前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

日本リーダーパワー史(851)-『安倍首相の「国難突破解散」は吉と出るか、凶と出るか『政界の一寸先は闇』★『安倍解散は「策士、策に溺れる」ことになる不吉な予感がする。』★『宰相、政治家にとって、一番大切なことは『信なくば立たず』である。』●『外国メディアは安倍解散を酷評、WSJ【社説】安倍氏の総選挙、メイ首相の二の舞いか』

      2017/10/04

 日本リーダーパワー史(851)

 衆議院は9月28日召集の第194臨時国会の冒頭で解散された。これに先立ち、民進党は両院議員総会を開き、前原誠司代表が提案した新党「希望の党」(代表・小池百合子都知事)への合流を決定した。

このため、民進党は事実上の解党となる。自由党の小沢一郎共同代表も28日、希望の党への合流に前向きな考えを示した。これまで停滞を続けていた日本の政治状況は一挙に流動化してきた。

安倍首相の「国難突破解散」は果たして吉と出るか、凶と出るか、

『政界の一寸先は闇」である。

安倍首相のここぞとばかり攻め込んだ解散のタイミングで、慌てふためいて窮地に追い込まれた前原民進党が希望の党へ逃げ込んで、合流し戦陣を立て直してきた。これに国民世論が味方すれば、前原軍+小池軍はその追い風にのって反撃に転じることになるだろう。

果たして、この選挙の戦(いくさ)はどうなるか。

平家物語の一節、「 祗園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり。娑羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらはす。おごれる人も久しからず。ただ春の夜の夢のごとしたけき者も遂にはほろびぬ、ひとへに風の前の塵に同じ。」が浮かんできた。

この間の、安倍政治をふりかえると、

みなさんご存知の通り。その政治姿勢、言うことががコロコロ変わる。不動の信念がない。計4回の内閣改造。消費税引き上げの2度の延期、政策、公約のスローガンも毎年次々に付け替えて、目先を変える。

「アベノミクス』と言い『戦後レジームからの脱却』『地方創生』『人づくり革命』『女性活躍社会』『働き方改革』『1億総活躍社会』『生涯現役社会』などなど。国の借金は膨れる一方で、黒田日本銀行総裁もこれに同調し、物価2%値上がり目標を実現できなけれなやめると宣言したのを、これまた4年間も先延ばししたままだ。

安倍解散は「策士、策に溺れる」予感が漂う。

策略を好む人は策をめぐらしすぎて、逆に失敗することがあるということ。おごり、自己過信に陥るとこういう結果になる。

宰相にとって、政治家にとっても、一番大切なことは「国民からの信頼、信用」である。『信なくば立たず』である。

これは孔子の言葉で、あるとき、弟子の子貢が、孔子に「政治の要諦(肝心かなめ)は何ですか?」と問うた。

 孔子は、「兵と食と信である」と答えた。

 子貢がさらに「三つのなかで一番大切なものは何か?」と問うと、

 孔子は「兵を捨て、食も捨ててもいい。しかし、『信』だけは捨ててはならない。『民は信なくば立たず(民無信不立)』」と答えた、という。

安倍政治にはこのカナメの「信」が欠けている。

国民愚弄政権の哀れな末路か 安倍自民完全墓穴の自爆解散

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/214442/4

 

外国のメディアは安倍解散を酷評した。

【社説】安倍氏の総選挙、メイ首相の二の舞いか

http://jp.wsj.com/articles/SB11796923856471564839804583415710489408762

 

政治空白に不安の声も=衆院選の行方見守る-米【17衆院選】https://www.jiji.com/jc/article?k=2017092800751&g=pol

 

英メディアが日本の衆院解散を酷評した理由 これは「野党混迷」と「北朝鮮危機」への便乗だ
http://toyokeizai.net/articles/-/190720

 

 - IT・マスコミ論, 人物研究, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
明治裏面史――三浦観樹将軍が『近代日本の黒幕』頭山満を語る

明治裏面史――三浦観樹将軍が『近代日本の黒幕』頭山満を語る 前坂 俊之 (ジャー …

no image
日本リーダーパワー史(867)『明治150年記念ー伊藤博文の思い出話(上)ーロンドンに密航して、ロンドン大学教授の家に下宿した。その教授から英国が長州(下関戦争)を攻撃することを教えられ、『日本が亡びる』半年間の滞在で、急きょ帰国して止めに入った決断と勇気が明治維新を起した』

  人気リクエスト記事再録 2010/12/22執筆・日本リーダーパワ …

no image
速報(59)『日本のメルトダウン』 ー『携帯電話は原発より危険だ』『『放射能汚染水、20日にも満杯 冷却水減らす判断も』 

速報(59)『日本のメルトダウン』   『携帯電話は原発より危険だ』『 …

no image
73回目の終戦/敗戦の日に「新聞の戦争責任を考える➀」再録増補版『太平洋戦争までの新聞メディア―60年目の検証➀』★『国家総動員法によって新聞統合が進み、1県1紙体制へ。情報局の下で国家宣伝機関紙化』★『日本新聞年鑑(昭和15年版)にみる新統制下の新聞の惨状』

 再録 2015/06/27   終戦7 …

no image
知的巨人たちの百歳学(109)ー『屋敷も土地も全財産をはたいて明治の大学者/物集高見、高量父子が出版した大百科事典『群書索引』『広文庫』の奇跡の「106歳物語」⓵

屋敷も土地も全財産をはたいて明治の大学者/物集高見、高量父子が出版した大百科事典 …

no image
速報「日本のメルトダウン」(488)「福島第一原発作業員座談会「汚染水処理現場はヤクザとど素人だけ」「氷の壁はフクシマを救えるか」

  速報「日本のメルトダウン」(488)   ◎「 …

no image
「花子とアン」のもう1人の主人公・柳原白蓮事件(3)「良人・傳右衛門氏に送った輝子の絶縁状の全文」(大阪朝日)

  「花子とアン」のもう1人の主人公・柳原白蓮事件(3)   …

no image
世界/日本リーダーパワー史(962)ー『2019年は『地政学的不況』の深刻化で「世界的不況」に突入するのか,米中貿易協議(3/1)の行方はどうなる!?』➀

世界/日本リーダーパワー史(962) 前坂俊之(ジャーナリスト) 2018年12 …

no image
日本リーダーパワー史(341)水野広徳の日本海海戦論④ 秋山真之語る「バルチック艦隊は対馬か、津軽海峡か、運命の10日間」

日本リーダーパワー史(341)  ● 政治家、企業家、リーダ …

no image
池田龍夫のマスコミ時評(66)竹島・尖閣問題、冷静な対処をーナショナリズムの暴発を警戒すること

池田龍夫のマスコミ時評(66)   竹島・尖閣問題、冷静な対処をーナシ …