前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

 世界メルトダウン(1026)ー「トランプ大統領60日の暴走/暴言運転で『2017年、世界は大波乱となるのか④『アメリカ帝国は終焉へ向かう、日本は「連欧連亜」を目指せ 進藤榮一・筑波大学名誉教授』◎『暴走トランプを止められるのは結局米国民だ 道連れになるのを防ぐには何をすべきなのか』★『 EU崩壊か!?ーフレグジットはスウェグジット、ジャーグジット(ドイツ)へ!?』●『(動画講演90分)迫るフランス大統領選と左翼の混乱 早稲田大学名誉教授 鈴木 宏昌』

   

 世界メルトダウン(1026)ー

「トランプ大統領60日の暴走/暴言運転で『2017年、

世界は大波乱となるのか」④

 

以下は2月10日までの論議の記録です。

アメリカの「法治主義」対中国の『人治主義』の逆転かートランプの独裁へ

『大統領のメディア、国民との蜜月は普通100日間といわれる。

『ペイパードライバ・プレジデント』は暴走老人よろしくスタートダッシュしたものの、さすが世界の民主主義国アメリカの立法、行政、司法の3権分立障害レースにはばまれて大統領令は立ち往生、『エアーフォースワン』は墜落はしてないものの、ダッチロールを繰り返しているといえなくもないね。』

『そこがアメリカの底力だよ。大統領令のスピード違反もあちこちの赤信号で立ち往生となった。『法治国家』アメリカの懐の深さだね。連邦最高裁判所までいくと長時間かかるよ、」

『この混乱は民主主義国だからのもので、中国にもいい薬になると思うよ。『習近平の命令1つで右に倣えの『人治国家』『皇帝政治』『共産党独裁国家』で、メディアも人民も自由がない三権分立もない。

政権への批判もタブー、監獄にぶち込まれる「牢獄国家」『封建国家』です、今年は日本では明治維新、大政奉還からちょうど150年目を迎えるが、中国はGDPで米国との覇権争いをしているが、人権、言論の自由のない国であることを自ら世界に証明しているね』。

『トランプ誕生の影響で、私が最も注目している点はヨーロッパへのドミノ倒しです。

1月29日の『仏大統領選の世論調査』ではルペン氏が首位にたった。4,5月に選ばれる「フランス大統領」にルペンが座る可能性が一段と強まった。

トランプ大統領と違って、マリーヌ・ルペンはすでに20年間政治家として活動実績があり、彼女の政策的な立場が一貫しており、フランスの貿易障壁を復活させ、ユーロを離脱し、移民を厳格に規制するといった公約を大統領になれば本気で実行するだろう。」

 EU崩壊か!?ーフレグジットはスウェグジット、ジャーグジット(ドイツ)へ!?

 

『世界的な評論家のビル・エモツトは「もしフランスにルペン大統領が誕生すれば、EUは廃棄場行きとなるであろう。

ルペン氏が5月に勝利すれば、2016年のブレグジットで始まったEUの解体が本格化することになる、と書いている。同じことをフランスの歴史人口学者エマニユエル・トツド氏も警告している。ルペン誕生とEU自体の内部要因による崩壊が一挙に加速するのではないか」

『EUは結局ドイツは独り勝ちで「ドイツ帝国」と化しており、南欧諸国の多くは「事実上の被支配国」になっている。大量に受け入れたシリア難民の『家族形態』はドイツとは大違いで、ドイツ社会に同化できない。

シリアよりも柔軟なトルコからの移民は、ドイツ社会に溶け込めず社会分断の〝元凶〟になっているが、シリアの移民も同じ運命でたどるのではと。

それが『EU崩壊の引き金になるというのだ』 (『今年はヨーロッパは選挙の年。オランダ総選挙(3月)、フランス大統領選挙(4,5月)、ドイツ連邦議会選挙(8―10月)と続く。

もし、ルペンが大統領となりフレグジットでEU離脱に踏み切ればよれば、連続的に、スウェグジット(スウェーデン)、ジャーグジット(ドイツ)、スペグジット(スペイン)が延焼する可能性も否定できない。

