前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

クイズ「坂の上の雲」ーー極秘「明石工作」は日露戦争約1年後に暴露されていた(2)

   

クイズ「坂の上の雲」
 
極秘「明石工作」は日露戦争約1年後に暴露されていた(2)
 
明石元二郎が欧州を股にかけ革命援助に活躍ー『ロシヤ・叛徒(革命家)と日本資金(下)』
 
             前坂俊之(ジャーナリスト)
 
 (明治39823日付『大阪毎日新聞』)
 
サンクトペテルブルク通信(7月十九日、特設通信員フランシス・マックラフ)
 
シリアクスはロンドンよりデカノゼに書翰を送りて、事は良好に進行しっつありと報ぜり。当時、明石大佐はジョージと変名して、ベルリン、パリ、ストックホルム間を股に掛けて横行しつつありしが、大佐は27日、ドイツ・ハンブルグにおいてシリアクスと会合せり。この会合の後、シリアクスは港内の汽船カリクスト・ガルシア号を視察するため出掛けたり。
六月三日、明石大佐はロンドン・クレーヴン・セント・チャーリンダ,クロスよりA,Kなる首文字の匿名にてチルリアクスに書翰を送り、奮然努力せよ。事は制限の期間内に遂行するの必要あり、といえり。
六月十九日、明石大佐はジョージ・マルテンと化けて、ロンドン・カムデン・スケーヤ・クリステン・ヴィラス二十番地に平然として住居し、その間シリアクスもまた単にヘンリーと変名して、同じくロンドンに住居したり。
 
しかして両人は共に、あるフランス新聞のサンペテロブルグ通信員にして、よほど用心深き性のユーゼン・ビューなる男より援助を受けたり。この男の書翰によりで見れば、彼は最も有力の共謀者らしく、また用心深きだけあり,小銃をも小銃とはいわず、これに見本との暗号を付して、他の商売上の用語と混用したり。
 
故に一見したる所にては、彼の書翰は普通の商売上の書翰たるに止まり、誠に無味淡泊のものなりしも、サスガ鋭敏にしてその道に熟練したロシア密偵は、早ぐもビューの書鞄に目をつけ始めて、殊にビユーが存外少量の「地図」のため1500の箱入用なりと書き送りたる書翰は、深くも彼等に疑惑を懐かしめ、またこの時にもつじつまの合わざること発見せられへ結局左の事実の暴露するに至れり。小冊子の編纂者の記す所に曰く。
 日本はデカノゼとシリアクス、の手を通じ連動し、この両名は更にビューをスイスの代理者に任命して、ロシヤ革命党のために小銃三万五千挺、弾薬三百五十万発を購入したり。、
ロシヤ革命党以下云々の文字には、イタリックの活字を使用したり。
6月下旬、明石大佐は再びロンドンに在りたり。
 
この時も名もジョージ・マルテンにして、その寓居はグ.ロナーナ―・セント・ベドフォード・マンションス三十番地なり。
 七月十六日、シリアクスがハンブルグにおいて検査したるカリクスト・ガルシア号は、港務部にすらいずこに出航すとの報知をも与えずして、或る日漂然その影を暗ましたり。
 
 しかるに八月二十五日、突然フィンランドの一港オーレオポルグの付近に一隻の怪しむべき快走艇現われ、艇内には小銃六百五十九挺、銃剣六百五十八本、弾薬十二万発入りの箱九十三個を搭載すること発見せられたり。
 
 8月26日、ヤコブシュタットの北方近き所において、別段怪しとも思われざ灯し一船ジョン・クラフトン号に爆発事件起り、これがため同船に多量の短銃、小銃及び弾薬を積載すること発覚せり。
また八月二十八日、コルマー島においても、偶然の出来事よりして小銃七百挺と破裂弾と他に短銃、弾薬、および露語にて認めたる革命げき文をいっぱいつめ込みたる若干の箱発見せられたり。これらの小銃はおおむねジュネーブの製造に係るむのたり。
 
ここに至り編纂者は昨年十二月(すなわち一昨年)コーカサス反乱の際。叛徒の使用したる小銃は、全部スエーデンの製通に係るもの重りと特書せり。かくて明石大佐とその朋友等は、アムステルダムにおいて、更に他の船舶リリウス号を準備し、これに小銃、弾薬を満載し、コーカサスへ向け発送したるもののごとし。
 
