前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

  『F国際ビジネスマンのワールド・メディア・ウオッチ(200)』-『マティス国防長官来日、いざとなれば、今まで通り米軍が助けるから、心配しないでくれ、トランプが何を言っても安全保障問題は俺が実行、解決するから」裂帛の気合いです。

   

   『F国際ビジネスマンのワールド・メディア・ウオッチ(200)』

 

Jim Mattis Says U.S. Is ‘Shoulder to Shoulder’ With Japan – NYTimes.com

https://www.nytimes.com/2017/02/03/world/asia/us-japan-mattis-abe-defense.html?_r=0

これは3日 (金)のマティス、安倍会談のニュースです。

今日の防衛省でのマティス、稲田会談はTVで見ました。 骨の髄まで軍人、軍歴以外は無いという国防長官は、1950年代のトルーマン時代以来ではないでしょうか? (ジョージ・マーシャルなど)

文民統制を重視して文官が続いて来たように思いますが、昨日今日の会見でのマティスの語り口は、「いざとなれば、今迄通り米軍が助けるから、心配しないでくれ、トランプが何を言っても安全保障問題は俺が実行、解決するから」と言わんばかり?静かな語り口ながら、裂帛の気合いです。

大変な読書家らしい、歴史観、国家観、同盟観を持つ、一見文人の趣も感じました。刀を抜くときは最後の最後、抜いたら絶対勝つ、の信念でしょうか?

戦闘現場の悲惨をくぐり抜けているだけに、安全保障の何たるかが分かっている?  机上の空論を振り回す文民、ブッシュ時代のラムズフェルド等とは精神の成り立ちが全く異なる印象です。

敵には手強い、味方には頼もしい人事とお見受けしました? 平和、自由、民主主義そして世界の繁栄の為に米軍はある、とのメッセージ。  中国、北朝鮮、イラン問題など紛争は先ずトコトン外交部門(国務省関係)に頑張って貰わなければいけない。 軍が動くのは最後の最後、とも。

https://mobile.nytimes.com/2017/02/03/world/asia/us-japan-mattis-abe-defense.html

 

 

アメリカの”狂犬”マティス国防長官来日、稲田朋美防衛相との日米防衛相会談始まる

http://www.huffingtonpost.jp/2017/02/03/tomomi-inada_n_14605650.html

マティス国防長官、「狂犬」は蔵書7000冊の読書家

IS、北朝鮮で現状打破を狙う米次期政権

http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/report/15/110879/120200504/?rt=nocnt

マティス国防長官のあだ名 mad dog は「狂犬」か?

[ニュースと英語] http://eigo-kobako.blog.so-net.ne.jp/2017-02-03

 

 - 人物研究, 戦争報道, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
『オンライン/昭和史研究』★昭和天皇による「敗戦の原因分析」②『軍備は平和確保のための一手段である』ところがその軍備の力を使用したがる軍人があった」★『なぜ日本人種は嫌われたかー白色人種の有色人種に対する優越感、日本人の独善性、日本人の教養の不足、日本人の宗教の異なること』

       2015/07/ …

no image
石田勇治 東京大学大学院教授の「ドイツの戦後和解」(ナチズムの克服)の講演動画(120分)

石田勇治 東京大学大学院教授の「ドイツの戦後和解」(ナチズムの克服) の講演動画 …

no image
速報(422)『日本のメルトダウン』 『デフレ社会でインフレ期待を高める難しさ』『80歳総勤労時代へ仕事争奪戦の幕開け』

    速報(422)『日本のメルトダウン』&nb …

no image
日本リーダーパワー史(186)動画版『世界一の撃墜王・坂井三郎は64勝無敗』ーその超人坂井語録から学ぶ(1)

日本リーダーパワー史(186) 動画版『世界一の撃墜王・坂井三郎は64勝無敗』そ …

『日米戦争に反対した』反戦の海軍大佐・水野広徳の取材ノート/遺品の数々」★『水野広徳年譜●『国大といえども戦いを好む時は必ず滅び、天下安しといえども戦を忘るる時は必ず危うし』』

米戦争に反対した』反戦の海軍大佐・水野広徳の取材ノート/遺品の数々 前坂 俊之( …

no image
日本メルトダウン(910)『大前研一の特別講義「位置情報3.0。テクノロジーの“俯瞰”によって見えてくるもの」●『麻生太郎氏「90歳で老後心配、いつまで生きてるつもりだ」●「中国の強権にノー」香港の書店経営者失踪事件を受け6千人がデモ』●「息を吐くようにうそをつく韓国人」…

 日本メルトダウン(910) 大前研一の特別講義「位置情報3.0。テクノロジーの …

no image
日本リーダーパワー史(722)『強中国夢』③(中華思想単独覇権主義)をめざす習近平共産党政権はー孫文の「覇道」「王道」 の認識は完全に間違っており、習近平も 同じ誤りの道を暴走している。<孫文「大アジア主義」の演説全文を再録>③

日本リーダーパワー史(722) 『強中国夢』(中華思想単独覇権主義)をめざす 習 …

no image
記事再録/知的巨人たちの百歳学(137)ークイズ<超高齢社会>創造力は老人となると衰えるのか<創造力は年齢に関係なし>『 ダビンチから音楽家、カントまで天才が傑作をモノにした年齢はいずれも晩年』★『 ラッセルは97歳まで活躍したぞ』

クイズ<超高齢社会>・創造力は老人となると衰えるのか <創造力は年齢に関係なし、 …

日本リーダーパワー史(716)ディープ対談(動画/90分)『安倍政権にリスク管理能力はあるのか』<『財政破綻必至の消費増税再延期」「アベノミクス大失敗」『沖縄問題の影響』★『失政は「スピード不足」 「だらだら会議は踊る、されど決せず」「決しても有言不実行、前言訂正、先延ばし」の罪

日本リーダーパワー史(716) <『財政破綻必至の消費増税再延期」「アベノ …

no image
日本リーダーパワー史(54)辛亥革命百年③『日本は覇道から王道をめざせ』と忠告した孫文②

日本リーダーパワー史(54) 辛亥革命百年―『日本は覇道から王道をめざせ』と忠告 …