前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『F国際ビジネスマンのワールド・ウオッチ⑫』ポルトガル・リスボン旅行日記①●『リスボンの繁華街も閑古鳥が泣いている

   

『F国際ビジネスマンのワールド・ウオッチ⑫』
 
          <ポルトガル・リスボン旅行日記①>
 
●『リスボンの繁華街 バイシャ地区も閑古鳥が泣いている、
まともに客が居る店は皆無、失業率16%(24才までの若年
層は30%)』
(12/13)
●『ポルトガルの民謡、FADOに聞き惚れる。しかし、我
一行の他、2組だけでガラガラ
(12/14)
 
 
◎12/13(木) リスボンの繁華街 バイシャ地区、郷土料理のレストランが多数軒を連ねる

夜7:00を過ぎても閑古鳥が泣いている、客引きの勧誘も腕力に頼っている、まともに客が居る店は皆無、失業率16%は頷ける
(24才迄の若年層は30%)。これでもまだスペインより増し、暴力沙汰の様な不穏な気配は今の所無さそうだ。
乞食が眼につくのは辛い。
 


その内の一軒、インド人の若者の必死の呼び込みに負け、入る。定番のイワシ塩焼き、
アソルダ・デ・ガンバス(車エビの香草、ニンニク、オリーブオイル風味付けピュレ)、
クレーメ・デ・マリシュコ(魚介エキスの濃厚スープ)を食す。客は我々以外に一件のみ。
素朴な塩味中心か。



宗主国として旧植民地の関係が、南米、アフリカ、インドなどに多数あるが、この旧植民地
から移民した人種が多い模様。ポルトガル本体の人口は1100万人、
海外在住のポルトガル人は3億人以上とか、この辺にユーロ不安の渦中で
の奇妙な安定を想像させる。

イタリア、スペインとも異なる古代〜中世都市の趣。色彩、造形に実に抑制が利いている。
ポルトガル語以外に総じて英語を喋る人が多く、尋ねても丁寧に答えてくれて、
温和な人柄が偲ばれる。交易都市リスボンの面目躍如か。

●12/14はポルトガルの民謡、FADOに聞き惚れました。
 

 リスボンのFADOのお店は、バイロ・アルトかアルファマ地区に集中している。
今回はバイロ・アルトにある「LUSO」(ルーゾ)というファドレストランに夜9:00過ぎ

に入りました。


吃驚しました、客は100名は入れる店で、我が一行の他、2組で寂しいスタート、
ガラガラです。 ここにもEUの
景気、絶不調の影響は言い過ぎでしょうか。

支配人風の恰幅の良い男性と若い女性の二人で必死の呼び込みです。


実は最初は、『Cristal Fados』(クリスタル・ファドス)という店を目指し
ましたがクローズで倒産と分かりました。金曜の夜です、観光客で賑わっても
良いと思うのですが、ここも閑古鳥です。それにしてもこのバイロアルト地区の
坂と路地の多いこと、歴史の染み付いた古い古い建物と適度な狭さで猛烈に郷愁を

誘います。


今回の舞台の進行は、ポルトガルギター(ギターラ)、
ベース、ギターの3名バックで、4名(若老2名の女性,
若い男性2名)が歌う、途中男性2名の歌の掛け合いがあり、
衣装を頻繁に変える軽快な男女10名のダンスも挿入され、
フィナーレは全員舞台に出て顧客サービス、1.5時間で終わる。

こちらは元商売人の性で、『こんな客入りでは、芸人の給料も出ないな!』などと
支配人に同情しきりであった。帰りにお店のネームカードを請求したら、
ゴソッと持たされ日本のお仲間にPRを頼まれた。


漁師町のアルファマ地区がFADOの起源の由、海が側に無ければ生まれないメロディ
では?と国民的女性歌手、アマリア・ロドリゲスの『懐かしのリスボンLisboa Antiga』

を口ずさんでいた。

 - 湘南海山ぶらぶら日記 , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
『鎌倉釣りバカ・カヤック日記』ー『カツオ、サバ,アジのビッグ・フイッシュ、開高健釣聖に捧げますよ!

  ★『9/24鎌倉釣りバカ・カヤック日記』   『カツオ、 …

『リモートワーク/外国人観光客への『姫路城』全動画中継(2015/04/01)』ーほぼ満開のサクラに包まれた美しい白鷺城を一周、場内も見学した』②

•2015/04/01 春らんまんの『白鷺城』   東京から姫路駅に新 …

 ★『訂正記事』●『いざ、鎌倉へ、2022年の「鎌倉八幡宮の流鏑馬神事」は中止でした』★『これは過去の流鏑馬ハイライト動画です』★『鶴岡八幡宮の鎌倉流鏑馬の動画ハイライト集の一挙公開、アメイジング!?

2019/10/04 記事再録  鶴岡八幡宮の秋の例大祭は2019年1 …

no image
<歴史張本人・坂西利八郎の日中歴史認識>講義⑤」「中国軍(清国軍)の驚くべき内幕ーもらった「売命銭」分しか戦わない。

   日中両国民の必読の歴史の張本人が語る 「目からウロコの …

no image
『鎌倉サーフィンチャンネル(10/13)』稲村ヶ崎サーフィンの ベストショットを紹介するー2013年のベストシーン」も

    『鎌倉サーフィンチャンネル(10/13)』 &nbs …

no image
世界/日本リーダーパワー史(954)ー米中間選挙(11/6)の結果、上下院議会の“ねじれ現象”はトランプの国内、対外政策にどう響くか、暴走は一層エスカレートするのか(上)

世界/日本リーダーパワー史(954) 米中間選挙後のトランプの暴走はブレーキがか …

no image
最高に面白い人物史⑨人気記事再録『日本風狂人伝(28)』 大預言者(?)で巨人の大本教の開祖・出口王仁三郎のジョーク

日本風狂人伝(28) 大預言者(?)で巨人の大本教の開祖・出口王仁三郎のジョーク …

no image
『鎌倉通ーとっておきの鎌倉古道へ800年前にタイムトラベルできる名越切通は年々古道の趣は消えていく』

  『鎌倉通ーとっておきの鎌倉古道へ 800年前にタイムトラベルできる …

no image
『美しい春の三浦半島』カヤック(3/28)三浦半島の長浜から出て油壺方面を回った。波も風も穏やかでベストコンディション

  <『美しい春の三浦半島』カヤック・スペシャル!(3/28 …

『F国際ビジネスマンのワールド・カメラ・ウオッチ(153)』 『イスラエルに魅せられて再訪(2016/1)」レポート(3)世界遺産(2005年登録)『聖ペテロ教会(St.Peter Church )『テル・ベエル・シェバ,Tel Beer Sheva 』

『F国際ビジネスマンのワールド・カメラ・ウオッチ(153)』  『イスラエルに魅 …