前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

<鎌倉古道巡礼> 『鎌倉古道百選ー鎌倉武士、日蓮も歩いた名越の切通しを歩く、深山幽谷の雰囲気もやや・・』

      2015/01/01

<鎌倉古道巡礼>
 
 『鎌倉古道百選ー鎌倉武士、日蓮も歩いた名越の切通
しを歩く、深山幽谷の雰囲気もやや・・』
 
 
前坂俊之(ジャーナリスト)
 
 
▼名越えの切り通しへはどういくか。
 
一番、簡単な方法は鎌倉駅前の「緑が丘入口」行きのバスで名越えのトンネルに出て終点の「緑ヶ丘入口」で下車しリサイクルショップ「くるくる」の前の階段から登ればよい。
 
 もう1つは、昔の切り通し道を辿るもので、長勝寺前でバスを降り、横須賀線の線路わきを辿ってもよく、又街道を少しトンネル側に進み、小さな踏み切りを通って線路沿いに上ってもよい。道は線路の横の土手を次第に上り、やがてトンネルの入口を眼下に見ながらその上に出る。

 
そこから、林の間を上ると・次第に古道らしい苔むした岩の露出した山合いへと入って行く。しばらくそうした人影のない林間の道が続くが、やがて、右手に杉林の谷戸が見え、その上のふちをぐるりとう回して通る。この谷戸がさきに記した火葬場のある所で、目の前にその煙突が立っている。
 谷戸の真上に当る左側の山ふちに「史跡名越えの切通し」解説板がある。そ
の少し先に、前に配した「まんだら堂」正面入口がある。(ここは現在工事中で、だれもはいることはできない、12月21日も工事関係者が作業をしていた)
まんだら堂へ上らずに峠道を行くと間もなく苔蒸した切り通しの跡がある。更に進むと、道が下りになりとたんに岩肌を縦に切り取ったはざまに入る。これが切り通し入口で史跡「名越切り通し」の四角い杭が立っている。いにしえの古道の趣きが弱冠そのまま残っている。


鎌倉古道百選ー武士、日蓮も歩いた名越の切通しを緑ヶ丘入口から登る②

 
しかしそこを抜けると小坪の亀ケ岡団地の住宅が拡っている。長勝寺バス停からのあるいての距離はせいぜい20分ほどの短い古道で、昔の山道の面影、雰囲気の距離は近年の開発で少なくなっており、約500mほどである。

また、近年の台風、大雨、強風によって山道の杉その他の倒木が目立ち、道をふさいでいるところもある。その分、荒廃した古道の感じがよくでていて「強ものどもの夢の跡」の雰囲気を一部かもしだしているのでハイキングの値打ちは十分ある。

鎌倉古道百選ー武士、日蓮も歩いた名越の切通しの中間地点、深山幽谷③

切通(きりどうし)とは一体なにか。
 
「鎌倉事典」(平成4年版、東京堂書店)によると、鎌倉は三方を山に囲まれた要害の地であるため、鎌倉とその他を結ぶ道路を開くには、山場を越える道を切り開く必要があった。これが山を切り開く、切通しといわれる。俗に鎌倉の七切通し・七口とよばれ、西から極楽寺・大仏坂・化粧坂・亀ケ谷坂・巨福呂(小袋)坂・朝比奈・名越の各切通をいう。鎌倉防禦の上で重要な意味をもち、また、切通しの外の地域は、ほぼ北条一族で占めていた。

鎌倉古道百選ー武士、日蓮も歩いた名越の切通しの中間地点付近④

 

極楽寺付近は赤橋氏、大仏坂・化粧坂の外地、常盤に北条政村の別邸があり、巨福呂坂の外、山ノ内は北条得宗領、という類である。京都七口を模しての呼称であろう。
名越切通しは倉から三浦へ通じる重要な道であった。旧道は名越トンネル上にある。名越坂ともいう。道筋は「古事記』にいう日本武尊が東夷征伐のさい、いまの横須賀走水の海をわたって蝦夷に向かった、いわゆる古東海道であろうといわれる。峠は、いま鎌倉市と逗子市との境になっているが、昔も鎌倉と三浦との境界であった。国の史跡に指定されている。
 
ちなみに、名越(なごえ)は大町の東の一帯の総称で、鎌倉時代からの地名で『吾妻鏡』のところどころにこの名が現れる。北条時政以来北条氏の居館があった。問注所執事三善氏の屋敷もここにあったという。中世には寺院や武士の邸宅の多かった地域である。

鎌倉古道百選ー武士、日蓮も歩いた名越の切通し、シダがおおい深い山⑦

 - 湘南海山ぶらぶら日記

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
<鎌倉釣りバカ、カヤック日記>『稲村ケ崎沖でついに大カワハギを爆釣したよ』<「美食は外道なり」

<鎌倉釣りバカ、カヤック日記>   『稲村ケ崎沖でついに大カワハギを爆 …

no image
鎌倉カヤック釣りバカ料理編』『カヤックパドル漕ぎ筋トレ貯金5千回、美味なカワハギ玄米おじやで健康長寿間違いなし

  『鎌倉カヤック釣りバカ日記・料理編』(7/28) &nb …

no image
『初夏の葉山海』シーカヤック・スペシャル(6/9)カヤックでルアーをひっぱりながら、45cmの大サバ2匹、 ワカシなども釣れたよ。

 <『初夏の葉山海』シーカヤック・スペシャル!(6/9)> 6月はナブ …

no image
◎『春近し湘南ぶらぶら散歩』逗子神武寺から鷹取山→断崖仏→追浜の快適ハイキング。富士山、日本のバーミヤン「断崖仏」(3/22)

 ◎『春近し、湘南ぶらぶら散歩』   ≪逗子神武寺から鷹取山 …

no image
知的巨人たちの百歳学(112)-『早稲田大学創立者/大隈重信(83歳)の人生訓・健康法ー『わが輩は125歳まで生きるんであ~る。人間は、死ぬるまで活動しなければならないんであ~る』

  『早稲田大学創立者・大隈重信の人生訓・健康法― ➀語学の天才になる …

FullSizeRender[2]
『F国際ビジネスマンのカメラ・ウオッチ(95)』3/30日、上野公園はサクラ一色。夕刻、ライトアップ開始。背広姿の宴会が一斉にスタート➂

『F国際ビジネスマンのワールド・カメラ・ウオッチ(95)』 3/30日、満開初日 …

no image
鎌倉カヤック釣りバカ日記(8/29)逗子マリーナ沖でサバが 入れ食いに、本日もまた大漁なり

鎌倉カヤック釣りバカ日記(8/29) 8/29午前6時半、逗子マリーナ沖でサバが …

no image
『鎌倉紅葉チャンネル』 外国人観光客にも楽しめるよ、「朝比奈切通」 「妙本寺」の紅葉は 泣けるほど美しい①

   『鎌倉通―鎌倉紅葉チャンネル』   …

no image
平田カヤッキスト(カメラマン)の『アメリカ・ヨット・ツーリング・スペシャル!>「1週間でカナダバン クーバー島北部を島巡り」④

  <『葉山海』の平田カヤッキスト(カメラマン)の 『アメリ …

6666666666666
『F国際ビジネスマンのワールド・カメラ・ウオッチ (109)』「パリ・ぶらぶら散歩/ピカソ美術館編」(5/3日)⑦ピカソが愛した女たち「マリ=テレーズ・ワルテル」

  『F国際ビジネスマンのワールド・カメラ・ウオッチ(108)』 「パ …