前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

★10 これぞ日中韓外交の教科書―英国タイムズ報道の「日清戦争4ヵ月後―『日本と朝鮮―日清戦争の真実』(上)

      2015/01/01

  

 

日中韓外交の教科書―英国タイムズが報道の「日清戦争の真実」①

 

               前坂俊之(ジャーナリスト

 

 

日本の歴史学者の多くが福沢諭吉の『脱亜論』の主張を根拠に、日本の開国の大恩人の福沢に「侵略主義者」のレッテルを張り、中国・韓国はこれを逆手にとって日中韓150年史で今だに日本を加害国として攻撃して、歴史歪曲を繰り返している、日本の国父・伊藤博文だってそうである。

全くバカなことに、日本は政府も外務省チャイナロビーもマスコミも長くこの歴史歪曲をそのまま、見過ごしてきて、中国に未だに「習近平国家主席は安倍首相にあってください」と三拝九拝の朝貢外交を続け、最悪の拉致、人権弾圧国家北朝鮮に対してまでも、「拉致家族の真相を教えてください」と平壌訪問低姿勢外交≪強硬談判外交ではない)のお粗末を繰り返す、あきれ果てた『安倍外交』である。

 

習安倍会談が実現したからと言って、日中間の懸案は解決するのかね。単なるあいさつ外交は無意味なのはいうまでもない

私は「日清戦争までの道」を外国新聞がどう報道してきたのかを、「日中韓150年戦争史」というタイトルでこのブログで連載してきた。

 

その中で、以下の英国『タイムズ』の記事が一番、日中間の外交のねじれからの戦争への発展を正確に分析していると思うので、ここに紹介する。

 

インテリジェンスのない国は滅びていく、日清戦争では「中華思想(尊大主義)に凝り固まった図体だけでかい張子のブタ」と「1000年続く中世の鎖国・無政府主義的な朝鮮王朝」との外交の無駄の連続から最後には堪忍袋の緒をきっての日清戦争だったことを「タイムズ」は見事に解説している。インテリジェンスのない中国、韓国がほろんだ轍を、いま日本はくりかえしている。

望むべきは経済のみの発展ではない、インテリジェンス、戦略のない国に未来はない

 

 

 

1894(明治27)年1126日 英国「タイムズ」掲載

 

 

日清戦争4ヵ月後―『日本と朝鮮―日清戦争の真実』(上)

 

今や中国軍は朝鮮から完全に姿を消した。中国軍が容易に駆逐されたことは,中国は朝鮮を属国として主張しながらも朝鮮を守る資格が全くないという日本の主張の正当性を立証するものだ。

この際.もし西洋の国,たとえばロシアが日本の立場にあったとしたら.中国はもっと頑強に抵抗しただろう,あるいは中国軍を鴨緑江の向こう側に追い払うことはもっと困難だっただろう,と推定することは妥当だろうか?既定の事実を考慮すれば,日本の態度について一般的な説明をすることは容易になる。

 

日本は過去25年にわたり,隣の大国と,それに国境を接するいくつかの小国との奇妙な関係をつぶさに観察してきた。中国がこういった国々を,外国からの影響力の衝撃を和らげる緩衝国として利用しながら最これらの国々がその役割を演ずる際に押つぶされないように守る意志も力もなかったことを,日本は見てきた。トンキン.安南,ビルマ,シャムと緩衝国が次々に減っていき,残るは朝鮮だけになったのだ。

 

 

 北京の政治家はこういった経験から,なんらかの知恵をつけるべきだった。中世の時代でなら中華帝国の威厳により,その変則的な主張にいくらかの実質的価値が与えられたかもしれないが,19世案己においては.そのような空虚なぺてんによって,西洋諸国の侵略を防ぐことはできないということに.中国は気づくべきだった。

 

