前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『F国際ビジネスマンのワールド・ウオッチ㉚』●「EU域内のドイツの躍進ぶり」◎「平均寿命より健康寿命を延ばそう」

   

  

『F国際ビジネスマンのワールド・ウオッチ㉚』

 


●「EU域内のドイツの躍進ぶり」―原発の全停止はメルケル

の決断力-日本の技術力を高く評価

◎「平均寿命より健康寿命を延ばそうーそのためには病気の

早期発見、早期治療こそ大切

 

<F国際ビジネスマンからのメール紹介>


  昨日、当方幹事役の大学同窓会をやりま
  した。昨日の主題は、元東銀でドイツ赴
  任のA君の「EU域内のドイツの躍進ぶり」

がテーマでした。


  移民の話、英、仏と違い黒人は少ないが、
  19501970年にかけて、労働力不足を補
  う為のガストアルバイター法で、200万人
  以上のトルコ系(ガストアルバイター)を
  入れて、これが同化せず今大きな社会問
  題になっていると。イスラム。
原発の全停止はメルケルの決断に負う所
  大と、倫理委員会機能したけれど、彼女
  への福一の衝撃が滅茶大きかったと。
  独でも日本の技術への評価は非常に高く
  その日本が事故を起こした事がショック
  だったと。チェルノブイリでは、ロシア
  じゃやるよね、の反応。メルケルの指導
  力の評価は滅茶高い様です。

 

◎「ドイツの連立政権の行方

2013926日付 英フィナンシャル・タイムズ紙

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/38800

 

●「絶好調のドイツに内在する貧困問題―400万人以上が時給7ユーロ以下

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/39215

 

 

◎「日本に見る欧米諸国の不安な未来

20131015日付 英フィナンシャル・タイムズ紙)
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/38930

 

<F国際ビジネスマンからのメール紹介>


  さて、最後に小生の方から、いつもの
  「健康寿命」最新の厚生省データで、男子
  70.42才(平均寿命79.55才)、女子73.62
  (平均寿命86.3)の話をして、とにかく病気
  の早期発見、早期治療をして、我々の健康
  寿命を延ばそうと、発破をかけました。
  自信の無さそうな表情でした。笑い。
出席者から、頷きながら、周辺の同世代が
  一斉に病気に罹り出した、亡くなり出した
  と言い始めました。70才の前と後では
  罹病率が劇的に変わる感じです。

◎「定年がもたらすもの 5健康寿命 

http://www.jinji.go.jp/shougai-so-go-joho/bring/kenko.html

 

 

●「健康寿命が延びているが、平均寿命に比べて延びが小さい  内閣府 

http://www8.cao.go.jp/kourei/whitepaper/w-2012/gaiyou/pdf/1s2s_3.pdf

 

●『F国際ビジネスマンのワールド・ウオッチ㉙』ロボット開発に必要な要素技術は
日本に一番集中しており、医療、介護ロボットが
現実化
http://maesaka-toshiyuki.com/top/detail/2274

 

 - 現代史研究 , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
日本メルトダウン脱出法(591)●『亀裂が見え始めたBRIC』(英FT紙)●『軍事より怖い、中国が世界一の金保有国になる日」

   日本メルトダウン脱出法(591) &nbsp …

no image
『中国紙『申報』からみた『日中韓150年戦争史』㉛ 「日本人のよくその職務に勤(いそ)しむを論ず」(明治20年12月)

   『中国紙『申報』からみた『日中韓150年戦争史』 日中 …

no image
 日本メルトダウン(994)―『かつての「政財官」鉄のトライアングルの『日本株式会社』、「世界で最も成功した共産国日本」、「社会主義国家以上に社会主義的な日本の会社主義」は昔の夢、いまや「アジアの後進国」に転落し、「小中学生の数学テストではシンガポール、香港、韓国、台湾にぬかれて5位。これではIT競争力の復活は絶望的、日本沈没待ったなしを示す赤信号情報9本』●『  20代兄弟が生んだ1兆円企業、モバイル決済「ストライプ」の躍進』●『アジアの富豪一族資産ランキング」発表、日本は二家族がトップ50入り』

 日本メルトダウン(994)   20代兄弟が生んだ1兆円企業 モバイ …

no image
知的巨人の百歳学(141)-日本画家・奥村土牛(101歳) は「牛のあゆみ」でわが長い道を行いく』★『スーパー長寿の秘訣はクリエイティブな仕事に没頭すること』』

  『60歳から代表作を次々に出した奥村土牛』 芸術に完成はあり得ない …

www
★「コロナ騒ぎの外出自粛令で、自宅で閉じこもっている人のためにお勧めする<21世紀を予言したスーパーパーソン>抱腹絶倒の人物伝>超面白いよ」★『ノーベル賞を超えた『日本の知の極限値』ー「地球環境を守る/エコロジーの先駆者・南方熊楠先生だよ』!

「世界的日本人びっくりクイズ①」 <日本の歴史上の人物で、最大の世界的な天才とは …

no image
記事再録/知的巨人たちの百歳学(139)-百歳学入門(92)「国難突破力NO1―勝海舟(75)の健康・長寿・修行・鍛錬10ヵ条」から学ぶ』★『⑨昔の武士は、身体を鍛えたが学問はその割にはしなかった。今の人のように、小理屈(こりくつ)を言うものは居なかった。一旦、国家に緩急の場合は決然と行動した。 ⑩学問に凝り固まっている今の人は、声ばかりは無暗に大きくて、胆玉(きもったま)の小さい。まさかの場合に役に立つものは殆んど稀だ。』

    2014/06/21 / 百歳学 …

no image
★『 地球の未来/世界の明日はどうなる』 < 世界、日本メルトダウン(1046)>『トランプ氏ロシア疑惑捜査、特別検察官にミュラー元FBI長官』★『「多動性つぶやき症候群」のトランプがウオッチドック(権力の番犬)に追いかけられて、毎日のように問題発言を起こす』●『共和党はなぜトランプを見限らないのか』

 ★『 地球の未来/世界の明日はどうなる』 < 世界、日本メルトダウン(1046 …

no image
日本リーダーパワー史(673) 日本国難史にみる『戦略思考の欠落』(55)『三国干渉』後に川上操六はスパイ大作戦をどう組み立てたか『日英同盟締結に向けての情報収集にエース福島安正大佐 をアジア、中近東、アフリカに1年半に及ぶ秘密偵察旅行に派遣した』

 日本リーダーパワー史(673) 日本国難史にみる『戦略思考の欠落』(55)   …

no image
日本メルトダウン(908)『イギリス「EU離脱」もし実現すれば世界経済はどうなる?』●『もし第3次世界大戦が起こったら』●『伊勢志摩サミットの「配偶者プログラム」はとにかく最悪』●『そもそもトランプはなぜ大統領を目指すのか? 背筋がゾッとする、並外れた攻撃性を持つナルシスト』

 日本メルトダウン(908) イギリス「EU離脱」もし実現すれば世界経済はどうな …

ダウンロード
日本リーダーパワー史(630) 日本国難史にみる『戦略思考の欠落』(23) 『川上操六参謀次長と日清貿易研究所を設立した荒尾精 「五百年に一人しか出ない男」(頭山満評)ー表の顔は「漢口楽尊堂店長」、実は参謀本部の海外駐在諜報武官。

日本リーダーパワー史(630)  日本国難史にみる『戦略思考の欠落』(23)   …