前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

新刊発売『日本史有名人の家族の物語70人―誰も知らない家庭での姿』 新人物文庫 (667円+税)

      2015/01/02

 
新刊『日本史有名人の家族の物語70人―
誰も知らない家庭での姿』
 
                          『歴史読本』編集部編    新人物文庫  (定価 667円+税)
 
 
家族だけが知っている有名人の素顔
                      
江戸時代後期、清貧の歌人として知られた橘曙覧に、「楽しみは……」で始まる一連の歌「独楽吟」がある。その中の一首。
       
 楽しみは妻子睦まじくうちつどひ 頭ならべて物をくふとき
 
 日常生活のささやかな喜びを素直に詠んだ歌だが、こうした1家だんらんの食卓は、少子高齢化や核家族化が急速にすすむ現代では、どこか懐かしい光景のひとこまになったようだ。
 本書に登場する有名人は、それぞれ強烈な個性を放って歴史に名を刻んだが、家庭ではどんな顔を見せていたのだろうか。ネクタイをはずし、浴衣に着がえて縁側でくつろぐ父や夫の姿を、家族はどう見ていたのだろうか。
 華麗なる大富豪一族から、借金をやりくりする貧乏所帯まで、家族がまきおこす泣き笑いの人生の数々……。意外に知らない歴史有名人のマイホームを、ちょっとのぞいてみよ                      
 
 
■目 次■
 
幕 末
 
 川路聖謀(68歳)▼四人目で得た愛情深い妻との明るい家庭 
 梅田雲浜(45歳)▼夫の志に殉じた妻に支えられる貧乏暮らし I
 武田耕雲斎(63歳)▼幸せな大家族に吹き荒れた天狗党大量処刑の嵐 
 勝 海舟(76歳)▼放蕩無頼の父と妻妾同居の夫に仕えた勝家の嫁 
 河井継之助(42歳)▼気まま者の姑と夫に尽くした忍耐の嫁 
 武市半平太(37歳)▼獄舎暮らしの夫と同じ労苦を身に課した妻 
 吉田松陰(30歳)▼仲睦まじい家族の理解と協力で運営された村塾 
 坂本龍馬(33歳)▼自宅なき夫婦が過ごした変則的な結婚生活 
 山岡鉄舟(53歳)▼布団がわりに着物を脱ぎ産後の床に付き添う夫 
 榎本武揚(73歳)▼男も惚れた江戸っ子幕臣の恵まれた家族達 
 グラバー(73歳)▼妻の家族も呼んだ貿易商一家の幸福な日々 
 高杉晋作(29歳)▼親孝行のつもりで迎えた妻との短い結婚生活 
西郷頼母(74歳)▼龍城当日の家羞数で起きた一族自刃の悲劇
 

明 治

 
岩倉具視(59)▼幽居中の陰謀家の手先となった愛妾と子息たち
西郷隆盛(51歳)↑流罪先の島で暮らした妻子との別離と再会
大久保利通(49)▼鉄血宰相が家庭で見せた、ごく平凡な父親像
福沢諭吉(68歳)▼隠し事のない夫婦親子のマイホーム主義
松方正義(90)▼「自助共済」をモットーに育てあげた十四男六女
 樺山賛紀(84歳)▼子々孫々を国際交流人にした薩摩隼人
 渋沢栄一(92)▼華麗なる財閥一族を悩ませた長男廃嫡問題
 伊藤博文(69)▼奉公に出した一人息子を励まし薫陶する両親
 田中正造(73)▼「天皇直訴」の決行前に妻に送りつけた離縁状
 大山巌(75)▼外国語も飛び交う洋館住まいのハイカラ家族
 陸奥宗光(54)▼獄中や海外から筆まめに送った妻への手紙
 中江兆民(55)▼親子三人で食べ歩きもした奇人パパの子育て 
 東郷平八郎(88)老妻相手に口喧嘩しながら囲碁を楽しむ晩年
 乃木希典(64)▼父譲りの鍛え方で二人の息子を軍人にした夫
 児玉源太郎(55)▼総勢十五人の留守家庭を切り盛りした恋女房瑚
山本権兵衛(82歳)▼結婚前に妻と交わした「円満なる家庭」の誓い 
秋山好古(72歳)▼「女嫌い」と間違えられた克己心の強さ 
森鴎外(61歳)▼子供一人ひとりに無限の愛を注いだ「バッハ」 
夏目漱石(50歳)▼不器用ながら子供たちを真剣に愛した文豪 
幸田露伴(81歳)▼娘に躾けと家事全般を叩き込んだ「明治の父」
正岡子規(36歳)▼不安な闘病生活で実感した「家族団欒」の大切さ 
幸徳秋水(40歳)▼辛い苦労も生きがいとした革命運動家の妻 
樋口一葉(24歳)▼貧困と借金にあえぎながらもクたのしき〃女所帯
野口英世(53歳)▼帰国を切望する母心がかなえた愛息との再会
与謝野晶子(64歳)▼夫への激しい恋情から十二人の子を産み育てた
石川啄木(26歳)▼貧困家庭をよそに放蕩する夫への変わらぬ献身
岸田劉生(38歳)▼死ぬ直前まで措き続けた愛娘「麗子像」の連作
 
