前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『リーダーシップの日本近現代史』(98)記事再録/ 日本国難史にみる『戦略思考の欠落』(31)<川上参謀総長からロシアに派遣された田中義一大尉(後に陸相、首相)はペテルスブルグで活躍<ダンスを習いギリシャ正教に入信して情報収集に当たる>②

   

 

 2016/01/14/日本リーダーパワー史(638)

 前坂俊之(ジャーナリスト)

田中は明治31年8月にペテルスブルグに赴任,その1年後に川上は急死す,日露戦争5年前のこと

参謀本部は早晩戦うべき相手のロシア研究に、若い優秀な将校を送りたかったので、川上総長は田中を選んだ。川上は一大尉たる田中に対して、「謹而呈田中兄 川上操六拝」と自署した写真を贈って餞別としたのだから、彼のロシア行をいかに川上が重大視したかがわかる。その川上は、それから一年後に急死するのである。

日露戦争勃発の5年前である。田中のロシア派遣は川上のインテリジェンスの冴えが発揮された、最良の人選となった。この参謀本部の逸材は川上の期待に応え、ロシア研究に打ち込み、ロシア人になりきって、諜報活動に獅子奮迅の活躍を見せる。

田中大尉は1898年(明治31)6月に東京を発ち、8月にペテルブルグに到着した。時のわがロシア公使は、林董(次で小村寿太郎、珍田捨巳)で、公使館付武官は、伊東主一少佐で、伊東少佐病死の後は村田淳大佐であった。なお藤室少佐(後の陸軍少将藤室松次郎)広瀬大尉(後の海軍中佐広瀬武夫)等の先達者もいたので、いろいろと指導を受けると共に、藤室少佐の紹介で先ずロシア語の研究を始めた。

田中の任務とする研究は、

ロシア陸軍の実情、その作戦、動員、編制、教育及び兵器材料等、直接軍隊に関する事が主ではあったが、当時世界第一の強大を誇るロシアの国情、その社会組織を通じて軍隊と国民との関係、ロシアの裏表一切を調査研究するに在った。直接的に陸軍を研究するためには、内山駐仏公使館付武官の注意もあったので、部隊付になろうと希望したが、日本武官の隊附勤務は前例がないという理由で、容易に実現しなかった。

もし強いて事を急げば時が時であるだけにあらぬ疑惑を招いて、鉄のカーテンをいよいよ堅くさせるばかりになりそうなので、まだロシア語も不十分だったので、しばらく機会を待つことにし、それまではロシア、ロシア人を徹底的に研究して見ようと決心した。

社交場に出入して、ロシア名を名乗る

そこで社交場に出入して上層階級と親しく交際をするにも、下層階級に飛び込んで行くにも、生活様式をロシア人同様にして、彼等の風俗習慣に同化することが先決問題であると考えた田中は、先ず自分の姓名をロシア式に変更し、名と姓との間に父称を入れて『ギイチ・ノブスケウィッチ、タナカ』と名乗り、名刺もこの通りに作った。

このロシア人になりきろうとする態度は、人情の機微に触れて、生れつきの人の善さと相まって、ロシア人といたる所でたちまち旧知のような深い交際を結ぶことが出来た。

藤室少将は次の如く語っている。

「当時私は少佐で、田中さんは大尉であったが、ロシアに来られたのは私よりも半年ばかり後であった。

先ず最初の二年間は、語学の研究で田中大尉も他の者と同じように、婦人の教師について勉強した。婦人を教師に選ぶのは、発音が正しいからである。その女教師と初対面の時『信仰は何宗教か』と、尋ねられたので私は『仏教だ』と答えたが、田中大尉は『無宗教』と云ったので、教師は非常にビックリしたようであった。

それほど宗教の盛んな国であったからロシア人と親しくするためには無宗教と答えた田中大尉も、間もなく教会に行くようになったばかりでなく、ロシア人との社交上必要なので、ダンスの稽古もやったが、流石の田中大尉も、ダンスは物にならなかったようだ。

