前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『F国際ビジネスマンのワールド・ウオッチ㉟』「最終期限まで田中投手にとって多くの選択肢が残る“」ニューヨーク・タイムズ(1/19)

   

   『F国際ビジネスマンのワールド・ウオッチ㉟』

 

Many Choices for Tanaka With Deadline Approaching”

最終期限まで各球団のアプローチが続き、それ迄は、

田中投手にとって多くの選択肢が残っている“」

(ニューヨーク・タイムズ)2014/1/19 NYT  by  DAVID WALDSTEIN

 

http://www.nytimes.com/2014/01/20/sports/baseball/many
-choices-for-tanaka-as-deadline-nears.html?hpw&rref
=sports&_r=1

 

F国際ビジネスマンのコメント」

1.     筆者、デイビッド記者は、ヤンキース受け持ちの担当記 

者である。過去に大学卒業以来、スポーツ記者として経験を積み、別の新聞で、ボビーバレンタイン時代、数年以上NYメッツを担当しており、NYCに本拠を置く球団に特に詳しい専門家である。

2.     日米の野球ファンを熱狂させている田中投手の入団先、

新ポスティング制度により、田中の選択肢は多彩であり、

応札した球団も選択基準が金額だけではない筈と、必死の攻勢を掛けている。

3.     住環境、気候などを考慮しても、最も先発投手を必要と

し、多彩な好条件を繰り出し財政的にも相対的に他を圧倒できるヤンキースが最も有利でここに落ち着くのではないかと、言外に伝えている。ロドリゲスの麻薬騒ぎ、1年間の出場停止で25百万ドルの余裕も出来たと。

 

. 対抗馬のドジャースは、フリーエージェントのカーショーとの契約に大金を使い
果たしており、球団経営に許される支払い人件費の総額を遥かに上回り、ヤンキース
の好条件の提示には今回は追いつけないのでは、と言う。

5.  交渉期限の、米国時間、今週金曜日の決定が待たれるところである。

 

 

 2014/1/19 NYT  by  DAVID WALDSTEIN

 

Many Choices for Tanaka With Deadline Approaching”

最終期限まで各球団のアプローチが続き、それ迄は、

田中投手にとって多くの選択肢が残っている“

 

http://www.nytimes.com/2014/01/20/sports/baseball/many-choices-for-tanaka-as-deadline-nears.html?hpw&rref=sports&_r=1

 

田中将大投手の野球人生、その運命は金曜日の午後に決まるであろう。そして半ダース以上の球団が彼を求めて入札に参加し、準備を

怠らない様にしている。ヤンキース、ロスアンゼルス・ドジャース、

アリゾナ・ダイアモンドバックス、シカゴ・ホワイトソックス、

そしてシカゴ・カブス等が、日本の右腕投手、田中獲得に向けてデッドヒートを演ずる条件下にあると言われている。

 

しかし幾つかのグループが言うには、ヤンキースは高値の入札価格を入れる事はないのではという感触があると。ナショナルリーグに所属し、この獲得交渉に参加しているある球団幹部は、彼からは公式に表明する立場に無いと言う事で匿名を依頼されているが、その彼が洩らすには、「ヤンキースは他のどの球団よりも確実に良い条件を出し入札してくる」と彼の球団は信じていると。

 

然し乍ら、田中は、最も高い入札価格を提示するチームを選ぶ必要は無い。日本野球機構とMLBの新ポスティングシステムの元では、田中は関心のあるチームのどことでも交渉する事が出来、金銭に関係なく、自分が投げたいチームを選択できる。契約条件の合意に達する最終期限は金曜日の午後である。

 

田中獲得に最も熱心なチームは全て、少なくとも6年間、一億ドル以上を提示する用意がある、と信じられている。

ヤンキースは先発投手を特に必要としており、奢侈税限度の1億89百万ドルを越える支払い総額を進んで用意している。

 

http://www.nytimes.com/2014/01/20/sports/baseball/many-choices-for-tanaka-as-deadline-nears.html?hpw&rref=sports&_r=1

