前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

★『地球の未来/明日の世界どうなる』< 東アジア・メルトダウン(1077)>『米朝開戦すれば!ーEMP攻撃についてのまとめ』★『アメリカ軍の非核型電磁パルス(EMP)・高出力マイクロ波(HPM)兵器の種類と構造』★『北朝鮮の「電磁パルス攻撃」は脅威か?米専門家の懐疑論』

      2017/09/19

 

EMP攻撃によって、日本の高度情報IT社会は

メルトダウンする

北朝鮮は93日水爆実験に成功した。これで米国内を射程に収めた長距離弾道ミサイル(ICBM)とEPM攻撃(電磁パルス攻撃)3点セットの開発に成功した『核保有国』の仲間入りをアピールした。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%BB%E7%A3%81%E3%83%91%E3%83%AB%E3%82%B9

 

この脅威の中で意表をつかれたのはEMP攻撃をはっきり表明したことです。ニューズウイークなどの報道では、北朝鮮の労働新聞は核実験の成果と同時にEMP攻撃(電磁パルス攻撃)が可能だと言及した。

「水素爆弾だけでなく、戦略的目的によって高空で爆発させ、広範囲の地域について強力なEMP攻撃まで加えることのできる多機能化された核兵器も開発に成功した、とね。

これは核攻撃を上回る恐ろしい兵器です。EMP弾は高高度で爆発させるため、大気圏再突入技術の確立を必要としないともいう。北朝鮮のICBM完成は、大気圏再突入技術の獲得が「最終関門」の一つとみられてきたが、この技術なしに“実戦”に転用できる可能性が高まったのです。

EMP攻撃とは何かというと、強烈な核爆発で電磁パルスを発生させ、コンピューターなどの情報・通信機器を機能不全に陥れて、都市機能やレーダーなどの防衛網を破壊するサイバー攻撃の1種で、戦争以上に国家社会経済機能を破壊する。放射能とは違い、人間や生物への長期にわたる影響はないとみられており、非致死性兵器といえる。

落雷で電気製品が壊れるのと同じ現象を人為的に、30-50キロ上空での核爆発で広大な地域にわたって引き起こすことができて、ターゲットは電気の消滅、コンピュータの破壊です。

日本など高度文明国、社会のインフラのベースは電気で、工場の生産設備、交通機関、運輸、流通システム、原発、金融、証券、銀行などの決済、情報データーの電気で作動するコンピューターが突然攻撃されれば、国家・社会・経済システムは破滅してしまう。社会的に大混乱する。

軍事、偵察衛星も、飛行中の旅客機もコンピューター制御が出来なくなり墜落する。電気冷蔵庫も機能せず、餓死者が出る状態にもなる。復旧は普通の停電のように1,2週の短期間にできるものではない。長期にわたり全面的な大停電状態となり、すべてがシステムダウンする。巨大な代替え電源、自家発伝装置があってもEMP攻撃(電磁パルス攻撃)は精密電子情報機器が普及しているIT先進国は大打撃を受ける。

(2015年の韓国技術研究所の発表では、100キロトンの核爆弾をソウル上空100キロ上空で爆発させると、朝鮮半島と周辺国(日本)のすべての電子機器を破壊しかねないという壊滅的な兵器です。これでは現在のコンピューター戦争は全面的にできない。

アメリカは早くから代替え電源確保、コンピューター防御の方法などを研究して、EMP攻撃の対策を講じているが、日本は遅れている。防衛省は2018年度予算の概算要求にも技術研究などとして14億円を盛り込んだが、現状は「大きな雷程度なら対応できる」(防衛省関係者)にすぎない段階という。

防衛装備庁が昨年公表した中長期見通しでも、技術の解明は「おおむね10年後」とされており、無防備状態です。

ただし、EMP攻撃への過剰反応こそ、北朝鮮のおもうツボです。北朝鮮は、米国や日本の恐怖心をあおることが目的なので、本当に開発に成功したのかmどうかもも疑問です。

EMP攻撃が可能だ」と、誇大に宣伝しているのです。1962年に米ソが実際に行った2つのEMP実験の結果をみても、それほど甚大な被害をだしてはいない、ソ連がレーダーや通信システムを無力化させるために上空約400キロで長崎原発の100倍の核爆発させた実験でも一部の信号機が停電したというだけとも伝えられている。もっとEMPの破壊力を検証する必要がありますね。

 

北朝鮮が示唆する「電磁パルス攻撃」から生きのびるには

http://diamond.jp/articles/-/141933

 

