前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『「申報」や「外紙」からみた「日中韓150年戦争史」(62)『(日清戦争開戦50日後)-『日清戦争―中国の敗北』(ドイツ紙)

      2015/01/01

  

 

 


『「申報」や「外紙」からみた「日中韓150年戦争史」

日中韓のパーセプションギャップの研究』62

 

  1894(明治27)年918日ドイツ『フランクフルター・ツアイトゥング夕刊

『(日清戦争開戦50日後)-『日清戦争―中国の敗北』

 

 

ようやく朝鮮における戦場の状態について紹介することができる。数日来予想されていた中国軍と日本軍の戦いが始まり,前者の完全な敗北で終わった。

数週間前から日本の軍隊が朝鮮に送られ,その数は今や7万人にのぼっている。

 

中国人が長い悪路を利用しなくてはならない一方で,海路で移送を行ったことが日本軍にとっては非常に好都合となった。それはまたしてもよりすぐれた輸送手段の勝利ということになるが、もちろんそれでもって日本人がすぐれた戦略家であることが外見上証明されたということを否定するべきではない

 

日本軍は中国軍よりすばやく装備を整え,中国軍が自陣を守るのに苦労しているうちに攻勢に出ることができた。

牙山で日本軍が最初の取るに足らない中国の攻撃を撃退した後、日本軍はソウルの前線を放棄し,朝鮮の北の国境に迫る中国軍に立ち向かい,できれば決定的な打撃を与えるために北へ向かって進軍を始めた。同時に,東海岸の港元山と西海岸の港、黄州の日本の部隊が中国から平壌への道のりは山を越えて約150キロあり,他方黄州からは53キロしかなかった。

 

日本の大本営にとっては,たとえ地形が困難でも3っの部隊は同時に戦闘に入ることができるように思われた。最も長い行軍を行わなければならなかったのはソウルから鳳山に向かう軍隊だった。

 

96日と7日に最初の衝突が起こったらしいが,中国側はその結果を,初めははっきりと示さなかった。日本軍の支配にあるソウルからの電報によれば,中国軍はすでにこれらの前哨戦で敗北を喫していた。元山から進行していった日本の部隊はSingChuanで,そこに強固な要塞を築いていた中国軍に遭遇した。激しい戦闘が行われ・中国軍は完全に撤退するに至った。

 

双方ともかなりの損害を被った。黄州から前進していった日本の師団は9月7日敵に遭遇した。中国軍は大変な勇気をもって戦ったが、包囲の危険が生じると退き,平壌へと大あわてで逃走した。両軍はまたしても大きな被害を披った。中国軍の先遣隊はいずれも平壌の本隊へと撤退した。そしてそこで土曜日に決戦が行われることになる。

木曜日に日本軍の部隊は鳳山から平壌に向けて偵察を試みたが,その際、中国軍の壁塁から銃撃された。日本軍は取るに足らない損失を受けたのみで整然と帰還した。敵の位置を確認するという目的は果たされた。

 

そして金曜の晩に.日本の兵力は全面攻撃に向けて準備された。元山の部隊は中国軍の左側面を.鳳山の部隊は中国軍の中央を黄州の部隊は中国軍の右側面を攻撃することになっていた。なお黄州の部隊は大同江河口に停泊している日本の艦隊の海兵隊員や水兵によって補強されていた。

 

中国軍は平壌の古い防備を新たな壁塁によってかなり強化し難攻不落を誇っていた。土曜日の朝、日の出と共に砲撃が始まり,午後まで続いた。

中国軍も強力な砲撃で応戦した午後2時には日本の歩兵が行動を開始し、夕方まで激しい銃火を浴びせ続けたが、地歩を得ることなく終わった。とりわけ鳳山の部隊は1日申砲火にさらされ続けたが,兵士はとりでの背後にいたので双方とも被害は少なかった。

 

夕刻ごろになってようやく日本軍は地歩を得,中国軍の壁塁はかなり損傷しだした。夜を徹して撃合いが続いた。

 

その間に日本の元山と黄州の部隊は中国軍の兵力を包囲し,日曜の朝3時に,イギリスのインディペンデント紙の報道記者が「感嘆すべき正確さ」と証言した全面攻撃が開始された。中国軍の前衛は非常な勇気をもって防衛したが,ただ後衛部隊があまりに弱かった。

 

日本軍の攻撃に不意をっかれ,バラバラになり,結局ひどい混乱に陥ったまま逃走していた完全に包囲された中国人は何千と殺された。他方でヨーロッパ式の訓練を受けた将校の指揮するいくつかの部隊は,最後の1人まで抵抗した。中国軍の隊列の混乱に乗じて鳳山の部隊が平壌の壁塁に向けて突撃し・30分の攻撃の後,天皇の軍隊はそこを占領した。

 

壁塁の中にいた中国軍の数は2万人と見積もられている。そのうち16000人が死傷もしくは日本軍の捕虜となった。日本軍は膨大な量の食糧や軍需品.数百の軍旗も手に入れた。

 

捕虜の中には中国軍の将校が数多くいた。満州の軍の指揮官の左宝貴将軍も勇敢に抵抗した結果重い傷を負い,捕虜になった。

日本側の被害はすでに述べたように,30人の死者に270人の負傷者,うち将校は11人に過ぎなかった。日本軍は武器を失った逃亡者たちを追跡し.彼らは抵抗せずに降伏した。

