前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『日中韓150戦争史』(56)「明治維新後、日韓修好最初のコミュニケーションギャップと徳川慶喜、八戸順叔の関係」

      2015/01/01

  

『中国紙『申報』などからの『日中韓150戦争史』

日中韓のパーセプションギャップの研究』(番外編)56

 

 

明治維新直後に新政府が朝鮮に外交関係を求めたときに、頑強に
拒絶した理由、そのコミュニケーションギャップについて

徳川慶喜、八戸順叔の関係をあきらかにしている。

 

 

名草杜夫『右翼浪人登場―岡本柳之助の光と影』(草風社刊 昭和1980年刊)
183186P
によると次の通りである。

 

 古代における朝鮮との交流について八世紀以来殆ど断絶の状態であった。

 

それから十五世紀の足利幕府との間に国交を開き・豊臣秀吉の朝鮮侵略を除いて、約四百五十余年続いていたわけである。徳川幕府二百六十余年は鎖国政策をとったが、長崎においては清国とオランダに開放しているし、朝鮮国には正式に修交し、朝鮮側からも十二回にわたり通信使が日本を訪れている。

 

しかして幕府は対馬藩の宗氏を通じて対韓外交を進めていたのである。ここに問題があった。というのは、朝鮮国にすれば対馬藩には常に恩恵を施している。その外交、貿易も許してやっていたのである。

 

したがって、対馬藩は朝鮮国に従属したものと思っているし、事実、その外交文書一つにしても、朝鮮国より貰った鋳給の島主図書印章を使用していたのである。幕閣はそれを知らなかっただけである。長崎の出島にオランダ商館があるように、釜山の草梁に「倭館」と称する対馬藩の出張所もあり、多くの対馬人居留民もいたが、果して幕府がどの程度それを把握していたかは疑わしいのである。

 

 明治新政府が樹立された時、朝鮮政府に対し、幕府は廃止されて王政復古になったことを通告する必要があった。これはもとより対馬藩の内申によるものであるが、そこで新政府は今までの対馬藩の特殊権益を認めた上で、その家役として日韓外交管掌を命じている。

 

 

 明治元年十二月、対島藩主・宗義連は家老樋口鉄四郎を大修大差使正官として、釜山に先乗りさせたのである。その時の文書は対馬藩京都留守兼公用人大島友之允らが朝廷の外国官と協議の上、原案を作成したものである。

 

その時に外国官から下付せられた新印「平朝臣義達章」はその文書である大修大差使書契に初めて使用したのである。

 

 十二月二十一日、朝鮮側の倭学訓導安東唆と大修大差使正官樋口鉄四郎とが倭館で会見しているが、大修大差使は規外であり、書契中違格の文字の多いことを理由にこの外交文書の受理を拒否しているのである。

朝鮮側とすれば従来より島主(対馬藩主のこと)に与えてある鋳造の印章を使用せず、しかも宗義連は今回は左近衛少将対馬守平朝臣義連と勝手に名乗って、皇室奉勅云々の字句は驕慢至極であるというのである。

 

 

 戦後の歴史家たちの中でこの時の書契をもって、「この外交も普通の外交ではなく、朝鮮征服の第一としての外交関係の樹立であったことは、当時の文書によって立証できる」 (山辺健太郎著『日本の韓国併合』)と無責任な発言をするものもある。単なる王政復古の外交文書(『宗重正家記』)で極めて友好的なものである(割愛したのは現代の印刷活字では活字のない字が多いから)。

 

 

 何故、朝鮮側は新政府との外交関係を結ぼうとしなかったのか。李王朝大院君の度の過ぎた対日姿勢に根本的な問題があるが、その理由の1つに、慶喜が徳川十五代将軍であった慶応三年(李太王丁卯)、すなわち一年前の三月十三日、朝鮮からの書状が対馬藩を経て慶喜のもとに送られてきたことがある。

 

