前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『「申報」からみた「日中韓150年戦争史」(63)『(日清戦争開戦1ヵ月後)-『日本.まさに滅びんとす』

      2015/01/01

  

 

『「申報」からみた「日中韓150年戦争史」

日中韓のパーセプションギャップの研究』63

 

  1894(明治27)年31光緒20年甲午81日『申報』

 

『(日清戦争開戦1ヵ月後)-『日本.まさに滅びんとす

 

この記事を読んで、中国側の日本に対する戦力、戦況分析が全く進んでいないことがわかる。すでに開戦1ヵ月後の戦況は各地で敗戦、敗退が続いているのに、現実、現状に合わせた分析と的確な対応に触れられてない。最初からの繰り返している国土、人口、経済力の単純比較で日本はわずか10分の1なので、勝てるわけがないという思考から1歩も進化していないことに、驚く。

中国が生んだ世界最高の戦略家・孫子の兵法の第一条「敵を知り、己を知れば百戦百勝」(この場合は日本)その逆の「敵を知らず、己を知らざれば百戦百敗」(中国)を冷厳な結果が出ているのに、この思考停止ぶりである。

これが中華思想である。

 

 

商人が日本から送ってきた手紙によれば,「日本国の困窮は異常な状態で、近ごろは朝鮮の問題により再び中国と開戦し,ますますその国内のやりくりに窮している」という。

調べるに,先に有名無実の紙幣により国内における経費に充てようとしたが,その紙幣は平素からすでに順調には使用されていない。加えて近ごろは有事の故をもって市場でもあまり通用していない。そのためますます逼迫の度を深めている。軍営中の兵士は米粒を敢えてから炊くほど困窮していて,3度の食事も満足にできない状況がよくある。

 

先月の初旬,日本政府はかって紙幣2000万円でもってドイツ銀行から銀800万円を借りようとしたが,利息が大変高く,ドイツもまた信用できないから必ず土地を割いて抵当とするよう求めた。

 

紙幣でもって銀を借りることすらすでに前代未聞のことなのに,さらに2000万という数でわずか800万しか借りられず.かつその上利息を払っても人々はまだ信用できず.必ず土地を割いて抵当とすることでようやく治まった。

 

これによって日本国内の困窮がいかにきわまっているかを知ることができる。先月の初旬.戦争はまだ起こっていなかったが.すでに軍事費捻出に苦慮していた。

 

今に至って戦争が始まり,必要な物資はますます多いのに,どうやってそれを調達しようというのだろう。届いた手紙にはまたこうある。

初めのうちは日本政府も.日本は小国で国民も貧しく,わが国のような大国の敵ではないことを自覚していた。だから,われわれにあえて戦いをしかける者は本当に根拠のない話に惑わされていたのだ。小村寿太郎という者がおり.10年前に.中国に使いし.自ら中国のことは熟知していると称し,日本に帰国

した後,「日本が精兵5万を派遣すればすぐにでも中国をわがものにできる」などという妄言をほしいままにした。

 

ああ,このような説を唱える者は本当に大言して恥じることを知らない者というべきだ。ところが意外にも日本政府はついにその言葉を誤って信じてしまった。

 

将来戦いに敗れて滅亡に瀕し国家を保持することができなくなったとすれば.それは小村寿太郎の大言に誤られたのだ。その肉を食っても余りあると言うべきだろう。

 

そこで調べてみるに,日本全体の土地を測ってみてもわが国の2省の面積にも及ばない。総面積を出しても147697平方マイルに過ぎないのだ。その国内に居住する国民は5年前の概算によると約4045万人ぐらい.国内の平和時の兵数は約7万人で,戦時にはやっと21万の兵を徴発できるだけだ。

 

その海軍の軍艦はあわせて32隻であり,別に練習艦が6隻,木造の旧式の軍艦が7隻,上質の水雷艦が25隻,外洋で使える水雷舷が1隻,輸送艦が10隻,小型の蒸気船が50隻であり.植裁量4200余トンの軍艦は4隻.3000余トンのものは4隻.2000余トンのものは5隻.1000余トンのものは10隻,その他の檻は数百トンに過ぎない。

 

練習艦の積載量に至っては2500余トンのものが1隻だけ,1000余トンのもの

2隻.残りの3隻もまた数百トンに相当するに過ぎない。軍備がこうした状態なのに,中国を思うがままにしようなどということは本当に妄想と言うべきだ。また次のように言う。

 

中国はこのたび兵を派過して朝鮮に赴かせるのに.軍事情勢は固く秘密を守っている。水陸各軍は出発にあたって,どこに派遣されるのかも等しく知らされていない。まず軍の司令官が密閉した1通の書信を与え.出発後初めてそれを開いて見て.書信の中で指し示されている場所に向かい,あわせてその作戦を順守して進む。

 

