前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

クイズ「坂の上の雲」ーー極秘「明石工作」は日露戦争約1年後に暴露されていた(2)

   

クイズ「坂の上の雲」
 
極秘「明石工作」は日露戦争約1年後に暴露されていた(2)
 
明石元二郎が欧州を股にかけ革命援助に活躍ー『ロシヤ・叛徒(革命家)と日本資金(下)』
 
             前坂俊之(ジャーナリスト)
 
 (明治39823日付『大阪毎日新聞』)
 
サンクトペテルブルク通信(7月十九日、特設通信員フランシス・マックラフ)
 
シリアクスはロンドンよりデカノゼに書翰を送りて、事は良好に進行しっつありと報ぜり。当時、明石大佐はジョージと変名して、ベルリン、パリ、ストックホルム間を股に掛けて横行しつつありしが、大佐は27日、ドイツ・ハンブルグにおいてシリアクスと会合せり。この会合の後、シリアクスは港内の汽船カリクスト・ガルシア号を視察するため出掛けたり。
六月三日、明石大佐はロンドン・クレーヴン・セント・チャーリンダ,クロスよりA,Kなる首文字の匿名にてチルリアクスに書翰を送り、奮然努力せよ。事は制限の期間内に遂行するの必要あり、といえり。
六月十九日、明石大佐はジョージ・マルテンと化けて、ロンドン・カムデン・スケーヤ・クリステン・ヴィラス二十番地に平然として住居し、その間シリアクスもまた単にヘンリーと変名して、同じくロンドンに住居したり。
 
しかして両人は共に、あるフランス新聞のサンペテロブルグ通信員にして、よほど用心深き性のユーゼン・ビューなる男より援助を受けたり。この男の書翰によりで見れば、彼は最も有力の共謀者らしく、また用心深きだけあり,小銃をも小銃とはいわず、これに見本との暗号を付して、他の商売上の用語と混用したり。
 
故に一見したる所にては、彼の書翰は普通の商売上の書翰たるに止まり、誠に無味淡泊のものなりしも、サスガ鋭敏にしてその道に熟練したロシア密偵は、早ぐもビューの書鞄に目をつけ始めて、殊にビユーが存外少量の「地図」のため1500の箱入用なりと書き送りたる書翰は、深くも彼等に疑惑を懐かしめ、またこの時にもつじつまの合わざること発見せられへ結局左の事実の暴露するに至れり。小冊子の編纂者の記す所に曰く。
 日本はデカノゼとシリアクス、の手を通じ連動し、この両名は更にビューをスイスの代理者に任命して、ロシヤ革命党のために小銃三万五千挺、弾薬三百五十万発を購入したり。、
ロシヤ革命党以下云々の文字には、イタリックの活字を使用したり。
6月下旬、明石大佐は再びロンドンに在りたり。
 
この時も名もジョージ・マルテンにして、その寓居はグ.ロナーナ―・セント・ベドフォード・マンションス三十番地なり。
 七月十六日、シリアクスがハンブルグにおいて検査したるカリクスト・ガルシア号は、港務部にすらいずこに出航すとの報知をも与えずして、或る日漂然その影を暗ましたり。
 
 しかるに八月二十五日、突然フィンランドの一港オーレオポルグの付近に一隻の怪しむべき快走艇現われ、艇内には小銃六百五十九挺、銃剣六百五十八本、弾薬十二万発入りの箱九十三個を搭載すること発見せられたり。
 
 8月26日、ヤコブシュタットの北方近き所において、別段怪しとも思われざ灯し一船ジョン・クラフトン号に爆発事件起り、これがため同船に多量の短銃、小銃及び弾薬を積載すること発覚せり。
また八月二十八日、コルマー島においても、偶然の出来事よりして小銃七百挺と破裂弾と他に短銃、弾薬、および露語にて認めたる革命げき文をいっぱいつめ込みたる若干の箱発見せられたり。これらの小銃はおおむねジュネーブの製造に係るむのたり。
 
ここに至り編纂者は昨年十二月(すなわち一昨年)コーカサス反乱の際。叛徒の使用したる小銃は、全部スエーデンの製通に係るもの重りと特書せり。かくて明石大佐とその朋友等は、アムステルダムにおいて、更に他の船舶リリウス号を準備し、これに小銃、弾薬を満載し、コーカサスへ向け発送したるもののごとし。
 
一見したる所平和の上商船のごとく見ゆるりリウス号が、海波静穏の地中海をし走したるは、その実ハ・当時、極東にて封鎖を突破したる商船の冒険に比して、はるかに大危険を冒したるものなり。
果然ロシアの密偵は、地中海由一港においてリリウス号の秘密を発見したり。,しかれどもリリウス号は、向かい側のアフリカ沿岸に疾走して行方を暗まし、ついに拿捕を免れたり。
 
それより十一月に至り、同船はギリシヤの多島海に入りしに、同二十日を以って船長は朋友より、小アジア沿岸はロシヤ艦隊の警戒厳重なれば、黒海に突入を試みるは暫らく待つべしとの電報に接せり。
 