当時の公使館員も武官も何か問題の起った時は忙しいけれども、平常は暇にまかせて、遊びも盛であった。私共も誘われるままに、あるいは芝居見物に往くとか花札を引くなど盛にやったものである。

また人情の機微を心得ていて、思い切ったことをされたもので、これもその一つだが、ロシア人に限らず欧洲人は一般に、日本の柿を非常に珍重するので、大尉は日本から柿をとり寄せて、彼等を喜ばせたこともあるし、又、焼豆腐を取寄せたこともある。

私は荷物の着いた時のことを覚えているが、豆腐をブリキカンに入れて、氷をつめた大変な荷造りであった。公使館で一同舌鼓を打って賞味した。この柿にせよ、焼豆腐にせよ、要するにロシア要路の人物に接近して親密になる手段ではあったろうが、田中さんがやられると如何にも板についていて手段だなどと思う者はなかった。

しかしその苦心と努力とは容易ならぬものであった。又、ロシア研究の歩度が進んで真剣味を加えて来ると、その活躍も相当なものである時のごときは重要書類と図画とを入手され、これを公使館の奥で厳重に包装して、ドイツとの国境まで持って行って参謀本部に密送したこともある。それはロシア軍の戦時集中計画を書いた貴重な資料であったから、日露戦争に役立ったことは、いうまでもなかろう。

私は、二年余り田中大尉と一処に、ペテルスブルグに駐在したが、たまたま御来遊の開院宮殿下に随行した大島中佐(後の陸軍中将大島健一)が病気になったので、私が代って供奉の命を受け、殿下に随行帰朝した。

シベリア経由の御予定であったが、北清事変のため、モスコーから引返して、仏国マルセーユから海路、御帰朝になった。

田中大尉は私の帰国する直前からロシア軍の隊付となって、一層深くその内画を調査研究したようで、後の戦役を考えると田中のロシア研究と日露戦争とは、離すことの出来ない関係である。」

ダンスとギリシャ正教の入信について田中自身は後年、回想する。

「ロシアの貴族と交際するためにはダンスを知らねばならぬので、当時海軍から留学していた広瀬(武夫)と一緒に、露国の帝室付ダンサーであった女優を師匠として稽古をした。

初めの間は大きな鏡の前で両手を腰に当てて腰の振り方を稽古するのであるが、広瀬の腰付がうまくゆかないので、竹の鞭で叩いて矯正されるけれども、柔道で鍛えた広瀬の腰は女優の鞭位では容易に直るはずはなく、流石の広瀬も大いに困り、気の毒に堪えなかったこともあった。」

が、御当人のダンスも前述の如くものにはならなかったようであるが、自分の腰つきには、述懐はふれていない。

ただ国のためと思いつつ、軍神と讃えられた広瀬中佐と総理大臣になった田中大将とが、女優上りのダンサーに鞭で叩かれながらダンスを踊った光景は一種の微苦笑を催おさせるものがあるではないか。

ロシア人に成り切る努力の第三はギリシア正教への入信であった。帝政時代のロシアは十六世紀頃からギリシア正教を国教とし、しばしば起った君主独裁の政治的危機も、民族精神を統一する国教によって救われたことさえあった程、信仰は殆んど衣食住に先行する程に狭く民族に根を下ろしていたのである。ただ国のためと思いつつ、軍神と讃えられた広瀬中佐と総理大臣になった田中大将とが、女優上りのダンサーに鞭で叩かれながらダンスを踊った光景は一種の微苦笑を催おさせるものがあるではないか。

