前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

「日中韓150年戦争史」(78)日清戦争の旅順虐殺事件への反論、サムライへの事実誤認<ニューヨーク・タイムズへの投書>

      2015/01/01

  

◎『「申報」「ニューヨーク・タイムズ」などからみた

「日中韓150年戦争史」―

日中韓米のパーセプションギャップの研究』78

 

 

1895(明28)年326日『ニューヨーク・タイムズ』


以下は、下関条約(日清講和条約)が1895417日に下関の春帆楼

で締結される3週間前『ニューヨーク・タイムズ』に掲載された投書です。日清戦争での
「旅順要塞の攻撃」で、日本軍が虐殺をしたという記事が米英メディアで報道され、
日本側は「事実誤認」「虚報」と反論して、論争となっ事件の関連記事である。
『日本のサムライ』についての思い違い、パーセプションギャップ、
異文化認識のギャップが示されている。

 

 

 

軽信の徒,ヴィリアーズ氏―日本のサムライについて

事実誤認『帝国の頭脳,帝国の剣』 ―従軍特派員の

「旅順の真相」を批判-「特派員はだれかに

かつかれたか」<ニューヨーク・タイムズへの投書>

旅順虐殺事件

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%85%E9%A0%
86%E8%99%90%E6%AE%BA%E4%BA%8B%E4%BB%B6

 

 

       1895(明28)年326日『ニューヨーク・タイムズ』

 

 

ノース・アメリカン・レヴュー誌3月号に掲載されたヴィリアーズ氏の「旅順の真相」

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%85%E9%A0%86%E8%99%90%E6%AE%BA%E4%BA%8B%E4%BB%B6

 

 

と題する記事を注意深く読むと,若者は現在日本陸軍の大部分を形成している人材に関する知識はあまりお持ちでないと思わざるを得ません。

 

ヴィリアーズ氏は氏が目撃した事件については申分なく正確な記述をしているのでしょうが,それを推し進めて日本事情に関する一般論を述べているところでは,その情報源として,部外者の無知と軽信につけ込んで悪意ある見えすい

た虚偽を働く人物の思惑から出た言葉をうのみにしたとしか思われない発言があります。便宜を図ってここにその部分を引用します。

                

「兵隊のみならず,武装した苦力(クーリー)も虐殺に加担した。これらの苦力は皆名高いSamuri(サムライ)集団に属する,いわば日本軍のバシ=バズーク【トルコの不正規兵」だ。サムライ,つまり両手使いの剣士たちの不行跡を恐れて彼らが陸軍に入ることを禁じた天皇の命令に対する抜け道として,この紳士方は苦力の身分で入隊した。

 

どの軽重隊でも.苦力‘に身をやつしたサムライを見かけた。彼らは苦力の粗末な服をまとってはいたが,塗り鞘を保護し貴重な刀身を錆や境から守るため注意深くボロ布でくるんだ長いKatangsを背につり,手押車を押す身分の低い他の苦力たちを手伝うふりをしていた。これらの紳士方は,よく鍛えた鋼の刀を中国人の血で研ぐことができない場合は・中国の豚や犬でその刀の切れ味を試すのだ常だった。

 

満州の村々を通り過ぎるとき.重傷を負った豚を何頭も見かけたが・むごたらしい光景だった。中には・頭部切断に近い状態でまだ死なずに体を引きずっている豚もあった」

 新聞の通信員報告にも数々ありますが,ここに引用した文章ほど.だまされやすい一般読者も外部情報を得る可能性のあることを全く考えに入れていない記事はちょっと見当たりません。

 

 

 ヴィリアーズ氏の記事を読むと,サムライ(一般的にはSamuraiと綴ります)が,まるで血に飢えた熱狂で知られる,自重や抑制の能力のない宗教的狂信者の一派であるような印象を受けます。戦火の中で仕事をしていた氏が,周りにいた英語を話す日本人のだれかにサムライという言葉の意味を尋ねていたなら,それが凶暴な殺人者集団を表す言葉ではなく日本の進歩的知識階級-封建制度ということで見ると,イギリスのジェントリー(紳士階級)に近い階級-全体を指す言葉だということがわかったはずです。

 

 

