前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

 世界メルトダウン(1026)ー「トランプ大統領60日の暴走/暴言運転で『2017年、世界は大波乱となるのか④『アメリカ帝国は終焉へ向かう、日本は「連欧連亜」を目指せ 進藤榮一・筑波大学名誉教授』◎『暴走トランプを止められるのは結局米国民だ 道連れになるのを防ぐには何をすべきなのか』★『 EU崩壊か!?ーフレグジットはスウェグジット、ジャーグジット(ドイツ)へ!?』●『(動画講演90分)迫るフランス大統領選と左翼の混乱 早稲田大学名誉教授 鈴木 宏昌』

   

 世界メルトダウン(1026)ー

「トランプ大統領60日の暴走/暴言運転で『2017年、

世界は大波乱となるのか」④

 

以下は2月10日までの論議の記録です。

アメリカの「法治主義」対中国の『人治主義』の逆転かートランプの独裁へ

『大統領のメディア、国民との蜜月は普通100日間といわれる。

『ペイパードライバ・プレジデント』は暴走老人よろしくスタートダッシュしたものの、さすが世界の民主主義国アメリカの立法、行政、司法の3権分立障害レースにはばまれて大統領令は立ち往生、『エアーフォースワン』は墜落はしてないものの、ダッチロールを繰り返しているといえなくもないね。』

『そこがアメリカの底力だよ。大統領令のスピード違反もあちこちの赤信号で立ち往生となった。『法治国家』アメリカの懐の深さだね。連邦最高裁判所までいくと長時間かかるよ、」

『この混乱は民主主義国だからのもので、中国にもいい薬になると思うよ。『習近平の命令1つで右に倣えの『人治国家』『皇帝政治』『共産党独裁国家』で、メディアも人民も自由がない三権分立もない。

政権への批判もタブー、監獄にぶち込まれる「牢獄国家」『封建国家』です、今年は日本では明治維新、大政奉還からちょうど150年目を迎えるが、中国はGDPで米国との覇権争いをしているが、人権、言論の自由のない国であることを自ら世界に証明しているね』。

『トランプ誕生の影響で、私が最も注目している点はヨーロッパへのドミノ倒しです。

1月29日の『仏大統領選の世論調査』ではルペン氏が首位にたった。4,5月に選ばれる「フランス大統領」にルペンが座る可能性が一段と強まった。

トランプ大統領と違って、マリーヌ・ルペンはすでに20年間政治家として活動実績があり、彼女の政策的な立場が一貫しており、フランスの貿易障壁を復活させ、ユーロを離脱し、移民を厳格に規制するといった公約を大統領になれば本気で実行するだろう。」

 EU崩壊か!?ーフレグジットはスウェグジット、ジャーグジット(ドイツ)へ!?

 

『世界的な評論家のビル・エモツトは「もしフランスにルペン大統領が誕生すれば、EUは廃棄場行きとなるであろう。

ルペン氏が5月に勝利すれば、2016年のブレグジットで始まったEUの解体が本格化することになる、と書いている。同じことをフランスの歴史人口学者エマニユエル・トツド氏も警告している。ルペン誕生とEU自体の内部要因による崩壊が一挙に加速するのではないか」

『EUは結局ドイツは独り勝ちで「ドイツ帝国」と化しており、南欧諸国の多くは「事実上の被支配国」になっている。大量に受け入れたシリア難民の『家族形態』はドイツとは大違いで、ドイツ社会に同化できない。

シリアよりも柔軟なトルコからの移民は、ドイツ社会に溶け込めず社会分断の〝元凶〟になっているが、シリアの移民も同じ運命でたどるのではと。

それが『EU崩壊の引き金になるというのだ』 (『今年はヨーロッパは選挙の年。オランダ総選挙(3月)、フランス大統領選挙(4,5月)、ドイツ連邦議会選挙(8―10月)と続く。

もし、ルペンが大統領となりフレグジットでEU離脱に踏み切ればよれば、連続的に、スウェグジット(スウェーデン)、ジャーグジット(ドイツ)、スペグジット(スペイン)が延焼する可能性も否定できない。

トランプ火災がEUを崩壊させて、世界はあらたなファシズムの時代へ逆回転するのか、どうか!?・・。

「パリは燃えているか」(第2次世界大戦中のヒトラーの言葉)を思い出したよ!ゾッとするね』   ―――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