大 正
 
高橋是清(83歳)▼波乱万丈の人生を歩んだ夫唱婦随の典型夫婦 (前坂俊之執筆)
原敬(66歳)▼父から教わった政治家の家族としての戒め〃 
新渡戸稲造(72歳)▼愛妻メリーと二人三脚で歩んだ教育と平和への道
鈴木貫太郎(80歳)▼夫を危難から救った「武士の妻」の機転 (前坂俊之執筆)
岡田啓介(84歳)▼義弟と毎食弁当ですます男所帯の首相官邸 
浜口雄幸(62歳)▼晩餐で聞ける父のユーモアが子供たちの楽しみ
芥川龍之介(36歳)▼遺稿に書きとめていた新婚家庭の淋しい光景
若山牧水(44歳)▼旅と酒に生きた歌人に受け継がれた祖父母の情愛
 
昭 和
 
広田弘毅(71歳)▼母の自殺後も東京裁判の傍聴に通う娘たち
米内光政(69歳)▼義父母と同居の留守所帯を守った新婚の妻
斎藤茂吉(72歳)▼「一心不乱に勉強せよ」と叱咤する父の愛
鳩山一郎(76歳)▼政治家一族の礎を築いた教育熱心な母と妻
山本五十六(60歳)▼開戦前夜、病床の妻と家族で囲んだ最後の夕餉 
東條英機(65歳)▼大家族の新婚夫婦を悩ませた母のヒステリー
種田山頭火(58歳)▼母の自殺から始まった一家離散と家庭崩壊 
今村 均(82歳)▼心の隅に宿していた先妻へのつぐないの念 
萩原朔太郎(57歳)▼大都会で夢想したモダンな家庭生活の崩壊 
阿南惟幾(58歳)▼平凡な家庭人にあえて徹しょうと努めた愛妻家 
岡本かの子(49歳)▼自由恋愛も可、異次元を地で行く芸術一家 
栗林忠道(54歳)▼戦死後も遺族の心を励ました「硫黄島からの手紙」 
近衛文麿(54歳)▼自決前夜、子供たちと交わした最後の会話 
江戸川乱歩(70歳)▼妖しい探偵小説の大家は弟妹思いのよき家庭人 
岸 信介(90歳)▼〝安保反対遊び″の孫たちを愉快がる好々爺 
金子みすゞ(26歳)▼放蕩癖の夫から詩作を断たれた末の離婚と自殺 
林芙美子(47歳)▼一家放浪と男性遍歴の果てにつかんだ平穏な家庭 
中原中也(30歳)▼明るく笑う妻と幼子に癒された平安の日々 
湯川秀樹(74歳)▼秀才兄弟の谷間″だった三男を救った母の一言 
萬屋錦之介(64歳)▼元梨園御曹司の銀幕スターが愛した歌劇の星 
石原裕次郎(52歳)▼海の男″が息子に教えたスポーツと酒と映画 
美空ひばり(52歳)▼歌う女声への道を二人三脚で歩いた母と娘 
 

 - 人物研究 , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
『六十、七十,洟たれ小僧の湘南海山ぶらぶら日記』/『つり竿さげて、鎌倉海をカヤックフィシングでさかな君と遊べば楽しいよ』★『「半筆半漁」「晴釣雨読」「鉄オモリをぶら下げて」鎌倉古寺を散歩すれば、悠々自適!』

以下は2011年7月7日に書いた「湘南海山ぶらぶ日記」の再録である。約10年前は …

no image
女性学を切り開いた稀有の高群逸枝夫妻の純愛物語

 「国文学」09年4月号に掲載     <結婚とは死にまでい …

no image
日本リーダーパワー史(76)辛亥革命百年(14)中国革命の生みの親・孫文を純粋に助けたのは宮崎滔天

             日本リーダーパワー史(76)   辛亥革命百年(14) …

no image
「花子とアン」のもう1人の主人公・柳原白蓮事件(5)「愛人宮崎龍介との出会いー青春の力に恋の芽生え」(東京朝日)

  「花子とアン」のもう1人の主人公・柳原白蓮事件(5)   …

no image
日本リーダーパワー史 (24) 「 鎖につながれた知の巨人」熊楠の全貌がやっと明らかに(下)。

日本リーダーパワー史 (24) 「鎖につながれた知の巨人」熊楠の全貌がやっと明ら …

no image
『5年前の記事を再録して、時代のスピード変化と分析ミスをチェックする』-『2018年「日本の死」を避ける道はあるのか⑤』★『アベノミクスで政権100日は成功、この難題山積のナロウパス (細いつり橋)を素早く突破しなければ、日本の明日は開けない』★『スピード突破できずTimeout、釣り橋から落下の運命が迫りくる?』

★『2018年「日本の死」を避ける道はあるのか ー―日本興亡150年史』⑤― < …

no image
日本風狂人伝⑧文壇の大御所を生んだ盗まれたマント

日本風狂人伝⑧             2009,6,24   菊池寛 …

no image
 日中北朝鮮150年戦争史(41)『日中歴史復習問題』★「日清戦争の内幕ー中国人民軍(清国軍)もらった「売命銭」分しか戦わない、汚職腐敗軍隊。 中国3千年の歴史は皇帝、支配者の巨額汚職、腐敗政治であり、「習近平政権」(1党共産党独裁)にも延々と続いている。①

 日中北朝鮮150年戦争史(41)   日清戦争敗北の原因「中国軍(清 …

no image
日本最強の参謀は誰か-「杉山茂丸」の研究③伊藤博文の政友会創設にポンと大金をだし、金融王・モルガンを煙に巻く

 日本リーダーパワー史(477) <日本最強の参謀は誰か– …

no image
「最後の木鐸記者」毎日新聞・池田龍夫氏(87)を偲ぶ会―晩年に病苦と闘いながら「新聞に警鐘を鳴らし続けた」不屈の記者魂をたたえる。

「最後の木鐸記者」毎日新聞・池田龍夫氏(87)を偲ぶ会―晩年に病苦と闘いながら「 …