前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『 鎌倉通―鎌倉アジサイチャンネル』6月はアジサイの美しい季節。 「明月院」ブルーを楽しもう≫

   

   鎌倉通―鎌倉アジサイYouTubeチャンネル開設』

1ヵ月限定版

 

6月はアジサイの美しい季節。

「明月院」ブルーを楽しもう≫

 

         前坂 俊之(ジャーナリスト)

 

 明月院のあじさいは境内に2000から2500株はあるという。その95%は「姫あじさい」という手鞠(まり)咲の種類で、雪国のあじさいで雪に埋もれても枝が折れない強さがある。しかし、大きな花が枝先につくと、その重さで枝が垂れさがる。

 姫あじさいの名前は牧野富太郎がつけたものといわれる。

明月院には「姫アジサイ」では青い、紫色の手鞠が多く、狭い「アジアサイの小道」では両側にボールのような色とりどりの「アジサイ」が万華鏡のように並ぶ、幻想的な風景が展開する。明け方や夕方や梅雨の雨にぬれた姫アジサイは特にしっとりと透明のブルーの感じで美しい。

 

●「明月院のあじさいづくしー名月川のせせらぎと新緑の美しい
アプローチがステキ①


明月院のアジサイ尽くしー95%が『姫あじさい」の高貴なブルーの万華鏡、④


明月院のアジサイ尽くしー95%が『姫あじさい」でブルー、紫のボールの



 - 湘南海山ぶらぶら日記 , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
片野勧の衝撃レポート・太平洋戦争<戦災>と<3・11>震災⑪―中国引き揚げと福島原発(下)

片野勧の衝撃レポート   太平洋戦争<戦災>と<3・11>震災⑪ &n …

no image
「もう秋!誰もいない海―鎌倉海岸を散歩してリフレッシュ!」★『日本一の海辺のリゾート・リビエラ逗子マリーナの夕焼けは最高!』

  「もう秋!誰もいない海―鎌倉海岸を散歩してリフレッシュ!」 &nb …

mq3.jpg22222
★『巣ごもり動画用(30分)』★『鎌倉カヤック釣りバカ日記の<アシと羽根のはえた古代魚ホウボウ(43㎝)を釣った巻>を上映』★『ホウボウのさばき方・料理法・おいしい鍋を食べる男の台所も』

           …

no image
『Surfers Paradise Kamakura Cool!』『台風18/20号で逗子大崎、鎌倉材木座、 由比ヶ浜、稲村ヶ崎、七里ヶ浜にサーファーズ・ パラダイス

   『Surfers Paradise …

222
この夏の思い出/稲村ヶ崎サーフィン総集編ー台風15号のビッグウエーブ、明日はもっとスゲーゼ!』★『サーファー勇士たちが大波と格闘し、迫力満点だったよ。』

 この夏の思い出/稲村ヶ崎サーフィン総集編   稲村ガ崎サーフィン速報(831/ …

no image
★『鎌倉釣りバカ人生30年/回想動画記』⓻『鎌倉・春よ!カヤックフィッシングよ!→ポカポカ陽気に春告魚(メバル)が爆釣』<海へは魚釣り、陸では花見のハッピー鎌倉暮し>

    2012/04/12 &nbsp …

no image
『自宅にこもってSNSで京都観光しよう』-冬の京都・三千院、比叡山延暦寺、湖西の石山寺、三井寺を周遊、『この数年ヨーロッパばかり回り、石造り建築の露骨な存在感に食傷しておりましたので、自然と一体となった日本の寺院建築の楚々とした佇まいに改めて魅了されました。

 『F国際ビジネスマンのワールド・カメラ・ウオッチ(201)』記事再録 …

no image
「湘南の夕焼け観賞絶景ポイントだよ」★『湘南の落日100選ー鎌倉市稲村ケ崎の超絶景』『北斎も弩涛・太陽・奇雲に参ったね』

「湘南の夕焼け観賞絶景ポイントだよ」<夕焼け評論家ランキングベスト1> &nbs …

no image
超絶景★『世界文化遺産をめざせ・岡山の後楽園・鳥城・旭川の歴史面的景観を』―外国人観光客を誘致しようー

超絶景★『世界文化遺産をめざせ・岡山の後楽園・鳥城・旭川の歴史面的景観を』 ―こ …

no image
『Kamakura Best Surfin』(7/12-15)『台風7号の接近で、材木座、稲村ヶ崎などにBig Wave.襲来だね!?』

  ◎『夏だ!海水浴だ、サーフィンだ。いざ鎌倉へ!』 &nb …