前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

日本リーダーパワー史(941)~「ノーベル賞とジャーナリズム」★『社会を根本的に変えるのは科学技術の進歩とイノベーション』★『最も必要な教育とは科学教育であり、論理的な思考力である』

      2018/10/12

日本リーダーパワー史(941)

ノーベル賞とジャーナリズム

今年のノーベル生理学・医学賞は京都大学の本庶佑特別教授(76)ら2人に決まった。このニュースを見ながら37年前の私が経験したノーベル賞受賞者の取材のワンシーンを思い出した。

1981(昭和56)年10月19日、福井謙一京大工学部教授がノーベル化学賞を受賞した。当時、ある新聞社京都支局に勤務していた私はすでに自宅に帰って食事中の午後8時ごろ、「大至急、福井教授の自宅に行って談話をとってこい、早番用に1時間後までに遅れ」との電話が鬼デスクから入った。

「有機化合物の反応性を電子の軌道を用いて説明したフロンティア電子理論の発見」という受賞理由を内容を聞くヒマもなく、一刻も早くと飛び出した。福井先生宅は新聞、テレビの記者、カメラマンでごった返していた。

科学的、化学的な知識などあまりない社会部、支局記者のチンプンカンプンの質問にも福井先生は懇切、丁寧に答えていた。入れ代わり立ち代わりの記者連中の何度もの初歩的な質問の繰り返しと珍問答が続いた。私はあせる気持ちを抑えてその一言一句をメモって、走って100mほど離れた公衆電話ボックスまで行ったが、そこもは他社が占拠していた。さらに遠くの電話ボックスを探し、やっと勧進帳で原稿を読み上げているとドンドンとドアをたたく者がいる。「早く代われ」という他社の記者の合図で、けんかとなったことを覚えている。

 

当時、記者はポケベルを持って取材していた時代。今のようにスマホ、携帯などもちろんない時代で、電話が唯一の通信手段だった。

翌日の各社の報道を恐る恐る眺めると、フロンティア電子理論などの専門的な解説は各社とも間違いが多く、科学的な知識の欠如を大いに反省した苦い思い出がよみがえってきた。

 

さて、今回の本庶氏の受賞理由は、がんの新しい治療法で従来はがん細胞を除去したり破壊したりする放射線や抗がん剤の投与などしかなった。人間の体には1日に数千個ものがん細胞ができるが、免疫細胞がこれを排除している。この体内の免疫機能を高める治療法を研究して、がん細胞を攻撃する免疫細胞の表面で免疫が働かないようにブレーキをかけている「PD-1」というたんばく質を1992年に発見した。

この「PD-1」のブレーキをはずせば、免疫効果は一挙に高まるわけで、小野薬品工業などと共同して研究に全力を挙げ2014年に「PD-1」の抑止治療薬「オブジーボ」の開発に成功した。この新薬は従来の抗がん剤などでは治せなかった末期がんや悪性黒色腫(メラノーマ)、難治性のがん治療に大きな効果を発揮してがん患者に光明を与えている。

本庶氏の受賞によって、日本でのノーベル賞受賞者は1949年の湯川秀樹氏(物理学賞)以来、合計で26人となった。
ちなみに各国別のノーベル賞受賞者数のベスト10をみると、2017年までの受賞者(出生地別)は米国が第1位で256人で断トツ。2位英国の84。3位ドイツ81、4位フランス51、5位ロシア34、6位スウエーデン29、7位日本25、8位オランダ18、9位イタリア17、スイス17となっている。
日本は21世紀以降、自然科学部門で米国に続いて世界第2位の受賞者数を出している。

 

本庶氏は「社会に一番貢献できるのは医者だ」と1971年に京都大医学部に進学。29歳から3年余り米国に留学、カーネギー研究所客員研究員などで研究し、帰国後は東京大医学部の助手となって研究を続けて来た。

 

読売(10月2日朝刊)によると、「米国に比べて研究費は限られ、設備の貧弱さに驚かされた。機材を用意するため、工具店を訪ね歩いて板の切れ属を譲り受け、実験機器を手作りしたこともあった。米国で経験を積んで帰国した多くの日本人研究者がに十分な成果をあげられず埋もれてしまっていたジンクスを変えたかった」と研究に熱中した。

本庶氏の研究態度は「多くの人が石ころと見向きもしなかったものを、10年、20年かけて磨き上げ、ダイヤモンドであることを実証すること」で、「優れた研究者には次の六つのCが必要である」を信条としていた。「challenge(挑戦)」、「confidence(自信)」、「courage(勇気)」「concentration(集中力)、「curiosity(好奇心)、「continunation(継続心)である。

