前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

世界/日本リーダーパワー史(908)-『メジャーリーグの星になれ!奇跡の大谷物語⑥」-『100年前にハリウッドを制した「セッシュウ・ハヤカワ(早川雪洲)」は大谷の先例!

      2018/05/21

 大谷は「ロスアンゼルスNO1のスターになってもおかしくない」

100年前にハリウッドを制した「早川雪洲」―大谷選手の先例

今回も「奇跡の大谷物語」を続ける。

5月14日のツインズ戦に先発した大谷投手は6回まで投げて3安打11三振、ゼロに抑える快投を見せた。その後、同点にされ試合はエンゼルスの2-1で勝ったが、大谷の3勝目はならなかった。

大谷、4勝&球団最速7戦50Kに地元メディア唖然「これは空前絶後のことだ」https://full-count.jp/2018/05/21/post131179/?utm_source=yahoonews&utm_medium=rss&utm_campaign=131224_1

 

大谷の登板が米球界の“メインイベント” 「見るべきは日本からやってきた若者」
https://full-count.jp/2018/05/20/post131007/

 

エンゼルス大谷、「スターウォーズ・ナイト」で158キロ左腕撃ち二塁打http://www.hochi.co.jp/baseball/mlb/20180519-OHT1T50299.html
しかし、開幕からこの日までに3勝、打率.348、5本塁打の大活躍に米メディアは「大谷はまさに超人! 179キロの打球を飛ばし、8秒07で二塁到達、126mの一発を放つ」
「ベーブ・ルース以上のことをやってのけている」「ロスアンゼルスNO1のスターになってもおかしくない」「可能性は今や無限大に見える」と絶賛の嵐がい続いている。

一方、マリナーズのイチロー外野手(44)は5月3日に今季の残り試合に出場せず球団の会長付特別補佐に就任することになった。本人の希望通り現役は引退せずチームに同行。ユニホーム姿で練習を行いながらアドバイスなどを行うという前代未聞の特別待遇の契約。

地元メディアはイチローの日本での圧倒的な人気を「1人ビートルズ」「本当に国宝」などとたとえ、メジャーの歴史に輝くこの偉大な選手の『野球殿堂』入りは間違いないと報道している。

「メジャーリーグの父」ベイブルースと比較される大谷とイチローの活躍を見ながら、ちょうど100年前にハリウッドを制した日本人スター早川雪洲(1886年 – 1973年)を思い出した。

「聖林(ハリウッド)の王者」になった早川雪洲

「セッシュウ・ハヤカワ」はサイレントムービー時代のハリウッドでチャップリンと並ぶ大活躍を見せ「聖林(ハリウッド)の王者」と呼ばれたイケメン俳優である。

千葉県房総出身の早川は21歳の時に渡米し、シカゴ大学で学んだ後、ロサンゼルスの日本人街の芝居小屋で徳富蘆花『不如帰』の芝居に出演した。その後、日本人役で舞台『タイフーン』に出演。

これがハリウッド第一のプロデューサー兼監督のセシル・B・デミル監督の目に留まり、1915年に『ザ・チート』に主演して、大ヒットした。「セッシュー・ハヤカワは美男子だ」とイタリアの美男俳優ナンバーワンのヴァレンティノを上回るマチネー・アイドル(女性フアンのアイドルスター)となった。
「早川が現われれば女性ファンが何重にも囲み、彼の目の前に水溜まりがあれば女性たちが我先にと着ていたコートをそこに敷き詰める」というほどの超人気ぶり。

ちょうど100年前の1918年(大正7)までに、デミル製作監督の作品やパラマウン映画計19本に主演してハリウッドのトップスターに登りつめた。当時の早川の週給はチャップリンの1万ドルに次いで7500ドル(今の金で約1億円)。「喜劇のチャップリン」「西部劇のハート」そして「悲劇のハヤカワ」と評された。

