前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『F国際ビジネスマンのワールド・ウオッチ㉟』「最終期限まで田中投手にとって多くの選択肢が残る“」ニューヨーク・タイムズ(1/19)

   

   『F国際ビジネスマンのワールド・ウオッチ㉟』

 

Many Choices for Tanaka With Deadline Approaching”

最終期限まで各球団のアプローチが続き、それ迄は、

田中投手にとって多くの選択肢が残っている“」

(ニューヨーク・タイムズ)2014/1/19 NYT  by  DAVID WALDSTEIN

 

http://www.nytimes.com/2014/01/20/sports/baseball/many
-choices-for-tanaka-as-deadline-nears.html?hpw&rref
=sports&_r=1

 

F国際ビジネスマンのコメント」

1.     筆者、デイビッド記者は、ヤンキース受け持ちの担当記 

者である。過去に大学卒業以来、スポーツ記者として経験を積み、別の新聞で、ボビーバレンタイン時代、数年以上NYメッツを担当しており、NYCに本拠を置く球団に特に詳しい専門家である。

2.     日米の野球ファンを熱狂させている田中投手の入団先、

新ポスティング制度により、田中の選択肢は多彩であり、

応札した球団も選択基準が金額だけではない筈と、必死の攻勢を掛けている。

3.     住環境、気候などを考慮しても、最も先発投手を必要と

し、多彩な好条件を繰り出し財政的にも相対的に他を圧倒できるヤンキースが最も有利でここに落ち着くのではないかと、言外に伝えている。ロドリゲスの麻薬騒ぎ、1年間の出場停止で25百万ドルの余裕も出来たと。

 

. 対抗馬のドジャースは、フリーエージェントのカーショーとの契約に大金を使い
果たしており、球団経営に許される支払い人件費の総額を遥かに上回り、ヤンキース
の好条件の提示には今回は追いつけないのでは、と言う。

5.  交渉期限の、米国時間、今週金曜日の決定が待たれるところである。

 

 

 2014/1/19 NYT  by  DAVID WALDSTEIN

 

Many Choices for Tanaka With Deadline Approaching”

最終期限まで各球団のアプローチが続き、それ迄は、

田中投手にとって多くの選択肢が残っている“

 

http://www.nytimes.com/2014/01/20/sports/baseball/many-choices-for-tanaka-as-deadline-nears.html?hpw&rref=sports&_r=1

 

田中将大投手の野球人生、その運命は金曜日の午後に決まるであろう。そして半ダース以上の球団が彼を求めて入札に参加し、準備を

怠らない様にしている。ヤンキース、ロスアンゼルス・ドジャース、

アリゾナ・ダイアモンドバックス、シカゴ・ホワイトソックス、

そしてシカゴ・カブス等が、日本の右腕投手、田中獲得に向けてデッドヒートを演ずる条件下にあると言われている。

 

しかし幾つかのグループが言うには、ヤンキースは高値の入札価格を入れる事はないのではという感触があると。ナショナルリーグに所属し、この獲得交渉に参加しているある球団幹部は、彼からは公式に表明する立場に無いと言う事で匿名を依頼されているが、その彼が洩らすには、「ヤンキースは他のどの球団よりも確実に良い条件を出し入札してくる」と彼の球団は信じていると。

 

然し乍ら、田中は、最も高い入札価格を提示するチームを選ぶ必要は無い。日本野球機構とMLBの新ポスティングシステムの元では、田中は関心のあるチームのどことでも交渉する事が出来、金銭に関係なく、自分が投げたいチームを選択できる。契約条件の合意に達する最終期限は金曜日の午後である。

 

田中獲得に最も熱心なチームは全て、少なくとも6年間、一億ドル以上を提示する用意がある、と信じられている。

ヤンキースは先発投手を特に必要としており、奢侈税限度の1億89百万ドルを越える支払い総額を進んで用意している。

 

http://www.nytimes.com/2014/01/20/sports/baseball/many-choices-for-tanaka-as-deadline-nears.html?hpw&rref=sports&_r=1

 - 現代史研究 , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
日本のメルトダウン(524)◎「アベノミクスに致命的な欠陥あり」◎「安倍首相に単独インタビュー」(CNN)

  日本のメルトダウン(524)     …

no image
百歳学入門(105)本田宗一郎(74歳)が画家シャガール(97歳)に会ったいい話「物事に熱中できる人間こそ、最高の価値がある」

百歳学入門(105) スーパー老人、天才老人になる方法— 本田は74歳の時、フラ …

no image
日本リーダーパワー史(656)「大宰相・吉田茂の見た『明治』と『昭和前期』のトップリーダーの違い」日本は、昭和に入ってなぜ破滅の道を歩んだのか。 『栄光の明治』と、『坂の上から転落した昭和の悲惨』

  日本リーダーパワー史(656) 「大宰相・吉田茂の見た『明治』と『昭和前期』 …

no image
日本敗戦史(43)「終戦」という名の『無条件降伏(全面敗戦)』の内幕<ガラパゴス日本『死に至る病』②

  日本敗戦史(43) 「終戦」という名の『無条件降伏(全面敗戦)』の …

no image
日本リーダーパワー史(704)「福沢諭吉はなぜ「脱亜論」に一転したか」⑩『林董(ただす)外務次官の証言する朝鮮防穀令事件の真相』防穀令により朝鮮地方官がワイロを貪った。

日本リーダーパワー史(704) 日中韓150年史の真実(9) 「福沢諭吉はなぜ「 …

no image
世界、日本メルトダウン(1033)ー『米中会談の内幕は・』★『中国が北朝鮮問題を解決すれば、米国との通商の取り決めは中国に良いものになる」とブラフ外交、ディール外交(取引外交』を展開』●『トランプ氏は「まず外交,不調なら軍事行動の2段階論」を安倍首相に説明した』

世界、日本メルトダウン(1033)ー   『まず外交,不調なら軍事行動 …

no image
速報(318)研究会「TPP」本間正義 東大大学院教授、加藤隆俊国際金融情報センター理事長、田中明彦JICA理事長の会見

速報(318)『日本のメルトダウン』     ●『研究会「T …

no image
速報(336) 8月15日「無条件降伏の日」原発事故は陸軍軍閥の満州事変暴走が大陸政策を誤り、日本敗戦となる歴史に学べ ②

速報(336) 『日本のメルトダウン』   8月15日「無条 …

no image
記事再録/知的巨人たちの百歳学(116)/ 元祖ス-ローライフの達人・仙人画家の熊谷守一(97歳)のゆっくり、ゆっくり、ゆっくり

日本風狂人列伝(34) 元祖ス-ローライフの達人・仙人画家の熊谷守一(97歳)の …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(181)記事再録/★『高橋是清の国難突破力(インテリジェンス)①』『2014年現在の直面する5大国難は?!』ー 「福島原発の処理問題」「迫りくる大地震」「1000兆円突破 の国家債務」「急速に進む超高齢化・人口激減・少子化・ 認知症800万人」など、国難は複雑性を増している。 リーダーと同時に国民全体のインテリジェンス が求められる。』★『 「国、大なりといえども、戦いを好む時は必ず亡ぶ。国、平和といえども戦いを忘れた時は必ず危うし](史記)』

 2014/09/18/日本リーダーパワー史(524)(高橋是清のケー …