前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

連載「エンゼルス・大谷選手の大活躍ー<巨人の星>から<メジャーの星>になれるか」①『A・ロドリゲス氏は「これは世界的な物語だ」と絶賛』

      2018/04/12

連載「大谷選手の大活躍ー<巨人の星>から<メジャーの星>になれるか」①

4月9日現在、大谷の衝撃的な連続活躍ぶりの奇跡に日本ばかりか、米国の野球界も熱狂している。

これは「スポーツ界の大事件」を超えて「世界的な事件」であるとはヤンキース4番、アレックス・ロドリゲス選手(現在、野球解説者)のコメントだが、私は「巨人の星」から「メジャーリーグの星」への奇跡のストーリの始まりではないかと思う。

A・ロドリゲス氏、大谷を絶賛 「メジャーが高校レベル」
https://www.nikkei.com/article/DGXLSSXK40574_V00C18A4000000/

 

大谷の活躍にAロッドも絶賛「これは世界的な物語だ」
https://www.baseballchannel.jp/mlb/46089/

 

「大谷翔平が地球出身でないことは、確定的に明らか」米国メディアが脱帽
https://www.huffingtonpost.jp/2018/04/09/ohtani-planet_a_23406204/

 

私は『日本の若きヒーロー』の大谷選手の『メジャーリーグ挑戦!物語』には人一倍強い関心を持ってテレビ、新聞、インターネットで移籍から、オープン戦でのニュースを日々、熱中してウオッチしてきた。

「大谷との会談は時間の無駄だった」。最強左腕が不快感を表明。早くも出てきた辛口報道
https://www.baseballchannel.jp/mlb/44984/3/

 

地元紙が大谷翔平に辛口評価「記念品をファンに与えるのうまい」
http://www.sankei.com/sports/news/180226/spo1802260017-n1.html

 

しかし、日本の期待過剰の報道ぶりと、現地メディアの辛口批評と、オープン戦での惨々たる結果から「どこまで通用するのか」と半信半疑になり、内心では公式戦での活躍はムリではないかと期待薄となっていた。

ところが、いざ、フタを開けると、アメリカのトランプマジック(米大統領の衝撃的な政治手法)に匹敵する「ジャパニーズ・オオタニ・ウルトラ・マジックショー」の始まりである。

二刀流・大谷翔平6回3失点白星デビュー/詳細
https://www.nikkansports.com/baseball/mlb/news/201804010000672.html

 

【MLB】「反則レベルのスプリッターだ」 大谷翔平、“電撃的”なデビュー戦白星に米興奮
http://news.nicovideo.jp/watch/nw3402288

つづく

 - IT・マスコミ論, 人物研究, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
世界が尊敬した日本人―今こそ百年前に大正デモクラシーを先導した民主主義者・吉野作造から学ぶ

世界が尊敬した日本人     ―百年前に大正デモクラシーを先 …

no image
『リーダーシップの日本近現代史]』(30)記事再録/大震災とリーダーシップ・日立創業者・小平浪平の決断力 <大震災、福島原発危機を乗り越える先人のリーダーシップに学ぶ>

 日本リーダーパワー史(138)   大震災とリーダーシップ・日立創業 …

no image
日中韓異文化理解の歴史学(4)<最重要記事再録>日中のパーセプションギャップ、コミュニケーションギャップの深淵』★『(日清戦争開戦1週間前ー「戦いに及んでは持久戦とすべきを論ず」(申報)』★『120年前の日清戦争で近代科学思想、合理的精神の西欧列強に一歩でも近づこうとした日本と、1000年にわたる封建的、儒教精神の旧弊で風水の迷信に凝り固まった「中華思想」、メンツから一歩も発展していない清国(中国)が戦端を開いてみれば、どんな結果になったか ー新聞『申報』のバックナンバーを読むとよくわかる。』

2014/09/09の記事再録 『中国紙『申報』からみた『日中韓150年戦争史』 …

no image
日本リーダーパワー史(679)日本国難史にみる『戦略思考の欠落』(58) 『戦略情報の開祖」福島安正大佐ー 明石元二郎の「明石謀略」は裏で英国諜報局が指導、福島、宇都宮太郎(英国駐在武官)がバックアップして成功した。

  日本リーダーパワー史(679) 日本国難史にみる『戦略思考の欠落』(58) …

no image
<IT 革命で社会の仕組みはどう変わるか>

1 =日大広報部発行『桜門春秋』2000年夏季号NO84号に掲載=  <IT 革 …

no image
  世界、日本メルトダウン(1037)–  『4月29日でトランプ大統領は就任100日』●『軌道修正を迫られているトランプ大統領』★『ビジネスマン・素人トランプ氏は100日たって、だんだん大統領職になれてきている兆候がみえる』

  世界、日本メルトダウン(1037)–  4月29日でトランプ大統 …

no image
速報(403)『太陽電池の世界最大手サンテック子会社倒産』『産業政策ではなく競争=楽天社長』『日本TPP参加の中国見方

速報(403)『日本のメルトダウン』   ◎『太陽電池の世界最大手「サ …

no image
速報(220)『大飯原発3・4号ストレステスト意見聴取会』『廃炉まで最長60年』★『高橋博子講演【内部被曝】

速報(220)『日本のメルトダウン』     今、われわれが …

no image
日本メルトダウン脱出法(853)「事故から5年、福島第一原発の「いま」を見てきた」●「米国の悲劇?もしもトランプ政権が誕生したらー大手シンクタンク研究員が予測した3つのシナリオ(古森義久)」●『シリア内戦 新しい世界戦争なのか』●『新興国の債務:ついに井戸が涸れた?』

  日本メルトダウン脱出法(853)   事故から5年、福島第一原発の …

no image
池田龍夫のマスコミ時評(86)◎『原発再稼働は新基準に基づき厳正公正に情報公開を』

  池田龍夫のマスコミ時評(86) ◎『原発再稼働は新基準に …