前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ ウオッチ(226)』ー『宗務者や部族長 、首長がコーランの魔力や石油成金のバラマキを通じて、国家の体裁を保ちつつも、健全で強固な未来志向の政治経済の体制づくりに失敗している現状では、アラブ世界からは米欧と平和裡に協調、切磋琢磨できるリーダーは先ず出てこないのでは?とも感じます』

   

『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ ウオッチ(226)』

コーランを拾い読みしながら、預言者ムハンマドが、来世の天国を酒池肉林の様に表現しており絶句しました。ISはこれを徹底利用。

宗務者や部族長 、首長がコーランの魔力や石油成金のバラマキを通じて、辛うじて国家の体裁を保ちつつも、健全で強固な未来志向の政治経済の体制づくりに失敗している現状、アラブ世界からは米欧と平和裡に協調、切磋琢磨できるリーダーは先ず出てこないのでは?とも感じます。

一方1948年の建国以来破竹の勢いでユダヤ国家を作り上げて来たイスラエル、 このユダヤとアラブの決定的な好対照を見ると、870万人対1億人の人口比はありますが、アラブもユダヤの叡智を活用して貧困と殺戮から脱却する方途を見出せないものかと夢想します。

政教分離を主導できる強力な英才が出て来ないものでしょうか?

内面的にも外面的にも個人生活、社会生活を細部に亘り細かく拘束するコーラン(ISは預言者ムハンマド全盛の紀元700年代に戻そうとしました)、グローバリズムの奔流からアラブ人を益々落伍させる主因になっています。

トランプのエルサレム首都宣言、これは実に色々な事を考えさせます。
中東地域でのイスラエルの存在感が倍増するのでは? 中東の覇権を虎視眈々と狙うイランは目の上のタンコブ、イスラエルに怒髪天の怒りです。
イスラム教国のコーラン一途の立場では第3の聖地エルサレムは絶対に譲れないところですが。

このコーラン一途で政教分離できない事が大きな桎梏と思われます。

 

1948年のイスラエル建国以来、富国強兵路線で現在のユダヤ国家に成長、見事なデモクラシーの確立、砂漠から農業国家への転換(柑橘類のヨーロッパへの大量輸出)、国民の50%弱が大卒、シリコンバレーに次ぐ起業・スタートアップ国家への変身(昨年同友会が小林代表以下視察団を派遣)、強力な安全保障体制、強靭な政治リーダーシップなど、アラブ各国が未だに部族の延長で国造りに低空飛行呻吟しているのと大きな対照です。
いろいろな噂もあるサウジの次期国王 ムハンマド皇太子はコーランに距離を置いてアラムコの上場など急速近代化に走り、トランプの女婿でユダヤ教徒クシュナーとの密会、ムハンマドのエルサレム訪問なども取り沙汰されています。

コーラン 第56章に「天国」jannah について「信教を貫いた者だけが死後に永世を得る所」と記載されています。
その天国の様子は「男性は天国で72人の永遠の處女と交わる事ができる、また酒や果物、肉など好きなだけ楽しむ事ができる」としています。
生死の垣根が異常に低いのがイスラムの特徴の様です。コーランの教えに忠実であるほど酒池肉林の天国に近いそうです。ISもTalibanもこれを大いに利用。
現世の政治経済の成長と安定を優先させる西側世俗国家と、コーラン最優先のアラブ系宗教国家、この水と油を中和する界面活性剤は?
西側大国の物心両面の支援を求めつつ世俗化に向かうサウジと、人材大国イスラエルの連携は大混乱を招きつつも、これを乗り越えれば中東安定に資するかも知れないも知れない、と思う次第です。

『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ ウオッチ(224)』-『米、エルサレムをイスラエルの首都と承認へ 各国で初めて』★『中東大戦争の前哨戦にならなければ良いのですが?』★『これで米国はアラブ全体を敵にしてしまいました』

http://www.maesaka-toshiyuki.com/person/27780.html

 

国連総会、米のエルサレム首都認定に反対する決議採択

http://www.bbc.com/japanese/42451206

エルサレム首都宣言で露呈した、インティファーダができない現実http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2017/12/post-9166.php

米国が「世界の警察官を辞める」過程でエルサレム首都承認は起きた

http://diamond.jp/articles/-/153459

 - 人物研究, 戦争報道, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
日中北朝鮮150年戦争史(31)★現代史復習『日清戦争は日本が完勝したが、実質は清国軍が戦闘能力なしの「鵜合の集団」『張り子のトラ」だったこと。現在の『中國人民軍』は果たして近代化し、最強装備になっているか、北朝鮮の軍事力は核弾頭搭載ミサイルの脅威のレベルは如何!

