前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

世界が尊敬した日本人②ハリウッドでトップに立った国際スター・早川雪洲

   

1
2004、12,1
世界が尊敬した日本人②ハリウッドでトップに立った国際スター・早川雪洲
前坂 俊之
アメリカ人の2大魂といわれるメジャーリーグ野球(MBL)とハリウッド映画。
昨年はイチローが八十四年ぶりに年間最多安打記録を更新してMBL の頂点に立っ
たが、ハリウッド映画百年余の中で日本人としてトップに立ったのは早川雪洲のみで
ある。
昨年、「ラストサムライ」で渡辺謙がアカデミー賞助演男優賞候補になったが、早川は
数多くのハリウッド映画に主演して、人気ナンバーワンとなり、一時期、『聖林(ハリウ
ッド)の王者』と呼ばれた。
早川雪洲は明治二十二年(一八八九)八月、千葉県安房郡七浦村(現千倉町)で漁
業網元の子として生まれた。
一七歳の時、千倉の沖合で米国客船「ダコタ号」(二万トン)が座礁、米国人船客を英
語が得意だった雪洲が通訳して世話をした。これがきっかけで米国に渡り、明治四十
二年七月、シカゴ大学に留学し、法制経済を学んで卒業。大正二年(一九一三)にロ
サンゼルスに遊びに行きリトル・トーキョーで芝居小屋に入った。
あまりに下手な芝居には強引に座長を口説き、自ら脚本、主演して徳富蘆花の『不如
帰』を演じ大当たり。続いて「タイフーン」という芝居を作ったが、これが米映画界の大
物プロデューサー、トーマス・インスの目にとまり、ハリウッド映画界入り。このころは
サイレン(無声)映画全盛時代である。
次作の巨匠セシル・B・デミル監督「ザ・チート」(一九一五年)で雪洲はハリウッドでの
地位を不動にした。
早川扮する日本人の金持ちプレイボーイが借金の形に女性に焼きゴテを当てるショッ
キングな内容。この役でそのエキゾチックさと強烈なセックス・アピールで一躍で女性
2
の人気アイドルとなった。
雪洲が現れると米女性フアンが何重のもとり囲み、水溜まりがあれば、女性たちがわ
れ先に着ている毛皮のコートを雪洲の前に敷き積めるといった人気ぶり。
当時、チャップリンが週給一万ドルについで、雪洲は八千ドルをとり、矢継ぎ早にハリ
ウッドの巨匠や監督作品に出演した。二〇世紀最高の美男といわれたイタリア人俳
優・ルドルフ・バレンチノを上回ってハリウッドの人気ナンバーワンに輝いた。
その莫大なギャラーで大正八年(一九一九)、ハリウッドの一角に東洋風の四階建
ての大邸宅『グレンギヤリ城』を建て、盛大なパーティーを連日開いた。
当時、地元のカリフォルニア洲などで日本人移民を締め出す排斥運動や反日移民法
がわき起こっていたため、雪洲は日本人をよく知ってもらいたいとの願いを込めて豪
華なパーティーを開催し、チャップリンやセシル・B・デミル、ダグラス・フェアバンクスら
ハリウッドの名士が集った。
早川の王侯のような派手な生活ぶりはハリウッドでも群を抜き、伝説化していった。
反日移民法がさらに強くなった一九二二年に雪洲はハリウッドを去ったが、それまで
にパラマウント映画や自己のプロダクションで合計22本のハリウッド映画を製作、主
演した。
以後、ニューヨークで舞台を続け、ヨーロッパにわたりロンドン、パリで舞台や映画に
活躍した。全盛期に世界の有名人が集うフランス・モンテカルロのカジノで一晩に50
0万円(現在では100億以上)も負けてニュースになったこともあった。
第二次大戦後、雪洲は日本を舞台に日本映画にも登場し、再びハリウッドからお呼
びがかかり復活した。
アカデミー賞を総なめした『戦場にかける橋』(一九五八)では助演男優賞候補にもな
った。昭和四十八年(一九七三)十一月、八十七歳で亡くなったが、大正時代から約
半世紀以上にわたり、米国、英国、フランス、ドイツ映画などに約70本と日本映画20
本以上にに主演した日本で唯一の文字通り国際スターであった。
3
しかし、早川は日本の映画史からは忘れられた国際スターであった。
雪洲が活躍したハリウッド映画は日本では国辱映画、反日映画として上映禁止となっ
たり、大部分は見ることが出来なかった。
早川の演技力も表情のない大根役者と,日本では低評価で、外国では評価は真っ二
つ。日米対立と戦争の歴史の中で翻弄された、まさしく悲劇のスターであった。
前坂 俊之(静岡県立大学国際関係学部教授)

