前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

日本リーダーパワー史(72)辛亥革命百年⑪頭山満の孫文支援について

   

日本リーダーパワー史(72)
辛亥革命百年⑪頭山満の孫文支援について
 
前坂 俊之(ジャーナリスト)
 
●「往時を顧みて感無量」(古島一雄の話)
 
 故孫文の革命の門出にあたり十八年前、犬養毅、・頭山満両氏を奉じて上海に来り、孫文を激励したことがあるが、今やその人は故人となったとはいえ、その革命は大体成功し、再び両氏を奉じて空前の盛大なる葬儀に参列するため二十三日上海に到着したについては、両氏はもちろん余もまたその往時を追憶し感慨切なるものがある。
 
葬儀を前にして蒋介石、馮両氏が争うことは孫文のためにも、支那のためにも悲しむべきことには違ひない。誰が天下を取るにしても国民政府たるに変わりはない。
また将来、如何なる政変があるにしても、いづれも孫文の遺訓を無視するととは出きない。孫文の後継者たることを一般に認められるにあらざれば将来支那の政権を維持することは出来ない。孫文の革命は今や絶対的なものである。こ
の点孫文としても慰めとするに足る。
 
犬養、頭山、孫文三氏の相知ったのは二十数年前のことである。爾来、孫文が革命の遂行上との両氏に負ふところ如何に大なるものがあったか世人の多くは忘れている。国民党員といえどももこれを記憶するものは少いてあらう。
幾度か日本に亡命した孫文が安全に暮し得たのも両氏に負ふところが少くない。山本権兵衛内閣、当時時孫文が神戸に亡命し来りわが官意はこれが上陸を阻止したことがある。余はその当時一代議士として犬養、頭山両氏の意をうけて神戸に出迎へんとしたが、その政府の方針を聞き憤慨おく能はず、代議士たる身分によりどこまでも孫文を保護し東京に拉し去る決心をした。
 
犬養氏は『そんな手荒いことをせずとも俺がなんとかしてやる』とて山本首相を説き伏せ孫文の上陸が許されたものである。また大正十三年冬、孫文北上の途次最後に神戸に立寄った時にも余は犬養、頭山両氏の意をうけて神戸に出迎へた。
 
その際孫文の東亜の大局、世界の平和へ全人類の幸福のために抱懐していた政策は実に遠大をもので、孫文はこれを両氏に伝えるべく余に託した。その後世界の大勢および日支の関係を見ると、その当時の孫文の政策と相隔たること遠きものあるは遺憾の極みである。今や日支関係も次第に軌道に復さんとしつつあり。
しかし、犬養、頭山両氏とも昔孫文に与えた好意に対し、今その恩義をむくいられんことを予期して来たのではない。
 
二十年来の英雄、世界の偉人の遺した業を偲び、その盛大なる葬儀に列することを一生の思ひ出とするため欣び勇んで来たものである。との両氏の意図を察し、両氏が孫文に与えた教々の好意を今多く公表することはやめよう。
 
 
●「荒尾精と頭山満」(田鍋安之助の話)
 
 私の承知しているところでは支那に於ける有志者の元組とも云ふべき荒尾精氏と頭山翁とは刎頸(ふんけい)の交りを結んでゐた。荒尾氏の支那における仕事に就いて頭山翁は陰になり日向になり援助したものである。
 
荒尾氏の仕事は支那調査のため日清貿易研究所なるものを起し、八十余名の人物を上海に於て養成した。量で申せばさう大したものではないが、此の人は支那に於て一番始めに仕事を起した人と申すべく、其の仕事を成すには非常な国難があった。例へば支那の事を諭査するにしても、其の時代には支那には排外の思想が極端に強く、半ば鎖国の欺態であったから、内地に入って調査に従事する者は度々危険に合し、中には行方不明になった者が多かった。
 
日清貿易研究所にしても、その養成した人間は僅か八十余名であったけれども此の学校が今日の東亜同文書院の前身であった。-体、この荒尾と云ふ人は非常に大望を抱いていた人で、此の東洋の衰運を挽回したいといふ考へで、其れには先づ支那を興さなくつてはならぬ、支那を興して而して後、日本と支那とが提携してアジア諸国を率ゐて行かねばならぬといふ考で、陸軍の現職として支那事業にとり掛ったのである。不孝にして三十八歳にして病気のために永眠せられ其の志は途げ得なかったけれども、其の人の仕事は同志の人々や其の門下生等に依って、其の後ますます拡大されて行きつつある。
 
此の荒尾氏の事業に対して頭山翁が陰に陽に輿へられた援助は多大なものであった。
 
 その外、頭山翁が孫文、黄興を中心とする支那の革命党に対して輿へられたる援助の力大なりしことは世人の知っている所である。また頭山翁は日露戦争においてて如何なる考を持って居られたか?
 
