前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

日本リーダーパワー史(468)「日中関係「第1次大戦前の英独」首相発言がダボスで波紋●「習主席の親族ら租税回避地で資産運用-英紙報道

   

 日本リーダーパワー史(468

 

安倍積極外交の行方はどうなる

 

◎「日中関係「第1次大戦前の英独」 首相発言がダボスで波紋 

◎「南シナ海:中国の高圧的な領海宣言(英エコノミスト誌)

●「習主席の親族ら租税回避地で資産運用…英紙報道

◎「細川氏の原発ゼロ政策への具体策―東京都が買い取れば
実現は近づく」

 

◎「日中関係「第1次大戦前の英独」 首相発言がダボスで波紋 

http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS2303F_T20C14A1PP8000/

 

◎「南シナ海:中国の高圧的な領海宣言

(英エコノミスト誌 2014118日号)
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/39748

 

◎「中国脅威論」が動かす東アジアの地域協力

http://diamond.jp/articles/-/47189

 

◎「安倍首相がダボス会議で不戦の誓い強調、中国の軍拡を
暗にけん制

http://www.asahi.com/international/reuters/CRWTJEA0L020.html

 

◎「朴大統領のダボス演説…安倍首相、いきなり最前列で傾聴

http://japanese.joins.com/article/933/180933.html?servcode=A00&sectcode=A10

 

●「習主席の親族ら租税回避地で資産運用…英紙報道

http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20140122-OYT1T00886.htm

 

◎「細川氏の原発ゼロ政策への具体策―東京都が買い取れ
実現は近づく」

http://diamond.jp/articles/-/47546

 

●「東大ベンチャーがグーグルの手にー突きつけられた日本
の成長課題

http://diamond.jp/articles/-/47246

 

◎「サムスンは今がピーク。成長続けると思えぬ」と大前研一氏

http://www.news-postseven.com/archives/20140117_236149.html

 

◎「わが国はもう弱小国家にあらず、日清戦争の惨劇を繰り
返すな=韓国

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140115-00000050-scn-kr

 

◎「進歩のない経済理論こそフランスの真のスキャンダルだ

2014120日付 英フィナンシャル・タイムズ紙)http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/39722

 - 現代史研究 , , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(136)』「コラム:独VW不正問題、米司法の公平さ試す「試金石」に」●「VW不正問題を生み出したドイツ企業の覇権主義」

 『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(136)』   …

no image
池田龍夫のマスコミ時評(83)『敦賀原発2号機、廃炉の運命(5・24)』●『廃炉の運命、鈴木原子力機構理事長辞任(5・20)』

 池田龍夫のマスコミ時評(83)   ◎『敦賀原発2号機、廃 …

no image
日本メルトダウン脱出法(762)「衝撃データ入手!大嘘つき中国のGDP6.9%増「本当はマイナス3%」だった 、「チャイナリスク」に備えよ」●「焦点:南シナ海の中国けん制、艦船派遣に至る米政権内の葛藤」

 日本メルトダウン脱出法(762) 衝撃データ入手!大嘘つき中国のGDP6.9% …

no image
日本リーダーパワー史(598)『安倍・歴史外交への教訓(5)』「大東亜戦争中の沢本頼雄海軍次官の<敗戦の原因>」を読む―鳩山元首相の「従軍慰安婦」発言、国益、国民益無視、党利党略、 各省益のみ、市民、個人無視の思考、行動パターンは変わらず

 日本リーダーパワー史(598) 『安倍・歴史外交への教訓(5) 「大東亜戦争中 …

no image
日本リーダーパワー史(757 )―『トランプの政策顧問で対中強硬派のピーター・ナヴァロ氏「米中もし戦わば」(戦争の地政学、文芸春秋社刊)を読む」●「米中対話は不可能である」の結論は「日中韓朝対話も不可能であった」に通じる。」★「明治以降の日中韓朝150年戦争史は『エスノセントイズム」「パーセプション」「コミュニケーション」『歴史認識」のギャップから生まれ、『話せばわかるが、話してもわからないことが わかった!」、ならばどうするのか、難問を解かねばならない。

  日本リーダーパワー史(757 ) トランプの政策顧問で対中強硬派のピーター・ …

no image
★人気リクエスト記事再録『百歳学入門(201)』<知的巨人たちの往生術から学ぶ③>『一怒一老 一笑一若 少肉多菜 少塩多酢 少糖多果 少食多岨(たそ) 少衣多浴 少車多歩 少煩多眠 少念多笑 少言多行 少欲多施』<渋沢秀雄(90歳)>

『知的巨人たちの往生術から学ぶ』③ 朝日の[天声人語]の名コラムニストの荒垣秀雄 …

no image
『F国際ビジネスマンのワールド・ビジネス・ ウオッチ(223)』ーイランの膨張はサウジ、イスラエルの連携があれば、ストップさせる効果は絶大です。イスラエルとパレスチナの和平実現が、サウジとイスラエル連携の鍵となる

『F国際ビジネスマンのワールド・ビジネス・  ウオッチ(214)』 Saudi …

no image
『帝国の慰安婦』著者・朴裕河 世宗大学教授と大沼保昭 明治大学特任教授が慰安婦問題で2/23,日本記者クラブで会見動画

『帝国の慰安婦』(朝日新聞出版)の著者・朴裕河 世宗大学教授、 『「慰安婦」問題 …

no image
日本リーダーパワー史(827)『明治裏面史』 ★『「日清、日露戦争に勝利」した明治人のリーダーパワー、 リスク管理 、 インテリジェンス㊶』★<記事再録>『日清戦争では世界中の大半が、中国の勝利を予想。イタリアに最初にわたった日本女性・ラクーザお玉 (最初の女流画家)はお百度参りして日本の勝利を祈願した。 ところが、いざ開戦すると連戦連勝に本人もイタリア人もびっくり仰天!』

 日本リーダーパワー史(827)『明治裏面史』 ★『「日清、日露戦争に勝利」した …

no image
★「日本の歴史をかえた『同盟』の研究」- 「日英同盟の影響」⑨ 1902(明治35)年2月24日 1902年3月26日『ノース・チヤイナ・ヘラルド』 『朝鮮と日英同盟』ー『1000年の長い眠りをむさぼっていた朝鮮』★『朝鮮が思考や理性に従って試みることは, すべて全くの狂気にほかならない』●『今の北朝鮮の狂気の行動形式を100年前にズバリと指摘している』

   ★「日本の歴史をかえた『同盟』の研究」- 「日英同盟の影響は」⑨  190 …