前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

終戦70年・日本敗戦史(66)A級戦犯指定の徳富蘇峰が語る『なぜ日本は敗れたのか』⑯ 日本の教育が日本を亡国させた。

      2015/05/12

                                                            終戦70年・日本敗戦史(66)

A級戦犯指定の徳富蘇峰が語る『なぜ日本は敗れたのか』⑯

 日本の教育が日本を亡国させたー学校は人材を造る所でもあり、

人材を殺す所でもある。

大切なのは学校、学歴よりも学力、人間力、経験力であり、人間学を体験、

苦労した人でなけれんば、真のリーダーにはなれないー

現在もこの教育制度の欠陥が続いている。

学校は人材を造る所でもあるが、また人材を殺す所でもある。明治以来、大正昭和を経て、日本は文武百官、在野の諸業務に至るまで、ほとんどその幹部は、官学で占めていた。しかるにその官学なるものが、前にも言った通り、形式と独善とによって、一定の型を作り、その型で人物を造ったから、ここに所謂る人物餞饉なるものが出て来った。

泰平無事の時には、形式に囚われ、一人よがりの独善我流でも、兎や角やって行ったが、一旦緩急あれば、たちまち彼等はなす所を知らず、茫然自失に至った事は、当然の事である。

畳の上を泳ぐ事を学んだ者も、水の中に投ずれば、たちまちおぼれる事は、当然の事である。これは日本に限った事ではない。何れの国でも同様である。それで一旦緩急があれば、いろいろの人物が、顔を出して来る。ところが日本では、顔を出させもせず、また出すべき顔もなかった。全く品物不足であった。

例えば相手側の蒋介石も、彼は決して、大学で銀時計をもらった者でもなければ、恩賜(おんし)の短剣に与かった者でもない。彼も一通りは軍事の教練を経たようだが、それよりも彼は、人間大学に学んで、人間学を卒業した者と、言った方が、適当であろう。

チャーチルも、彼は英国貴族富豪の定石通り、イートン、ハローより、ケンブリッジ、オックスフォードというような、順序を履んだ男ではない。彼は大学の代りに、兵学校に入ったが、やがては彼の少壮時代の冒険生活が、彼をして今日をあらしめた。彼の少壮時代の事について、彼の自ら書いた所を見れば、彼が今日ある事は、決して不思議とは思わない。彼は実に東西南北の人である。浮きつ沈みつインド、エジプト、キューバに、南アフリカに赴き、至る所で員外将校となり、あるいは従軍記者となり、ある時には官軍に味方し、ある時は反乱軍に加わり、随所にその運命を試みた。しかも伝統的保守党の家柄に生れながら、やがては自覚に反して自由党に加わり、自由党でその最も血の気の湧く時代を過した。

彼が自由党に加わり、一躍その幹部の一部に加わった頃、ある人がその同僚の先輩モルレーに、この頃チャーチルは、しきりにナポレオン伝を研究しっつあると話した所、モルレーは、それは困る、これまでナポレオン伝を研究して、できそこないのナポレオンが出来、世間に迷惑を掛けた者が少なくない。

チャーチルには、ナポレオン伝よりも、色男の伝でも研究して、柔性を操縦する道でも、研究させめた方が、安全であろう、と言ったという事を、当時の首相アスキス夫人が、書いている。

これは冗談ではあるが、如何にチャーチルその人が、英気勃々であったかを知るべき断片であろう。ロイド・ジョージの如きも、全く貧乏人の子供で、田舎弁護士から叩き上げたもの、大学の教育などは、受けた者ではなかった。近くは米国について見ても、その通りである。

今日バーンズに代って、国務長官たるマーシャル元帥の如きは、米国では武文の全材たるに、近かきものと言うべきであるが、彼は少年時代、遂にウエスト・ポイントの陸軍兵学校に入学がかなわず、余儀なくヴァージニヤの陸軍学校に、入校した漢(男)であって、彼がルーズベルトに抜擢せられて、参謀総長となった事は、経歴などは問題にしない米国でさえも、随分世間を驚ろかしせた出来事であった。また今日の参謀総長アイゼンハウアーも、ウエスト・ポイントの出身者ではない。何れも正式の順序でなくして、側から飛び込んだ者と、言わねばなるまい。

今更ら太閤秀吉の身許調べをする必要もなく、クロムウェルが、どこで戦術戦略を学んだと吟味する必要もなく、明治維新時代のわが国のモルトケといわれた大村益次郎http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E6%9D%91%E7%9B%8A%E6%AC%A1%E9%83%8E

も、その元をただせば、貧乏の蘭学医者に過ぎなかった。しかるに陸海軍供に、善を尽し、美を尽し、士官学校、兵学校、砲術学校、水雷学校、あらゆる専門学校より、大学校に至るまで、完備していて、別段この人というような人間の、出来なかった事は、全く教育が人物を殺したためと、言うより他には、説明は出来ない。そこで私は、日本の教育は、遂に日本をして、亡国させたと、結論する者である。

