前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

「オンライン・日本史決定的瞬間講座➄」★「日本史最大の国難をわずか4ヵ月で解決した救国のスーパートップリーダー・鈴木貫太郎首相(78歳)を支援して、終戦を実現させた昭和傑僧、山本玄峰(95歳)とは一体何者か?(下)』 ★「禅坊主の死に方を見せてやる」(遷化(せんげ)」★『遺書には「正法(しょうぼう)興るときは国栄え、正法廃るときは国滅ぶ」』

   

 

1890年(明治23)に25歳で出家

 

玄峰は郷里へ帰り養家の長男となっていたので、家督を整理し、妻とも離婚しすべてを捨てて出家した。1890年(明治23)、25歳の時のことです。

それ以来、修行僧の厳しい生活が始まる。起床は午前3時、すぐに読経が始まり、午前4時には粥座(しゅくざ、朝食)、昼の食事は斎座(さいざ)夜の食事は薬石(やくせき)で、いずれもつけものとみそ汁程度の粗食、精進料理。その典座(てんぞ、飯炊き、食事当番)となった。これができると、雲水として托鉢(たくはつ、出家者の修行の1つで、信者の家々を回り生活に必要な最低限の食糧などを乞うこと)に出る。一心不乱に修行を積んだのでした。

33歳の時には、美濃(岐阜)の虎渓寺など厳しいことで知られる僧堂で約11年間修行を続けた。明治36年、38歳の時、太玄和尚が遷化したため臨済宗妙心寺派の雪蹊寺を継いだ。1915(大正4)年、50歳の時、三島・龍沢寺(白隠禅師の菩提寺)に入山。住職となり、当時廃寺寸前だった寺を復興しています。

 

1920(大正10)年、56歳の時、東京の小石川白山の竜雲院白山道場に、正道会を初めて開き、政財界に多くの帰依者を生んだ。その中には岡田啓介(首相)、鈴木貫太郎(首相)、米内光政(海相、首相)、吉田茂(首相)、安倍能成(学習院院長)、迫永久常(内閣書記官長)、岩波茂雄(岩波書店主)ら軍部に批判的な人物が多くいた。このネットワークを通じて政財界の相談役となって、終戦工作にかかわることになるのです。

1922年(大正12)、58歳で、外遊の途ついて米国では大統領ハーディングに会見。イギリス、ドイツに巡遊。ドイツで関東大震災の報を聞き帰朝し大正14年には、インドに外遊、仏跡を巡拝している。こうした海外体験でグローバルな視点で禪の奥儀を究めていった。

この間のエピソードは数多い。

「あるとき、寺へ、日本刀を持った暴漢が乱入して老師を殺すぞと脅した。『わしは死に味を知らぬ。殺すのは勝手やが、いっそ、竹のノコギリで首をひいて、じわりじわりと死なしてもらいたい。じっくりと、死に味を味おうてみたいわ』とゴロリと横になった。度肝をぬかれた暴漢はあっさりと退散した」

「老師は、旅へ出る時、留守中への御指示に、「たとえ乞食(こじき)のような人がたずねて来ても、立ってものをいうようなことのないように、お腹のすいた人が見えたら、何はなくとも、お客様に差し上げると同じようにして、出して上げて下され。一人分くらいの食事は、いつでも用意して置くように、心がけて下され。
わしの若い時、行脚をして、何日も食べずに歩いた時に、一椀(わん)の飯を恵まれた時のありがたさを、生涯忘れることが出来ない。」と、話していた」。ある時、「わしのとこへは、馬鹿と貧乏の集まるところじゃ。智慧者や金持は、寄りつくと損をするぞ」と笑っていた」(3)

 

「龍沢寺で修行していた若い僧が夜中に、本堂の前を草履履いて行ったり来たりする音がするので、見に行くと、老師が便所から肥(こえ)くん本堂の前を通って、小さい畑の肥溜めへ入れていた。老師にたずねると、あんた方も将来人の上に立つことがあるだろう。その時には一番上に立った者が一番嫌がることをするべきじゃ」と話された」

「老師が重視したのは「磨いたら 磨いただけの光あり 性根玉(しょうねだま)でも何の玉でも」という。

「性根玉」とは、根本的な心の持ち方。心構えの元のこと」「本心」で、禅では、「見性(けんしょう)」という。自分の心とは何か。心の中の先入観や偏見を磨きに磨いてくもりを取り払い、心の原点に立ち返る。座禅を組み身体を落ち着け、心を集中統一していくことで実践されると説いた。決定的な瞬間に、老師はその「性根玉」によって肚が据わっていたのです。」

