前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

ヘミングウエー『老人と海』の日本版=『KAMAKURA SEA』は正月もBeautiful・Best・フィッシィングだよ

   

ヘミングウエー『老人と海』の日本版=『KAMAKURA SEA』は正月もBeautiful・Best・フィッシィングだよ
 
                    前坂 俊之
                   (ジャーナリスト)
 
正月以来、西日本、東北、日本海側では風雪で大きな被害が出た。湘南・鎌倉・逗子は風もなく冷えてはいたが、
空気が澄んでいて富士山の美しいこと限りなし。グレート、ビュティフルじゃ。

昔からサナトリゥム(結核療養所)が逗子にあった理由がわかるな。

食べ物は旨い、

冬も日本で最も暖かい。家康公の隠居の地の静岡も晴天が多く、暖かいとこじゃが、冬は西強風が多くて、過ごしにくい。

逗子の方がポカポカ陽気で、

窓のカーテンを全部開けているとサンサンたる太陽が部屋いっぱいに差し込ん

で、太陽光パネルなど必要なしじゃよ。暖房費の節約、老人ホームのサンルーム状態となり、部屋でゴロゴロしておった。

2日早朝、スズキを狙って滑川の周辺を新しく買ったルアー竿で3時間流しましたが全く駄目。しかし、

なまった身体にはいい運動になったよ。

 
8日(土曜日)、鉄人・川越ちゃんと丸まるとふとったサバをねらって、

午前9時から今年の初釣りへ、ゆっくり出かけたよ。

冬のカヌーフィッシングはこんな日が少ないが、

無風の日をねらうこと、朝まずめでなくても、陽がでて、ポカポカ陽気となる午前10時から正午過ぎまでやれば十分じゃよ。

 
鎌倉のごみ焼却場の煙突の煙が真上に上がっている、

こんな風が全くないのはめづらしい。

ガラスの海。雲1つないスカイブルー。

サーファーも1人もいない。見渡す限り自分の海よ。海を知らないと損だよ。この気持ちが命の素晴らしさと元気をプレゼントしてくれるんだわよ。

 
小坪沖の川越ちゃんの隠しポイントへ。昨年12月に一投から、30センチの中サバが5本連続で来たところ。

サバのサビキ竿をなげこんで、もう1本でカワハギをねらう。30分ピクリしない。

鏡のような海でひねもすのたりのたりの心境。目をつぶればマブタのむこうは光のキラキラ天国で、冬の日光浴は最高じゃ・

 
いきなりロッドが海中に突っ込んだ。「おおい、キタョー」とスットンキョウな声で川越ちゃんに知らせて、ゆっくり巻くがあがらぬ。
澄んだ海を覗き込むと、10mほど下に白いものが何と3匹もついているではないか。激しく抵抗しとる。お祭りはやめてくれと慎重にあげる。30㎝をこえたサバのやつで、早速ナイフで頭を落とそうと袋を探しても、ボケとる、ナイフがない。
 
しょうがない、頭を絞めて、エラをぬき一緒にハラワタもとって、クーラーに入れるのを肝心のクーラーも忘れたのじゃ。

ボケなすめ。氷はかってたのでビニールに氷と共に入れたのじゃ。続けて2匹きた。あとは正月休みで、カワハギも、ベラもこない。

 
「よし、今日は波がないので、マツエ根へ行こうや」―

の川越ちゃんの声で、水深20メートルほどの鎌倉沖へ移動。流し釣りをする。5本バリの一番下にイソメ、その上にオキアミをつけて、アミコマセを撒きながら流す。

しかし、潮は全く流れぬ。カヌーはガラスの海に漂うのみ。
 
もう1本をカワハギ用に投げ込んだ。

冬の釣りは釣れないのが当たり前。魚のお出ましを気長に待つのよ。こんな素晴らしい海のゆりかご状態を満喫すればよいのじゃ。

 
キスザオが2,3度どおじきする。なんじゃろか―と巻くとずっしり重い。

あがったのは羽根が生え、足のある昆虫魚の―ほうぼう君じゃ。カワイイね。

それも25センチはある。このあたりでは冬にはこれがターゲットですよ。

 