以下は3月12日現在までの各論者の『トランプマジック』の影響分析です。

 

アメリカ帝国は終焉へ向かう、日本は「連欧連亜」を目指せ

進藤榮一・筑波大学名誉教授

http://diamond.jp/articles/-/120906

 

暴走トランプを止められるのは結局米国民だ

道連れになるのを防ぐには何をすべきなのか

http://toyokeizai.net/articles/-/161323

コラム:トランプ帝国主義が招くドル高と中国衰退=武者陵司氏

http://jp.reuters.com/article/column-ryoji-musha-idJPKBN16I0E3

(動画講演90分)迫るフランス大統領選と左翼の混乱 早稲田大学名誉教授 鈴木 宏昌

 - 健康長寿

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
百歳学入門(87)稀書紹介『百歳突破作戦』(高田義一郎著 (1942年刊)昭和13年当時の100歳以上の健康法など紹介

  <百歳学入門(87)>   稀書紹介―『百歳突 …

no image
日本メルトダウン脱出法(843)『今では「ガイジン」じゃなく「YOU」と言われる、日本は変わったって?ーコリン・ジョイスの「新作」日本論』●『TPPには日本の法体系を破壊する「罠」がある、知的財産権を巡る合意の巨大インパクト』●『EU離脱か残留か、イギリス国民投票の衝撃度ー離脱のリスクを過小評価してはならない』●『「今ない仕事」が作れれば、誰でも第一人者になれる~『「ない仕事」の作り方』

    日本メルトダウン脱出法(843)   今では「ガイジン」じゃなく「YOU …

no image
『天才老人・禅の達人の鈴木大拙(95歳)の語録』 『わしは、過去のことは考えんな。いつも未来のことを考えておる』

『天才老人・禅の達人の鈴木大拙(95歳)の語録』   『わしは、過去の …

no image
<健康長寿の名言>『天才老人・禅の達人の鈴木大拙(1870~1966、九十五歳)の養生法から学べ』

 『天才老人・禅の達人の鈴木大拙(1870~1966、九十五歳)から学 …

no image
知的巨人たちの百歳学(141)『一億総活躍社会』『超高齢/少子化日本』のキーマンー「育児学の神様」と呼ばれた小児科医 内藤寿七郎(101)「信頼をこめて頼めば、2歳児でも約束を守る。子どもをだます必要などありません」

『一億総活躍社会』『超高齢/少子化日本』のキーマンー 「育児学の神様」と呼ばれた …

no image
『超高齢社会日本』のシンボル・『クリエイティブ長寿思想家』の徳富蘇峰(94)に学べ②

『クリエイティブ長寿思想家』の徳富蘇峰(94)に学べ②<生涯500冊以上、日本一 …

no image
百歳学入門<159>「100歳まで元気な人」はやっている? たった3つの意外な長寿法』●『101歳よく食べ歩く、記憶鮮明「おしゃべり好き」』●『世界一の長寿者の大好物はチョコレートだった!? 122歳まで生きたフランス人女性の食卓』●『 健康寿命を延ばす「10の方法」 生活習慣と食事、運動がカギ!』●『高齢者の「貧困率が高い国」1位韓国、日本4位』●『むのさん逝く ジャーナリズムを貫く』

 百歳学入門<159> 「100歳まで元気な人」はやっている? たっ …

no image
百歳学入門(155)文化勲章のもらい方ー文化勲章は大嫌いと断った「超俗の画家」の熊谷守一(97歳)と〝お金がもらえますからね″といって笑って答えた永井荷風〈当時72歳〉

百歳学入門(155)   私は新聞記者時代に春秋の叙勲の取材を何度かし …

no image
●★5『 京都古寺巡礼のぶらり旅!』『秀吉ゆかりの「京都醍醐寺」全動画案内30分(9/3)』―わが 『古寺巡礼』で深く感動した古刹、庭園です②』 金堂、不動堂、祖師堂ななどゆっくり散歩

 『 京都古寺巡礼のぶらり旅!』 『秀吉ゆかりの「京都醍醐寺」全動画案内30分』 …

no image
『女性百寿者の健康長寿名言①』 「よく笑う人間は長生きする」『一笑一若』「一怒一老」,クヨクヨしない,死ぬまで勉強。

 『女性百寿者の健康長寿名言①』   前坂 俊之(ジャーナリスト) 1 …