 - 現代史研究 , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
連載「エンゼルス・大谷選手の大活躍ー<巨人の星>から<メジャーの星>になれるか」③『「全米メディアも大谷の『完全試合未遂』に大興奮『本当に人間か?』★『メジャー席巻の大谷翔平は「ハンサムで好感」米経済紙が“商品価値”を絶賛』★『 ペドロ・マルティネスが二刀流大谷のメジャーでの成功の秘密を解説!』

連載「エンゼルス・大谷選手の大活躍ー<巨人の星>から <メジャーの星>になれるか …

『NHK(2023年5年26日午後10時-10時45分)放送の『アナザーストーリー”妖婦”といわれた女「阿部定事件」と昭和』が再放送された★『日本恋愛史における阿部定事件ー「私は猟奇的な女」ですか「純愛の女」ですか』

「以下は 2020年12月23日書いた」。 NHKBSプレミアム(2020年12 …

no image
『ガラパゴス国家・日本敗戦史』㉖ 『大日本帝国最後の日(8月15日)米内海相の突破力「陛下一人残して死ねない」

『ガラパゴス国家・日本敗戦史』㉖   『大日本帝国最後の日― (1945年8月1 …

no image
知的巨人の百歳学(140)-『六十,七十/ボーっと生きてんじゃねーよ(炸裂!)」九十、百歳/天才老人の勉強法を見習え!』★『「日本経済の創始者」/「日本資本主義の父」渋沢栄一(91歳)』★『「論語とソロバン」の公益資本主義を実践、その哲学は「会社の用はわがものと思え。会社の金は人のものと思え」★『年をとっても楽隠居的な考えを起さず死ぬまで活動をやめない覚悟をもつ』

記事再録・2017/08/06/百歳生涯現役入門(177) 渋沢栄一1840年( …

no image
『難民・移民問題を考える』 ウィリアム・レイシー・スウィング国際移住機関(IOM)事務局長の日本記者クラブ会見動画(60分)(2016.2.25)

『難民・移民問題を考える』 ウィリアム・レイシー・スウィング国際移住機関(IOM …

no image
『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(142)』『女性が輝く社会・フランス、日本へのメッセージ』の感想>●「ロシア機墜落事件をエジプト政府の姿勢を糾弾」(ニューヨーク・タイムズ)

『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(142)』 『女性が輝く社会 …

no image
世界リーダーパワー史(928)-『「アメリカ・ファースト」から「トランプ・ファーストへ」」★『トランプの仕掛ける世界貿易戦争勃発』、第一ターゲットは対中国、第2ターゲットはEU・NATO同盟国、日本も第3ターゲットに?』★『1945年後の米国1国支配の国際秩序の崩壊へ』―「トランプ・ファースト」へ

  米中貿易関税戦争勃発―「トランプ・ファースト」へ コミー前FBI長 …

「Z世代のためのウクライナ戦争講座」★「ウクライナ戦争は120年前の日露戦争と全く同じというニュース⑦」★『『開戦2週間前の『ロシア・ノーヴォエ・プレーミャ』の報道」-『英米に支援された日本とわが国の戦争が迫っている。日本はその過剰な人口を移住させるために朝鮮を必要としている。英米は商品を売るために満州と朝鮮の門戸開放を必要としている』

    2017/01/13 &nbsp …

no image
速報(209)●『漂流する先進民主国家―なぜ日米欧は対応できないか』●『ソロス氏「EUの分裂は国際金融システムにとって破壊的」

速報(209)『日本のメルトダウン』 ●『漂流する先進民主国家―なぜ日米欧は危機 …

no image
日本リーダーパワー史(323)「坂の上の雲」の真の主人公「日本を救った男」-空前絶後の参謀総長・川上操六(41)

日本リーダーパワー史(323) 「坂の上の雲」の真の主人公「日本を救った男」&# …