早川はハリウッドの一角に東洋風古城を模した四階建て

大豪邸『グレンギヤリ城』を建てた。

ここでハリウッドスターたちのチャップリン、ウイリアム・S・ハート、セシル・B・デミル、ルドルブ・バレンティノ、ダグラス・フエアバンクスら多数を招いてはど派手なパーティーを開催してハリウッド社交界の話題をさらった。

 

早川の気持ちは、多民族国家、多くの移民の集まったハリウッドで、ヨーロッパとは違う、劣等民族と差別の目線で見られていたアジア民族の日本人とは一体何者か、どんな人間かを広く知ってもらいたい、ためのパーティー開催だった。

 1111

時には数百名の客を招待して、豪邸の上と下のフロアで同時に、二つのパーティーを開催。2組のオーケストラが入り盛大なダンスパ-ティも開催した。名優・ハンフリーボガードも貧しい少年時代に新聞配達をしながら早川邸に出入りしたことがあり、その豪邸と人気ぶりの早川を仰ぎ見て俳優を志したという。その後、早川は独立製作会社をつくり、製作・主演、脚本まで手がけて22本を製作、「聖林の王者」として君臨した。

ところが、日露戦争勝利(1905年、明治38)後に太平洋を挟んだ隣国日本の大躍進に米国で危機感が生まれた。カルフォルニ州などで殺到する日本人移民に対する排斥運動起きた。1924年(大正13)年にはついに日本人は帰化不能外国人として入国はいっさい禁止される「排日移民法」が成立した。

このため、1922年(大正11)に雪洲はハリウッドを立ち去り、ヨーロッパに拠点を移し、ロンドン、パリなどで『サムライ劇』や現地製作映画に出演して活大を続けた。 1973年に死去するまで米英仏独などで70本の映画に出演。1957年には歴史的名作『戦場にかける橋』に出演し、俳優としての地位を不動のものとした。彼の名は、ハリウッド大通りにある「名声の歩道」に今も刻まれている。

世界を制した日本人ー「ハリウッド」を制したイケメン・

ナンバーワンは-「セッシュウ・ハヤカワ」とは何者かー

http://www.maesaka-toshiyuki.com/person/1932.html

アメリカで認められた早川の大活躍は日本国内ではハリウッドに魂を売った『国辱スター』『売国奴』のレッテルが張られ、帰国した際は右翼が押し掛ける騒動もあり、未だに日本での評価は低いままだ。

民族を超えて個性と実力を評価する他民族国家米国とその正反対の日本との戦争と友好の歴史に翻弄された「セッシュウハヤカワ」の生涯だった。

         大谷物語にかえる。

今の「オオタニの活躍のケース」は世界でも注目され始めており、早川の時代とは全く違う。

21世紀前半のITグローバル時代の「ガラパゴスジャパン」の針路は大谷、イチローのように「自らの個性(独創性)を徹底して追及して、決定力のある人間になること」、昔ながらの『マスプロ、個性無視の均一サラリーマン養成の国家教育』こそ、打破しなければならない。

●何も決められない「ジャパンプロブレム」を変革する大谷選手の決定力⑤ /最速王―「日本人の歩みは遅い」と批判した  ハリルホジッチ前監督は解任」
http://www.maesaka-toshiyuki.com/person/29373.html

●連載「エンゼルス・大谷選手の大活躍ー<巨人の星>から<メジャーの星>になれるか」④『超新星の輝きは増すばかりで、今後英語を習得したら、アメリカで信じられないほどの商品価値を誇ることになる』(Forbes)
http://www.maesaka-toshiyuki.com/longlife/29290.html

 - 人物研究, 戦争報道, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
速報(353)50年後に3・11を振り返った場合、小出裕章氏(MBS)たね蒔きジャーナルが最もよく伝えたことは間違いない。

