前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

連載「エンゼルス・大谷選手の大活躍ー<巨人の星>から<メジャーの星>になれるか」④『超新星の輝きは増すばかりで、今後英語を習得したら、アメリカで信じられないほどの商品価値を誇ることになる』(Forbes)

   

連載「エンゼルス・大谷選手の大活躍ー

<巨人の星>から<メジャーの星>になれるか」④

エンゼルス大谷選手の活躍が止まらない。

4月12日、対ロイヤルズ戦では8番でスタメン出場し、7回満塁の場面で走者一掃の三塁打を放ち、チームは7-1で快勝した。翌13日の対ロイヤルズ戦では7番DHで出場、メジャー初の二塁打を含む2安打でエンゼルスが5-4で逆転勝利した。

私はこの試合をNHKBS中継で観戦したが、2回の初打席でレフトに技ありの流し打ちの2塁打を放てば、八回には低めの変化球をジャストミートして中前打を放ち、逆転に貢献した。イチローのような鋭いバッティングと見事な走塁、投打守走の4拍子揃ったところを披露した。

16日のカンサスシティーでのロイヤルズ戦は、残念ながら雪のため中止。

これで、大谷効果もあり、エンゼルスは開幕15試合で12勝3敗の好成績で、1979年以来の球団タイ記録となった。

デビュー10日間で投手で2勝、打者で3本塁打は100年ぶりの偉業といい、大谷はア・リーグの週間MVPに選出された。

 

このアンビリーバブなイケメン二刀流に対して、全米メディアは「世界的事件」「大谷は他の惑星の人間」などとの賛辞を呈したが、世界有数の経済誌「Forbes」は大谷の“経済的価値”をこう評した。

「超新星の輝きは増すばかりで、今後英語を習得したら、アメリカで信じられないほどの商品価値を誇ることになる。ハリウッドのあるこの地ではスターを愛し、常に“次なるスター”を待ち焦がれているためだ」

大谷翔平、米でも注目度抜群 経済誌「フォーブス」また特集「米国にも利益」
https://full-count.jp/2018/04/17/post121721/

 

「マー君、神の子、不思議な子」の名言でヤンキースで活躍中の田中将大投手を評した、あの野村監督も大谷の本塁打について「われわれ世代の常識からは考えられない。打撃で一番大事なのは、軸足のためだけど、できているもんね。ためができたら金がたまるというぐらい。貯金通帳を渡しておこうかな」とジョークを飛ばして、エールを送っていた。

野村克也氏が大谷翔平を絶賛 「あの王・長嶋ですらメジャーでは…」
http://news.livedoor.com/article/detail/14583714/

 

では大谷選手自身はこの周囲の熱狂をどう思っているのだろうか。月刊「Number」(2018年4月号)に本人のインタビューが載っている。

惨々な成績だったオープン戦については「よくないところの方が目立っていたが、マウンドの傾斜ぶり、ボールも1個1個が違うので、その点をアジャストして、でき始めてはいたので、最終的によかったんじゃないかと思います。打てなくても、抑えられなくてもイライラしたことはありません。」

熱狂するメディアに対しても「とくに何も感じてません。僕自身、昔から周りに対して思うことは何もない。今も過剰に反応してるかなと思ってます。」

といたって淡々とクールに語っている。

伝家の宝刀のフォークは『隠し玉』として使った

また、伝家の宝刀のフォークについては「抜く感覚と引っ掛ける感覚の両方を持っていなくちゃいけないのに、そのバランスが崩れている」と感じて、オープン戦では『隠し玉』として使わなかった。

これを短期間に見事に調整して実戦で解禁し、メジャーでも最速級の160キロを超える速球と悪魔級のフォークを決め球に三振の山を築いた、という。

このインタビュー記事を読むと、「デジタルネイティブ・オオタニ」の頭の良さ、戦略眼、メジャーリーグにスマートに溶け込んだその異文化適応能力の高さを感じる。

同時にその自己分析能力の高さと不動心、胆力、日本での片足を上げる打法を短期にメジャーのスピードに合わせてずり足に切りかえた自己調整、修正能力の高さ。それを本番で見事に成功させた実行力、決定力、結果力などのすべて備えた創造力(クリエイティブ)がうかがえる。

 

大谷翔平の衝撃は他競技にも 闘莉王も感銘「あんな選手見たことがない」

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180417-00021929-theanswer-base

ベイブルース以来、過去1世紀近くにわたり、二刀流が存在しなかったというメジャーリーグ・ベースボールの歴史の中で、『小よく大を制する』日本武道の頂点。宮本武蔵の「2天流」を思わせる大谷の野球道の邁進がどこまで成功するかは今後のお楽しみである。

ところで、大谷がメジャーの伝統の1刀流を変えるかもしれないように、結局、1人の人間の創造力、チャレンジ精神、行動力が旧制度を変えるのである。

その点で大谷の活躍は「少子・趙高齢化・人口減少国家」の危機に瀕している「ガラパゴスジャパン」にも大きな教訓を与える。

『過去と他人は変えられないが、自分と未来は変えられる』「今を変えなければ、未来は変わらない。」「危機(ピンチ)は好機(チャンス)である」との言葉がある。

「団塊の世代」と命名した堺屋太一氏(経済評論家)は「昭和戦後日本の成功は、規格大量生産を可能にする工業社会とそれを大量消費する中産階級を実現したこと」という。

しかし、その時代はとっくの昔に過ぎ去った。ところが団塊の世代が今や65以上歳以上の高齢者になり、人口の3割を占め「変わらない、変えられない日本旧制度社会」の岩盤世代、老害世代と化している。

