前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

福沢諭吉の「韓国独立支援」はなぜ逆恨みされたか⑥「華兵(中国兵)凶暴」の記事が支那側から激しい抗議があり、辞職、帰国した。

      2015/01/22

 


「日本開国の父」『アジア開国の父』の福沢諭吉

の義侠心からの「韓国独立支援」はなぜ

誤解、逆恨みされたのかー

福沢の一番弟子「井上角五郎伝」から読み解く

井上が執筆した「華兵(中国兵)凶暴」と題する記事が

「漢城旬報」掲載されて支那側から激しい抗議が起こり、

井上は辞職、帰国へ追い込まれた。

 

<以下は「井上角五郎先生伝」(同伝記刊行編纂会、昭和1812月刊 、570非売品)

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%95%E4%B8%8A%E8%A7%92%E4%BA%94%E9%83%8E

の『第2章、韓国顧問時代』(42-44P)から、転載する>」

 

                                                               

 

「華兵兇暴」の記事

 

 

明治十七年(25歳)二月発行の「漢城旬報」第10号に先生(井上)執筆の「華兵凶暴」と題する記事が掲載されて支那側から激しい抗議が起こった。

 

当時清国が朝鮮の内治・外交に対して干渉することまずく甚だしく、それにつれて支那兵の横暴は言語道断で、掠奪したり凌辱したり傍若無人の振舞は見るに忍びなかったが、この年二月、即ち朝鮮の正月二日の夜に、城内貞洞のある薬局へ支那兵がきて人参を買い、代金を払わないで立ち去ろうとするので、主人が出てそれを咎めたところが、支那兵はいきなりピストルを似て主人を射殺した。

 

その子がこれを支那兵営に訴へたけれども、支那兵衛では少しも犯人を探索する事なく、却って袁世凱は「我が中国の兵は紀律厳正である。此の犯行は惟うに他国人が仮に支那兵を装ってしたものであろう。」と声明したので、朝鮮人も多く憤慨したが、先生もまた人道上、捨て置き難く、右の事実を記して、その末尾に「支那兵の中には無頼の徒が少くない。その挙動が往々にして殺伐粗暴を免れない。今回の事、支那兵がこれを為したと云うも誰も怪むものはあるまい。」と付記したのであった。

 

「そんな事をすると危険だから」と忠告する人もあったが、先生は「何の、支

 那が如何に力んだところでこの俺を殺すより以上の事はできまい。」と平気で実行した。

 

  果して第10号が発行されると支那兵営は非常に怒って、直ちに朝鮮政府に迫ってその配布を禁ずる事を要求し、一方直接に博文局に詰問して来たが、先生は兵営からの詰問は相手にせず打ち捨ておいた。朝鮮政府に対しては、「この責任は井上角五郎の一身にあるから心配せず一任せよ。」といい、委細構わず発送を了へて、次々と発行を続けていた。

 

  するとそれから二ヵ月ばかりを経て、その年の四月、北洋大臣李鴻章は書を朝鮮政府に送って「『漢城旬報』は官報である。民間で随聞随録するものと同様に認める事はできない。然るに今回の事は明らかに礼を中国に欠くものである」と公然と譴責してきた。朝鮮政府は狼狽してなすべき所を知らない。そこで先生は初めに言明した通り、その責任を引き受け、「旬報」第16号を発行すると共に、外衛門顧問も博文局主宰も併せて辞職して帰国する事とした。

 

 

井上先生をして帰国の決心をさせた事情はそれだけではなかった。

 

その頃、日本政府の朝鮮経営に対する態度が急にかわってきたのである。先生が朝鮮政府の顧問となった当初などに、井上外務卿が自ら書を寄せて激励する有様であって、日本公使館も先生に好意を示して応接もいとまなかったものであったが、この年に入ってからは、井上外務卿は先生から手紙を出しても返事もせず、公使館もよそくしくなって、今庄の事件が起っても少しも援助しないばかりか、却って先生が非難を受けて帰り去るのを喜ぶような風さえ見えた。

 

この頃日本政府は内外多事で、殊に藩閥の間に勢力の争いが激しく、井上外務卿はその方に汲々としていたためであったとも言うけれども、単にそれだけの理由ではなく、当時日本に来ていた金玉均氏に対しても政府の態度はこれまでと打ってかわり、井上外務姉は面会もせず、金氏が頻りに資金の借入れに奔走しているのに、それを阻止した位であったから、政府の方針として、朝鮮に対しては手を収めて顧みない事に一時なったものと見る外はない。

 

とに角、日本政府の対朝鮮熱が非常に冷却したのを感じた先生は、一旦、帰国して朝野を覚醒させる必要をも感じたものであらう。

 

 博文局の編集印刷の事務は既に手順がついているから、先生なくとも継続発行するように局員たちに申し渡して置いて、先生は国王殿下に拝謁を乞うて、一編の封事を奉った。その大要は「教育の背及と産業開発の必要をのべ、就中浦漑水利の事業を企て海陸運輸の便利を図るべく、此等のためには国家が負債を海外に超す事も宜しい。」というので、国王は受けてこれを一読し、その詳細にわたって一々下問せられた後、「機を見て成るべく早く再びきてもらいたい。」と仰せられた。