 

山本玄峰と田中清玄の子弟関係

 

玄峰師は右も左も思想、信条を超えて、「来るものは拒まず」で救済している。1935年(昭和10)ごろは暗殺、テロの横行時代。1931年(昭和6)9月に満州事変勃発、1932年(昭和7)には血盟団事件が起きた。国家革新主義者である日蓮宗僧侶・井上日召が主宰する団体「血盟団」が「昭和維新」を実現するために一人一殺主義を唱えた。このグループにより井上準之助前蔵相、団琢磨三井合名会社理事長のほか、犬養毅首相も5・15事件で暗殺された。

玄峰はこの5・15事件の裁判で井上日召の特別弁護人をつとめ、1934(昭和9)9月15日、法廷で次のように証言している。

 「日召の犯した動機は、心から日本の将来を思ってやったということ。仏教にも一殺多生ということがある。一つを殺して多くを生かすということだ。もちろん、殺人は法の禁ずるところだが、日召の意図したところは、もっと大きく、日本を救うという精神からでているもので、ただの殺人ではない」(4)

朝日新聞(9月15日付)で「井上日召の魂の父今日法廷に立つ。わしだけが判る、あれの心境 玄峰老師きのう入京」の見出しが大きく報道された。結局、日召は死刑判決ではなく無期懲役が下った。

玄峰老師は小菅刑務所の教戒師も務めており、入獄していた血盟団のメンバー(四元義隆ら)や戦前、武装共産党のリーダー田中清玄(昭和5年、治安維持法で逮捕、服役、戦後は、日本の黒幕とも呼ばれる)も老師に帰依するようになる。「獄中で転向」した田中清玄は、1941年(昭和16)4月,11年10ヶ月の刑期を終えて同刑務所を出獄し、その足で田中は老師の龍沢寺を訪ね、夫婦ともに弟子入りした。この年12月8日に、太平洋戦争が始まった。

ある日、玄峰老師が典座(てんぞ)修行中の田中に「お前は何のために修行するのか」と問うた。

「世のため、人のためです」と答えると「フーン」。また、しばらくたって同じ質問があり、同じ答えをすると、「ばか者、わしは自分のために修行をしとる。人のためではない」と大喝した。

山本は戦争中の軍の跳ね上がりを苦々しく思っていた。真珠湾攻撃についても、老師、田中、当時の重臣たちのいずれも予想だにしなかった。まさか、そこまで馬鹿だとは思ってもみなかった」のです。(5)

力をもって立つものは、力によって亡ぶ

太平洋戦争中のこと、老師は田中に忠告した。「軍は狂気じゃ。日本軍は今、刃物をもって振り回している。歯向かっていったら殺されるぞ。そのうちに疲れて刀を投げ出す。それを奪い取ればいい。お前は時局に関して、何も言っちゃいかん。修行専門だぞ」

戦時中も老師の寺は先客万来だった。「ワシの部屋は乗り合い舟じゃ。村の婆さんもくれば乞食も来る。大臣もくれば共産党もやってくる」と笑い、分け隔てなく誰とでも接していた。あるとき、近衛文麿(前首相)から軽井沢の別荘を使って戴きたいといってきた。「ワシは乞食坊主じゃから、汽車賃がなくて行けません」と断った。東条内閣末期のころ、迫永久常を通して東條首相が会いたいと申し込んできたが、これも断った。だが、鈴木貫太郎、米内光政、山梨勝之進(海軍大将)、富田健治(近衛内閣書記官長)、迫水久常らとは龍沢寺でよく座禅を組んで玄峰の話を聞いていた、という。

 

◎「禅坊主の死に方を見せてやる」遷化(せんげ)の言葉

ー90歳の最晩年になっても全国の寺、霊場への伝法の旅を続けていたが、疲れが出たのか1961年(昭和36)の亡くなる半年ほど前に病に伏せた。病床で、断食、断水を始めて、弟子に「禅坊主の死に方を見せてやる」と別れを告げた。「生きてください」と田中らが言うと、病人とは思えない力で、田中を殴りつけた。驚いた弟子たちが「正月早々、死なれては困ります」と必死で止めると「迷惑するというんなら、もう少し生きて、暑からず寒からぬ時を選んで、人間狂言の幕を閉じよう」と断食を解いた。