しかし中国の政治家たちは歴史を実際的な目で読み取ることをしなかった。朝鮮の場合においても,中国は朝鮮を属国とみなすと同時に.諸外国に対し.朝鮮の独立を主張するという茶番劇を演じ続けた。まもなく中国は,その政策に新たな悶着の種をつけ加えた。中国は朝鮮に.諸外国との通商友好条約を結ぶよう勧めたのだ。

その小国が条約締結によって生じる利害関係をめぐる争いの中で.安泰であることを望んでいたのだ。しかし中国は再び自らの経験による教訓を無視した。なぜなら西洋の国との交際を始めた東洋の国は,進歩主義をとるか,それ

とも深刻な混乱状態に直面するかのどちらかになるということを.中国は忘れていたからだ。

依然保守的な中国自身.多くの困難に適ってきたし,その困難から抜け出すたびに甚大な被害を被ってきた。南も北も領土のかなりの部分を削られ,賠償金は絶えず支払わなければならず,宗主権も1つずつ奪われていった。もし領土の保全が維持されるとしたら,それは中国が大きいため.多少の災難には比較的影響されにくいからだ。そのような打撃に耐えるには小さ過ぎる朝鮮も,中国の一方の手で諸外国を紹介され.もう一方の手で昔ながらの停滞の状態に縛りつけられたとき,必然的にそのような目に遭うことになった。

 

 

 中国が.自らの唯一の実質的な進歩的要素である能率的な税関管理を朝鮮に与えたことが,中国の肩を持つために主張されてきた。中国の税関が完全に外国人の手によって管理,運営,組織されていること,またそれに関する中国の唯一の功績は.中国自体の大きな便宜と利益のた.めにそれが存在することを許すという消極的なものであること,そしてそれを朝鮮にまで広めることは,朝鰍こおける対外貿易の開始によって必要であると同時に,小王国の政府にかなりの税収入をもたらし,中国の朝鮮に対する支配を固めることになるため,お互いにとって好都合なことを思うと.それは確かに奇妙な主張だ。しかし,中回が自国では進歩というすさを手に取ることを断固拒んでいる一方で,隣国に開明的な傾向を促すということが論理的に期待できるだろうか。

 

 

中国による属国・朝鮮の干渉制度、朝鮮の腐敗政治と無統制、国民の幸福を無視

 

中国はそのような矛盾の罪は一切犯さなかった。中国の朝鮮における影響力は,保守主義の方向に向けて着実に与えられ続けたのだ。さらに.その影響力は中国のすべての前例を超えた.実質的かつ断固としたやり方で行使された。ソウルに駐在官が置かれ,朝鮮の内外情勢に関する着実な,しかし隠れた干渉の制度が始まった。

 

朝鮮の保守的な政治家は,あらゆる開明的な衝動を抑えるために.中国の外交上の同盟を当てにできること.そして攻撃的な進歩主義勢力を抑えるために中国の武力を当てにできることをすぐに知った。

 

中国は保守政権を脅かす反乱を鎮圧するため,5年の間に2回出兵した。(壬申の変、甲申事件)このような隠れた干渉のもとで,朝鮮の統治者たちはあらゆる意味での国家に対する責任の感覚を失い.自分本位の野心を野放しにしたのだ。貴族階級は.政権獲得をめぐり絶えず陰謀を企てる.相争う派閥の寄せ集めだったが,今や進歩派と保守派の2つの党派に分かれた。

 

進歩派は外国の好意を期待していたが,実質的な援助はなにひとつ得られず,その存在は小さくなってしまった。そして直接あるいは間接的に中国の支持を受けている保守派が政権を独占した。事態はますます悪化していった。司法.行政いずれの職務も,贈賄によってのみ果たされるようになり,一族の利益が国の利益に優先した。課税は地方官吏の貪欲さ以外の規準を持たなくなった。

 

国民の幸福や国の資源の開発には.なんの注意もれなかった。個人の責任というものは官吏の間には存在せず,一族の権勢によってすべての悪弊が守られ,官位の授受もすべて取り仕切られた。

