前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

日本リーダーパワー史(941)~「ノーベル賞とジャーナリズム」★『社会を根本的に変えるのは科学技術の進歩とイノベーション』★『最も必要な教育とは科学教育であり、論理的な思考力である』

      2018/10/12

日本リーダーパワー史(941)

ノーベル賞とジャーナリズム

今年のノーベル生理学・医学賞は京都大学の本庶佑特別教授(76)ら2人に決まった。このニュースを見ながら37年前の私が経験したノーベル賞受賞者の取材のワンシーンを思い出した。

1981(昭和56)年10月19日、福井謙一京大工学部教授がノーベル化学賞を受賞した。当時、ある新聞社京都支局に勤務していた私はすでに自宅に帰って食事中の午後8時ごろ、「大至急、福井教授の自宅に行って談話をとってこい、早番用に1時間後までに遅れ」との電話が鬼デスクから入った。

「有機化合物の反応性を電子の軌道を用いて説明したフロンティア電子理論の発見」という受賞理由を内容を聞くヒマもなく、一刻も早くと飛び出した。福井先生宅は新聞、テレビの記者、カメラマンでごった返していた。

科学的、化学的な知識などあまりない社会部、支局記者のチンプンカンプンの質問にも福井先生は懇切、丁寧に答えていた。入れ代わり立ち代わりの記者連中の何度もの初歩的な質問の繰り返しと珍問答が続いた。私はあせる気持ちを抑えてその一言一句をメモって、走って100mほど離れた公衆電話ボックスまで行ったが、そこもは他社が占拠していた。さらに遠くの電話ボックスを探し、やっと勧進帳で原稿を読み上げているとドンドンとドアをたたく者がいる。「早く代われ」という他社の記者の合図で、けんかとなったことを覚えている。

 

当時、記者はポケベルを持って取材していた時代。今のようにスマホ、携帯などもちろんない時代で、電話が唯一の通信手段だった。

翌日の各社の報道を恐る恐る眺めると、フロンティア電子理論などの専門的な解説は各社とも間違いが多く、科学的な知識の欠如を大いに反省した苦い思い出がよみがえってきた。

 

さて、今回の本庶氏の受賞理由は、がんの新しい治療法で従来はがん細胞を除去したり破壊したりする放射線や抗がん剤の投与などしかなった。人間の体には1日に数千個ものがん細胞ができるが、免疫細胞がこれを排除している。この体内の免疫機能を高める治療法を研究して、がん細胞を攻撃する免疫細胞の表面で免疫が働かないようにブレーキをかけている「PD-1」というたんばく質を1992年に発見した。

この「PD-1」のブレーキをはずせば、免疫効果は一挙に高まるわけで、小野薬品工業などと共同して研究に全力を挙げ2014年に「PD-1」の抑止治療薬「オブジーボ」の開発に成功した。この新薬は従来の抗がん剤などでは治せなかった末期がんや悪性黒色腫(メラノーマ)、難治性のがん治療に大きな効果を発揮してがん患者に光明を与えている。

本庶氏の受賞によって、日本でのノーベル賞受賞者は1949年の湯川秀樹氏(物理学賞)以来、合計で26人となった。
ちなみに各国別のノーベル賞受賞者数のベスト10をみると、2017年までの受賞者(出生地別)は米国が第1位で256人で断トツ。2位英国の84。3位ドイツ81、4位フランス51、5位ロシア34、6位スウエーデン29、7位日本25、8位オランダ18、9位イタリア17、スイス17となっている。
日本は21世紀以降、自然科学部門で米国に続いて世界第2位の受賞者数を出している。

 

本庶氏は「社会に一番貢献できるのは医者だ」と1971年に京都大医学部に進学。29歳から3年余り米国に留学、カーネギー研究所客員研究員などで研究し、帰国後は東京大医学部の助手となって研究を続けて来た。

 

読売(10月2日朝刊)によると、「米国に比べて研究費は限られ、設備の貧弱さに驚かされた。機材を用意するため、工具店を訪ね歩いて板の切れ属を譲り受け、実験機器を手作りしたこともあった。米国で経験を積んで帰国した多くの日本人研究者がに十分な成果をあげられず埋もれてしまっていたジンクスを変えたかった」と研究に熱中した。

本庶氏の研究態度は「多くの人が石ころと見向きもしなかったものを、10年、20年かけて磨き上げ、ダイヤモンドであることを実証すること」で、「優れた研究者には次の六つのCが必要である」を信条としていた。「challenge(挑戦)」、「confidence(自信)」、「courage(勇気)」「concentration(集中力)、「curiosity(好奇心)、「continunation(継続心)である。

 