電磁パルス攻撃能力はロシアから入手か 浮かぶ旧ソ連との密接関係

http://www.sankei.com/world/news/170913/wor1709130060-n1.html

 

アメリカ軍の非核型電磁パルス(EMP)・高出力マイクロ波(HPM)兵器の種類と構造

https://matome.naver.jp/odai/2144142250366606901

 

EMP攻撃に対する企業・自治体の対策についての考察アナログ的思考がカギか

http://www.risktaisaku.com/articles/-/3669

北朝鮮の「電磁パルス攻撃」は脅威か?米専門家の懐疑論

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/52849

 

中露は北朝鮮問題の「落としどころ」をどこと考えているか

http://diamond.jp/articles/-/141832

 - IT・マスコミ論, 人物研究, 戦争報道, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
「21世紀のデジタル産業革命/3Dプリンターの現状と未来ー(日本のモノづくり、製造業、職人芸は生き残れるのか)

    ●<日本の最先端技術「見える化」チャンネル(6/25 …

no image
『5年前の記事を再録して、時代のスピード変化と分析ミスをチェックする』-『2018年「日本の死」を避ける道はあるのか⑥』★『『安倍政権はヨーロッパの中道政権とかわりない』 <仲良くせよ、けんかをするな、悪口をいうな、安全、 安心」一点張りの<ガラパゴスジャパン>主義が日本を潰すのです』

  ★『2018年「日本の死」を避ける道はあるのか ー―日本興亡150 …

no image
『F国際ビジネスマンのワールド・ビジネス・ ウオッチ(223)』ーイランの膨張はサウジ、イスラエルの連携があれば、ストップさせる効果は絶大です。イスラエルとパレスチナの和平実現が、サウジとイスラエル連携の鍵となる

『F国際ビジネスマンのワールド・ビジネス・  ウオッチ(214)』 Saudi …

no image
知的巨人たちの百歳学(183)/記事再録/『中国の沙漠を甦らせた奇跡の男・遠山正瑛(97歳)』★『やればできる、やらなきやできない。それだけのことですよ。世の中、口ばかりで行動に移さない人間が多すぎるんだねえ』

    2013/09/26 &nbsp …

no image
日本リーダーパワー史 (21) 中国建国60周年のルーツ・中国革命の生みの親・宮崎滔天にこそ学べ①

日本リーダーパワー史 (21) 中国建国60周年のルーツ・中国革命の生みの親・宮 …

no image
 池田龍夫のマスコミ時評ー(13)普天間基地グアム移転騒動・「日米合意」の問題点を検証せよ

 池田龍夫のマスコミ時評(13) 普天間基地グアム移転騒動・「日米合意」の問題点 …

no image
  日本リーダーパワー史(774)『金正男暗殺事件を追う』―『金正男暗殺で動いた、東南アジアに潜伏する工作員たちの日常 』●『金正男暗殺事件の毒薬はVXガス マレーシア警察が発表』★『金正男暗殺に中国激怒、政府系メディアに「統一容認」論』●『  金正恩は金正男暗殺事件の波紋に驚いた? 「国際的注目を浴びるはずない」と考えた可能性も』

  日本リーダーパワー史(774)『金正男暗殺事件を追う』   金正男 …

no image
世界/日本リーダーパワー史(902)ー『米朝会談はどうなるか、米国はイラン問題を優先し、 東アジア情勢は先延ばしで日本ピンチか!』(上)

  『米朝会談はどうなるか、米国はイラン問題を優先し、 東アジア情勢は …

no image
日本の最先端技術『見える化』動画チャンネルー 『CEATEC JAPAN 2016』(10/4-7)-「Creative Approach for IMPACT」-ロフトワークの実践」同社取締役CMO 矢橋友宏』●『2016年の「デザイン思考」ーロフトワークは「デザイン思考」をやっていない』●『』

  日本の最先端技術『見える化』動画チャンネル 『CEATEC JAP …

no image
『日本戦争外交史の研究』/『世界史の中の日露戦争』㉓『開戦2ゕ月前の「申報」の報道ー『中国が日本を頼りにロシアを拒む説を試みに述べる』★『日中同盟そうすることでアジアが強くなり,欧米各国が弱くなる』●『日本と中国はロシアの近隣であり.ロシア人はすきあらば襲いかからんと狙っていた』

 『日本戦争外交史の研究』/『世界史の中の日露戦争』㉓ 『開戦2ゕ月前の「申報」 …