前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『中国紙『申報』からみた『日中韓150年戦争史』㊴日本は漢学を尊重すべし」(1891(明治24)年7月)

      2015/01/01

  

『中国紙『申報』からみた『日中韓150年戦争史』

日中韓のパーセプションギャップの研究』

 

 

1891(明治24)年7月13日光緒17年辛卯68「申報」

 

 

日本は漢学を尊重すべし

 

 

日曜日にはさしたる用事もなく,客人が上海に寄寓している福原,尾本などの日本人が沈関福という中国人を斬殺した事件について話すのを聞き,嘆息せずにはいられなかった。

 

そして嘆いて言った。なんたることか。日本人はなんと漢学を尊重しないのだろうか。そもそも,生まれる前から礼義を知っている者はない。そこで.子供がものごころつけば.軌範に沿い.礼楽によって教導する。

 

1日と詩書の恩沢に浴することによって,次第に順良な性格へと化していくのだ。どんな良玉でも.切磋琢磨することなしには,すぐれた玉器となることはない。

 

日本は明治帝が即位し,政治が維新を唱えてから,従来の因循固陋を一掃し,ことごとにヨーロッパに規範を仰ぎ,今になってようやく24年が経過した。そ

して.大は文芸.学術,軍事.刑法.税制から.小は家屋.服装,飲食.応酬に至るまで旧釆の慣習を軽視してことごとく改めた。

 

このため多く西洋人と交際を結び,いっさいの文字・言語もまた.ただ西洋人を模倣し.年若いもの好きには,ややもすれば漢学を迂遠とみなし,日々西洋の横文字だけを学習して興味津々だという者さえいる。

 

富国強兵は.もとよりすでに成果をあげているとはいえ,民情はこのために日々浅薄となり.民心はこのために日々強暴になっているではないか。論者は述べる。

 

日本は秦の時代から中国と行き来していた。徐福は男女3000人の童男童女を船に乗せて航海し,神仙の山に向かった。彼らはひとたび行ってそのまま帰らず,次第に日本において人数を増やしていった。それ故、日本の人間が皆武術を尊ぶのは.秦代の侠士の遺風が残っているのだ。憤りを押さえることができないと即座に生命.財産を顧みることなく,刀をふるって立ち向かうのだ。

 

 

通商する以前において.民間では漢学を崇尚していたが,日本人の尚武の気風には久しい由来があり.通商することによって初めて人々が勇猛になったわけではない。寛柔なる教化によっても強盛たることができるのだ。日本はもともと儒風を尊び.いたるところに学舎を建設し,至聖孔子を祭っていた。

 

長崎および東京の徳川氏の孔子廟は,壮麗なる空手で整然たる儀礼が行われていた。したがって,人々は侠気を尊ぶけれども.あえて悪事を働いて法に背き

自ら罪を犯すようなことはなかった。

 

西洋の制度を尊重して以来,聖人の教えは日増しに衰微し,民は礼と義のなんたるかをほとんど知らない。詩文書画は年長者こそ熱心に学んでいるが,年若い軽薄な輩は古典に専亡、しないのみならず.その字義さえ茫然として解さず,風波に漂う舟乗のようだという。 

また日本人は中国人を見れば卑しみ軽んじ,西洋人を見れば敬い重んずるともいう。

福原、尾本らの人々が酒に酔ってこの大禍を引き起こしたことも驚くにはあたらない。かつ,もし人が学問をして道理をわきまえていなければ,性格はしばしば傲岸不遜で柔順になりにくい。

 

かつて幼少時に外国へ行き.成長した後に帰国した中国の少年に会ったことがある。彼は西洋の.言葉,西洋の文章についてはすでにすみずみまで知りつくしており.西洋人との交際には,失敗して恥をかくなどということはない。

 

中国の文章になると.もともと心得かない上に,これまで「大学」,「中庸」す

らひもといたことがない。故にその性格は放悉となり,ほしいままに人を侮り,その軽薄な様子は見るに堪えなかった。中国人でさえこのような具合であれば.日本人にあってはなおさらのことだ。

 

しかし日本人はすでに西洋のみに追随しており.漢学は日々衰える一方だというわけではない。以前.外務大臣榎本公梁川に亜細亜協会で会ったときのことを思い出す。そのとき,参加者は数十人と多かった。榎本公は杯をあげ.声を張り上げていった。

 

「わが日本と中国の国土は境界を連ね.人の気質は似通い,両国が和好すれば他国を防ぐことができ,反目して内輪もめすれば他国の侮りを受ける。それ放,今日の両国の友誼は天意から出ていることであり,人力のしからしむるところではない」。

 

そもそも中国との和合を望むからには,政府の使節交換や民間の友好交流は1日として中断すべきではないし.1日として放置すべきではない。また文字言語について言えば,少年の性格が反抗的になるのは,学問を知らないためであり,数百年継承されてきた漢学は一瞬たりともおろそかにするべきではないの

だ。

 

また次のように説く者もいる。日本が日の出のような勢いで富国強兵を行うことができたのは,西洋文明の実効を尊尚することによって初めて旧観を一新し得たからだ。

 

今,あなたが漢学を導入するのは,日本が衰退して不振になることを望んでいるようなものではないか,と。そうではない。そもそも西洋の制度を学ぶのは,西洋人の良法を学ぶのであり,西洋人の悪習を学ぶのではない。