従って十七、八、九の三世紀にわたる絶間ない外国との戦争はその殆んどが異教徒を征服せんとする宗教戦であったから、民族的結束は益々強力に展開されたのである。

そのユダヤ人に対する圧制、あるいはポーランドの亡国と、その再建を巡る執拗な独立騒ぎも、異教徒であるというのが主たる理由である。

従って上流と下流とを問わず、兵隊も娼婦も国教の熱烈なる信者で、一週二回の説教と祈祷とを怠る者がなかったのは、我々がロシア文学でよく知るところである。

田中大尉も、語学教師が「無宗教」に驚ろいたのに自覚し、先ずロシア人と信仰とを研究して、正教に入信せねば殆んど人間扱いを受け得られないことを知ったので、直ちに入信の手続をとり、敬慶なる信者として下宿の老人と共に祈祷に参列し、説教を聴聞したのである。

云うまでもなくこの入信がロシア人の信用を一挙に獲得したことは当然であった。後に掲げる大尉の日記によれば、或は長時間ひざまずいて祷り、あるいは聖水を頭に受け、亦聖像に接吻するなど其の信仰振りはまことに堂に入ったものであった。

「田中義一伝」(上)原書房 1981年(1958年刊行の復刻版)

 - 人物研究, 戦争報道, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
米占領下の国内政治はどうだったのか(1945-50)ー占領下での各政党の歩みー

                                    2008 …

no image
日本メルトダウン(958)『東京五輪新施設 建設中止も…費用3倍、都調査チームが削減提案』『ノルウェーの巨大ファンド:国富を使わない方法 (英エコノミスト誌)●『「ポスト真実」の政治:ウソで真実を圧倒する技 (英エコノミスト誌』●『ついにスマホブームは終わるのか? 今年の世界出荷台数、ほぼ横ばいとの見通し』●『なんと粗末な代表質問!民進党のレベルは「お子様級」というほかなし』●『【特集】“超巨大津波”の恐れ、南海トラフ地震でも』

    日本メルトダウン(958)   東京五輪新施設 建設中止も…費 …

no image
日本リーダーパワー史(164)『江戸を守った山岡鉄舟の国難突破力④ー『常在戦場の胆力、まず走りだしてから考えろー』

     日本リーダーパワー史(164) …

no image
片野勧の衝撃レポート(68) 戦後70年-原発と国家<1957~60>封印された核の真実 「戦後も大政翼賛会は生きていた,「逆コース」へ方向転換(上)

片野勧の衝撃レポート(68) 戦後70年-原発と国家<1957~60> 封印され …

no image
『アルジャジーラの戦争』イラク戦争報道で欧米メディアを圧倒―

1 2003 年11 月5 日 『アルジャジーラの戦争』イラク戦争報道で欧米メデ …

no image
日本メルトダウン脱出法(729)「中国発の世界的リセッションは起きるか?」(英FT紙)●「護憲派は自衛隊の災害救援活動には反対しないのかー「憲法違反」議論をよそに命がけで被災者救出

日本メルトダウン脱出法(729) 中国発の世界的リセッションは起きるか?ー減速感 …

no image
終戦70年・日本敗戦史(148)『日本敗戦前日の8月14日、宮城事件で斬殺された森赳近衛師団長の遺言 <なぜ日本は敗れたのかー11の原因>

  終戦70年・日本敗戦史(148) <世田谷市民大学2015> 戦後70年   …

no image
速報「日本のメルトダウン」(489) 「福島4号機の燃料棒(1,533体) 取り出し11月8日にも開始,世紀の難事業は東電任せで大丈夫か

 速報「日本のメルトダウン」(489)   ◎「福島第1原発 …

no image
『知的巨人の百歳学(158)記事再録/吉川英治創作の宮本武蔵の師・沢庵禅師(73)の『剣禅一致』 <打とうと思わず、打たじとも思わず、心海持平(しんかじへい) なる時、前に敵なく、後ろに物なし。ここが無の境地じゃ>

百歳学入門(73)   前坂 俊之 (ジャーナリスト)   …

no image
『ガラパゴス国家・日本敗戦史』㉘ 『来年は太平洋戦争敗戦から70年目― 日本は<第2の経済敗戦>の瀬戸際にある!②』

 『ガラパゴス国家・日本敗戦史』㉘     『来年は太平洋戦争敗戦から70年目― …