前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

「英タイムズ」「ニューヨーク・タイムズ」など 外国紙は「日韓併合への道』をどう報道したか①「英タイムズ」(明治39年1月13日付)「日本と朝鮮』(上)

      2015/09/02

「英タイムズ」「ニューヨーク・タイムズ」など外国紙が

報道した「日韓併合への道』の真実①

 「英タイムズ」<1906(明治39)年1月13日付>の論評「日本と朝鮮』

(本社通信員記事)東京12月5日(上)

11月17日にソウルで締結を見た新協約は.はたして日本人の間にロシアとの講和に匹敵するほどの満足感をもたらしはしなかったのかどうか,その点については疑問の余地があるかもしれない。

朝鮮はそもそも,日露両国の間に戦いを招いた第1原因だった。日本はロシア政府にあてた最終提案で,ロシアが朝鮮から手を引くことを条件に,日本も満州における行動を慎むことを申し出た。実のところ,極東問題に精通した者なら周知のことだが,朝鮮政府に

対するロシアの影響がこれ以上強まらないよう,なんらかの効果的な保証措置を取りっけることは,日本の国策上,絶対に譲れない最低限の要件だった。

ただひとり,ロシア政府だけがこの基本的な事実を無視する挙に出て,戦争を招いたのだ。

仮にも,下関講和条約の締結から1904年2月8日の旅順港の水雷攻撃に至る10年間にロシアがとったのと同じ行動に出る外国があるなら,たとえどこの国であろうと,また

日本との戦争になることは避けがたいだろう。今から20年前は.中国が極東の国際不安を招く主たる要因だった。半独立の緩衝国としてのありように従って,中国は朝鮮に対し,対日問題の処理にあたって絶えず非友好的な妨害行為に出る方針を堅持するようにそそのかした。

その結果,朝鮮を背後で操る黒幕が中国だということを突き止めた日本政府首脳は,あえて武力に訴えて,朝鮮問題に対する中国の影響力行使を一切封じる挙に出た。しかし,中国を退陣させることは,とりもなおさず,代わりにロシアの参入を招くということにほかならなかった。

朝鮮政府はロシアの関心の的となり,それにつれて,日本はこの北方の大国に対して,それまで中国にとってきたのと同様の対処のしかたが必要だということが分かった。日本の国策は,王政復古このかた一貫している。

かねて日本がはっきりと察知していたのは-しかも,これほど早くからそれと見抜いていたのはまさに先見の明と言うべきだが-

ロシアの拡張路線がめざしているのは満州を経由して太平洋に進出することだという点だった。

日本としては,それは必然的に朝鮮をロシア皇帝の支配下に吸収することになると見破っていた。また.朝鮮の名目上の宗主国である中国は,このロシアの動きを制止する上で当てにはできないことも,日本は承知していた。したがって,日本は2つのことを決意した。第1は.朝鮮を中国のうわべだけの保護のもとから解放すること,そして第2は,日本自らが満州の太平洋に開いた門,朝鮮の守護者の地位を占めるということだった。

1895年の一時期,この計画は目的を達したかに見えた。日本は朝鮮から中国を放逐し,中国に遼東半島を割譲させたのだ。しかし,三国干渉が万事をご破算にしてしまった。いや実のところは,三国干渉は中国を復権させたのではなく,ロシアを中国に取って代わらせた。それからというもの,日本は朝鮮を相手に交渉を進めるたびに,かつての中国に代わってことごとにロシア政府の手が動いているのを感じた。

やがてはっきりしてきたのは,行き着くところは2つに1つ,日露の両ライバルが真っ向から衝突をするか,それともいずれかが自制をするしかないということだった。確かに,日本政府首脳は,ロシアとの妥協を試みた。

ロシアが朝鮮のことは関知しないと約束さえすれば,日本はロシアが満州で好きなように振る舞うことに異議を唱えないと申し出たのだ。日本にとって幸いなことに.ロシアはこの提案が本当に意味するところを受け止め損ねた。