 あえて言うなら.皇帝と12の古い家柄の貴族を除けば,今日の日本の有力者でサムライ階級に属していない者は1人もいません。伊藤.大隈.黒田、大隈.西郷.榎本,山県の各伯爵、内閣のほぼ全閣僚が国会議員の大多数.大学教授,法曹界・医学界の重鎮,キリスト教会の指導層,編集者・文人,警察組織のはぼ全体,陸海軍の将校ならびに兵卒クラスのかなりの部分は・すべてサムライ階級出身です。

 

 

 これらの血に飢えたサムライが,彼らを軍隊に入れないとの皇帝の命令をうまくかいくぐったという語がいかにばかばかしいものであるか,書いた当人のヴィリアーズ氏が一瞬も気づいていないことは明らかですが.ヴィリアーズ氏にはわからなくても読者が知って悪いはずはありません。

 

皇帝がそんな命令を出したら,彼の軍隊は戦場で手も足も出なくなってしまうでしょう。指導する者や命令する者が1人もいなくなって規律のとれない兵隊と苦力の鳥合の衆は徘徊する中国人匪賊が暇つぶしに取り囲んで八つ裂きにするのに格好の獲物です。

 

「不行跡を恐れて」サムライを陸海軍から引き揚げたなら-残りの日本軍は,数の上で優勢な中国軍によって海の中へけ落とされないうちにせいぜい隊伍を整えて退却するにしくはありません。

 

小さな日本が大きな・無力な・愚かな中国を征服することができたのは・サムライの指揮能力と士気に富むエネルギーがあったからこそなのです。

 

 ヴィリアーズ氏はサムライを称して「両手使いの剣士」と言っていますが,これでは・事情にうとい人は.日本の剣士の大半は片手使いだったのかと思い込んでしまうかもしれません。氏はおそらく.いっかどこかで・封建時代の日本には2本の刀を差すことを認められた武士階級があったと聞いたことがあるのでしょう。

 

そのおぼろげな記憶と自分の潜在意識から「両手使いの剣士」なる言葉を編み出し.日本のバシ=バズーク【トルコの不正規兵」であるサムライの不行跡の

記事を読む人の心に恐れの気持を起こさせる神秘的な東洋風の響きがあると思って使ったのでしょう。

 

 多くの読者は読んだことはなんでもそのとおり信じる傾向があるという事実はよく知られています。それさえなければ日本の友人も日本人自身も.ヴィリアーズ氏の描く血も凍るようなサムライの話を読んで涙が出るほど笑ってそれで済んだかもしれません。

 

これらの狂信的サムライが,血気にはやって慈愛豊かな皇帝の名を汚すこと

のないよう勅命で軍隊から締め出され,流血を求める性癖を満足させるために苦力の身分で軍に加わったというお話です。彼らが軍隊付苦力の着る青い木綿の服を身にまとい.わが特ダネ屋(新聞記者)の鋭い目に見破られているとはつゆ知らず刀をボロ布でくるんで・もっと高等な獲物がいないのであちこちで豚や犬を刺し殺しながら満州各地をふんぞり返って歩いていく姿が目に見えるようです。

この話に地方色を添えている「katangs」という単語(日本語正しくはkatna,剣の意)には画竜点晴の趣があります。塗り鴇と書いているところからしても・ヴィリアーズ氏は実際に古い日本の刀を見たことがあるようです。

 

サムライ苦力が背負っているボロ包みの先からのぞいているのを見たか.満州の豚のほとんど切断された頭に突き刺さっているのを見たれそれとも博物館の陳列ケースの中にかかっているのを見たかしたのでしょう。

 

 しかし-日本のサムライの本当の気質と強さを知っている者,過去何百年と変わらず今日も日本の頭脳であり.剣であり,世界史上でもめったに類例を見ない愛国心と知恵と勇気と忍耐心を発揮して,国全体を中世から19世紀へまるごと引き上げたこの階級を見守ってきた者にとって,見識ある有力紙の通信員によるこのようなサムライの描写は笑いごとではすまされません。

 

 