  速報(353)『日本のメルトダウン』   50年、100 …

no image
『日本戦争外交史の研究』/『世界史の中の日露戦争』㉖「開戦2ゕ月前の「英タイムズ」の報道』ー『極東情勢が改善されていないことは憂慮に耐えない』●『ロシアは中国に対し.いまだにあらゆる手段を用いて,ロシアの満州占領に関し協定を結ぶように仕向けようとしている。』★『日本が満州でロシアに自由裁量権を認めれば,ロシアは朝鮮で日本に自由裁量権を認めるだろうとの印象を抱いている。』

  『日本戦争外交史の研究』/『世界史の中の日露戦争』㉖ 1903(明治36)年 …

no image
片野勧の衝撃レポート(68) 戦後70年-原発と国家<1957~60>封印された核の真実 「戦後も大政翼賛会は生きていた,「逆コース」へ方向転換(上)

片野勧の衝撃レポート(68) 戦後70年-原発と国家<1957~60> 封印され …

no image
片野勧レポート『太平洋戦争<戦災>と<3・11>震災②『なぜ、日本人は同じ過ちを繰り返すのか』ー仙台空襲と津波<下>

片野勧レポート 太平洋戦争<戦災>と<3・11>震災② 『なぜ、日本人は同じ過ち …

no image
日本メルトダウン( 974)『トランプショックの行方!?日本人は、「トランプ大統領」を甘くみている過去の「トンデモ発言」には信念がある』◎『トランプ当選で日米安保が直面する重い課題、異色の新大統領が進める外交政策に募る不安』●『  中国とロシアは、なぜ「トランプ支持」なのかー日本と米国の関係は非常にデリケートになる』●『日本人が知らない「トランプ支持者」の正体、米国人が「実業家大統領」に希望を託した理由』●『なぜドナルド・トランプは勝利し大統領になれたのかという「5つの理由」と「今後やるべき5つのこと」』●『中国・人民日報「歴史的な意義ある成果」 米・ニューヨーク・タイムズ 「反動への危機感強める習体制」』●『韓国で核保有論再燃 「自分たちで国守らねば」』●『自滅するフランス大統領:奈落の底へ  (英エコノミスト誌)』

   日本メルトダウン( 974) トランプショックの行方!?   日 …

no image
日本リーダーパワー史(39)『日本敗戦の日、森近衛師団長の遺言<なぜ日本は敗れたのかー日本降伏の原因>

日本リーダーパワー史(39) 『日本敗戦の日、斬殺された森近衛師団長の遺言 なぜ …

no image
日本リーダーパワー史(851)-『安倍首相の「国難突破解散」は吉と出るか、凶と出るか『政界の一寸先は闇』★『安倍解散は「策士、策に溺れる」ことになる不吉な予感がする。』★『宰相、政治家にとって、一番大切なことは『信なくば立たず』である。』●『外国メディアは安倍解散を酷評、WSJ【社説】安倍氏の総選挙、メイ首相の二の舞いか』

 日本リーダーパワー史(851)  衆議院は9月28日召集の第194臨時国会の冒 …

無題
★5日本リーダーパワー史(778)『アジア近現代史復習問題』 小村寿太郎のインテリジェンス②ー『なぜ、日清戦争は起きたのか』●『朝鮮は日本の生命線、今ならまだ北からのロシアの侵略が朝鮮半島に伸びておらず、イギリスの南からの魔手もまだだ、問題は清国でその屋台骨は腐朽しており、将来のアジア人のアジア繁栄のためには、日清が堅く提携せねばならぬが、清国がこんなに脆弱では困る。速やかに目覚めさせる必要がある』

★5日本リーダーパワー史(778)ー 『アジア近現代史復習問題』 小村寿太郎のイ …

no image
速報「日本のメルトダウン」(520)東京都知事選に細川元首相が出馬(1/14)「原発の問題は国の存亡に関わる問題」

   速報「日本のメルトダウン」(520) &nb …

no image
『F国際ビジネスマンのワールド・ウオッチ㊻』余りにスローモーで、真実にたいする不誠実な態度こそ「死に至る日本病」

   『F国際ビジネスマンのワールド・ウオッチ㊻』 …