明するだろう」

<2019年10月12日午後10時現在まで> ★『逗子市の高潮警報発令で、田越川 …

no image
『各国新聞からみた東アジア日中韓150年対立史⑪』日韓パーセプションギャップ、大倉喜八郎の明治10年(1877)の『朝鮮現地レポート』

 『各国新聞からみた東アジア日中韓150年対立史⑪』   長 …

no image
世界一人気の世界文化遺産『マチュピチュ』旅行記(2015 /10/10-18>「ペルー・リマかクスコへ向かう」スゴイ、感動、感激!水野国男(カメラマン)①

   2015/10/28  <世 …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(36)記事再録/『東西冷戦の産物として生れた現行憲法』★『わずか1週間でGHQ(連合軍総司令部)が作った戦後憲法草案①』★『「マッカーサー憲法」草案は4日から10日までのわずか1週間の超スピード作業でつくられ、十二日に印刷されたが、この間、厳重な機密保持が成功して、日本側には一切知られることはなかった。』

    2013/01/04 &nbsp …

ダウンロード
日本リーダーパワー史(642) 日本国難史にみる『戦略思考の欠落』(35)世界史を変えた日露戦争勝利のスパイ大作戦→ ドイツ皇帝ウイルヘルム2世は『明石元二郎たった一人のインテリジェンスで、満州軍20万人に匹敵する成果を挙げた』と大絶賛した⑥

  日本リーダーパワー史(642) 日本国難史にみる『戦略思考の欠落』 …

no image
日本リーダーパワー史(680) 日本国難史の『戦略思考の欠落』(59)「日露戦争・日本海海戦の勝因は日英軍事協商(日英謀略作戦)ーバルチック艦隊は「ドッガーバンク事件」を起こし、日本に向けて大遠征する各港々で徹底した妨害にあい、 艦隊内の士気は最低、燃料のカーディフ炭不足で 決戦前にすでに勝敗は決まった。

  日本リーダーパワー史(681) 日本国難史にみる『戦略思考の欠落』(59) …

no image
最高に面白い人物史➂人気記事再録★コスモポリタン「バロン・サツマ」(薩摩治郎八)の花の生涯(上)「空前絶後の完勝の日露戦争―山本権兵衛のリーダーパワーに学べ」―パリで最高にもてた日本人の話(伴野文三郎)

  コスモポリタン「バロン・サツマ」(薩摩治郎八)の花の生涯(上) h …

no image
速報「日本のメルトダウン」(480) 「再生可能エネルギーにまつわる6つの神話」◎『歴史認識問題 前中国大使・丹羽宇一郎氏に聞く』

  速報「日本のメルトダウン」(480)   &n …

no image
日本リーダーパワー史(976)ー『150年前の日本と中国―副島種臣外務卿のインテリジェンス』★『世界に先駆けて『奴隷解放』に取り組んで勝利したマリア・ルス号事件(明治5年7月)を指導した』

  150年前の日本と中国―副島種臣外務卿のインテリジェンス 前回、一 …