それが無知から出たことであるなら,その無知は非難されてしかるべきです。それが単なる想像の産物であるなら,いっそう厳しくとがめられるべきです。そのいずれであるにせよ,1つの点に関して周知の権威ある情報筋と比較すればはっさとわかる大間違いをしていることで,その点を読んで理解した人の心の中では,ヴィリアーズ氏の言うところの「旅順の真相」は大いに信用を落としてしまっているのです。

 

    アリス・メイベル・ベーコン ヴァージニア州、ハンプトン1985323

 

 

 

 

 

 - 戦争報道 , , , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
★10『50年前の中国文化大革命の衝撃スクープ』ー荒牧万佐行氏(写真家、元毎日写真部カメラマン)の写真展を見に行った。『粉雪が舞う北京で、三角帽子をかぶされた実権派幹部が、 首から罪状の看板を下げてトラックの荷台 の先頭に乗せられ首根っこを押さえられていた』

  写真展『中国文化大革命( the Great Proletaria …

no image
まとめ 『日本最強のリーダーシップー西郷隆盛』 ●『尾崎行雄の傑作人物評― 『西郷隆盛はどこが偉かったのか』 ●『近代日本二百年で最大の英雄・西郷隆盛を 理解する方法論とは・ ●『廃藩置県の大改革ができたのは西郷の一言、 大度量によってのみ』

まとめ 『日本最強のリーダーシップー西郷隆盛』  ●『尾崎行 …

no image
『アルジャジーラの戦争』イラク戦争報道で欧米メディアを圧倒―

1 2003 年11 月5 日 『アルジャジーラの戦争』イラク戦争報道で欧米メデ …

no image
日本リーダーパワー史(682)日本国難史にみる『戦略思考の欠落』(61) 『世界史の中の『日露戦争』ー (英国『タイムズ』米国「ニューヨーク・タイムズ」は「日露戦争をどう報道したか」を読む(20回連載の11回~20回)

日本リーダーパワー史(682) 日本国難史にみる『戦略思考の欠落』(61) 『世 …

no image
日本リーダーパワー史(856)「国難突破解散」総選挙の結果は23日未明には確定する。」★『朝鮮半島有事と今回の3度目の冒頭国会解散の意味と歴史類似性を検証する』

  日本リーダーパワー史(856)   安倍首相が「国難突破 …

no image
終戦70年・日本敗戦史(101)再録「太平洋戦争下の新聞メディア」60年目の検証⓶『新聞も兵器なり』の信念を堅持し報道報国に挺身した新聞>

終戦70年・日本敗戦史(101)  太平洋戦争下の新聞メディア―60年目の検証⓶ …

no image
● 『まとめ日本世界史』(世界史の中の『日露戦争』)➡英国『タイムズ』米国「ニューヨーク・タイムズ」は 「日露戦争をどう報道したか」を読む(22回連載)

  世界史の中の『日露戦争』(22回シリーズ) <英国『タイムズ …

no image
★『 地球の未来/世界の明日はどうなる』 < 米国、日本、東アジアメルトダウン(1064)> ★「第2次朝鮮核戦争!?」は勃発するか④ 』★『北朝鮮への安易な「交渉」スタンスはむしろ金正恩の暴走を招く』●『北朝鮮がミサイル発射のため「資本主義化」を止められないジレンマ 』★『北朝鮮のICBM発射で日本の核武装に現実味―北の開発進展を内心喜ぶ中露、有効打のない米国はジリ貧免れず』

★『 地球の未来/世界の明日はどうなる』 < 米国、日本、東アジアメルトダ …

no image
日中北朝鮮150年戦争史(38)<歴史復習問題>『120年前の日清戦争の真実]』③戦前、世界も日本も、圧勝を予想したものはなかった。ただl人、大本営で日清戦争を全面指揮した川上操六川上操六の インテリジェンスの勝利であった。

    日中北朝鮮150年戦争史(38) <歴史復習問題>『120年前の日 …

no image
『世界サッカー戦国史』②ー『W杯ロシア大会と日露戦争(1904)の比較』★『児玉源太郎参謀次長と西野新監督の戦略論は的確』★『W杯日露戦争で10対0で最強ロシアを破った児玉の戦略と東郷平八郎の決定力(1発必中の砲は100発一中の砲に勝つ)』

  W杯ロシア大会2018と日露戦争(1904)の戦略を比較すると、 …