前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『リーダーシップの世界日本近現代史』(278)★「パリ・ぶらぶら散歩/ピカソ美術館編」(5/3日)⑦ピカソが愛した女たち「マリ=テレーズ・ワルテル」

   

    2015/06/03F国際ビジネスマンのワールド・カメラ・ウオッチ(108)』

「パリ・ぶらぶら散歩/ピカソ美術館編」(5/3日)

ピカソが愛した女たち《マリ=テレーズ・ワルテル」》

「 F 氏のコメント」

ピカソの巨大で怒涛の如きその創作意欲は、彼の女性遍歴(公表されているだけでも5名)と密接不可分の関係にある。ここで紹介する画材としての女性も、その肉体と精神を知り尽くした上で、画家の五感を総動員して「美と悦楽」を紡ぎ出している。

パブロ・ピカソ  (1881〜1973)

2)マリ=テレーズ・ワルテル  (1909〜1978)

・1927/1、 46才の画家がパリのオスマン通りで18才のテレー
ズに声を掛けたのが初対面。画家はテレーズの若さ、健康美、悩みを知
らない屈託の無さにスッカリ夢中になる。彼女には美しい強さを湛えた
フォルムと透明な瑞々しさがあり、官能的で呑気、陽気で注意深く、人
生をあるがままに受け入れ、戸惑うほど自然体であった。テレーズの画
家に対する第一印象は「とんでもなく素敵な人」であったという。

・テレーズは豊かな寛大さと無邪気さをもって、画家を熱愛し続けた。5
人の女性の中で、彼女ほど慎ましく、ピカソの栄光を利用しなかった者
は他にいない。彼女は画家にほとんど何の苦悩も与えなかったどころ
か、彼が彼女に屈辱、深い悲しみ、苦痛として与えたものに対し優しさ
で返した。テレーズは画家が最も深く長く愛着を感じた女性である。

・テレーズの絵、丸々として包み込むような曲線、健全で官能的な快楽。
整った顔、波打つ髪、飛び出た張りのある胸。画家が彼女の身体をどの
様に扱っているか、観る者の想像力を刺戟する。

・20年程、テレーズは控えめで優しい陰の存在となり、愛人、腹心、修
道女の三役を見事にこなし、魅惑的なドンファンへ変わらぬ忠誠心を
持ち続けた。

・テレーズは画家の死後4年、自ら命を絶つが、彼女の娘マイアは「母は
父の面倒を見なければならないと思い込んでいました。父が死んだ後ま
でも、母は父があの世で一人で寂しそうにしているのが耐えられなかっ
たのです」という。

「マリー・テレーズの肖像」 1937年作(テレーズ28才、ピカソ56才、二人が出会って10年経過)‏
6666666666666

 - IT・マスコミ論, 人物研究, 健康長寿, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

images
今年の日本エッセイスト・クラブ賞の『チェリー・イングラム 日本の桜を救ったイギリス人』の著者・ジャーナリスト 阿部菜穂子氏が6月28日、日本記者クラブで自著を語る。(動画90分)

  ★<ジャーナリスト 阿部菜穂子氏 著者と語る『チェリー・ イングラ …

no image
速報(362)『日本のメルトダウン』●「真紀子爆弾」が突きつけた大学倒産時代の現実』●「『日本版「財政の崖」に対する懸念は行き過ぎ』

速報(362)『日本のメルトダウン』     ●「真紀子爆弾 …

no image
『日本戦争外交史の研究』/『世界史の中の日露戦争』⑪『英ノース・チャイナ・ヘラルド』/『日露開戦半年前ーさし迫る戦争 それを知る者より』●『日本の忍耐が限界に近づいていることは.1度ならず指摘している。満州撤兵の約束をロシアに守らせるというのは,イギリスやアメリカにとっては元のとれる仕事かどうかの問題に過ぎないが,日本にとっては死活問題なのだ。

 『日本戦争外交史の研究』/『世界史の中の日露戦争』⑪ 1903(明治36)年7 …

no image
高杉晋吾レポート(22)ルポ ダム難民⑥<和歌山県新宮、田辺本宮、古座川、白浜、日高川中津、日高美浜町の現場ルポ>

高杉晋吾レポート(22)   ルポ ダム難民 ⑥ 超集中豪雨の時代のダ …

no image
日本リーダーパワー史(918)記事再録『憲政の神様/日本議会政治の父・尾崎咢堂が<安倍自民党世襲政治と全国会議員>を叱るー『売り家と唐模様で書く三代目』①『総理大臣8割、各大臣は4割が世襲、自民党は3,4代目議員だらけの日本封建政治が国をつぶす』

  2012/02/23 日本リーダーパワー史(236)転載 < …

no image
日本メルトダウン(1005)ー『  プーチン訪日を批判報道する中国――対中包囲網警戒も(遠藤誉)』●『中国、日露首脳会談「成果なし」に安心?』★『中国の大気汚染、北部23都市で最高レベルの「赤色警報」発令へ』◎『中国の毛ガニが浮き彫りにする汚染危機の根深さ 香港当局が発がん性物質を検出、浄化作戦のモデルの湖が・』●『中国人頼みのカジノは必ず失敗する(李小牧)』●『爆買い客が中国に持ち帰った最も貴重なお土産とは? 日本流ビジネスを自分たちのモノにしていく中国人』●『韓国、中国人観光客の大暴れ多発が社会問題化…飲食店に酒持ち込み無銭飲食、殺傷&暴行多発』

日本メルトダウン(1005)   プーチン訪日を批判報道する中国――対 …

no image
記事再録/日本リーダーパワー史(771)―『トランプ暴風で世界は大混乱、日本の外交力が試される時代を迎えた。日清戦争の旗をふった福沢諭吉の日清講和条約(下関条約)から3週間後の『外交の虚実』(『時事新報』明治28年5月8日付』を紹介する。この後の三国干渉(ロシア、ドイツ、フランス)の恫喝外交、強盗外交に弱国日本は屈した。

    記事再録2017/02/22 日本リーダー …

no image
メディア接触度チェックリストのアンケートについて

      メディア接触度チェックリストのアンケートについて <国際コミュニケー …

no image
日本リーダーパワー史 ⑩ 日露戦争での大山厳、山本権兵衛の軍配問答にみるリーダーシップ

日本リーダーパワー史 ⑩日露戦争での大山厳、山本権兵衛の軍配問答にみるリーダーシ …

no image
日本メルトダウン脱出法(716)「市場の混乱はいずれ収束、怖いのはその後の“大嵐”」●「天津爆発事故で注目を集める「小虎」の腐敗、 一般市民にとっては身近な役人の方が重要』(英FT紙)

   日本メルトダウン脱出法(716) 市場の混乱はいずれ収束、怖いのはその後の …