 

西洋の制度のよいものは将兵の訓練、武器の製造,国家の充実,国民の富裕さであり,11つ手本にするのがよい。西洋の制度を手本にするのであれば・必ず西洋人に学ばねばならない。

 

私は決して西洋の文章,西洋の言語は必ず学んではならないと言うのではない。さらに.以前.西洋の文章.西洋の言語は必ず学ばなければならないと言ったことすらある。ただ日本のように,その旧制を捨て,万事西洋風を事としてこれに従い.専ら模倣ばかりに努め.一切の制度・文物・服色・礼節にわたって新奇を好み,旧俗を廃するようでは単に日本人の風気がしだいに変化し.勇を好み生を軽んじるようになるにとどまらず,もし後日暗然として方針を改め,後進に漢学を留心させようとしても,もはや師とすべき者もなく,教えを受けることもできなくなってしまうだろう。

 

また漢学がなくなれば.和文もまた廃れてしまうだろう。日本の典籍は往々にして実義を示すときには漢字を用いる。ただ,之(の)・無(なし)・者(は)・也(なり)のたぐいは.かな文字を用いるのだ。今,漢学を捨てて顧みず.学習する者もないようであれば,おそらく数十年,数百年の後.漢学に通じた者が次第に減少し,国中に漢字を知る者もいなくなり,経籍は忘れ去られるに至るだろう。これは得策と言えるだろうか。

 

 - 戦争報道 , , , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
終戦70年・日本敗戦史(71)大東亜戦争開戦の「朝日,毎日新聞紙面」-「その朝、ラジオは軍艦マーチ高らかに」「株式相場は買い一色」

終戦70年・日本敗戦史(71)  大東亜戦争開戦の「朝日,毎日の新聞紙面から」ー …

no image
記事再録/『幕末明治の歴史復習重要問題』明治維新150年の近代日本興亡史は『外交連続失敗の歴史』でもある。

2016年10月28日/ 日本リーダーパワー必読史(742) 明治維新 …

★『Z世代のための日本政治史講座㉒』★『歴代”宰相の器”とな何か!』★『日本の近代化の基礎は誰が作ったのか』★『わしは総理の器ではないとナンバー2に徹した西郷従道』★『なんでもござれと歴代内閣に重宝されて内務大臣三回、海軍大臣七回、陸軍大臣(兼務)一回、農商務大臣などを歴任、縁の下の力持ちに徹し、有能人材を抜擢した』

     2012/09/09 &nbs …

no image
日本リーダーパワー史(639) 『日本国難史にみる『戦略思考の欠落』(32)田中義一はロシア国内を偵察・諜報旅行して、革命家・レーニン、スターリンに接触(?)したのか③

日本リーダーパワー史(639) 日本国難史にみる『戦略思考の欠落』(32)   …

no image
終戦70年・日本敗戦史(77)大東亜戦争開戦「朝日,毎日などの新聞紙面」ーフィリピン戦線ー「ミンダナオ島にも敵前上陸」 「マッカーサー司令官」マニラ退去」

   終戦70年・日本敗戦史(77)  大東亜戦争開戦の「朝日,毎日な …

『Z世代への遺言 ・日本インド交流史の研究①』『インド独立の原点・日本に亡命,帰化しインド独立運動を指導したラス・ビハリ・ボース(中村屋ボース)』 

ラス・ビハリ・ボースは英国からインドが独立する引き金となった男である。英国官憲に …

no image
日本の「戦略思想不在の歴史」⑸『日本最初の対外戦争「元寇の役」はなぜ勝てたのか⑸』★『当時の日本は今と同じ『一国平和主義ガラパゴスジャパン』★『一方、史上最大のモンゴル帝国は帝国主義/軍国主義/侵略主義の戦争国家』★『中国の『中華思想』『中国の夢』(習近平主義),北朝鮮の『核戦略』に共通する』

 日本の「戦略思想不在の歴史」⑤「元寇の役」はなぜ勝ったのか』 クビライは第一回 …

no image
『日本戦争外交史の研究』/『世界史の中の日露戦争』㉑『開戦3ゕ月前の「英ノース・チャイナ・ヘラルド」の報道』★『ロシアは詐欺の常習犯だと思われていても,それを少しも恥じる様子はない。』●『日本は,ロシアの侵略の犠牲者はほかにもたくさんいるのに,なぜ自分だけがロシアの侵略を食い止めるために孤立無援で戦わなければならないのか.と時おり疑問に思うことだろう。』

 『日本戦争外交史の研究』/『世界史の中の日露戦争』㉑ 『開戦3ゕ月前の「英ノー …

日本リーダーパワー史(634)日本国難史にみる『戦略思考の欠落』(27) 『川上操六参謀次長の田村怡与造の抜擢②<田村は川上の懐刀として、日清戦争時に『野外要務令』や 『兵站勤務令』『戦時動員」などを作った>

  日本リーダーパワー史(634) 日本国難史にみる『戦略思考の欠落』 …

no image
終戦70年・日本敗戦史(116)日本と韓国(日帝36年)北朝鮮との対立、紛争のルーツを解くこれが日清、日露、日米戦争の根源

 終戦70年・日本敗戦史(116)          <世田谷市民大学2015> …