前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

材木座海岸砂浜大異変、<砂浜は死滅への道>・・―台風18号の大被害

   

材木座海岸の砂浜大異変、砂浜は死滅への道へ・・・―台風18号の大被害
                                                                                   前坂 俊之
2004年以来の非常に強い台風18号は10月8日朝に鎌倉に最も接近した。最大風速60メートルと聞いてビビったね。

関東のド真ん中を通過して風も止んだ午後4時ごろ、いつもの材木座の小坪トンネルに近い

和賀江島への出口の道路に行ってみた。

海はこれまで見たこともない大波、海岸道路下にも5メートル以上の大波が打ちよせ、写真をと

ていて頭から波をバサッとかぶりそうになったので、あわてて逃げた。上天気となった翌日、材木座を散歩すると、イヤ、驚き、ももの木、びっくりしたね。

和賀江島に最も近い砂浜に巨石が打ち上げられていた。その横には無数の石がごろごろ、ウインドサーフィンの皆さんのスタート場所がこれでは全く使えなくなった。光明寺の前の砂浜に出る場所を変えてという。
滑川までの海岸には波の強力な力で、海底のカジメや海藻が海底の岩から引きはがされ、

強引に引き抜かれ、カジメの根が大きな岩ガキ(中には30,40センチのものも多い)をもったまま、無数に打ち上げられていた。

海岸はカジメの山、帯が1キロ以上続ていた。山林の雑木林が台風で軒並み倒されたような状態が、海底でも起こっているのである。陸上の被害ばかりを見ていてはだめだね。

海底の方がもっとひどくなっていることは間違いない。

砂浜の漁師小屋や、船も軒並みとばされ、吹き飛ばされて大被害だ。地球温暖化の影響は海の水位上昇を呼び、巨大台風の発生、海底の砂漠化、海中生物の死滅、魚類の激減と良い兆候は1つもない。

20年に以上、材木座を憩いの場にしている私にとって、散歩するのが「海の墓場化」を見ているようで、さびしくなってきた。

鳩山首相のCO2の25%削減をぜひとも力をあわせてやり遂げなければ、鎌倉材木座海岸は2030年までにはなくなっているだろう。

25%がが達成されても、この死への行進はストップできないのでは・・・・

 

 - 湘南海山ぶらぶら日記

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
『イワシバカ日記①』鎌倉沖はシコイワシのてんこもり大乱舞!空からはカモメが狙い、回遊魚が海中から襲う。イノチの輝き!!。

 『イワシバカ日記①』鎌倉沖はシコイワシのてんこもり大乱舞!空からはカ …

no image
美しい空と海と山の鎌倉スペシャル③『猛暑が続くが、夜は涼風と虫音が響くークール・カマクラ・ネイチャーライフ』(自然快適生活)

<『美しい空と海と山の鎌倉』スペシャル!③>   『猛暑・残暑が続くが …

no image
『鎌倉サーフィンチャンネル(10/12夕)』『ついに来た!台風19号稲村ヶ崎モンスターウエ ーブを午後4時半ー日没まで撮影、迫力満点!

        『鎌倉サーフィ …

no image
<エンジョイ・連休!鎌倉カヤック・ハッピー日記>『沈黙の鎌倉海で―「釣れなければよし、生物を殺生するなよ」!

<エンジョイ・連休!鎌倉カヤック・ハッピー日記>   『沈黙の鎌倉海で …

no image
冬の鎌倉・紅葉絶景ポイント「天園ハイクの奇跡の森「獅子舞」を再び見に行く、紅葉ピークは近い(11/29)

  『鎌倉通―鎌倉紅葉チャンネル』   ≪冬の鎌倉 …

no image
『Surfers Paradise Kamakura Cool!』『台風18/20号で逗子大崎、鎌倉材木座、 由比ヶ浜、稲村ヶ崎、七里ヶ浜にサーファーズ・ パラダイス

   『Surfers Paradise …

no image
<鎌倉古寺巡礼>『鎌倉で最高の巡礼のお寺はどこでしょうか?ー妙法寺(苔寺)の山道じゃ。単独で往け』

             &n …

no image
知的巨人の百歳学(138)-『六十,七十/ボーっと生きてんじゃねーよ(炸裂!)」九十、百歳・天才老人の勉強法を見習えよじゃ、大喝!』-儒学者・佐藤一斎(86歳)の『少(しよう)にして学べば、則(すなわ)ち 壮にして為(な)すこと有り。 壮(そう)にして学べば、則ち老いて衰えず。 老(お)いて学べば、則ち死して朽ちず』

  2018/04/11    …

no image
『From Kamakura with love and Fighting Split』と『老人と海』ー震災の皆さんに愛とエール、オールドパワーを込めて

  『From Kamakura with love and Figh …

no image
『鎌倉ロハス!―山海のぶらぶら散歩(5/5)』カヤックフィッシング,ウグイス名啼,富士山サンセットは無上の快楽なり

 『鎌倉ロハス!―山海のぶらぶら散歩が最高(5/5)』   …