前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

NHK「花子とアン」のもう1人の主人公・柳原白蓮事件(6)「燁子を救うのか私の義務」と宮崎龍介(東京朝日)

      2015/01/01

 


NHK
「花子とアン」のもう1人の主人公・柳原白蓮
事件(6


当時の新聞などの報道と「男不平等」「公娼制度」など当時の女性の

差別の実態を見ながら、柳原白蓮の行動を逆照射していく

 

柳原白蓮

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9F%B3%E5%8E%9F%E7%99%BD%E8%93%AE

白蓮事件

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%99%BD%E8%93%AE%E4%BA%8B%E4%BB%B6

 

宮崎龍介

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%AE%E5%B4%8E%E9%BE%8D%E4%BB%8B

 

燁子(あきこ)を救うのか私の義務、と宮崎龍介


〔大正101022日 東京朝日〕

 

宮崎君の告白

 

相愛に結ばれた白蓮夫人と宮崎君とはこれかちの後は行くべき所まで行く覚悟であろうが、愛人宮崎君はどう考えているか。昨21日、小石川関口町の事務所に同君を訪ねると、やや驚ける態度にて.語った。

 

 今更隠しても仕方がありません。燁子との一恋愛関係に就いては、僕は決して否定しません。三年前、別府で脚本刊行の交渉以来一知り合いになったので、それ以来僕等の間に自然とある親しみを抱くようになったのです。

 

燁子も可哀相だと同情します。10年間、伊藤家にあって、苛まれ田生活は今日、燁子が自覚の前提だから、むしる僕から見れば伊藤家に感謝してもよかろうと思って居ます。しかし、燁子は賛成しません。それだけ十年の荒らしに荒らされた生活の痛苦が偲ばれます。

 

或いは触るべき制裁がありましょう。しかし僕はどこまでも救ってやりたい。僕によって生きて行こうとするならば、救って行くのは僕の義務です。燁子は至って聡明な性質の女です。無論いまとなっては、行くべき所まで行くつもりです。

 

燁子はどこに行ったのか、僕としてはその行く先は知りませんというより外はお話はいたし兼ねます。ただ今後これに対していろいろの障害が凄い来ると思います。

 

第一、  僕の親父(宮崎滔天)なぞはあの通りの頑固者ですから、頭からどゃしつけられると思って居りますので、事件はすべて円満に解決するまで、それぞれ僕としても考えなくてはなりますまい。

 

 二人はいずれ時を待って新生活に入るべく堅い決意をもって居るが、伊藤伝右衛門氏の今後執るべき態度はどうであろうかが興味ある1つの問題として保留されて居る。

 

 

 

 

実家へは帰らないと白蓮決意を述べる

 

 <大正101024日 大阪毎日>

 

 もう実家へは帰りません。東京市外中野の山本氏方に身を寄せた夫人は、派手な藤紫の半襟に大島が小袖を重ね、その鹿に御里の柳原伯家の根引きの定紋をつけた茄子紺地の縮緬砂羽織を着流して心持ち癖のある濃い髪を七三に分けたのをかい撫でながら座についたが、

面はどこか暗い悩みが現われては居るが、事今日は妙に緊張して見えた。女史は今度のことについて語る。

 

九州から上京したのは7、8日前です。三十日伊藤の帰る時に、私が東京駅に見送っていたように伝えられれておりますが、私は宿の島屋で見送ったわけで東京駅には参りません。

 

そしてその日直ぐ、宿屋から女中と一緒に山本さん宅へ引き揚げてきました。片瀬の吉井さんの処へは参りませんでした。九州の伊藤へは21日に最終的な手紙を出した訳で、事今度のことは遅かれ早かれ、かようになるとは自分も思いい覚悟も致して居りましたが、まさかこう早く来ようとは思いませんでした。

 

最初私が伊藤の処に嫁いで行くことを承知したのは、その頃私は別に多くの人に交際したこともなく、かつ誰と結婚したいという望みの人もなかったので、誰と結婚するも同道であると思って居りましたのと、モウ1つ私は英和女学校に在学していたものですから、婦人でも慈善事業とか何とかその他いろいろの社会的事業をすることを好いこと一のように考えていたので、その社会事業を伊藤はさせてくれるというので、アレやコレやで伊藤の許へ参ったのであります。

 

ところが、その社会事業なども少しも実行されず、私が嫁いだ当時から暫くは私以外に主婦があったり、その他、いろいろ踏み付けられることがありました。

 

私はよほど前から伊藤と別れる決心をして居たのであります。九州を去る時に、その覚悟をして来たのでありますが、親しい友達その他、どちらへも少しもそのような話をもらしてはおりません。

 

久保さんの奥さんのところへは本日(22日)-初めて手紙を出したわけで、実家の柳原へは今度上京すると、暫らく桜田町の屋敷へも母のいる笠町の別邸へもちょつと行きましたが、今後のことは何も話してはいません。

 

私の身の上のいっさいは山本さん入お任せしているので、こちらに居りまして実家へは帰りません。

 

伊藤が訪ねて来たら会うのかというのですか? しかし伊藤は訪ねて参りはしますまい。伊藤と別れてから、宮崎さんの処へ嫁ぐというのですか?

