前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『リーダーシップの日本近現代史』(240)/★『28年連続で増収増益を続ける超優良企業を一代で築き上げた「ニトリ」創業者・ 似鳥昭雄氏の『戦略経営』『人生哲学』 10か条に学ぶー「アベノミクス」はこれこそ「ニトリ」に学べ

   

  2016/05/21 日本リーダーパワー史(710)記事再録

『28年連続で増収増益を続ける超優良企業を一代で築き上げた「ニトリ」創業者・ 似鳥昭雄氏の『戦略経営』『人生哲学』 10か条に学ぶー「アベノミクス」はこれこそ「ニトリ」に学べ

                       前坂 俊之(ジャーナリスト)

2000年以降のデジタルIT・激変時代の中で日本の代表的な電子、電器産業は次々にドミノ倒しとなったが、昨今は東芝、シャープ、三菱自動車をはじめ日本の経団連参加の老舗100年代表的メーカーの沈没にまで及ぶ『百年老舗大企業』ていたらくである。

その『日本経済再生計画』として安倍「アベノミクス失敗」内閣の掲げる「1億総活躍社会」実現とか、新3本の矢「GDP600兆円」なるものが、いかに絵に描いた餅か、国民はしらけきっている。

人間も企業も寿命がある。生まれて、成長して、老いて死んでいく。死なない人間はいない。老舗の数百年続いた大企業はよほど変化に柔軟に対応して自己改革して生き延びた例外的な企業である。デジタルの大波に洗われている現在の企業の寿命、興亡のサイクルは30年とより短くなっている。

百年老舗企業がつぶれていくのは自然なこと、問題は新しい成長企業、ベンチャーが誕生しないことである。日本社会の『超高齢・超少子化社会』と『老舗大企業の倒産』は同一の現象である。

そして、根本は

  • リーダーは「有言実行」でなければならない。「有言不実行」は失格、「不言不実行」は下の下である。
  • 『有言実行』のリーダーは良い結果を残さねばならない。悪い結果を残せばそく退場である。
  • リーダーとは決断、実行、実現するパワーがなければならない、公約した目標を実現できなかったならば、自己結果責任を明確にしなければならない。
  • 目標結果を実現できなかったといって、1度も2度も先延ばしすべきではない。それは責任回避の延命策でしかなく、さらに悪い結果を招くことになるだろう。
  • 野球のメジャーリーグや、ヨーロッパサッカーの監督を引き合いに出すまでもなく、負け続け、結果を残せなかった監督は半年で即お払い箱となり、ヨーロッパのサッカー選手らは毎試合ごとに評価(10段階もしくは5段階評価)があるように、結果がすべてである。
  • この例外の「甘い国」「レイティング、評価基準のない国」「マスコミの監視の能力の低い国」が日本なのである

そんな、日本のリーダーシップ総崩れ(総活躍の反対現象)のなかで、がぜん脚光を浴びているのが「お、ねだん以上。」のフレーズでおなじみのニトリホールディングス。家具・インテリア製造小売りで全国トップ、1989年から28年連続で増収増益を続ける超優良企業を一代で築き上げた創業者の似鳥昭雄氏である。『28年連続で増収増益を続けた企業は、果たして日本企業史のなかで何社あるのか」、

似鳥昭雄氏の『戦略経営』『人生哲学』10か条に学ぶ

  • ① 似鳥社長は1972年に会社を株式会社にした際、60年の事業計画を立てた。「計画最終年の2032年に3000店舗、売上高3兆円となり、流通業界で先進的な米国に完全に追い付く」、60年も先の目標を掲げて経営に取り組む経営者は珍しい。
  • ② 極寒の北海道で味わった生死をさまようほどの貧乏暮らし。この貧乏体験が現在の自分を作ったと感謝しているんです。いつも死にたい、死にたいと思っていて、楽しみは寝るときだけで、いい思いは一つもなかった。
  • ③ 小学4年生からヤミ米の配達を手伝い、試験はカンニングが当たり前。父が経営する会社に就職したがシゴキに耐えかね家出した。
  • ④ 好きな言葉『短所あるを喜び、長所なきを悲しめ』。松下幸之助さんと同じ境遇だと言い、忘れ物がひどいところを本田宗一郎さんにそっくりだとか
  • ⑤ 成功の鍵は「先手必勝、何をやるにしても誰よりも早くやる。後じゃだめ」
  • ⑥ どれだけ大きな企業も安泰ということはない。ダイエーも歴史から消えた。
  • ⑦「苦労しないのが社長になったら潰れる」
  • ⑧ 常に、10~20年先は具体的に、5年先はもっと具体的に何をすべきか、改革案を持って、長期計画を立てて、期限内にきちんと達成することが大事。
  • ⑨ 「変化に対応して、たとえ遅れても、すぐに遅れを取り戻せば良い」多少のジグザグ、恐れる必要はない。
  • ⑩ 「72歳になる。まだまだ気力は充実しており、いつでも20代という気持ちでやっている。死ぬまで現役でいたい」

