前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

終戦70年・日本敗戦史(66)A級戦犯指定の徳富蘇峰が語る『なぜ日本は敗れたのか』⑯ 日本の教育が日本を亡国させた。

      2015/05/12

                                                            終戦70年・日本敗戦史(66)

A級戦犯指定の徳富蘇峰が語る『なぜ日本は敗れたのか』⑯

 日本の教育が日本を亡国させたー学校は人材を造る所でもあり、

人材を殺す所でもある。

大切なのは学校、学歴よりも学力、人間力、経験力であり、人間学を体験、

苦労した人でなけれんば、真のリーダーにはなれないー

現在もこの教育制度の欠陥が続いている。

学校は人材を造る所でもあるが、また人材を殺す所でもある。明治以来、大正昭和を経て、日本は文武百官、在野の諸業務に至るまで、ほとんどその幹部は、官学で占めていた。しかるにその官学なるものが、前にも言った通り、形式と独善とによって、一定の型を作り、その型で人物を造ったから、ここに所謂る人物餞饉なるものが出て来った。

泰平無事の時には、形式に囚われ、一人よがりの独善我流でも、兎や角やって行ったが、一旦緩急あれば、たちまち彼等はなす所を知らず、茫然自失に至った事は、当然の事である。

畳の上を泳ぐ事を学んだ者も、水の中に投ずれば、たちまちおぼれる事は、当然の事である。これは日本に限った事ではない。何れの国でも同様である。それで一旦緩急があれば、いろいろの人物が、顔を出して来る。ところが日本では、顔を出させもせず、また出すべき顔もなかった。全く品物不足であった。

例えば相手側の蒋介石も、彼は決して、大学で銀時計をもらった者でもなければ、恩賜(おんし)の短剣に与かった者でもない。彼も一通りは軍事の教練を経たようだが、それよりも彼は、人間大学に学んで、人間学を卒業した者と、言った方が、適当であろう。

チャーチルも、彼は英国貴族富豪の定石通り、イートン、ハローより、ケンブリッジ、オックスフォードというような、順序を履んだ男ではない。彼は大学の代りに、兵学校に入ったが、やがては彼の少壮時代の冒険生活が、彼をして今日をあらしめた。彼の少壮時代の事について、彼の自ら書いた所を見れば、彼が今日ある事は、決して不思議とは思わない。彼は実に東西南北の人である。浮きつ沈みつインド、エジプト、キューバに、南アフリカに赴き、至る所で員外将校となり、あるいは従軍記者となり、ある時には官軍に味方し、ある時は反乱軍に加わり、随所にその運命を試みた。しかも伝統的保守党の家柄に生れながら、やがては自覚に反して自由党に加わり、自由党でその最も血の気の湧く時代を過した。

彼が自由党に加わり、一躍その幹部の一部に加わった頃、ある人がその同僚の先輩モルレーに、この頃チャーチルは、しきりにナポレオン伝を研究しっつあると話した所、モルレーは、それは困る、これまでナポレオン伝を研究して、できそこないのナポレオンが出来、世間に迷惑を掛けた者が少なくない。

チャーチルには、ナポレオン伝よりも、色男の伝でも研究して、柔性を操縦する道でも、研究させめた方が、安全であろう、と言ったという事を、当時の首相アスキス夫人が、書いている。

これは冗談ではあるが、如何にチャーチルその人が、英気勃々であったかを知るべき断片であろう。ロイド・ジョージの如きも、全く貧乏人の子供で、田舎弁護士から叩き上げたもの、大学の教育などは、受けた者ではなかった。近くは米国について見ても、その通りである。

今日バーンズに代って、国務長官たるマーシャル元帥の如きは、米国では武文の全材たるに、近かきものと言うべきであるが、彼は少年時代、遂にウエスト・ポイントの陸軍兵学校に入学がかなわず、余儀なくヴァージニヤの陸軍学校に、入校した漢(男)であって、彼がルーズベルトに抜擢せられて、参謀総長となった事は、経歴などは問題にしない米国でさえも、随分世間を驚ろかしせた出来事であった。また今日の参謀総長アイゼンハウアーも、ウエスト・ポイントの出身者ではない。何れも正式の順序でなくして、側から飛び込んだ者と、言わねばなるまい。

今更ら太閤秀吉の身許調べをする必要もなく、クロムウェルが、どこで戦術戦略を学んだと吟味する必要もなく、明治維新時代のわが国のモルトケといわれた大村益次郎http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E6%9D%91%E7%9B%8A%E6%AC%A1%E9%83%8E