そこで水陸各軍は進軍すること両日ならずして.次第にそれぞれの経路に分かれて進み,各軍の上官に率いられ東や西の各所に駐屯していく。

中国の将軍は早くからすでに地形を計り.各所に各軍を屯駐させるべく一切等しく酌定をしており,掌を指すように明瞭だ。こうして初めて兵が派遣されるのだ。外国人は中国の兵の派遣はいつも遅れ.敵に先んじて到着することができないだろうと考えている。中国の軍隊の総帥はすでに全般的な作戦を立て確実な勝算を得てから後,初めて出兵するということを彼らは知らないのだ。事情に疎い者の洞察し得るところではないのだ。

 

 

 

 - 戦争報道 , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
『5年前の記事を再録して、時代のスピード変化と分析ミスをチェックする』-『2018年「日本の死」を避ける道はあるのかー 日本興亡150年史』(3)<『2050年の世界」で日本は衰退国ワーストワン になるのか!>

★『2018年「日本の死」を避ける道はあるのか ー―日本興亡150年史』③― < …

no image
日中北朝鮮150年戦争史(46)『来年(2017)はアジア大乱、日米中の衝突はあるのか」●『120年前の日清戦争の真相ー張り子トラの中国軍の虚像を暴露』(下)『  陸戦でも秀吉の朝鮮出兵から約300年後に、対外戦争が開始された』●『 海上の天王山・黄海で北洋艦隊の主力を全滅にした』●『日清海戦の7つの勝因』

日中北朝鮮150年戦争史(46)   宮古沖で日本を挑発する中国の狙い …

no image
★『 地球の未来/世界の明日はどうなる』 < 米国、日本メルトダウン(1049)>『トランプがパリ協定離脱を発表』★『アメリカ1国だけでなく、世界の運命を担っているビジネスマンではなく、米大統領として、賢明であるならば、常識があるならば、足元の地球が悲鳴を上げている声が聞こえてくるはずである。』

  『 地球の未来/世界の明日はどうなる』 < 米国、日本メルトダウン(1049 …

no image
明治史の復習問題/日本リーダーパワー史(459)「敬天愛人ー民主的革命家としての「西郷隆盛」論ー中野正剛(「戦時宰相論」の講演録①②③④⑤『明治維新で戦争なき革命を実現した南洲、海舟のウルトラリーダーシップ』★『西南戦争では1万5千中、9千人の子弟が枕を並べて殉死した天下の壮観』

    2014年1月15日  日本リーダーパワー …

no image
日本リーダーパワー史(803)ー『明治裏面史』★ 『「日清、日露戦争に勝利』した明治人のリーダーパワー、 リスク管理 、インテリジェンス⑲『日露戦争開戦6ヵ月前』★『6ヵ条の日露協定書を提出、露都か、東京か、の交渉開催地でもめる』

   日本リーダーパワー史(803)ー『明治裏面史』★ 『「日清、日露戦争に勝利 …

no image
片野勧の衝撃レポート(28) 太平洋戦争とフクシマ① 悲劇はなぜ繰り返されるか「ヒロシマからフクシマへ」❶

  片野勧の衝撃レポート(28)   太平洋戦争と …

no image
トラン大統領は全く知らない/『世界の人になぜ日中韓/北朝鮮は150年前から戦争、対立の歴史を繰り返しているかがよくわかる連載⑷』ー(まとめ記事再録)『日中韓150年戦争史の連載70回中、52-62回までを再掲載)

  日中韓異文化理解の歴史学ー (まとめ記事再録)『日中韓150年戦争 …

no image
日本リーダーパワー史(627)日本の安保法制―現在と150年前の「富国強兵」政策とを比較するー「憲法で国は守れるのか」×「軍事、経済両面で実力を培わねば国は守れない」(ビスマルクの忠告)

   日本リーダーパワー史(627) 日本の安保法制―現在と150年前の「富国強 …

no image
『日本戦争外交史の研究』/『世界史の中の日露戦争』⑪『英ノース・チャイナ・ヘラルド』/『日露開戦半年前ーさし迫る戦争 それを知る者より』●『日本の忍耐が限界に近づいていることは.1度ならず指摘している。満州撤兵の約束をロシアに守らせるというのは,イギリスやアメリカにとっては元のとれる仕事かどうかの問題に過ぎないが,日本にとっては死活問題なのだ。

 『日本戦争外交史の研究』/『世界史の中の日露戦争』⑪ 1903(明治36)年7 …

thMJ1TM7DV
日中北朝鮮150年戦争史(6) 日清戦争の発端ー陸奥宗光『蹇々録』の証言②『頑迷愚昧の一大保守国』(清国)対『軽佻躁進(軽佻浮薄)の1小島夷(1小国の野蛮人)』(日本)と互いに嘲笑し、相互の感情は氷炭相容れず(パーセプションギャップ拡大)が戦争へとエスカレートした。

日中北朝鮮150年戦争史(6)  日清戦争の発端ー陸奥宗光の『蹇々録』で読む。 …