 

本庶氏は受賞会見の席上で「マスコミは同じことばっかり質問して、何が聞きたいのかわかない。幼稚園レベルの質問だ。これだからマスコミは本当にダメだ」との厳しいコメントを発し、その低レベルを嘆いた、という。

 

確かに、私の37年前と比べて、マスコミ、新聞記者の科学的知識はあまり増えていないと思う。新聞社、テレビ局で科学部なるものができてはいるが、科学的、技術的な記事、番組はまだまだ少ない。わが老記者にいわせれば、新聞記者の不勉強、視野狭窄ぶりも目に余る。

社会を根本的に変えるのは科学技術の進歩とイノベーションである。ポストモダン後の21世紀現代社会での科学技術の進歩、ICT(インターネット情報通信技術)の発展のスピードはドッグイヤー以上であり、超速で進歩している。メディアの役割は国民に現在進行形の情況を正確に伝えることだが、科学技術の報道は遅れるばかりである。

 - IT・マスコミ論, 人物研究, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
記事再録/『中国/内モンゴルのゴビ沙漠の不毛の砂漠を300万本のポプラの木を植えてと緑の農地によみがえらせた奇跡の男・遠山正瑛(97歳)★『中国で、生前銅像が建てられたのは毛沢東と遠山の2人だけで、その台座には「90歳の高齢ながらたゆまず努力し、志を変えなかった」』

    2009/05/06 &nbsp …

ダウンロード
★『明治裏面史』 -『日清、日露戦争に勝利した明治人のリーダーパワー,リスク管理 ,インテリジェンス㊽★『青木宣純大佐は袁世凱の協力によって、諜報の協同化と『特別任務班』(馬賊遊撃隊)を編成した』★『日露戦争にもし日本が負ければ、大清帝国も滅亡する(袁世凱)』

★『明治裏面史』 – 『日清、日露戦争に勝利した明治人の リーダーパ …

no image
『地球環境大異変の時代③』ー「ホットハウス・アース」(温室と化した地球)★『 日本だけではなく世界中で、災害は忘れたころではなく、毎年、毎月、毎日やってくる時代に』突入!?』

  『災害は忘れたころではなく、毎年やってくる時代に』         …

no image
『インテリジェンス人物史』(13)記事再録/『真珠湾攻撃から70年―『山本五十六のリーダーシップ』ー 最もよく知る最後の海軍大将・井上成美が語るー

リーダーパワー史(869) 2011/09/27執筆<日本リーダーパワー史(19 …

no image
日中北朝鮮150年戦争史(4)日清戦争の発端ー陸奥宗光『蹇々録』で、中国との交渉は『無底の釣瓶(つるべ)を以て井水をくむが如く、何時もその効なく』(パークス英公使)ー『話せばわかる』ではなく「話してもわからない」清国とついに武力衝突へ

日中北朝鮮150年戦争史(4)  日清戦争の発端ー陸奥宗光『蹇々録』で、中国との …

no image
日本リーダーパワー史(852)-「安倍自民党対小池希望の党」 の戦(いくさ)が始まる。』●「安定は不安定であり、不安定は安定である」★『恐るべし!小池・前原の策略に<策士、策に溺れた安倍自民党>』

 日本リーダーパワー史(852)-   トランプ対金正恩の『世界スリラー劇場』は …

no image
『世界が尊敬した日本人』オリンピック外伝ー90年前の、ロサンゼルス大会で馬術で金メタルをとったバロン西

  世界が尊敬した日本人      &n …

no image
日本メルトダウン脱出法(604)「ルーブル暴落でロシア中銀に批判の嵐」英F・T紙)◎「NYT、ワシントン・ポストも 上から目線で日本叩き

       日本メルトダウン …

no image
知的巨人の百歳学(120)-『元祖スローライフの達人・超俗の画家/熊谷守一(97歳)-『文化勲章は大嫌いと断った熊谷と〝お金がもらえますからね″といって笑って答えた永井荷風〈当時72歳〉』

知的巨人の百歳学(120)- 文か勲章といえば、もう1人の奇人、超俗の人、永井荷 …

no image
日本リーダーパワー史(415)『インド独立の原点・日本に亡命帰化しインド独立運動を指導したラス・ビハリ・ボース (中村屋ボース』

 日本リーダーパワー史(415) グローバルジャパニーズ 『インド独立 …