今こそ従来の「モノづくり工業大国」から「創造的人づくり大国」へかわらなければ、日本の未来は開けてこない。モノの輸出よりも大谷選手のような創造的なスポーツマン、芸術家を世界に送り出すこと。大谷選手の「デジタルネイティブ」に『アナログ老害世代』はバトンタッチすべき時なのである。

そのためにはマスメディアが大騒ぎしている「森掛問題」を単に金の値引き問題1点に収れんさせることなく、国際的な視点から、いかに創造的な人間を育てていくか、1人1人の子供の個性を尊重しつつ、その才能を伸ばし発揮できる教育環境をつくり、それぞれの適職につくことが出来る教育、人づくりこそ求められているのだ。

大谷の才能を見込んで『2刀流」を周囲の反対を押し切ってやらせた栗山監督、マー君を送り出した野村監督のリーダーシップこそ、政治家、教育者、経営者ばかりでなく、上に立つものは見習うべきっであろう。

大谷の今後の挑戦にますます目が離せない。

 - 健康長寿 , , , , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

1111
長寿学入門(218)★人気リクエスト記事再録『2025年問題の解決に向けて「団塊世代は元気な百歳をめざそう』★『長生きの秘訣は若い医者や研究者よりも百寿者(センテナリアン)にこそ聴け』★『「おじいちゃん、おばあちゃんの口癖こそ長寿の秘訣の宝箱ですよ』

100歳現役学入門―団塊世代は元気な百歳をめざそう,<健康長寿の秘訣はこれじゃ> …

no image
日本メルトダウン(929)『世界的な無秩序への道を描く出来事 トランプから南シナ海まで、国内政治のけんか腰が国際舞台に波及(英FT紙)』●『 にわかに日本会議を叩き始めた欧米メディア(古森義久)』●『暴発寸前の中国を制するには、この「封じ込め戦略」が最も有効』●『日本の若者は本当に「右傾化」しているか?  無責任なレッテル貼りが「無用な対立」を生んでいる』●『韓国女性の平均身長、過去100年で20センチ伸びる=日本を上回り世界一に―韓国メディア』

 日本メルトダウン(929)   世界的な無秩序への道を描く出来事 ト …

no image
百歳学入門(110)世界が尊敬した日本人ー数百億円を投じ仏教を世界に布教した沼田恵範(97歳)

百歳学入門(110) 世界が尊敬した日本人 数百億円を投じ仏教を世界に布教した沼 …

no image
日本メルトダウン(1010)ー1月9日付日経朝刊『どうする2025年のその先―現実を直視せぬこの国』(芹川洋一論説主幹)「2025年、日本では3人に1人が65歳以上、5人に1人が75歳以上という人類史上かつて経験したことのない超超高齢社会を迎える。

 日本メルトダウン(1010)   今からちょうど20年前の日経新聞の1997年 …

no image
『知的巨人の長寿学』・富岡鉄斎(87)に学ぶーー「万巻の書を読み 万里の路を行く」の超人的な画業

  『知的巨人の長寿学』・富岡鉄斎(87)に学ぶ   『創造 …

no image
★『世界を襲う地球温暖化による異常気象』-『“ヒートドーム”に閉じ込められた北半球、史上最高気温続出』★『世界人口は2055年には100億人を突破。燃え上がる地球で人類は絶滅種族に向かう』

『青い地球は誰のもの、 青い地球は子どものもの、 青い地球はみんなのもの、 人類 …

no image
百歳学入門(101)「誰でも死ぬまで生涯現役だよ」カヤックフィッシング、 釣った魚をおいしく食べて、生き急ぎ、死に急げ、

  百歳学入門(101)   「誰でも死ぬまで生涯 …

no image
戦うジャーナリスト列伝・菊竹六鼓(淳)『日本ジャーナリズムの光、リベラリストであり、ヒューマニストであった稀有の記者』★『明治末期から一貫した公娼廃止論、試験全廃論など、今から見ても非常に進歩的、先駆的な言論の数々』

  日本ジャーナリズムの光、リベラリストであり、ヒューマニストであった …

no image
★(まとめ記事再録)『現代史の復習問題』★『ガラパゴス国家・日本敗戦史④』150回連載の41回~51回まで』●『『太平洋戦争の引き金を引いた山本五十六のインテリジェンス』★『東條英機自身も仰天した組閣の大命降下ー東條首相誕生の裏側』★『<軍人たちは『戦争責任』『敗戦責任』をどうとったのか、敗戦で自決した軍人は一体何人いたのか』★『無謀な大東亜戦争での日本兵残酷物語の「内務班」<兵士たちは召集令状「赤紙」1枚(1銭5厘の命―現在の値段で約100円)とただ同然で招集』

★(まとめ記事再録)『現代史の復習問題』 ★『ガラパゴス国家・日本敗戦史④』 2 …

no image
百歳学入門(40) 昭和の傑僧、山本玄峰(95歳)の一喝!『法に深切、人に親切、自身には辛節であれ』

百歳学入門(40)―『百歳長寿名言』     &n …