 - 人物研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
記事再録/「死に至る日本病」(ガラパゴス・ジャパンシステム)-2014W杯サッカーの完敗と日本の政治、経済、スポーツ、社会全般に蔓延――次から次に出てくる日本の惨状!?『⑤ストラジティー(戦略、戦術)なし。NATO(ノット・アクション、トーク・オンリー)何も決められない決断しない日本)』

  2014/07/04 /日本メルトダウンの脱出法(552) &nb …

no image
『百歳学入門』(230)『わが鎌倉30年カヤック釣りバカ日記』懺悔録-海には毎回、大自然のドラマがあり、サプライズがあるよ!

 2013/06/21の記事の再録 『鎌倉30年カヤック釣りバカ日記』懺悔録- …

no image
  日本リーダーパワー史(755)近現代史の復習問題<まとめ記事再録>『日本興亡学入門』/2018年は明治維新から150年目ーリーマンショック前後(20年前)の日本現状レポート(10回連載)ー『日本復活か?、日本沈没か!、カウントダウンへ』★『グローバリズムで沈没中のガラパゴス・日本=2030年、生き残れるのか』

    日本リーダーパワー史(755)  ◎ <まとめ記事再録>『日本興亡学入門 …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(246)/記事再録★『なぜ1940年(昭和15 年)の東京大会は幻のオリンピッ クに終わったのか』★『グローバリズムの中での『大相撲騒動』の行方はー 「アジアの田舎相撲」か「国際競技・SUMOU」への分かれ目、瀬戸際にある』

 2017/12/14  日本リーダーパワー史(8 …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(55)記事再録/<日本外交大失敗の「三国干渉」歴史に学ぶ」『「臥薪嘗胆(がしんしょうたん)せよという」-三宅雪嶺のインテリジェンス』ー 現在の超難関を突破するため、『坂の上の雲』の 知恵と勇気の古典に学ぶ①

   2012/03/06  <国難日本 …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(185)-「財界巨人たちの長寿・晩晴学①」渋沢栄一、岩崎久弥、大倉喜八郎、馬越恭平、松永安左衛門―『<〝晩成〟はやすく〝晩晴″は難し>』★『晩晴は人生そのものを第一義とし、事業はその一部にすぎず、真に老いに透徹した達人でなければ達し得ぬ人生最高の境地こそ〝晩晴〟である』

    2012/12/29 &nbsp …

no image
知的巨人たちの百歳学(176)記事再録/「東洋のビール王」「大日本麦酒創業者」(アサヒ、サッポロビールの前身)・馬越恭平【88歳) 「健康10ヵ条」ー「2つの養生<体の養生と財布の養生とは怠るな>」 「四気の保持を忘れぬこと―元気、勇気、長生き(気長の意味) 、腹の落付き(沈静)の四つ」

  2015/09/16   &nbsp …

no image
知的巨人の百歳学(115)-『100歳でロッキー山脈を滑った生涯現役スキーヤー・三浦敬三(102歳)、長男三浦雄一郎氏(86)の『世界スーパーマン親子の100歳実践トレーニングプログラム』★『 86歳・三浦雄一郎さんの次なる挑戦は→→南米最高峰登頂・滑降へ』

『プロスキーヤ・三浦雄一郎(86歳)と父・三浦敬三(102歳)の百歳超人物語』、 …

no image
日本リーダーパワー史(152) 国難リテラシー⑨最後の首相・鈴木貫太郎、木戸幸一、宇垣一成は敗戦をどうしたか

 日本リーダーパワー史(152)   国難リテラシー⑨最後の首相・鈴木 …

no image
日本リーダーパワー史(431)「ワシントン軍縮会議をまとめた加藤友三郎(首相)は「冷徹で大局的に判断した人」(賀屋興宣)

 日本リーダーパワー史(431)   ★「明治のリーダー・ワ …