 
そうしていると、ロッドに大きな当たり。『サバがおいでなすったよ』と川越ちゃんにしらせて、まくいとこれもかなりの大物、

途中で、何度も突っ込む。ゆらりゆらりとあでやかなチョウチョウがあがった。


海の宝石だね。羽をひろげた30センチもあるホウボウくん。

 
『それは夫婦のホウボウだよ。

正月から縁起がいいね』とは川越ちゃん。
 

12時半には納竿。川越ちゃんはでかいサバ6匹でした。

今年は正月からこれまた縁起の良いカヌーフィッシングだったのよ。


 

 

 - 湘南海山ぶらぶら日記 , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
『鎌倉通―伝統行事をみる』≪2014年、鎌倉鶴岡八幡宮での節分祭(2/3)を見に行った、『福は内』までの全中継です」

  『鎌倉通―伝統行事をみる』   ≪2014年、 …

no image
★『スーパー台風19号の関東スピード縦断!、神奈川県逗子からウオッチ⓷』★『逗子市の高潮警報発令で、田越川周辺の住民に自主避難所を開設(動画)②』★『静岡の伊豆半島に上陸、関東を縦断し、11都県に大雨特別警報、各地のダムは緊急放流を開始、氾濫多数の危機』★『多摩川の二子玉川駅付近で氾濫、相模川、荒川、千曲川、各河川でも氾濫、またはその危機迫る』』★『13日朝には記録的な被害状況が判明するだろう」

<2019年10月12日午後10時現在まで> ★『逗子市の高潮警報発令で、田越川 …

no image
『クマもんも<熊本城>もワンダフル、KUMAMOT0!』 日本一の熊本城のさくらを眺める◎マル得情報あり』

      『クマもんも<熊本 …

no image
<鎌倉つりバカ・ボケ日記>『早春カヤックフィッシングー鏡のような春の鎌倉海で魚と遊びダイエットしようね』

<鎌倉つりバカ・ボケ日記>   『早春カヤックフィッシングー鏡のような …

no image
『Youtube鎌倉紅葉絶景チャンネル』『北鎌倉・明月院の紅葉のすべては錦秋ー(12月8日現在)』

『Youtube鎌倉紅葉絶景チャンネル』   『北鎌倉・明月院の紅葉の …

no image
★『鎌倉通―梅雨で美しい<奇跡の苔の寺>『妙法寺』を見に行く(6/23)』800年前の鎌倉時代の雰囲気をとどめる

    ●★『鎌倉通―梅雨で最も美しい<奇跡の苔の …

ダウンロード
『百歳学入門』(222)佐藤一斎(86歳)の『少(しよう)にして学べば、則(すなわ)ち 壮にして為(な)すこと有り。 壮(そう)にして学べば、則ち老いて衰えず。 老(お)いて学べば、則ち死して朽ちず』

『百歳学入門』(222) 「学びつづけること」が心も身体も健康にする。  「学ぶ …

222
この夏の思い出/稲村ヶ崎サーフィン総集編ー台風15号のビッグウエーブ、明日はもっとスゲーゼ!』★『サーファー勇士たちが大波と格闘し、迫力満点だったよ。』

 この夏の思い出/稲村ヶ崎サーフィン総集編   稲村ガ崎サーフィン速報(831/ …

no image
知的巨人たちの百歳学(166)ー長崎でシーボルトに学び、西洋の植物分類学をわが国に紹介した伊藤圭介(98歳)ー「老いて学べば死しても朽ちず」●『植物学の方法論ー①忍耐を要す ②精密を要す ③草木の博覧を要す ④書籍の博覧を要す ⑤植学に関係する学科はみな学ぶを要す ⑥洋書を講ずる要す ⑦画図を引くを要す ⑧よろしく師を要すべし』

    2017/01/03 &nbsp …

no image
冬の鎌倉・紅葉絶景ポイント「天園ハイクの奇跡の森「獅子舞」を再び見に行く、紅葉ピークは近い(11/29)

  『鎌倉通―鎌倉紅葉チャンネル』   ≪冬の鎌倉 …