   日中北朝鮮150年戦争史(31)★現代史復習、 日清戦争の陸海戦 …

no image
★「日本の歴史をかえた『同盟』の研究」- 「日本側の日英同盟締結交渉史のポイント」⑧『 聖断の日英同盟』●『機密の厳守は、国際交渉を成功させるための絶対必要条件」★『陸奥宗光は、改正案を伊藤首相に送った外、他には一切出さなかった。 これが条約改正の成功の秘訣』

  ★「日本の歴史をかえた『同盟』の研究」- 「日英同盟締結交渉史のポイント」⑧ …

no image
日本リーダーパワー史(691) 『中国/朝鮮行動学のルーツ⑥』『中国紙『申報』 からみた「中国が行っている冊封の儀と 属国の国力強化について」(1884(明治17) 年2月9日付)

日本リーダーパワー史(691) 『中国/朝鮮行動学のルーツ⑥』130年前の『中国 …

no image
◎『日本の最先端技術「見える化」チャンネル』<アグリ・ビジネス創出フェア2014ー『攻めの農水産業』①>

  ◎<日本の最先端技術「見える化」チャンネル   <アグリ・ビジネス …

no image
 日本メルトダウン( 985)『トランプ次期米大統領の波紋 』―『トランポノミクスが招くかもしれない悪性インフレ』●『安倍トランプ会談、トランプは本当に「信頼できる指導者」か』●『トランプ政権に“史上最強”の海軍長官が誕生か? 海軍を中心に「強い米軍」の復活を誓うトランプ新大統領』●『当選後の会見開かぬトランプ氏、76年以降で最長の日数に』●『土壇場のトランプが打ち出した「350隻海軍」計画 「偉大なアメリカ海軍」は復活できるのか?』

 日本メルトダウン( 985) —トランプ次期米大統領の波紋  &n …

no image
   ★「日本の歴史をかえた『同盟』の研究」- 「日英同盟はなぜ結ばれたのか」➂ 1902(明治35)年2月14日『英タイムズ』-『日英同盟の意義』●『日英同盟がイギリス植民地、米国で受け入れられたことは,極東,太平洋と南洋全域,進歩を阻んできた嫉妬と誤解を解消していく。』★『中国に味方する者の多くは,日本は革命国家で,わけのわからぬ,他人に言えぬ意図を秘めた国家と見てきた。だが、日英同盟にそうした警戒感は消えていくだろう』

               ★「日本の歴史をかえた『同盟』の研究」- 「日英同 …

no image
日中北朝鮮150年戦争史(38)<歴史復習問題>『120年前の日清戦争の真実]』③戦前、世界も日本も、圧勝を予想したものはなかった。ただl人、大本営で日清戦争を全面指揮した川上操六川上操六の インテリジェンスの勝利であった。

    日中北朝鮮150年戦争史(38) <歴史復習問題>『120年前の日 …

no image
『日本世界史(グローバル・異文化・外交コミュ二ケーション史』生麦事件、薩英戦争は英国議会でどう論議されたか①英国「タイムズ」

   『日本世界史(グローバル・異文化・外交コミュ二ケーショ …

no image
日本のメルトダウン(531)「31年ぶりの貿易赤字への転落は」●「TPP「漂流」ならアベノミクス信認低下も」◎「中国でのビジネスは“潮時”」

   日本のメルトダウン(531)   …

no image
 日本リーダーパワー史(806)『明治裏面史』 ★『「日清、日露戦争に勝利』した明治人のリーダーパワー、 リスク管理 、 インテリジェンス㉑『第一回日露交渉(小村、ローゼン交渉)は両国の満州への「パーセプション(認識)ギャップ」が大きく物別れに終わる、日露開戦4ゕ月前)  

   日本リーダーパワー史(806)『明治裏面史』 ★『「日清、日露戦 …