 

                                 つづく

 

 - 戦争報道 , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
日本リーダーパワー史(819 )『明治裏面史』 ★ 『「日清、日露戦争に勝利」した明治人のリーダーパワー、 リスク管理 、インテリジェンス㉞『日本史決定的瞬間の児玉源太郎の決断力⑥』★『明治32年1月、山本権兵衛海相は『陸主海従』の大本営条例の改正を申し出た。』★『この「大本営条例改正」めぐって陸海軍対立はエスカレートが続いたが、児玉参謀次長は解決した』

 日本リーダーパワー史(819 )『明治裏面史』 ★ 『「日清、日露戦争に勝利」 …

no image
★10『50年前の中国文化大革命の衝撃スクープ』ー荒牧万佐行氏(写真家、元毎日写真部カメラマン)の写真展を見に行った。『粉雪が舞う北京で、三角帽子をかぶされた実権派幹部が、 首から罪状の看板を下げてトラックの荷台 の先頭に乗せられ首根っこを押さえられていた』

  写真展『中国文化大革命( the Great Proletaria …

no image
終戦70年・日本敗戦史(87)「ハーグ、ジュネーブ条約」を無視して捕虜虐待、 極刑を指示した東条首相『武士道地に墜ちたりー目には目、歯には歯』⑤

終戦70年・日本敗戦史(87) 敗戦直後の1946年に「敗因を衝くー軍閥専横の実 …

no image
『オンライン講座』「延々と続く日中衝突のルーツ➈の研究』★『中国が侵略と言い張る『琉球処分にみる<対立>や台湾出兵について『日本の外交は中国の二枚舌外交とは全く違い、尊敬に値する寛容な国家である』(「ニューヨーク・タイムズ」(1874年(明治7)12月6日付)』

    2013年7月20日/日本リーダーパワー史 …

no image
世界リーダーパワー史(949)3週間後に迫ってきた米中間選挙(11/6)の結果はどうなる?ー米中新冷戦に突入へ 

世界リーダーパワー史(949)   3週間後に迫ってきた米中間選挙(1 …

444
日清戦争の遠因となった長崎事件(長崎清国水兵事件)ー2資料の『歴史秘話」を紹介

日清戦争の遠因となった長崎事件(長崎清国水兵事件)ー2資料紹介   ① …

no image
終戦70年・日本敗戦史(125)日露戦争の勝利が日英米関係の転換となり、日米戦争の遠因となった。

終戦70年・日本敗戦史(125)                   <世田谷市 …

no image
 日本メルトダウン(992)-『トランプ氏、キューバ国交再断絶を示唆 「より良い取引」要求』●『イラク派遣隊員29人が自殺 帰還隊員らが語ったPTSDの恐怖』★『“トランプ人事”で地金が見える? 躍起の各国と喜色満面・安倍首相が得た「果実」』●『焦点:債券から株への「大転換」、今回は本物の可能』◎『GPIFに現れた予期せぬ助っ人、収益増へ力強いレバレッジ効果』◎『ゆがむ韓国経済、財閥偏重の「疑似資本主義」が迎えた限界』●『東芝がまた不正会計、ついに「監理銘柄」入りか』

 日本メルトダウン(992) トランプ氏、キューバ国交再断絶を示唆 「より良い取 …

no image
日中韓150年戦争史(80)伊藤博文、井上馨ら歴史当事者が語る日清戦争の遠因の長崎事件(長崎清国水兵事件)について

 日中韓150年戦争史-日中韓パーセプションギャップの研究(80) 伊藤博文、井 …

no image
終戦70年・日本敗戦史(65)徳富蘇峰が語る『なぜ日本は敗れたのか』⑮ 日本は官学の形式、独善教育によって亡んだ。

 終戦70年・日本敗戦史(64) A級戦犯指定の徳富蘇峰が語る『なぜ日本は敗れた …