前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

世界が尊敬した日本人(87)究極の個人サービス「クロネコヤマト」宅急便を創設 した小倉昌男(80) 

   

 世界が尊敬した日本人(87)   

 

究極の個人サービス「クロネコヤマト」宅急便を創設

した小倉昌男(80

<歴史読本(平成123月号)に掲載>

 

前坂 俊之(静岡県立大学名誉教授)         

小倉昌男はお馴染みの「クロネコヤマト」の生みの親である。旧体質のトラック業界と国の規制と正面から戦い物流革命を起こし、インターネット時代に不可欠なリアルな物流のネットワークを構築した。

小倉は大正13(1924)12,東京渋谷区生。父康臣は日本のトラック輸送の草分けの大和運輸(ヤマト運輸、現・ヤマトホールディングス)を創業し、その2代目である。昭和22年、東大経済学部卒業後、大和運輸に入り、昭和46{1971}に社長になった。

 

その頃、日本のトラック業界は,企業向けの大口大量長距離輸送が中心で、個人小口の輸送は無視していた。国鉄(旧JR)、郵政省(総務省)が小荷物も取り扱っていたが、サービスは悪く,1週間、10日も配達にかかった。

「宅急便」は小倉が489月、米国小荷物専門会社UPS社を視察し、荷物の機械自動仕分けなどのシステムをみて思いついた。マンハッタンの十字路にはUPS社の四台の集配車が止まっていた。


一ブロックに一台ずつを配属しており、東京中央区に置き換えると銀座、京橋、日本橋などの五地域に五台でブロック分けすればできる。一日当たりの人件費、燃料費、減価償却費のコストに対して、何個が集荷配達できるかがポイントで一日百個で儲かると計算した。

小倉は周囲の反対を押し切って商業貨物から宅急便に転換した。

初日はわずか11個、1カ月間でも8591個の集荷しかなかった。

小倉は「利用者の立場に徹したサービス」を基本方針に「サービスが先、利益は後」「車が先、荷物は後」「安全第一、品質第二、利益は第三」「ドライバーは運転手でなく、セールスマン」などをスローガンに、エリアを順次拡大していき4年後には主要取扱地域ネット(わが国人口の75%カバー)を達成。平成九年(1997)に全国集配ネットワークを完成、日本経済発展の大動脈を作った。

 

小倉はトヨタと組んで独自の車高の宅急便車「ウオークスルー車」(1981)を開発、自動仕分け機を導入、「NEKOシステム」などの情報システムの導入改良、新サービスのスキー宅急便(1983)ゴルフ宅急便(84)クール宅急便(88)、空港宅急便(89時間帯お届けサービス(98)と進め、国際宅急便、引越便にもさまざまな細かいサービスを加えて行った。

宅急便は爆発的に普及して198112月には月間1000万個を突破、1993年末にはついに月間1億個を突破した。

 

その小倉の「経営リーダーの10条件」


①経営者にとって一番必要な条件は、論理的に考える力をもつこと。経営は論理の積み重ねである。

②時代の風を読む

③戦術的嗜好ではなくマクロな戦略的思考をもつ

④攻めの経営をとる

⑨行政に頼らぬ自立の精神をもつ

⑥政治家に頼るな、自助努力あるのみ

⑦マスコミとの良い関係を保つこと

⑧明るい性格、ネタラからネアカになる

⑨身銭を切ること

⑩高い倫理観をもつーの10ヵ条である。

 

日本企業は歴史的に見ても、もの作り、製造業がいまだに中心で、サービス業の競争力は弱く、現在のグローバル化した情報社会に立ち遅れている。小倉は消費者の目線に立ち、企業益よりも公益、サービスに重点を置いた日本でも数少ない独創的な経営者であった。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E5%80%89%E6%98%8C%E7%94%B7

               