一見したる所平和の上商船のごとく見ゆるりリウス号が、海波静穏の地中海をし走したるは、その実ハ・当時、極東にて封鎖を突破したる商船の冒険に比して、はるかに大危険を冒したるものなり。
果然ロシアの密偵は、地中海由一港においてリリウス号の秘密を発見したり。,しかれどもリリウス号は、向かい側のアフリカ沿岸に疾走して行方を暗まし、ついに拿捕を免れたり。
 
それより十一月に至り、同船はギリシヤの多島海に入りしに、同二十日を以って船長は朋友より、小アジア沿岸はロシヤ艦隊の警戒厳重なれば、黒海に突入を試みるは暫らく待つべしとの電報に接せり。
 
よって船長はギリシャの一島ツエオにおいて、暫らく時機の来たるを窺いつつ、ついに首尾よく黒海に入り込みて、数千挺の小銃と数十万発の弾薬を、コーカサス叛徒(革命家)に供給し得たるものなりと。
 
以上のロシヤ半官報的記事は、いかにも小説的に、いかにもよく按排せられ、ほとんど一点の疑いを挿むの余地なきまで、好妙に棲述せら当るものにあらずや。
 

 - 人物研究 , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
日本リーダーパワー史(350)◎国難最強のリーダーシップ・勝海舟に学ぶ(11) すべて金が土台じゃ、借金するな』

日本リーダーパワー史(350) (総選挙公示―徳川幕府の末期症状と国難現在を比較 …

no image
日米戦争の敗北を予言した反軍大佐、ジャーナリスト・水野広徳

1 日米戦争の敗北を予言した反軍大佐、ジャーナリスト・水野広徳 前坂 俊之 (静 …

no image
日本リーダーパワー史(377)日露戦争で自ら地位を2階級投げ打って全軍指揮したスーパートップリーダー・児玉源太郎

 日本リーダーパワー史(377)   空前絶後の名将・川上操 …

no image
日本リーダーパワー史(731)再録記事・日本の最強の経済リーダーベスト10・本田宗一郎の名語録⑥『怖いのは失敗することではなく、失敗を恐れて何もしないこと 』●『⑤需要がそこにあるのではない。われわれが需要を作り出すのだ』

日本リーダーパワー史(731) 再録記事ー日本リーダーパワー史(80)   日本 …

no image
日本リーダーパワー史(184)『アジア経済時代の先駆者・犬養木堂④』 一貫して『産業立国論』を唱えた民権政治家―

日本リーダーパワー史(184)   <百年前にアジア諸民族の師父と尊敬 …

no image
記事再録/知的巨人たちの百歳学(120)ー戦国時代の医者で日本長寿学の先駆者・曲直瀬道三(86歳)の長寿養生俳句5訓」★『日本人の健康長寿の古典的な実践をおこない、貝原益軒よりも先駆的な業績であろう。』

 2013年6月20日/百歳学入門(76) 日本長寿学の先駆者・曲直瀬 …

no image
『明治裏面史』 ★ 『日清、日露戦争に勝利した明治人のリーダーパワー, リスク管理 ,インテリジェンス㊷『児玉源太郎、福島安正の防衛戦略』★『日露戦争の本質はロシアの清国、朝鮮、韓国、日本への侵略戦争に対する 日本の自衛戦争であり、全世界の被植民地の民族に希望を与えた』

『明治裏面史』   ★ 『日清、日露戦争に勝利した明治人のリーダーパワー,  リ …

no image
 日本リーダーパワー史(246)『山県有朋から廃藩置県の相談を受けた西郷隆盛は「結構」と一言の基に了承、断固実行した』

 日本リーダーパワー史(246)   <クイズ・日本で最高のリー …

no image
日本リーダーパワー史(431)「ワシントン軍縮会議をまとめた加藤友三郎(首相)は「冷徹で大局的に判断した人」(賀屋興宣)

 日本リーダーパワー史(431)   ★「明治のリーダー・ワ …

no image
クイズ『坂の上の雲』 ベルツの『日本・中国・韓国』五百年の三国志②<日露戦争はなぜ起こったのか>

クイズ『坂の上の雲』   ベルツの『日本・中国・韓国』五百年の三国志② …