前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『F国際ビジネスマンのワールド・ウオッチ㉟』「最終期限まで田中投手にとって多くの選択肢が残る“」ニューヨーク・タイムズ(1/19)

   

   『F国際ビジネスマンのワールド・ウオッチ㉟』

 

Many Choices for Tanaka With Deadline Approaching”

最終期限まで各球団のアプローチが続き、それ迄は、

田中投手にとって多くの選択肢が残っている“」

(ニューヨーク・タイムズ)2014/1/19 NYT  by  DAVID WALDSTEIN

 

http://www.nytimes.com/2014/01/20/sports/baseball/many
-choices-for-tanaka-as-deadline-nears.html?hpw&rref
=sports&_r=1

 

F国際ビジネスマンのコメント」

1.     筆者、デイビッド記者は、ヤンキース受け持ちの担当記 

者である。過去に大学卒業以来、スポーツ記者として経験を積み、別の新聞で、ボビーバレンタイン時代、数年以上NYメッツを担当しており、NYCに本拠を置く球団に特に詳しい専門家である。

2.     日米の野球ファンを熱狂させている田中投手の入団先、

新ポスティング制度により、田中の選択肢は多彩であり、

応札した球団も選択基準が金額だけではない筈と、必死の攻勢を掛けている。

3.     住環境、気候などを考慮しても、最も先発投手を必要と

し、多彩な好条件を繰り出し財政的にも相対的に他を圧倒できるヤンキースが最も有利でここに落ち着くのではないかと、言外に伝えている。ロドリゲスの麻薬騒ぎ、1年間の出場停止で25百万ドルの余裕も出来たと。

 

. 対抗馬のドジャースは、フリーエージェントのカーショーとの契約に大金を使い
果たしており、球団経営に許される支払い人件費の総額を遥かに上回り、ヤンキース
の好条件の提示には今回は追いつけないのでは、と言う。

5.  交渉期限の、米国時間、今週金曜日の決定が待たれるところである。

 

 

 2014/1/19 NYT  by  DAVID WALDSTEIN

 

Many Choices for Tanaka With Deadline Approaching”

最終期限まで各球団のアプローチが続き、それ迄は、

田中投手にとって多くの選択肢が残っている“

 

http://www.nytimes.com/2014/01/20/sports/baseball/many-choices-for-tanaka-as-deadline-nears.html?hpw&rref=sports&_r=1

 

田中将大投手の野球人生、その運命は金曜日の午後に決まるであろう。そして半ダース以上の球団が彼を求めて入札に参加し、準備を

怠らない様にしている。ヤンキース、ロスアンゼルス・ドジャース、

アリゾナ・ダイアモンドバックス、シカゴ・ホワイトソックス、

そしてシカゴ・カブス等が、日本の右腕投手、田中獲得に向けてデッドヒートを演ずる条件下にあると言われている。

 

しかし幾つかのグループが言うには、ヤンキースは高値の入札価格を入れる事はないのではという感触があると。ナショナルリーグに所属し、この獲得交渉に参加しているある球団幹部は、彼からは公式に表明する立場に無いと言う事で匿名を依頼されているが、その彼が洩らすには、「ヤンキースは他のどの球団よりも確実に良い条件を出し入札してくる」と彼の球団は信じていると。

 

然し乍ら、田中は、最も高い入札価格を提示するチームを選ぶ必要は無い。日本野球機構とMLBの新ポスティングシステムの元では、田中は関心のあるチームのどことでも交渉する事が出来、金銭に関係なく、自分が投げたいチームを選択できる。契約条件の合意に達する最終期限は金曜日の午後である。

 

田中獲得に最も熱心なチームは全て、少なくとも6年間、一億ドル以上を提示する用意がある、と信じられている。

ヤンキースは先発投手を特に必要としており、奢侈税限度の1億89百万ドルを越える支払い総額を進んで用意している。

 

http://www.nytimes.com/2014/01/20/sports/baseball/many-choices-for-tanaka-as-deadline-nears.html?hpw&rref=sports&_r=1

 - 現代史研究 , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
日本興亡学入門⑦軍神東郷平八郎の悲劇=日露戦争の大勝利が太平洋戦争の大敗北に。

                             <2009、04,02 …

no image
日本メルトダウン脱出法(853)「事故から5年、福島第一原発の「いま」を見てきた」●「米国の悲劇?もしもトランプ政権が誕生したらー大手シンクタンク研究員が予測した3つのシナリオ(古森義久)」●『シリア内戦 新しい世界戦争なのか』●『新興国の債務:ついに井戸が涸れた?』

  日本メルトダウン脱出法(853)   事故から5年、福島第一原発の …

no image
日本リーダーパワー史(388)「最強のリーダーシップ・児玉源太郎伝(9)『全責任を自己一身に帰し、一身を国家に捧げる決意」

 日本リーダーパワー史(388)   「日本のナポレオン」・児玉源太郎伝(9) …

no image
片野勧の衝撃レポートー太平洋戦争<戦災>と<3・11>震災『なぜ、日本人は同じ過ちを繰り返すか』㉖

 片野勧の衝撃レポート 太平洋戦争<戦災>と<3・11>震災㉖ &nb …

no image
人気記事再録/「日本興亡150年史―外国人が日本を救う』★『明治の大発展から昭和の戦争敗北が第一の敗戦』★『戦後(1946年)廃墟から立ち上がり独立、奇跡の高度成長で世界第2の経済大国にのし上がるが、一転、バブルがはじけて第2の敗戦へ』★『「少子超高齢人口急減国家」「ゾンビ社会」に明日はない』

2018年6月20日/日本興亡150年史―外国人が日本を救う。 日本はついに移民 …

no image
『F国際ビジネスマンのワールド・ウオッチ(76)』英国BBCが『笹井氏死去を「世界の分子生物学会の一大損失、研究開発は遅滞しこの空白は埋められない」と報道

   『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウ …

By: Nakatani YOshifumi
日本リーダーパワー史(541)サッカーアジア杯のUAE戦での敗北に『死に至る日本病』を考える①

  日本リーダーパワー史(541) ①サッカーアジアカップの準々決勝U …

1001-04
★『明治裏面史』/『日清、日露戦争に勝利した明治人のリーダーパワー,リスク管理 ,インテリジェンス㊿『川上操六が育てた陸軍参謀本部の俊英・明石元二郎と宇都宮太郎のコンビが日英同盟締結、日露戦争勝利の情報・謀略戦に裏で活躍した①』

 ★『明治裏面史』/ 『日清、日露戦争に勝利した明治人のリーダーパワー, リスク …

no image
★『 地球の未来/世界の明日はどうなる』< 世界、日本メルトダウン(1043)>『朝鮮半島クライシス』ーここまで、事態を悪化させた中国の「トリプルスタンダード」★『「北朝鮮危機」はあざとい猿芝居だ! 日米朝「形だけ」の演出 軍事のプロなら一目でわかる』●『北朝鮮・金正恩体制が制裁にビクともしない理由』

 ★『 地球の未来/世界の明日はどうなる』 < 世界、日本メルトダウン(1043 …

no image
日本メルトダウン脱出法(689)「安倍政権の背後にいる右派団体「日本会議」のルーツー」「93%の日本人は中国が嫌い」という調査数字が中国国内に起こした波紋」

  日本メルトダウン脱出法(689)   安倍政権の背後にいる右派団体 …