 

現地からロイターの事務局に寄せられた電報によると,上海の著名な中国人は戦略について怒りを発し,特に李鴻章への非難は激しいものだった。

 

彼らに言わせれば,李のせいで中国は世界に侮られることになったのであり,艦隊はなにもせず,軍隊の状態も非常に不満足なものだということだ。それに対し責任を負っている役人は必要な軍需品を紙上でしか保持していず・給与支給を自分のふところに入れていた。今彼らはできる限り隊列をいっぱいに満たしているが,そのようなわけで,前線に送られる軍隊はたいてい.軍事紀律

に不慣れで戦争の困難な仕事に耐えることもできない苦力たちから成っているという。新たに浮上している恐れは,日本軍は艦隊で勘海湾から上陸を試み,直接北京に進行するかもしれないというものだ。

 

 - 戦争報道 , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

『オンライン講座・延々と続く日韓外交衝突の研究』★『2012年8月、野田首相の親書の発信とその受け取りをめぐって拒絶、つき返す、外交的非礼に反発応酬の後進国同士のようなニワトリケンカ外交が続いた」★『160年前の明治新政府の最初の李氏朝鮮(韓国・北朝鮮)との外交交渉でも日本親善大使の拒絶、親書拒否に対して、日本は反発、敵意をエスカレートしたのと同じケース」を今も繰り返している』

    2012/08/24  日本リー …

no image
世界/日本リーダーパワー史(965)ー2019年は『地政学的不況』の深刻化で「世界的不況」に突入するのか』④『2021年の米大統領選でトランプ再選の目はない。』★『今年は日本は外交決戦の年になる,安倍首相の地球儀外交の真価が問われる。』

2021年の米大統領選でトランプ再選の目はない。 中間選挙の結果、米議会は下院は …

「オンライン決定的瞬間講座・日本興亡史」⑬」★『国会議員63年間のギネス政治家・尾崎行雄(96歳)の「昭和国難・長寿逆連突破力』★「日本盛衰の原理はー売り家と唐様で書く三代目」で不敬罪で82歳で起訴される』

  第5章―国会議員63年間のギネス政治家・尾崎行雄(96歳) ますま …

no image
 日本リーダーパワー史(831)(人気記事再録)『明治維新150年』★『日露戦争勝利の秘密、ルーズベルト米大統領をいかに説得したかー 金子堅太郎の最強のインテジェンス(intelligence )③』★『ル大統領だけでなく、ヘイ外務大臣、海軍大臣とも旧知の仲』●『外交の基本―真に頼るところのものはその国の親友である』★『●内乱寸前のロシア、挙国一致の日本が勝つ』

2011年12月18日<日本最強の外交官・金子堅太郎③> ―「坂の上の雲の真実」 …

★★(再録)日中関係がギグシャクしている今だからこそ、もう1度 振り返りたいー『中國革命/孫文を熱血支援した 日本人革命家たち①(16回→31回連載)犬養毅、宮崎滔天、平山周、頭山満、梅屋庄吉、 秋山定輔、ボース、杉山茂丸ら

 ★(再録)日中関係ギグシャクしている今こそ、 振り返りたい『辛亥革命/孫文を熱 …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(200)-記事再録/『日露戦争の勝利が日英米関係の転換となり、日米戦争の遠因となった』★『日露戦争勝利は「日英同盟」、米国のボーツマス講和会議斡旋のおかげなのに日本は自力で勝ったと思い上がり、おごりを生じた。』★『②日米関係を考える上で、〝歴史の教訓″は1924(大正十三)年七月一日に施行された排日条項を含む「外国移民制限法」である。』

    2015/08/05 /終戦70年・日本敗 …

no image
(まとめ記事再録)『現代史の復習問題』★ 『ガラパゴス国家・日本敗戦史②』150回連載の16回~30回まで』『日本の最も長い日(1945年 8月15日)をめぐる死闘―終戦和平か、徹底抗戦か①』 ★『終戦を死闘の末になんとか勝ち取った首相官邸と外務省』★『問題は「サブジェクト・ツー」の解釈』★『『大日本帝国最後の日 -かくして「聖断」は下った!』

(まとめ記事再録)『現代史の復習問題』★ 『ガラパゴス国家・日本敗戦史②』150 …

no image
『 地球の未来/世界の明日はどうなる』ー『トランプ米大統領とホワイトハウスの内情を暴く『Fire and Fury』は全米でベストセラー1位に』★『ほら吹き、ナルシズム、攻撃的性格のトランプ氏の「精神状態」を専門家70人から「認知症検査」を求める声』

『 地球の未来/世界の明日はどうなる』 ドナルド・トランプ米大統領とホワイトハウ …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(10)記事再録/「日露戦争・戦略情報の開祖」福島安正中佐④副島種臣外務卿が李鴻章を籠絡し前代未聞の清国皇帝の使臣謁見の儀を成功させたその秘策!

日本リーダーパワー史(554)   2015/03/13&n …

no image
日本リーダーパワー史(385)児玉源太郎伝(7)「インテリジェンスから見た日露戦争ー膨張・南進・侵略国家ロシア」

 日本リーダーパワー史(385) 児玉源太郎伝(7) ①  5年後に明治維新(1 …