よって船長はギリシャの一島ツエオにおいて、暫らく時機の来たるを窺いつつ、ついに首尾よく黒海に入り込みて、数千挺の小銃と数十万発の弾薬を、コーカサス叛徒(革命家)に供給し得たるものなりと。
 
以上のロシヤ半官報的記事は、いかにも小説的に、いかにもよく按排せられ、ほとんど一点の疑いを挿むの余地なきまで、好妙に棲述せら当るものにあらずや。
 

 - 人物研究 , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
福沢諭吉の「韓国独立支援」はなぜ逆恨みされたか⑥「華兵(中国兵)凶暴」の記事が支那側から激しい抗議があり、辞職、帰国した。

  「日本開国の父」『アジア開国の父』の福沢諭吉 の義侠心からの「韓国独立支援」 …

no image
日本リーダーパワー史(68) 勝海舟の外交コミュニケーション術・「至誠と断固たる気骨で当たれ」

日本リーダーパワー史(68) 勝海舟の外交コミュニケーション術・至誠と断固たる気 …

no image
知的巨人の百歳学(105)-「120歳は幻の、実際は105歳だった泉重千代さんの養生訓』★百歳10ヵ条『⓵万事、くよくよしないがいい。 ②腹八分めか、七分がいい。➂酒は適量、ゆっくりと。 ④目がさめたとき、深呼吸。⑤やること決めて、規則正しく。 ⑥自分の足で、散歩に出よう。 ⑦自然が一番、さからわない。 ⑧誰とでも話す、笑いあう。⑨歳は忘れて、考えない。 ⑩健康は、お天とう様のおかげ。』

120歳は幻の、実際は105歳だった泉重千代さんの養生訓  1979年 …

no image
★『 地球の未来/明日の世界どうなる』 < 東アジア・メルトダウン(1071)>★『北朝鮮の暴発による第2次朝鮮戦争の危機高まる!?』★『「クリスマスまでに…」トランプが安倍首相に告げた北朝鮮危機限界点 【特別レポート】電話会談で話された事』◎『「米中が組んで北朝鮮を討つ」そんなシナリオさえ現実味を帯びてきたーー利害は案外一致している』★『あまりに幼稚な左派の「北朝鮮核容認論」これでは日本が滅びる』☆『北朝鮮の暴走が止まらない‥だがそのツケも出始めて』

 ★『 地球の未来/明日の世界どうなる』 < 東アジア・メルトダウン(10 …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(52)記事再録/日本風狂人伝⑳日本最初の告別式である『中江兆民告別式』での大石正巳のあいさつ

『中江兆民告別式』での大石正巳のあいさつ      …

no image
(まとめ記事再録)『現代史の復習問題』★ 『ガラパゴス国家・日本敗戦史②』150回連載の16回~30回まで』『日本の最も長い日(1945年 8月15日)をめぐる死闘―終戦和平か、徹底抗戦か①』 ★『終戦を死闘の末になんとか勝ち取った首相官邸と外務省』★『問題は「サブジェクト・ツー」の解釈』★『『大日本帝国最後の日 -かくして「聖断」は下った!』

(まとめ記事再録)『現代史の復習問題』★ 『ガラパゴス国家・日本敗戦史②』150 …

no image
『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ ウオッチ(228)『イランの反政府デモはどうなるのか』★『ハメネイ師はローハニ大統領を更迭し再選挙に持ち込み、市民の怒りを抑えられるか?』★『革命軍を動員して流血の惨事となって更に事態が深刻化するか? 目が離せません。』★『見えぬ打開策…武力弾圧踏み切るか!』

  『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ ウオッチ(228)』 …

no image
◎現代史の復習問題『日韓150年紛争の歴史はなぜ繰り返され続けるのか、そのルーツを検証するー「英タイムズ」「ニューヨーク・タイムズ」など外国紙が報道した「日韓併合への道』の連載➂(21回→27回終)』

2018年1月13日記事再録/ 日本リーダーパワー史(873) 「 英 …

no image
 日本メルトダウン( 977)『トランプショックの行方は!?』●「アジア最大の負け組日本」「第2のBrexit」トランプ大統領の誕生に英国は?『アジア最大の負け組日本」「第2のBrexit」トランプ大統領の誕生に英国は?』●『トランプ氏勝利「オーストラリアにとって最悪」「世界に危険をもたらす」豪州メディア』●『米大統領選、中国の反応「トランプくみしやすし」』●『トランプ人気は「憤怒の政治」 世界のトレンドは脱グローバル化』●『トランプ氏勝利に「投資家」が学ぶべき4つのこと』

   日本メルトダウン( 977) —トランプショックの行方!? 「 …

no image
日本史の復習問題/ ◎『山県有朋から廃藩置県の相談された西郷隆盛は 一言で了承し、断固実行したその最強のリーダーシップ②』

 2012/03/26 /日本リーダーパワー史(248)   …