ニトリ、前人未踏の「30年連続増益」に挑む似鳥会長「消費税の再増税は1、2年延びる」

http://toyokeizai.net/articles/-/111694

ニトリ創業者「豪快なだけじゃない」劇的半生似鳥昭雄氏は、どこまでも戦略家で情熱家だ

http://toyokeizai.net/articles/-/103269

ニトリ社長「退任じゃない、死ぬまで現役だ」カリスマ創業者が社長の座を譲る理由とは?

http://toyokeizai.net/articles/-/102444

 - 人物研究, 戦争報道, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
日本メルトダウン脱出法(750)「新しい的「GDP600兆円」はどこから出てきたのか?~もはや崖っぷちギリギリのアベノミクス」●「TPP大筋合意:新時代への船出ー(英エコノミスト誌2015/10/10)

  日本メルトダウン脱出法(750)   新しい的「GDP600兆円」 …

no image
昭和外交史④  日本の一番長い日  陸軍省・参謀本部の最期

1 昭和外交史④  日本の一番長い日  陸軍省・参謀本部の最期 <阿南陸相の徹底 …

no image
日中北朝鮮150年戦争史(3)<新聞資料編> 『日清戦争の原因の1つの金玉均暗殺事件の真相』

 日中北朝鮮150年戦争史(3) <新聞資料編>『日清戦争の原因の1つの金玉均暗 …

no image
トラン大統領は全く知らない/『世界の人になぜ日中韓/北朝鮮は150年前から戦争、対立の歴史を繰り返しているかがよくわかる連載⑶』ー(まとめ記事再録)日中韓異文化理解の歴史学(3)日中韓異文化理解の歴史学(3) 『日中韓150年戦争史の原因を読み解く』 (連載70回中、37-50回まで)

  日中韓異文化理解の歴史学(3) 『日中韓150年戦争史の原因を読み解く』 ( …

no image
日本メルトダウン(946)『ランド研がリアルに予測、米中戦争はこうして起きる、発端は尖閣紛争?日本の動きが決着を左右する(古森義久)』●『“歴史に名を残す”ために尖閣を狙う習近平 「中華民族の偉大な復興」のための3つの課題とは』●『ナチスに酷似する中国、宥和では悲劇再現も フィリピンの知恵に学び毅然とした対応を』●『パキスタンも陥落、次々に潜水艦を輸出する中国 国家戦略に基づいて兵器を輸出、片や日本は?』

  日本メルトダウン(946) ランド研がリアルに予測、米中戦争はこうして起きる …

no image
『リーダーシップの日本近現代興亡史』(234)/ 『日本のドローン市場の発展を妨げる各種規制を撤廃して成長産業に離陸させねばならない』★『 第3回国際ドローン展(2017/4/20)』ー『ロームの<ドローン産業の未来を支えるI0Tソリューション>』★『JUAVAC ドローン エキスパート アカデミーのドローン女子』のプレゼン(動画20分あり)

    2017/04/22 /日本・世界最先端「 …

no image
明治150年歴史の再検証『世界史を変えた北清事変⑥』-服部宇之吉著『北京龍城日記』(大正15年)より②」★『著しく現世的で物質的/拝金主義の支那(中国)人民にとっては、来世的、禁欲的なキリスト教精神は全く理解できずパーセプションギャップ(認識ギャップ)が発生し、疑惑が増幅し戦争になった』

 明治150年歴史の再検証『世界史を変えた北清事変⑥』  西教(キリスト教)に対 …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(82)記事再録/ ★明治日本の国家戦略「殖産振興」「廃藩置県」『官僚制度』を作った大久保利通の最期の遺言①』★『地方会議を開催して、旧体制、無能な役人、官僚をクビにして大号令を発する日に、会議に臨む途中で大久保内務卿(実質的な総理大臣)は暗殺された。今、<超高齢少子化人口減少社会>の危機を前に、その行財政改革失敗の遠因が大久保の作った官僚制度であることを考えると、大久保の決断とビジョンを振り返ることは大変有益であろう。』

2012-04-14 /日本リーダーパワー史(252)再録   大久保 …

no image
『オンライン/』本田宗一郎の名語録』★『どんな発明発見も他人より一秒遅れれば、もう発明、発見でもなくなる。時間こそすべての生命である』●『頭を使わないと常識的になってしまう、頭を使って〝不常識″に考えろ』

日本リーダーパワー史(733)    2016/0 …

no image
終戦70年・日本敗戦史(81)「敗因を衝くー軍閥専横の実相』」で 陸軍を告発し東京裁判でも検事側証人に立った田中隆吉の証言①

  終戦70年・日本敗戦史(81) 敗戦直後の1946年に「敗因を衝くー軍閥専横 …