1961年(昭和36)5月28日に、会いにきた田中に「今日、往生する。師匠の命日じゃ」と言った。6月3日午前1時、当番で看病していた者にワインを頼んで、おいしそうに飲み干し、「旅に出る、着物を用意しろ」と言って15分後に果てた。

遺書には「正法(しょうぼう)興るとき国栄え、正法廃るとき国滅ぶ」「葬儀は絶対に行なわざること」とあった。

田中清玄への遺訓は「人間は早く出世することを考えてはならん。40よりも50、50よりも60と、齢を取るようにしたがって人に慕われ、人を教えていくような人間にならなければならん。60よりは70、70よりは80、80よりは90、90よりは100、そして100よりは死んでからだ…」

 

 

 

 

 

 

 - 人物研究, 健康長寿, 戦争報道, 現代史研究 , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
日本メルトダウン脱出法(698)話題の一冊を書いた元国家戦略担当相が指摘 「財政破綻」「ハイパーインフレ」◎プーチン大統領と安倍総理が接近 〜日米関係悪化のリスクにヒヤヒヤする外務官僚

   日本メルトダウン脱出法(698)   話題の一冊を書いた元国家戦 …

no image
日本リーダーパワー史(295)-3.11福島原発事故から1年半-②メディアの原発報道は『過去の戦争報道の教訓』を生かせ②

日本リーダーパワー史(295)   –3.11福島原発事故 …

no image
終戦70年・日本敗戦史(121)日清戦争1ヵ月前の新聞報道を読む④「清国流の詐術にひっかかるな」と国民新聞は主張

終戦70年・日本敗戦史(121)                   <世田谷市 …

no image
日本リーダーパワー史(848)ー『安倍首相の「国難突破解散」は吉と出るか、凶と出るか、いずれにしても「備えあれば憂いなし」である』★『リーダーの心得は「リスク計算して最悪に備える」「悲観的に準備し、楽観的に実施せよ」②』

日本リーダーパワー史(848)ー 安倍晋三首相は25日、官邸で記者会見し、28日 …

no image
終戦70年・日本敗戦史(132)「大阪朝日」は軍部、在郷軍人会、 右翼などからの攻撃と不買運動を受けて、新聞部数が減少、社論を180度転換し、満州事変支持、満州独立論に賛成した

終戦70年・日本敗戦史(132) <世田谷市民大学2015> 戦後70年  7月 …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(162)記事再録/日本名人・達人ナンバーワン伝ー『イチローは現代の宮本武蔵なり』★『「五輪書」の「鍛錬」とは何か、鍛とは千日(3年間)の稽古、錬とは1万日(30年間以上)の毎日欠かさずの練習をいう』●『武蔵曰く、これが出来なければ名人の域には達せず』(動画20分付)★『【MLB】なんで休みたがるのか― 地元紙が特集、イチローがオフも練習を続ける理由』

2017/10/22『イチローと宮本武蔵「五輪書」の「鍛錬」の因果関係ー免許皆伝 …

no image
日本メルトダウンの脱出法(544)『人口激減/自衛隊員も警察官も女性が半分の時代』前田康博国際ジャーナリストが語る』

  日本メルトダウンの脱出法(544)   人口激 …

no image
★『アジア近現代史復習問題』・福沢諭吉の「日清戦争開戦論」を読む(2)ー「北朝鮮による金正男暗殺事件をみていると、約120年前の日清戦争の原因がよくわかる」★『脱亜論によりアジア差別主義者の汚名をきた福沢の時事新報での「清国・朝鮮論」の社説を読み直す』★『金玉均暗殺につき清韓政府の処置』 「時事新報」明治27/4/13〕』

 『アジア近現代史復習問題』 ・福沢諭吉の「日清戦争開戦論」を読む(2)ー 「北 …

no image
現代史の復習問題/「延々と続く日韓衝突のルーツ⑧』記事再録/1894(明治27)年7月13日付『英国タイムズ』『(日清戦争2週間前)「朝鮮を占領したら、面倒を背負い込むだけ』★『日本が朝鮮を征服すれば,この国が厄介きわまりない獲物であることを思い知らされる一方,中国にはいつまでも敵意を抱かれることになる』

『中国紙『申報』などからみた『日中韓150年戦争史』㊽『英タイムズ』「(日清戦争 …

no image
速報(378)『日本のメルトダウン』●『日本の新内閣:未来に背を向けて』●『外国人投資家の「安倍トレード」はまだ続く』(海外紙報道)

速報(378)『日本のメルトダウン』   ●『日本の新内閣:未来に背を …