トランプ火災がEUを崩壊させて、世界はあらたなファシズムの時代へ逆回転するのか、どうか!?・・。

「パリは燃えているか」(第2次世界大戦中のヒトラーの言葉)を思い出したよ!ゾッとするね』   ―――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

以下は3月12日現在までの各論者の『トランプマジック』の影響分析です。

 

アメリカ帝国は終焉へ向かう、日本は「連欧連亜」を目指せ

進藤榮一・筑波大学名誉教授

http://diamond.jp/articles/-/120906

 

暴走トランプを止められるのは結局米国民だ

道連れになるのを防ぐには何をすべきなのか

http://toyokeizai.net/articles/-/161323

コラム:トランプ帝国主義が招くドル高と中国衰退=武者陵司氏

http://jp.reuters.com/article/column-ryoji-musha-idJPKBN16I0E3

(動画講演90分)迫るフランス大統領選と左翼の混乱 早稲田大学名誉教授 鈴木 宏昌

 - 健康長寿

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
片野勧の衝撃レポート(80)原発と国家―封印された核の真実⑬(1988~96) 「もんじゅ」は世界に誇れる知恵ではない(上) ■チェルノブイリ以降も日本は原発に依存

片野勧の衝撃レポート(80) 原発と国家―― 封印された核の真実⑬(1988~9 …

no image
日本メルトダウン脱出法(677)「35年続いた債券強気相場は終わったのか?」●(英FT紙)「集団的自衛権を行使しないのは国際的には非常識だ」

 日本メルトダウン脱出法(677)   —高格付け国債、歴史的な低利 …

1111

『F国際ビジネスマンのワールド・カメラ・ウオッチ(89)』   「正月 …

no image
日本メルトダウン脱出法(810)『 ツイッター、文字数制限を1万字に拡大か 3月導入を検討と米報道』●『中国経済のフリーランチ、終わりの始まりー世界連鎖株安は中国の市場封鎖で下げ止まる』●『「VRバブル」はどこまで続く? 3Dテレビ失敗から学ぶこと』

   日本メルトダウン脱出法(810)   ツイッター、文字数制限を1 …

no image
知的巨人たちの百歳学(166)ー長崎でシーボルトに学び、西洋の植物分類学をわが国に紹介した伊藤圭介(98歳)ー「老いて学べば死しても朽ちず」●『植物学の方法論ー①忍耐を要す ②精密を要す ③草木の博覧を要す ④書籍の博覧を要す ⑤植学に関係する学科はみな学ぶを要す ⑥洋書を講ずる要す ⑦画図を引くを要す ⑧よろしく師を要すべし』

    2017/01/03 &nbsp …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(251)/東武鉄道創業者/根津嘉一郎(79)ー「借金が恐ろしいのではない。利子が恐ろしい」「克己心」(己に克つこと)こそが健康長生法」★『長生する大欲のためには、日常生活での小欲を制しなけれならぬ』

     2015/08/20 知的巨人 …

55555555555
★5『東京・目黒区ぶらり散歩②』-『林試の森公園にいき、ちょっと休憩 池もあり!結構広い!公園すっごく空気きれい♪ という事で、目黒は緑と公園がいっぱいだよ』

 ★5『東京・目黒区ぶらり散歩②』- 『林試の森公園にいき、ちょっと休憩 池もあ …

no image
108歳の徳川将軍の指南役・天海大僧正の長寿養生訓

108歳の徳川将軍の指南役・天海大僧正の長寿養生訓   前坂俊之(ジャ …

no image
百歳学入門(80)▼「最後の元老・西園寺公望(90歳)はフランス留学10年の最高のコスモポリタンー健康長寿十訓」

   百歳学入門(80)   ▼「最後の元老・西園寺公望(90歳)はフランス 留 …

no image
鎌倉カヤック釣りバカ日記(12/22)『カワハギはどこへいったの?「鎌倉海」は死滅しつつあるのか。★『1年前とはこんなに変わった豊穣の海・鎌倉海は海藻が死滅、魚の棲み家もなくなったのか』

  鎌倉カヤック釣りバカ日記(2018/12/22/pm8-12)ーカ …