それというのも,もしもロシアが10年先を見越し,日本の言うような取決めのもとでの自国の立場が確かに受け入れやすいものだと評価していたなら,喜んで日本の提案に同意したに違いない。

そうなっていたなら,ほぞをかむ日本を尻目に,満州におけるロシアの勢力の着実な足固めが間違いなく進行したことだろうし,同様に朝鮮政府に対するロシアの策動が確実に強まることも,また避けがたかったことだろう。いったんそうした不利な事態を迎えようものなら,日本がはたして勢力を挽回できたかどうかは,きわめて疑わしい。しかし,運命がロシアの判断力を狂わせた。ロシアは一か八か打って出ることを迫られ,ついにはすべてを失う結果となった。

日本は遼東半島を再び手中に収め,朝鮮におけるかなりの行動の自由を確保して,局面を完全に支配したかに見えた。しかし・相も変わらず困った結果を招きがちな要因が1つ,なおも残っていた。朝鮮は近年ずっと列強各国と接触を重ね.幾多の教訓となる実例を目にしながら,なんら独立の可能性を培うこともなしにきた。旧態依然、ひとつも変わるところがなかったのだ。

たとえ国が危機に直面していようと,朝鮮の政治家たちはおかまいなしに,相変わらずの利己的な関心事と汚職と暴力ぎたにうつっを抜かしていた。

国民もまた年がら年中,緊張からか平程を求めてか,見苦しい怠惰な暮しと愛国心のかけらもない無関心な日常を繰り返していた。朝鮮政府にあっては,国際政治とはほかでもない,1つの国を他の国と張り合わせ,うまく漁夫の利を占める策謀をめぐらすことにはかならなかった。

どこかの外国の影響力が圧倒的な強みを見せるようなら,朝鮮の為政者の果たすべき役割は,そのライバル国の台頭を促すことだった。朝鮮の政治家には,それ以外の政治的な手腕を発揮する能力が生まれつき欠けているように思えた。日本人は朝鮮人に向かって,国の政策というものには別の考え方があることを教え込もうと熱心に啓発を試みた。中国との戦争が終結するとすぐさま,手を代え品を代え何年もかけて,さまざまな企てを進めたのだ。

しかし,日本人の懸命な努力のかいもなく,結果は世界の笑い者となり,朝鮮の人間はさっぱり頼りにならず,へたに頼ればかえって痛い目に遭わされることを思い知るのが落ちだった。当時の歴史は,周知の通りだ。

その行き着くところは,皇后暗殺(閔妃(ミンぴ)暗殺)というショッキングな事件となった。

この犯行で日本が負うべき責めは,一部の国際法学者が主張するように政府が故意に暗殺を企てたということではなく.犯行を看過したという怠慢の罪だった。日本が犯した手抜かりは,危機の混乱に乗じて浮かび上がった朝鮮人社会の屑(くず)をしっかりと管理しなかったことだ。その失敗の代償は大きかった。

 

朝鮮宮廷はたちまちロシアの言いなりとなり,

皇帝自らもロシア公使館に身柄の保護を求める事態となったからだ。ロシア公使館に身を寄せている間に,皇帝はさまざまな譲歩文書に署名したが,その1つはロシアが鴨緑江岸の森林伐採権を取得し,竜岩浦に軍事施設を建設することを認めていた。

つまり,皇后暗殺事件はロシアと日本の間に決定的な不和を招くのに一役買ったと言っても差し支えあるまい。事態の一部始終を見るにつけても.日本はますます確信を深めていった。

ソウルでM・デ・シュペイエルとM・バグロフといったロシア外交官の活躍ぶりを見せつけられ,これ以上はためしに朝鮮に信頼を寄せてみる気も消えうせて,このまま朝鮮に外交をやらせておこうものなら,外国の策謀と朝鮮の愚行が極東の平和をかき乱すのを防げなくなると確信するに至ったのだ。