 - 人物研究 , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
『オンライン/江戸時代の武士道講座』★『 福沢諭吉が語る「サムライの真実とは・」(旧藩情全文現代訳9回連載一挙公開)』★『 徳川封建時代の超格差社会で下級武士は百姓兼務、貧困化にあえぎ、笠張り、障子はりなどの内職に追われる窮乏生活.その絶対的身分差別/上下関係/経済格差(大名・武士からから商人への富の移転)が明治維新への導火線となった』

『オンライン/武士道講座』『時代考証のないNHK歴史大河ドラマのつまらなさ」 & …

no image
★人気リクエスト記事再録『百歳学入門(200)』<知的巨人たちの往生術から学ぶ②>『森鴎外、中江兆民、一休、熊谷守一の<死に方の美学>』★『よく生きることは、よく死ぬこと、生者必滅、生死一体の実践』●『「立って半畳、寝て1畳、天下をとっても2合半』

百歳学入門②ー知的巨人たちの往生術から学ぶ② 2010/01/21      前 …

no image
記事再録/知的巨人たちの百歳学(140)-「アメリカ長寿オールスターズ(100歳人) の長寿健康10ヵ条―<朝食は王さまのように、昼食は王子さまのように、そして夕食はこじきのように>

  2013年10月3日/百歳学入門(82) ▼「アメリカ長 …

no image
「日本開国の父」福沢諭吉の義侠心からの「韓国独立支援」はなぜ逆恨みされたか「井上角五郎伝」から読み解く①

     「日本開国の父」『近代民主主義者』の福沢 …

no image
『 地球の未来/世界の明日はどうなる』ー『2018年、米朝戦争はあるのか』⑦『「北朝鮮を容赦しない」と一般教書演説で見せたトランプ大統領の「本気度」』★『ヘーゲル元米国防長官「北朝鮮への先制攻撃は無謀。日本も大惨事を免れない」』★『米海兵隊トップ、北朝鮮との地上戦に言及「厳しい」戦闘に備え』★『中国が密かに難民キャンプ建設──北朝鮮の体制崩壊に備え』

 『2018年、米朝戦争はあるのか』⑦ トランプ米大統領は1月30日、就任後初と …

no image
  ★5日本リーダーパワー史(781)―『日中歴史対話の復習問題』明治以降、日中韓(北朝鮮)の150年にわたる紛争のルーツは 『朝鮮を属国化した中国」対「朝鮮を独立国と待遇した日本(当時の西欧各国)」 との対立、ギャップ』②★「中国側の日本観『日本の行動は急劇過ぎる。朝鮮は末だ鎖国状況で、 日本はともすれば隣邦(清国、台湾、朝鮮)を撹乱し、 機に乗じて奪領しようとする」(李鴻章)』★『現在の尖閣諸島、南シナ海紛争、北朝鮮問題に続く日中パーセプションギャップのルーツの対談』

★5日本リーダーパワー史(781)―   明治以降、日中韓(北朝鮮)の150年に …

no image
『全告白・八海事件-これが真相だ(上)』

<サンデー毎日1977年9月4日掲載> 『全告白・八海事件-これが真相だ(上)』 …

no image
★『明治裏面史』/ 『日清、日露戦争に勝利した明治人のリーダーパワー, リスク管理 ,インテリジェンス(53)『宇都宮太郎の大アジア主義思想④』★『朝鮮軍司令官時代に、三・一独立運動での強硬弾圧を拒否、大衆運動に対する実弾の発砲を禁止した』

 ★『明治裏面史』/ 『日清、日露戦争に勝利した 明治人のリーダーパワー,  リ …

no image
『リーダーシップの日本近現代史]』(28)-記事再録 2014/12/09 /安倍首相は「土光臨調」で示した田中角栄の最強のリーダーシップを見習えー『言葉よりも結果』

  2014/12/09 /日本リーダーパワー史(533) …

no image
日本リーダーパワー史(388)「最強のリーダーシップ・児玉源太郎伝(9)『全責任を自己一身に帰し、一身を国家に捧げる決意」

 日本リーダーパワー史(388)   「日本のナポレオン」・児玉源太郎伝(9) …