 

それは今の処なんとも考えては居りません。ただ伊藤との離婚問題がありますから…・・。というて宮崎氏との関係についてはロをつぐん語らなかったが、

 

この場合これ以上お話しすることは苦痛であるから察してくれといい、心配そうなだれたが傍らの山本氏は酒杯を傾けながら「私が引き受けた限りは大丈夫だ。立派に伊藤から白蓮夫人をもらい受けて見せる』

 

と云えば夫人はキックリ結んだ羽織の紐を子供のように弄びながら、面羞ゆげにニッコリと微笑んだ。

 - 人物研究 , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
 日中北朝鮮150年戦争史(43)★『米国防省が恐怖の分析、中国の核攻撃で日本は絶滅? 日中戦争に備えて米国は日本の核武装容認も』●『北朝鮮の核の脅威:悪の総帥 (英エコノミスト誌)』●『北朝鮮国民は心の中で金政権を激しく憎んでいた 米国研究機関が北朝鮮で世論調査を敢行』★『北京の国防省前、元軍人ら1000人がデモ 待遇に不満』●『中国漁船、韓国海警ボートを沈没させるため再衝突も』●『韓国漁民による拿捕にも「全然平気」 中国漁船、西海NLLに300隻出没』

  日中北朝鮮150年戦争史(43) 米国防省が恐怖の分析、中国の核攻撃で日本は …

no image
<日本最強の参謀は誰か-杉山茂丸>⑩伊藤博文や山県有朋ら元老、巨頭を自由自在に操った神出鬼没の大黒幕

    <日本最強の参謀は誰か–杉山茂丸>⑩ & …

no image
記事再録/知的巨人たちの百歳学(117)「超俗の画家」熊谷守一(97歳)●『貧乏など平気の平左』で『昭和42年、文化勲章受章を断わった。「小さいときから勲章はきらいだったんですわ。よく軍人が勲章をぶらさげているのみて、変に思ったもんです」

百歳学入門(151)元祖ス-ローライフの達人「超俗の画家」熊谷守一(97歳)●『 …

no image
日本リーダーパワー史(88) 経済最高リーダー・渋沢栄一の『道徳経済合一主義の経営哲学に学べ』

日本リーダーパワー史(88) 経済最高リーダー・渋沢栄一の『道徳経済合一主義の経 …

no image
児玉源太郎伝(1)●死亡記事ー『知謀の参謀総長、脳溢血で急死』●『児玉大将の死を痛惜す』〔時事新報〕

 児玉源太郎伝(1)  日露戦争で自ら地位を2階級(大臣→参謀次長)に …

no image
最高に面白い人物史②人気記事再録★勝海舟の最強の外交必勝法②「多くの外交の難局に当ったが、一度も失敗はしなかったヨ」『明治維新から150年の近代日本興亡史は『外交連続失敗の歴史』でもある②』

 2014/05/21    &nbsp …

ダウンロード
ジョーク日本史(8)世界的数学者・岡潔は『数学は情緒なり』の奇行の人なり〝奇人〝仙人〝現代のアルキメデス″とも呼ばれた。

ジョーク日本史(8)  世界的数学者・岡潔は『数学は情緒なり』の奇行の人なり〝奇 …

no image
日本リーダーパワー史(918)記事再録『憲政の神様/日本議会政治の父・尾崎咢堂が<安倍自民党世襲政治と全国会議員>を叱るー『売り家と唐模様で書く三代目』①『総理大臣8割、各大臣は4割が世襲、自民党は3,4代目議員だらけの日本封建政治が国をつぶす』

  2012/02/23 日本リーダーパワー史(236)転載 < …

no image
F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(237)-『カショギ氏殺害事件とムハンマド皇太子の命運!』★『サウジ記者殺害、CIAがムハンマド皇太子の命令と断定』★『サルマン国王、トランプ大統領をますます窮地に追いやっている』

   カショギ氏殺害事件とムハンマド皇太子の命運について、 ●<F国際 …

no image
再録/百歳学入門(11)<日本超々高齢社会>の過去とは・<明治から1945年(昭和20)までは、人生90歳時代の現在とは真逆で、人生わずか50年だった日本>

    2010/01/26 &nbsp …