本庶氏は受賞会見の席上で「マスコミは同じことばっかり質問して、何が聞きたいのかわかない。幼稚園レベルの質問だ。これだからマスコミは本当にダメだ」との厳しいコメントを発し、その低レベルを嘆いた、という。

 

確かに、私の37年前と比べて、マスコミ、新聞記者の科学的知識はあまり増えていないと思う。新聞社、テレビ局で科学部なるものができてはいるが、科学的、技術的な記事、番組はまだまだ少ない。わが老記者にいわせれば、新聞記者の不勉強、視野狭窄ぶりも目に余る。

社会を根本的に変えるのは科学技術の進歩とイノベーションである。ポストモダン後の21世紀現代社会での科学技術の進歩、ICT(インターネット情報通信技術)の発展のスピードはドッグイヤー以上であり、超速で進歩している。メディアの役割は国民に現在進行形の情況を正確に伝えることだが、科学技術の報道は遅れるばかりである。

 - IT・マスコミ論, 人物研究, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
記事再録/知的巨人たちの百歳学(120)ー戦国時代の医者で日本長寿学の先駆者・曲直瀬道三(86歳)の長寿養生俳句5訓」★『日本人の健康長寿の古典的な実践をおこない、貝原益軒よりも先駆的な業績であろう。』

 2013年6月20日/百歳学入門(76) 日本長寿学の先駆者・曲直瀬 …

no image
書評・『マスコミ文献大辞典』(全三巻)日本図書センター刊に寄せて

1 <『図書新聞』  03、7,12に掲載> 前坂 俊之 (静岡県立大学国際関係 …

no image
日本メルトダウン脱出法(816)「コラム:米株7割下落を予想、「超悲観論」との向き合い方」●「コラム:「政策協調」なき世界経済、マネー逆流長期化へ」●「コラム:現実味増す原油20ドル、OPEC大幅減産の条件」●「コラム:中国の米資産売却、世界市場の「頭痛の種」に」●「コラム:元切り下げ後の世界株高シナリオ=木野内栄治氏」

  日本メルトダウン脱出法(816) コラム:米株7割下落を予想、「超悲観論」と …

no image
日本メルトダウン脱出法(766)「中国バブル崩壊「世界大恐慌」の可能性(大前研一)」●「TPPを取り巻く不穏な政治(浜田宏一)」●「残り任期3年、安倍政権に打つ手なし(大前研一)」

  日本メルトダウン脱出法(766) 東証一部上場へ、郵政3社の未来絵図ー大前研 …

no image
『日本を救え、世界を救うために、決断を!』ー福島原発問題の最悪のシナリオから考える①(池田知隆)

『日本を救え、世界を救うために、決断を!』 福島原発問題の最悪のシナリオから考え …

no image
『各国新聞からみた東アジア日中韓150年対立史⑫』李氏朝鮮国妃・閔妃と舅の大院君の 勢力争いこそ朝鮮滅亡の引き金に

  『各国新聞からみた東アジア日中韓150年対立史⑫』 &n …

no image
★➉外国人観光客へのおすすめベスト第1位ー「世界文化遺産.醍醐寺」のすべて―『 慶長3(1598)年の春、豊臣秀吉が開いた「醍醐の花見」を契機に 秀吉と秀頼によって金堂や三宝院、山上では開山堂や如意輪堂などが再建された。』●『三宝院の秀吉が設計した庭園。天下の名石『藤戸石』がある。』

★➉外国人観光客へのおすすめベスト第1位ー「世界文化遺産.醍醐寺」のすべて➀   …

no image
再録『世界の最先端技術見える化チャンネル』★『AIの最前線が最もよくわかる動画授業➀』-第2回AI・人工知能EXPO(2018/4/4、東京ビッグサイト)でのピカイチのプレゼンー『SIGNATEは「国内唯一・最大のAI開発コンペティションサイト」

    2018/04/04 &nbsp …

no image
池田龍夫のマスコミ時評(70)●「野田首相の意表を衝いた{解散宣言}の波紋」●「集団的自衛権行使」容認の動きを警戒」

       池田龍夫のマスコミ時評(70)   ●野田首相の意表を衝 …

no image
★『明治裏面史』/ 『日清、日露戦争に勝利した明治人のリーダーパワー, リスク管理 ,インテリジェンス(51)★『陸軍参謀本部の俊英・明石元二郎と宇都宮太郎のコンビが日露戦争勝利の情報謀略戦に活躍②』★『宇都宮大佐はロンドンでポーランド社会党首領のヨードコーらと接触、帝政ロシアの支配下からポーランドを解放し、第1次世界大戦後、新興ポーランドの元首となったユゼフ・ピウスツキ、特にその兄と親交があった』

 ★『明治裏面史』/ 『日清、日露戦争に勝利した明治人のリーダーパワー, リスク …