前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『F国際ビジネスマンのワールド・カメラ・ウオッチ(110)』 「パリ・ぶらぶら散歩/ピカソ美術館編」(5/3日)⑧ピカソが愛した女たちードラ・マール

   

F国際ビジネスマンのワールド・カメラ・ウオッチ(110)』

「パリ・ぶらぶら散歩/ピカソ美術館編」(5/3日)

ピカソが愛した女たちー《ドラ・マール》

「 F 氏のコメント」
ピカソの巨大で怒涛の如きその創作意欲は、彼の女性遍歴(公表されているだけでも5名)と密接不可分の関係にある。ここで紹介する画材としての女性も、その肉体と精神を知り尽くした上で、画家の五感を総動員して「美と悦楽」を紡ぎ出している。

パブロ・ピカソ  (1881〜1973)

3)ドラ・マール   (1907~1997)

・1936/1、パリのカフェ、ドゥ・マゴで対面。ピカソ55 才、ドラ
28 才。静かで厳かな美しさ、黒髪と濃い色の大きな瞳、近寄り難い雰
囲気。本名はドラ・マルコビッチ、父はクロアチア出身の建築家、母
はトゥレーヌ地方出身のフランス人。

・ドラは画家、写真家でスペイン語を話す。高慢で謎めいた姿態、成熟し
た逞しい身体、笑みを浮かべない聖母像の様な顔、計算された高貴なゆ
ったりとした動作。オルガやテレーズの様なおぼこ娘ではない、画家が
何を求めているか十分に承知の上で、強引に言い寄る男を迎え入れた。
美貌と知性を兼ね備えていた。

・衝動的な性格、突然怒り出し、向こう見ずな激しい行動、画家に楯突き
怯むことなく睨み返す。

・画家は、ドラに自分のアトリエを明け渡して消えたが、ドラは追うこと
もなく、テレーズの様な不安定な関係を続けることもなく、愛した画家
の多くの作品に囲まれて、貧困のうちに生涯を終えた。

「ドラ・マールの肖像」1937年作(ピカソ56才、ドラ30才、交際2年、画家兼写真家)‏

888888888888888888

 - 健康長寿, 湘南海山ぶらぶら日記

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

3333
『F国際ビジネスマンのワールド・カメラ・ウオッチ(101)』「パリぶらぶら散歩(4/30-5/3)①―パリ・オペラ地区の大衆レストラン、シャルティエは 百年以上パリ市民から愛されてきた名店

『F国際ビジネスマンのワールド・カメラ・ウオッチ(101)』 「パリぶらぶら散歩 …

no image
『鎌倉サーフィンチャンネル』ー台風11号が接近中、鎌倉、逗子海岸 にビッグウエーブがくるか、稲村ヶ崎、逗子大崎、カブ根

 『Surfers Paradise Kamakura Co …

no image
百歳学入門(64)「巨人政治家、芸術家たちの長寿・晩晴学③」尾崎行雄、加藤シヅエ、奥むめお、徳富蘇峰、物集高量、大野一雄

百歳学入門(64)   「巨人政治家、芸術家たちの長寿・晩晴学③」 ― …

no image
『クマもんも<熊本城>もワンダフル、KUMAMOT0!』 日本一の熊本城のさくらを眺める◎マル得情報あり』

      『クマもんも<熊本 …

no image
久しぶりに江の島水族館に見に行ったよ(11/25)➁ヒーリング・クラゲ・ミラクル・ワンダーランドだね

 湘南海山ぶらぶら日記     久しぶりに江の島水 …

no image
百歳学入門(25)『日本の女性百寿者(センテナリアン)リスト①』加藤シヅエ、木村霊山尼、嘉納愛子、蔦清小松朝じら

百歳学入門(25)   『日本の女性長寿者(センテナリアン)・リスト① …

no image
百歳学入門(105)本田宗一郎(74歳)が画家シャガール(97歳)に会ったいい話「物事に熱中できる人間こそ、最高の価値がある」

百歳学入門(105) スーパー老人、天才老人になる方法— 本田は74歳の時、フラ …

no image
鎌倉カヤック釣りバカ日記ー 回遊魚、カワハギと遊び、カモメとも遊ぶ。鎌倉海は最高のヒーリングポイントだよ>

  <毎日が秋休み!>   鎌倉カヤック釣りバカ日記ー &n …

no image
『美しい冬の葉山海』快適スペシャル!(1/11)新春シーカヤック・クルーズ (葉山公園→長者ヶ崎→立石公園→佐島一周≫

 <『美しい冬の葉山海』快適スペシャル!(1/11)>   …

no image
日本リーダーパワー史(832)(人気記事再録)『明治維新150年』★『日露戦争勝利の秘密、ルーズベルト米大統領をいかに説得したかー 金子堅太郎の最強のインテジェンス(intelligence )④ 』★『『武士道とは何かールーズベルト大統領が知り たいー金子のハーバード大での名スピーチ④』★『マカロフ大将の死を悼み、新聞に賞賛される』●『日露戦争は正義のための戦いで日本は滅びても構わぬ』★『◎ル大統領は「日本が勝つが、黄禍論を警戒せよ」と忠告』

2011年12月19日掲載<日本最強の外交官・金子堅太郎④> ―「坂の上の雲の真 …