 思ふに翁の考へは、アジアを興して不当に白人を排斥すると云ふのでなく、現今、アジアは不当に白人の圧迫を受けて居るから其れを取り除かうとしたのである。つまり此の白人の不当なる行為を匡正して、以て真の世界平和を企しようとするのが翁の目的である。
真の世界平和は天地の公道に基くもので、総ての人類は平等でなくてはならぬ。
 
 
 然るに露国が日本を圧迫して来たと云ふ事は、即ち東洋平和を撹乱する行為であったものだから、翁は憤然として起って対ロシア主戦論を主張したのである。

かの日露戦前の対ロ同盟会、即ち後の対ロ同志会の統帥は近衛篤麿公であったけれども、其の中堅となった人は頭山翁と根津一氏とであったと云って宜しからうと思ふ。而して此の両氏等が近衛公を輔佐して以て各政党を聯合し真に全国民の同盟となしたもので、此れが日露戦争の原動力となったのである。

 
根津氏は荒尾精氏と同心一体の人であった。思ふに対ロ同志会の任務そのものは、頭山翁の一生に於ても最も心血を注がれた大事業であったと思ふ。翁が如何に偉大なる先見の明があったかは驚嘆の外はない。
 
 
●辛亥革命で革命軍へ医療班を派遣
 
支那に第一革命の勃発をして後間もなく、頭山翁を始め対抗支有志者に依って組織された革命援助の有隣会では、先づ急場の援助として山科多久馬、古住慶二郎、古賀五郎、波野譲氏等の医師や薬剤師に看護婦を附し、多量の薬品を携へ牛丸友佐氏を宰領として戦地に特派し、革命軍の傷病者を救療せしめた。
 
この救療班一行は南京に陸軍病院が創設されるにあたり、その中心となって献身的努力をなし、多数の傷病者から神の如く尊敬、感謝されたのである。その救護送別の記念会の写真には牛丸友佐、頭山満、梅屋庄吉、右から小川平吉、葛生能久、本城安太郎、内田良平、大崎正吾らが写っている。
 
<参考文献「頭山満翁写真伝」(藤本尚則著、昭和10年)>

 - 人物研究 , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

222222
『F国際ビジネスマンのワールド・カメラ・ウオッチ(117)』ピカソが愛した女たち《ドラ・マール》の傑作2点「泣き女」との対比

『F国際ビジネスマンのワールド・カメラ・ウオッチ(117)』 「パリ・ぶらぶら散 …

no image
●「日本の新聞ジャーナリズム発展史(下)-『 昭和戦前期 ・軍ファシズムと新聞の屈伏』★『新聞と戦争「新聞の死んだ日」』★『 昭和戦後期・占領時代の検閲』★『「60 年安保からベトナム戦争まで」』★『「安保で死んだ新聞はトベトナム戦争でよみがえった」』

「日本の新聞ジャーナリズム発展史」(下)   2009/02 …

no image
日中北朝鮮150年戦争史(17)『日清、日露戦争勝利の方程式を解いた男』川上操六陸軍参謀総長ー日清戦争前に『朝鮮半島に付け火せよ。そして火の手をあげよ。火の手があがれば我はこれを消してみせる』

    日中北朝鮮150年戦争史(17) 日清戦争の発端ー川上操六のイ …

no image
日本リーダーパワー史(175)『辛亥革命百年の真実』『孫文を助けた大アジア主義者・犬養毅らの熱血支援』

日本リーダーパワー史(175) 『辛亥革命百年の真実』 『孫文を助けた大アジア主 …

no image
明治150年歴史の再検証『世界史を変えた北清事変④』★『連合国を救援するために日本が最大の部隊を派遣、参謀本部の福島安正情報部長が「各国指揮官会議」を仕切って勝利した』

 明治150年歴史の再検証『世界史を変えた北清事変④』-   連合軍の足並みの乱 …

no image
「日中韓150年戦争史」(72)「朝鮮王朝が行政改革を行えば日本は東学党反乱を鎮圧にあたる』『ニューヨーク・タイムズ』

    『「申報」や外紙からみた「日中韓150年戦争史」 日 …

no image
知的巨人の百歳学(127)ー禅の達人・鈴木大拙(95歳)④『1945年8月『日本敗戦』の混乱をみて <言葉を言い換えて事実の本質忘れて、無責任となる感情的な行動(センチメンタリズム)を脱せよ。感傷的でなく、もっと合理的、論理的に考なければならぬーと警告した。。

日本リーダーパワー史(279)   『日本沈没・崩壊は不可避なのか』- …

no image
『日本敗戦史』㊱『近代最大の知識人・徳富蘇峰の語る『なぜ日本は敗れたのか➁』「リーダーシップ・長期戦略の欠如」

  『ガラパゴス国家・日本敗戦史』㊱   『来年は太平洋戦争敗戦から70年目―『 …

no image
知的巨人の百歳学(126)『天才老人/禅の達人の鈴木大拙(95歳)の語録』➂★『平常心是道』『無事於心、無心於事』(心に無事で、事に無心なり)』★『すべきことに三昧になってその外は考えない。結果は死か、 生か、苦かわからんがすべき仕事をする。 これが人間の心構えの基本でなければならなぬ。』

 記事再録/百歳学入門(41) 『禅の達人の鈴木大拙(95歳)の語録』 …

no image
福沢諭吉の「韓国独立支援」はなぜ逆恨みされたか⑥「華兵(中国兵)凶暴」の記事が支那側から激しい抗議があり、辞職、帰国した。

  「日本開国の父」『アジア開国の父』の福沢諭吉 の義侠心からの「韓国独立支援」 …