前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

日本リーダーパワー史(530)安倍首相は18日「消費増税の先送り」、 「無責任解散」を発表する、その結果は如何に。

      2015/01/01

  

  日本リーダーパワー史(530

 

安倍首相は18日に「消費増税の先送り」、

「無責任解散」を発表するらしい。

これは安倍首相の持論『アナログ・二者択一・

冷戦思考外交・インフレ・円安・

行財政改革力ゼロ、官制株高・スローモー

経済政策』(『アベノミクス』の2年間)

の結果・成績表である。

これは合格点か、落第点か?

 

  またまた先延ばしの日本失敗病の重症化(不決断、問題先送り病)

  消費増税を 20174月まで先送りしたからといって、
これまでできなかった経済成長がなぜ達成できるのか。

  20年間、バカの1つ覚えの経済対策を続けて、国の借金は
歴史上最悪の1000兆円までに膨れ上がったのに。

  2017年に4月にマイナス成長になれば、またまた「再先送り」
となるのかー

  問題は「消費増税」「経済成長」「財政再建」を対立概念として

ではなく、三本立てで丸ごと「ナローパス」させる実行力、
リーダーパワーである。

⑥それこそ、時代の変化に即応した「ITデジタル・グローバル

・多次元・改革・成熟・ビッグデータ思考」に切りかえなければ、

「日本の第2の敗戦」の奈落の底へ。

 

●『日本GDP7-9月期から分かる5つのこと

http://jp.wsj.com/news/articles/SB11526184417694423301104580281691347466862?mod=WSJJP_hpp_LEFTTopStoriesSecond

 

 

◎「消費再増税延期はアベノミクスの失敗を意味する」

http://diamond.jp/articles/-/62220

 

●『増税先送りは、世代間格差の是正機会を奪う

時間的猶予だけでは、何も問題は解決しない

http://toyokeizai.net/articles/-/53546

 

 

◎「日本の消費増税めぐる判断は世界に影響

http://jp.wsj.com/news/articles/SB12706435818283254423204580211300598649526

 

 

 

 

◎「密漁との戦い、グーグルが無料追跡ツールで加勢

20141114日付 英フィナンシャル・タイムズ紙)

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/42216

 

 

 

◎「世界の軍事バランスを劇的に変える新技術
核兵器を無力化できる可能性、中国の侵略を低コストで防衛」

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/42138

 

 

 

 

日本リーダーパワー史(529)「安倍首相は17日消費増税
先送り、解散を発表するらしい。
結果は果たして吉か凶か!

http://maesaka-toshiyuki.com/top/detail/2970

 

 

 

 - 現代史研究 , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
『各国新聞からみた東アジア日中韓150年対立史⑪』日韓パーセプションギャップ、大倉喜八郎の明治10年(1877)の『朝鮮現地レポート』

 『各国新聞からみた東アジア日中韓150年対立史⑪』   長 …

no image
日本メルトダウン(1004)―『オバマが報復表明、米大統領選でトランプを有利にした露サイバー攻撃』●『元CIA副長官、プーチンの攻撃にオバマは報復しろ 9.11を思い出せ』●『「ロシアのサイバー攻撃、プーチン氏が直接指示」NBCニュースが報じる』●『食い逃げされそう「日ロ首脳会談」北方領土返還チラつかせ経済協力ガッポリ』★『日露戦争=6ヵ月間のロシアの異常な脅迫、挑発に、世界も驚く模範的な礼儀と忍耐で我慢し続けてきた 日本がついに起った。英米両国は日本を支持する」』●『  「アベノミクスは失敗だった」と声高に言いづらい空気の原因』

 日本メルトダウン(1004)   オバマが報復表明、米大統領選でトランプを有利 …

no image
★「日本の歴史をかえた『同盟』の研究」- 「日英同盟の影響」⑩ 1902年4月9日『英タイムズ』/『朝鮮と日英同盟』●『日本は.ロシアが南部朝鮮に海軍基地を得ようとするなら,朝鮮に対する侵略行為となり,それは日英同盟の発動を促すものと決めたのだ。言い換えれば,日英同盟は,ロシアに朝鮮でも満州でも約束を守らせる保障と見なすことができよう。』

   ★「日本の歴史をかえた『同盟』の研究」- 「日英同盟の影響」⑩ …

no image
 世界、日本メルトダウン(1020)―『金正男暗殺事件を追う』●『北朝鮮崩壊の「Xデー」迫る!金正恩は、中国にまもなく消される』★『金正男暗殺、北朝鮮の容疑者は国家保衛省4人と外務省2人か』●『金正男暗殺の謎 北朝鮮、従来の「工作作戦」と異なる手口』★『  北朝鮮レストラン「美貌ウェイトレス」が暴く金正恩体制の脆さ(1)』●『北朝鮮独裁者、「身内殺し」の系譜』●『金正男氏暗殺の裏で正恩氏の「拷問部隊」が暗躍か』

 世界、日本メルトダウン(1020)   北朝鮮崩壊の「Xデー」迫る! …

no image
速報(261)『ベトナムの原子力発電への夢は様々な疑問があるにも拘らず花開きつつある』「ニューヨーク・タイムズ」(3/1)

速報(261)『日本のメルトダウン』   ★『ベトナムの原子力発電への …

no image
『日中韓150年戦争史』㊲ ロシア皇太子暗殺未遂事件(大津事件)英紙『ノース・チャイナ・ヘラルド』1891(明治24)5月

   『中国紙『申報』からみた『日中韓150年戦争史』 日中 …

no image
日本リーダーパワー史(727)(クイズ)明治維新150年の中で、最も独創的、 戦闘的な経営者とは一体誰でしょうか <答え>『出光佐三』でしょう。 かれの国難突破力、逆境突破力、晩年長寿力 に及ぶ大経営者は他には見当たらない。

日本リーダーパワー史(727) ≪クイズ≫明治維新150年の中で、最も独創的、 …

no image
トラン大統領は全く知らない/『世界の人になぜ日中韓/北朝鮮は150年前から戦争、対立の歴史を繰り返しているかがよくわかる連載⑶』ー(まとめ記事再録)日中韓異文化理解の歴史学(3)日中韓異文化理解の歴史学(3) 『日中韓150年戦争史の原因を読み解く』 (連載70回中、37-50回まで)

  日中韓異文化理解の歴史学(3) 『日中韓150年戦争史の原因を読み解く』 ( …

no image
池田龍夫のマスコミ時評(28)「抑止力」一辺倒の危うさ-  新防衛大綱の「動的防衛力」

池田龍夫のマスコミ時評(28)   「抑止力」一辺倒の危うさ&#821 …

no image
速報(82)『日本のメルトダウン』●『<循環注水冷却>はうまくいかないー2策、3策に英知を結集し、国家対策で取り組め』

速報(82)『日本のメルトダウン』 ●『<循環注水冷却>はうまくいかないー2策、 …