も、その元をただせば、貧乏の蘭学医者に過ぎなかった。しかるに陸海軍供に、善を尽し、美を尽し、士官学校、兵学校、砲術学校、水雷学校、あらゆる専門学校より、大学校に至るまで、完備していて、別段この人というような人間の、出来なかった事は、全く教育が人物を殺したためと、言うより他には、説明は出来ない。そこで私は、日本の教育は、遂に日本をして、亡国させたと、結論する者である。

                        (昭和22年1月29日午前、晩晴草堂にて)

 - 戦争報道

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
『日本戦争外交史の研究』/『世界史の中の日露戦争』⑯『開戦4ゕ月前の「仏ル・タン」の報道』- 『極東の紛争』『露仏同盟のフランスはシベリア鉄道によると特権をもつロシアの満州占領を擁護』『アレクセイ提督の極東総督府を創設した段階で,それを放棄する意向があると見なすのは的外れというものだろう』

 『日本戦争外交史の研究』/『世界史の中の日露戦争』⑯   1903( …

no image
● 『まとめ日本世界史』(世界史の中の『日露戦争』)➡英国『タイムズ』米国「ニューヨーク・タイムズ」は 「日露戦争をどう報道したか」を読む(22回連載)

  世界史の中の『日露戦争』(22回シリーズ) <英国『タイムズ …

no image
★⓾(記事再録)『グローバリズム/デジタルデフレ」で沈没中の<安倍日本丸>は『日清、日露戦争」で完全勝利した山本権兵衛海相(首相)の強力リーダーシップに学べ<年功序列と情実人事が横行し無能者が跋扈していた海軍の旧弊人事を一新、派閥を打破した>

2011・3/11から2週間後に書いた記事ー 『いまリーダーは何をすべきかーその …

no image
『日本戦争外交史の研究』/『世界史の中の日露戦争』㉙『開戦1ゕ月前の『米ニューヨーク・タイムズ』の報道』-『日露戦争の行方はロシアは敗北する可能性を予測』★『ロシアのアジアへの「氷河的進出」には敬意を表するとしても,氷河すら朝鮮を大陸から隔てる山脈には阻まれるのであり,対日戦の必然的な目的である朝鮮征服にロシアはあらゆる不利な条件下で臨むことになろう。』

   『日本戦争外交史の研究』/『世界史の中の日露戦争』㉙『開戦1ゕ月 …

no image
『明治裏面史』★『日清、日露戦争に勝利」した明治人のリーダーパワー,リスク管理 ,インテリジェンス㊴『日本史決定的瞬間の児玉源太郎の決断力と責任⑪』●『日露戦争開戦前-陸海軍統帥部協同の準備と意見相違の内情』★『児玉次長の海軍将校に対する態度は慇懃を極め、あの敏活なる決心も、あの強硬的態度も、あの気短かも海軍の面前に出ては一切控えて常に反対の現象を呈した。』

『明治裏面史』 ★ 『「日清、日露戦争に勝利」した明治人のリーダーパワー、 リス …

no image
「タイムズ」からみた「日中韓150年戦争史」(61)『(日清戦争開戦4週間後)-『日本の朝鮮侵略(下)』

     『「申報」「タイムズ」からみた「日中韓1 …

ダウンロード
日本リーダーパワー史(814)『明治裏面史』 ★ 『「日清、日露戦争に勝利」した明治人のリーダーパワー、 リスク管理 、インテリジェンス㉙『日本史決定的瞬間の児玉源太郎の決断力』★『2階級降下して参謀次長になり、この機会(日露戦争開始4ゕ月前)に起って、日本は文字通り乾坤一擲の大血戦をやる以外に途がない。不肖ながらわしが参謀次長として蝦蟇坊(大山厳)の忠実なる女房役になろう』

   日本リーダーパワー史(814)『明治裏面史』 ★ 『「日清、日露 …

no image
日本リーダーパワー史(736) 明治維新150年『明治極秘史』②『日露戦争の勝因は!―空前絶後の名将・川上操六参謀総長 のインテリェンスー田中義一(後の首相)をロシアに 派遣,徹底調査を命じ、田中は名前を変えてダンスを習い、隊付となって上流貴族と親友となって秘密情報を入手、ロシア革命のレーニンにも接触した。②

  日本リーダーパワー史(736) 明治維新から150年、『明治極秘史 …

no image
終戦70年・日本敗戦史(91)「終戦」という名の『無条件降伏(全面敗戦)』 の内幕<ガラパゴス日本『死に至る病』は続くのか>➂近衛、東條、海軍、天皇の思惑が違った東條開戦内閣の誕生

終戦70年・日本敗戦史(91) 戦後70年を考えるー「終戦」という名の『無条件降 …

no image
昭和外交史② 日本で最も長い日 1945 年8 月15日の攻防②

1 ―<大日本帝国の最期②>- 前坂 俊之(静岡県立大学国際関係学部教授) To …