その内容は一八六六年(慶応二)朝鮮において、フランスの東洋艦隊が江華島守備隊と交戦した事件が起きた。

丙寅洋擾

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%99%E5%AF%85%E6%B4%8B%E6%93%BE

 

 

この事を日本国対馬州太守拾遺平公閣下(宗義連の呼称)に報じたものである。

 

これは両国間において慶賀弔慰は勿論、国内に重大問題があればお互に知らせ合う例である。既にわが国では一八五八年(安政五)米英仏露蘭五国との修好通商条約が締結されたとき、対馬藩を通じて報じた例がある。

 

その内容は、今次の洋夷は巨艦を賀して、大洋を航行するものであるから、いつ日本に出没する危険がないか予測し難い、隣誼の上から見ても最近経験した詳細を日本に通告し、その警戒を促すという意味のものであった。

 しかし、徳川幕府としては当時フランスとは一番仲が良かった。フランス公使ロッシュ

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AC%E3%82%AA%E3%83%B3%E3%83%BB
%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A5

 

は慶喜を尋ねて「仏国政府は来春を待って韓国を征すべき」ことを告げ、暗に日本がフランスと朝鮮との仲介に立ってくれれば、将軍の顔を立てて応ずる素振りを見せたのである。

 

アメリカもゼネラルシャーマン号の虐殺事件

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%
83%88:%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%8D%E3%83%
A9%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%B7%E3%83%A3%
E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%B3%E5%8F%B7%E4%B
A%8B%E4%BB%B6

 

 

で朝鮮にその罪を問わんとする意のあることを知っていた慶喜は、隣国の誼でもあり、自分の手柄ともなるので、かつて十年前までは日本も鎖国政策であったが、今は開国して彼等と条約を結んでいる。先輩国として朝鮮に忠告し、又その仲介役を買って出ようとしたのである。

 

 

 慶喜は既に外国奉行平山図書頭を朝鮮追使として決定し、米・仏の調停に立つ準備を進めていたが、大政奉還となり、諸般の事情で遂に中止せざるを得なくなったのである。だが朝鮮国においては日本のこの遣使派遭計画には心よく思ってはいない。

 

それのみか日本人の八戸順叔なる人物が香港において、同治五年(慶応二)十二月、地元の漢字新聞に日本の状況を寄稿したのである。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%AB%E6%88%B8%E4%BA%8B%E4%BB%B6

 

 

その中で大法螺を吹いた。それは中浜万次郎が上海で蒸汽船八十艘を製造し、帰朝の上、江戸で諸侯会合し、朝鮮征伐の企てあるという飛んでもない記事を書いた。これが、翌同治六年(慶応三)二月十五日には李王朝のもとに報告されている。

 

 

 李王朝の鎖国政策が明治新政府の外交政策の障害となったことは、根本的な問題として横たわっているが、もし、日本側にもその責任がありとするならば、この八戸順叔の香港新聞の記事であり、又、対馬藩をして外交を管掌せしめたことである。対馬藩は元々、私交と密貿易によって利益を得ており、新政府と朝鮮との国交は望んではおらず、朝鮮に対しては臣従の姿勢をとっていて所詮

はその資格がなかったのである。

 

                                                                        つづく

 

 

 - 戦争報道 , , , , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
 日中,朝鮮,ロシア150年戦争史(52)『副島種臣・初代外相の目からウロコの外交論④』●『日本で公法(国際法)をはじめて読んだのは自分』★『世界は『争奪の世界』、兵力なければ独立は維持できぬ』★『書生の空理空論(平和)を排す』★『政治家の任務は国益を追求。空論とは全く別なり』★『水掛論となりて始めて戦となる、戦となりて始めて日本の国基立つ  』

 日中朝鮮,ロシア150年戦争史(52) 副島種臣外務卿(初代外相)の証言④ 『 …

no image
★『 地球の未来/世界の明日はどうなる』< アメリカ・メルトダウン(1059 )>『トランプ政権半年目で公約実現はとん挫し『ロシアゲート事件』の嵐の中に突っ込んで、政権はキリモミ状態で墜落寸前の末期症状を呈している。』