                        (昭和22年1月29日午前、晩晴草堂にて)

 - 戦争報道

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
日本の「戦略思想不在の歴史⑴」(記事再録)-日本で最初の対外戦争「元寇の役」はなぜ起きたか①

  日本で最初の対外戦争「元寇の役」はなぜ起こったか 今から2年前20 …

no image
日本リーダーパワー史(636)日本国難史にみる『戦略思考の欠落』(29) 『川上操六の日清戦争インテリジェンス② 『広島大本営」設置と「ワンボイス」で陸海軍を指揮したリーダーシップと決断力「山県有朋を解任」

日本リーダーパワー史(636) 日本国難史にみる『戦略思考の欠落』(29)   …

no image
『日本戦争外交史の研究』/『世界史の中の日露戦争』㉔『開戦2ゕ月前の「ロシア紙ノーヴォエ・ヴレーミャ」の報道ー『ロシアと満州』(その歴史的な権利と経過)『1896(明治29)年の条約(露清密約、ロバノフ協定)に基づく』●『ロシア軍の満州からの撤退はなおさら不可能だ。たとえだれかが,この国で費やされた何億もの金をロシア国民に補償金として支払ってくれたとしても。』

 『日本戦争外交史の研究』/『世界史の中の日露戦争』㉔『開戦2ゕ月前の   19 …

no image
 日本リーダーパワー史(795)ー「日清、日露戦争に勝利』 した明治人のリーダーパワー、リスク管理 、インテリジェンス』⑫『日露開戦7ゕ月前、ロシアは武断派が極東総督府を設置、新たに満州返還撤兵の五条件を要求した』★『日本が支援した清国はこの要求を拒否』

   日本リーダーパワー史(795)ー 「日清、日露戦争に勝利」 した明治人のリ …

no image
★『アジア近現代史復習問題』・福沢諭吉の「日清戦争開戦論」を読む(2)ー「北朝鮮による金正男暗殺事件をみていると、約120年前の日清戦争の原因がよくわかる」★『脱亜論によりアジア差別主義者の汚名をきた福沢の時事新報での「清国・朝鮮論」の社説を読み直す』★『金玉均暗殺につき清韓政府の処置』 「時事新報」明治27/4/13〕』

 『アジア近現代史復習問題』 ・福沢諭吉の「日清戦争開戦論」を読む(2)ー 「北 …

no image
★「日本の歴史をかえた『同盟』の研究」- 「日英同盟の影響」⑨ 1902(明治35)年2月24日 1902年3月26日『ノース・チヤイナ・ヘラルド』 『朝鮮と日英同盟』ー『1000年の長い眠りをむさぼっていた朝鮮』★『朝鮮が思考や理性に従って試みることは, すべて全くの狂気にほかならない』●『今の北朝鮮の狂気の行動形式を100年前にズバリと指摘している』

   ★「日本の歴史をかえた『同盟』の研究」- 「日英同盟の影響は」⑨  190 …

no image
終戦70年・日本敗戦史(75)大東亜戦争開戦「朝日,毎日の新聞紙面」ーマレー、シンガボール戦ー日本軍、マレ-半島に 奇襲上陸、英機械化部隊を撃破、進撃中

 終戦70年・日本敗戦史(75)  大東亜戦争開戦の「朝日,毎日などの新聞紙面か …

no image
 日本リーダーパワー史(753)–『日本戦争外交史の研究』/『世界史の中の日露戦争を英国『タイムズ』米国「ニューヨーク・タイムズ」は どう報道したか」を検証する①(20回連載)」★『6ヵ月間のロシアの異常な脅迫、挑発に、世界も驚く模範的な礼儀と忍耐で我慢し続けてきた 日本がついに起った。英米両国は日本を支持する」』

 日本リーダーパワー史(753)– 『日本戦争外交史の研究』 世界史の中の『日露 …

no image
日本戦争外交史の研究』/ 『世界史の中の日露戦争カウントダウン㊲』/『開戦2週間前の『英タイムズ』の報道ー『昨日、天皇の枢密院は,開戦の際にしか公布されない勅令の草案をいくつか採択した』●『疑問の余地のない平和愛好者である ロシア皇帝がどうして世界を戦争の瀬戸際へ追いやったのか』

 日本戦争外交史の研究』/ 『世界史の中の日露戦争カウントダウン㊲』/『開戦2週 …

no image
「稀有の海軍大佐・水野広徳年譜●『国大といえども戦いを好む時は必ず滅び、天下安しといえども戦を忘るる時は必ず危うし』

●『国大といえども戦いを好む時は必ず滅び、天下安しとい えども戦を忘るる時は必ず …