したがって,日本の政治家は大戦争の勃発に先立っていち早く,朝鮮から外交権を取り上げる必要があることを十分に認識していたと想定しても差し支えあるまい。

そういう措置を講じておけば,朝鮮に進歩と改革の道を歩ませるにしても慎重かつ漸進的に進めることができようが,朝鮮という船を改装中にその舵を引き続きソウル政府にとらせておこうものなら,改装工事の方をそれこそ大急ぎに急がなければならなくなる。日本が戦争に勝利を収めても,この確信に根本的な修正を加えることにはならなかった。

つづく

 - 戦争報道

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
終戦70年・日本敗戦史(96)『大東亜戦争とメディアー『発表報道=客観報道という名の悪しき<現実追認主義>』

      終戦70年・日本敗戦史(96) 『大東亜戦争とメディアー戦争での最初 …

no image
イラク戦争の真実・・大量破壊兵器は存在しなかった

1 2004年1月30日 イラク戦争の真実・・大量破壊兵器は存在しなかった 前坂 …

no image
トラン大統領は全く知らない/『世界の人になぜ日中韓/北朝鮮は150年前から戦争、対立の歴史を繰り返しているかがよくわかる連載⑴』ー(まとめ記事再録)『日中韓150年戦争史の連載70回中、第1回-20回までを再掲載)

  日中韓異文化理解の歴史学(1) 『中国紙「申報」』の論説から 日中韓150年 …

no image
日本敗戦史(50)マスコミ人のA級戦犯指定の徳富蘇峰が語る 『なぜ日本は敗れたのか』②リーダー不足と力量不足

  日本敗戦史(50) マスコミ人のA級戦犯指定の徳富蘇峰が語る 『な …

no image
★「日本の歴史をかえた『同盟』の研究」-「日英同盟はなぜ結ばれたのか」①1902(明治35)年2月12日付『英タイムズ』『大英帝国と日本、重要な協約』(日英同盟の締結)

「日本の歴史をかえた『同盟』の研究」 「日英同盟はなぜ結ばれたのか」① 1902 …

no image
『中国紙『申報』からみた『日中韓150年戦争史』㉖ 長崎事件を語る」(日本は国力、軍事力で中国には全くかなわない)

     『中国紙『申報』からみた『日中韓150年 …

no image
  ★「日本の歴史をかえた『同盟』の研究」- 「日本側の日英同盟成立までのプロセス」⑦『伊藤博文が露都で日露協商の交渉中に、元老会議は日英同盟 の締結に賛成した。伊藤は日英同盟に反対し、その条約案 の修正を求めた。』

  ★「日本の歴史をかえた『同盟』の研究」- 「日本側の日英同盟成立までのプロセ …

no image
海軍省記者クラブ黒潮会・<内外諸情勢が無気味な気配をただよわせる開戦前夜の報道秘話と大本営の内幕>

    歴史読本「太平洋戦争の証言」(昭和45年9月号)        &nbs …

no image
★5<まとめ記事再録>『歴史の復習問題』/『世界史の中の日露戦争』-『英タイムズ』,『米ニューヨーク・タイムズ』は「日露戦争をどう報道したのか(連載1回―20回まで)①』★『緊迫化する米/北朝鮮の軍事的衝突はあるのか、日露戦争勃発直前の英米紙の報道と比較しながら検証する①』

★5<まとめ記事再録>『歴史の復習問題』/ 『世界史の中の日露戦争』 再録・日本 …

no image
日本リーダーパワー史(674) 日本国難史にみる『戦略思考の欠落』(56)●『福島安正大佐は『情報鎖国』『情報低国』時代に世界的な戦略情報家、インテリジェンスに』「シベリアには英仏独のスパイが50年前から活動、対ロ戦争は英、仏、独のいずれかを味方としべし」

 日本リーダーパワー史(674) 日本国難史にみる『戦略思考の欠落』(56)   …