 

先生はこの時の国王の言葉によって、国王が支那の横暴から脱れたいとの意図のある事を明らかに察した。かくいよいよ朝鮮を去って帰朝したのが、明治十七年五月であった。

 

 先生は帰国後も福沢邸に住んでいた。その頃は後藤伯も洋行から帰っていて、福沢翁と共に井上の労を慰め、「遠からず再び行ってもらう事になるだろうから、それまで十分に休息せよ。」といった。しかし先生は帰来早々から頻りに朝野の間に奔走して、朝鮮を決して捨てて置いてはならぬ事を説いて、その意見を「時事新報」に発表したり、三田演説館その他で演説したり、金玉均氏とも合ったり、中々多忙であった。

 

その夏には福沢氏は箱根の福寿楼に、後藤伯は熱海の樋口屋に居たので、先生は金氏と共に度々両地に往来した。後藤伯も先生の話によってますます深く朝鮮に関心を持ち、場合に依っては自分も朝鮮に出かけて働いて見ようかとまでで言っていた。

 

                               つづく

 

 

 - 人物研究 , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
  日本メルトダウン(1024) 『3・11東日本大震災・福島原発事故から6年』ー『(動画対談)トモダチ作戦を忘れるな 原発容認から脱原発へ 小泉純一郎元総理が「脱原発」へと考えを変えた理由とは?』★『なぜわれわれは福島の教訓を活かせないのか 田辺文也氏(社会技術システム安全研究所所長)』●『  東日本大震災6年後もなお山積する課題ー室崎益輝氏(神戸大学名誉教授)』●『小泉純一郎元首相「どうかしている。発想がわからない」 安倍晋三政権の原発輸出政策を批判』★『毎日新聞「ダム底 高濃度セシウム」報道に誤り多数』

   日本メルトダウン(1024) 『3・11東日本大震災・福島原発事故から6年 …

no image
最高に面白い人物史⑩人気記事再録★『全米の少女からラブレターが殺到したイケメン・ファースト・サムライ』-『大切なのは英語力よりも、ネアカ、快活さ、社交的、フレンドリー、オープンマインドだよ』

2004、11,1 前坂俊之(ジャーナリスト) 1860年(万延元年)6月16日 …

『オンライン講座/日本興亡史の研究➅』★『国家予算、軍事力とも約10倍のロシアに日露戦争開戦に踏み切った児玉源太郎の国難突破決断力②』★『ロシアと戦ってきっと勝つとは断言できないが、勝つ方法はある』★国破れて何の山河じゃ。ロシアの無法に譲歩すると国民は必ず萎縮し、中国、インドと同じ運命に苦しみ、アジアは白人の靴で蹂躙され、植民地からの脱却は何百年も先となるぞ』

    2017/05/27日本リーダーパワー史( …

no image
軍神・東郷平八郎の真実

1 静岡県立大学教授 前坂 俊之 1 『タイム』の表紙に掲載された最初の日本人 …

no image
日本リーダーパワー史(629)日本国難史にみる『戦略思考の欠落』(22) 『川上操六は日清戦争は避けがたいと予測、荒尾精の日清貿易研究所を設立しで情報部員を多数養成して開戦に備えた』。

 日本リーダーパワー史(629)  日本国難史にみる『戦略思考の欠落』(22) …

no image
記事再録/知的巨人たちの百歳学(132)『数百億円を投じ仏教を世界に布教した沼田恵範(97歳)

  2015年4月11日/百歳学入門(110) 世界が尊敬した日本人 …

『オンライン講座/歴代”宰相の器”とな何か!』★『日本政治リーダーシップの研究』★『日本の近代化の基礎は誰が作ったのか』★『西郷隆盛でも大久保利通でも伊藤博文でもない』★『わしは総理の器ではないとナンバー2に徹した西郷従道』

  日本リーダーパワー史(317)再録  「明治維新は西郷隆 …

no image
村田久芳の文芸評論『安岡章太郎論」②「海辺の光景へ、海辺の光景から』

  2009,10,10      文芸評論  『安岡章太郎論』 村田 …

★『お笑い、そして悲しき日本文学史』③「歌人・若山牧水」『生来、旅と酒と寂を愛し、自ら三癖と称せしが命迫るや、 静かに酒を呑みつつ44歳の生涯を閉じたり・』●「人の世に楽しみ多し然れ共 酒なしにして何の楽しみ」●「幾山河越えざりゆかば寂しさの はてなむ国ぞけふも旅ゆく」

★『お笑い、そして悲しき日本文学史』③ 「歌人・若山牧水」 『生来、旅と酒と寂を …

no image
『昭和戦後史の謎』-『東京裁判』で裁かれなかったA級戦犯は釈放後、再び日本の指導者に復活した』★『A級、BC級戦犯の区別は一何にもとづくのか』★『日本の政治、軍部の知識ゼロ、日本語を読めないGHQスタッフ』★『ウイロビーは『日本を反共の防波堤』に』★『A級戦犯岸信介は首相にカムバック』●『右翼は裁かれず、児玉は日本のフィクサーへ』

裁かれなかったA級戦犯 釈放後、 再び日本の指導者に復活!した 前坂俊之(ジャー …