前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

<春近しー湘南ぶらぶら寒中散歩>『鎌倉・逗子・葉山の海岸を散歩してサンセットパラダイスを楽しむ』

   

<春近しー湘南ぶらぶら寒中散歩>

『鎌倉・逗子・葉山の海岸を散歩して
サンセットパラダイスを楽しむ』
 
<これこそセンテナリアン・生涯現役・鎌倉天然生活ライフだよ!>
               

                   前坂 俊之(youtubeビデオライター)

 
 

『Grandchildに送るカノン の鎌倉材木座から愛を込めて』

鎌倉材木座海岸からのサンセット撮影。午後5時ごろから。江ノ島、富士山がシルエットに浮かび、黄金色に染め上げられた空と静かな波。キラキラ金色に輝き太陽の荘厳さと自然と生命の神の存在を感じる。サンセットに神やどる、日本人の八百万の神は自然崇拝、アミニズムちかい、太陽教じゃな。「カノン パッヘルベル」にピッタリの映像となる。

冬場の湘南、鎌倉のサンセットは1年中でも、もっとも美しい。富士山も気温が上昇し暑くなるよ雲に隠れて見えないしね。遠望できるのは1、2月がベスト。神々しい富士山と落日のベストシーズンがいまである。寒いけれど夕方に、鎌倉の海岸に震えながら足をのばせば世界の幸せを祈りたい神聖な気持ちがわいてくる。今後も湘南の自然のすばらしさをバロックとともに伝えていきたいね。

バッハと共に葉山・芝崎海岸からサンセット神を拝めば幸福感に包まれる。
真名瀬港の近く。ここはダイビングスポットでもある。雲の間から太陽が黄金色,紅色にスペクトルを発して
、神聖、神秘的な感じがこの曲にピッタリですね。

百歳、生涯現役、超人生活をめざす玄米、シラス、海藻の鎌倉朝食だよ。

 - 湘南海山ぶらぶら日記 , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
<冬の鎌倉・千年前にタイムスリップ> 『鎌倉・祇園山古道を歩く→鎌倉の自然と歴史と 文化をダイエットウオーキング』

    <冬の鎌倉・千年前にタイムスリップ>   …

no image
鎌倉カヤック釣りバカ日記『ゴールデン・キス・ウイーク「マリリンモンローフィッシュ」とファーストキスがしたいね』

   <鎌倉カヤック釣りバカ日記>   『ゴールデ …

no image
動画大公開―『Midsummer in KAMAKURA SEA』<シーラが海上を大乱舞、カヤックフィッシングは大漁じゃ>

★動画大公開―『Midsummer in KAMAKURA SEA』<シーラが海 …

no image
『F国際ビジネスマンのワールド・ウオッチ⑫』ポルトガル・リスボン旅行日記①●『リスボンの繁華街も閑古鳥が泣いている

『F国際ビジネスマンのワールド・ウオッチ⑫』    &nbs …

no image
★5 『久しぶりに江の島水族館に見に行った』(11/25) ①生命の神秘、イワシ・クラゲ・ファンタジーに一挙に若返ったよ。

   湘南海山ぶらぶら日記     久し …

no image
『Youtube鎌倉紅葉絶景チャンネル』ー『苔寺』の妙法寺、鶴岡八幡宮、寿福寺、建長寺の半僧坊の紅葉が今盛り

『Youtube鎌倉紅葉絶景チャンネル』開始>   『鎌倉・紅葉の極楽 …

yjimage
日本リーダーパワー史(846)★記事再録『原敬の「観光立国論』-『観光政策の根本的誤解/『観光』の意味とは・『皇太子(昭和天皇)を欧州観光に旅立たせた原敬の見識と決断力』★『日本帝王学の要諦は ①可愛い子には旅をさせよ ②獅子は我が子を千尋の谷に突き落とす ③昔の武士の子は元服(14、15歳)で武者修行に出した』

   2011/12/09 日本リーダーパワー史(221)       <大宰相 …

no image
<鎌倉古寺巡礼>『鎌倉で最高の巡礼のお寺はどこでしょうか?ー妙法寺(苔寺)の山道じゃ。単独で往け』

             &n …

no image
百歳学入門(187)彫刻家・北村西望(102歳)★『わたしは天才ではないから、人より五倍も十倍もかかるのです」★「いい仕事をするには長生きをしなければならない』★ 『たゆまざる 歩み恐ろし カタツムリ』

 百歳学入門(187) 「わたしは天才ではないから、人より五倍も十倍もかかるので …

no image
知的巨人たちの百歳学(166)ー長崎でシーボルトに学び、西洋の植物分類学をわが国に紹介した伊藤圭介(98歳)ー「老いて学べば死しても朽ちず」●『植物学の方法論ー①忍耐を要す ②精密を要す ③草木の博覧を要す ④書籍の博覧を要す ⑤植学に関係する学科はみな学ぶを要す ⑥洋書を講ずる要す ⑦画図を引くを要す ⑧よろしく師を要すべし』

    2017/01/03 &nbsp …