★『 地球の未来/世界の明日はどうなる』 < アメリカ・メルトダウン(1059 …

no image
 ★『 地球の未来/世界の明日はどうなる』 < チャイナ・メルトダウン(1056)>『中国政府を批判し有罪となり、服役中にノーベル平和賞を受賞した人権活動家の劉暁波氏が7月13日、肝臓がんのため中国・瀋陽の病院で亡くなった。』★『日清戦争の原因の1つとなった「金玉均暗殺事件」はこの中国の人権弾圧、テロ国家の体質から生まれた、同じケースである』

 『 地球の未来/世界の明日はどうなる』 < チャイナ・メルトダウン(1056) …

no image
日中韓異文化理解の歴史学(5)(まとめ記事再録)『日中韓150年戦争史連載70回中、52-62回まで)『中国紙『申報』からみた『日中韓150年戦争史』(59)『(日清戦争開戦3週間後)- 日本の謀略がすでに久しいことを論ず』★『もし朝鮮から中国勢力が排除されたならば,すぐさま ロシア艦隊が出現し,その国土にもロシア兵が到来するだろう。 ロシアは日本が朝鮮半島でわがもの顔に振る舞うことを許さない(ニューヨークタイムズ)』●『日清戦争開戦4週間後、日本の朝鮮侵略(英タイムズ))』

『英タイムズ』からみた『日中韓150年戦争史』(52)「浪速(東郷平八郎艦長)の …

no image
『アルジャジーラの戦争』イラク戦争報道で欧米メディアを圧倒―

1 2003 年11 月5 日 『アルジャジーラの戦争』イラク戦争報道で欧米メデ …

1234
「終戦70 年」ージャーナリスト高杉晋吾氏が「植民地満州国」での少年体験を語るー防空壕に退避の母、姉、自分など7人が爆弾直撃で、ただ1人生き残る。

「終戦70 年」歴史ジャーナリズムージャーナリスト高杉晋吾氏が 「植民地満州国」 …

no image
日中北朝鮮150年戦争史(32)★現代史復習、記事再録『袁世凱の政治軍事顧問の坂西利八郎(在中国25年)が 「日中親善・衝突・戦争の歴史変転への原因」を語る10回連載』●『万事おおようで、おおざっぱな中国、ロシア人に対して、 日本人は重箱の隅を小さいようじでほじくるような 細かい国民性が嫌われて、対立が戦争に発展したのだ> 現在の日本企業が海外進出する場合の大教訓、警鐘である。

 日中北朝鮮150年戦争史(32)★現代史復習、記事再録再録  ――袁世凱の政治 …

no image
『世界サッカー戦国史』③『15世紀から20世紀にかけて世界中の国々がヨーロッパ列強の植民地のなり、そこでハイブリット化したサッカーが誕生した』★『ブラジルはポルトガル領に、アルゼンチンはスペイン領』

『世界サッカー戦国史』③   この連載のタイトル通り「サッカーと戦争」 …

no image
『日本戦争外交史の研究』/『世界史の中の日露戦争』㉖「開戦2ゕ月前の「英タイムズ」の報道』ー『極東情勢が改善されていないことは憂慮に耐えない』●『ロシアは中国に対し.いまだにあらゆる手段を用いて,ロシアの満州占領に関し協定を結ぶように仕向けようとしている。』★『日本が満州でロシアに自由裁量権を認めれば,ロシアは朝鮮で日本に自由裁量権を認めるだろうとの印象を抱いている。』

  『日本戦争外交史の研究』/『世界史の中の日露戦争』㉖ 1903(明治36)年 …

no image
『中国紙『申報』からみた『日中韓150年戦争史』㉞ 『自立』したのは『中国』か、小国「日本」か」<1889(明治22)4月>

       『中国紙『申報』からみた『 …